「中途半端」とは?

関連ニュース

つい浮気心が芽生えて…自分の気持ちがわからないときには何をすべき? - 02月25日(土)21:21 

こんにちは。ライターの和です。今回は高校3年生の方からの質問に答えさせていただきます。「私には違う学校に彼氏がいます。それにも関わらず、同じ高校で好きな人(A君)ができそうです。好きな人と言っても『一緒にご飯を食べてみたい』くらいの感覚です。卒業を目前にし、何となく『A君とは卒業後も他人になりたくない』と思うのです。しかしA君は私の親友の元カレなんです。その辺りを含め自分自身がどうしたいのか、またどうすれば良いのかわかりません。A君のことは好きではないけれど、彼氏にも申し訳なく感じてしまいます。私は今後どう生きるべきなのでしょうか。」近くにいる人に興味を抱いてしまうことってありますよね。特にもうすぐ卒業ということもあり、相談者様は「早くなんとかしなきゃ!」と焦っているようにも思えます。相談者様のお悩みについて、一緒に考えてみましょう。いまは何もしないのが吉まず相談者様は「彼氏に申し訳ない」と思っているとのこと。その点からも少なからずA君に好意があるのでしょう。でもいまA君にアプローチをしてしまうと、彼氏だけでなく親友とも縁が切れてしまう可能性が・・・。もしそうなった場合、関係を修復するのは困難でしょう。残りわずかの高校生活なのに、人間関係がこじれてしまったら悲しいですよね。いまは狭いコミュニティ内で動こうとせずに、彼氏や親友との時間を大切にするべきでしょう。あまり難しく考えすぎない...more
in English
カテゴリー:

李相日「25歳までは逃げ続けてもいいんです」 - 02月25日(土)11:01 

それは、今から2年前のこと。2015年にバンド結成30周年を迎えたザ・ブルーハーツ。その楽曲を、6人の監督が自由に解釈して映像化した6つの作品からなる映画『ブルーハーツが聴こえる』が完成した。一刻も早い公開が待ち望まれていたが、ついに今春のお披露目へとこぎつけたのだ。そういうわけで、監督のひとりである李相日さんが「ちょっと前の話になっちゃったから、いろいろどうだったっけ?」と当時を振り返りながら話すのも無理からぬこと。ならばついでにと、ずいぶん昔の思い出まで引っ張り出していただいた。記憶は、ザ・ブルーハーツの曲と初めて出合った中学2年生のときまでさかのぼる。「当時のザ・ブルーハーツでとにかく覚えていることは、“カラオケに行くと必ず誰かが歌うバンド”ということ(笑)。正直に言うと、すごく聞き込んだとまでは言いづらいのですが、音色も歌詞もすごくメッセージ性が強くて、ラブソングでさえも自分の中にある“何かに抵抗する気持ち”を煽ってきました。だから、どの曲もずっと自分のそばにあったという感覚は覚えています」同じ曲を20代半ばで聴いたときは、ずっしりと重みが加わった。「中学生や高校生では、ザ・ブルーハーツが歌う“抵抗”を家や学校などすごく狭い範囲でとらえていた気がします。でも、大人になって現実や社会が見えてきてから聴くと、あの“抵抗”は、もっと広く大きなものへ訴えていたんだとわかりました。音...more
in English
カテゴリー:

☆25日生まれ☆のあなたに送る恋のカラー占い - 02月25日(土)07:21 

生まれた日にはすべて意味が込められています。性格、恋愛、仕事・・・さまざまな要素が含まれているのです。それらもともと持っている運気を、さらに高めてくれるのが「カラー」の力。色の効果は、無意識レベルで私たちに影響を与えています。日ごろ何気なく見ている色が、自分の気分や体調、さらには運勢にまで変化を与えているのです。今回は「25日生まれ」のあなたに、欲しい運を引き寄せる色彩のパワーをご紹介致します。■25日生まれのあなたが欲するカラー・・・灰色あなたがもともと持っているカラーは「バイオレット」。とても気高く理想主義者のあなたは、中途半端なことが嫌いかもしれません。どんなことでも、自分がこだわりを持っているものに関しては、徹底的に細かいところまで大切にしたいと感じるでしょう。周囲からどう思われようと、自分なりの「完璧」を貫くでしょう。そんなあなたにとって必要なカラーは「灰色」。ときには周りに合わせる度量を持つことも大切だとわかるでしょう。■25日生まれのあなたが避けるべきカラー・・・黒色あなたは一度こうと決めたら、テコでも譲らない頑固な面を持っているようです。表面的には受け入れているように見えて、実は断固拒否しているような気難しい性格かもしれません。ただ、空気も読みつつ、自分を通せるバランス感覚はあるので衝突は少ないでしょう。そんなあなたが避けるべきカラーは、「黒色」。身につけることで頑...more
in English
カテゴリー:

まだ好きなのに? 切ない「別れ」のエピソード・6選 - 02月24日(金)20:00 

恋愛をして、そのまま順調に「結婚」に至るものもあれば、残念ながら、「別れ」を迎えてしまうこともあります。相手のことが嫌いになって別れる、というわけではなく、「嫌いじゃないけれど別れた」という経験がある女子もいるはずです。なぜ、「嫌いじゃない」のに別れに至ってしまったのか……。女性たちの意見から、そのいきさつや理由について探ってみましょう。 ■すれ違い ・「年下の彼と付き合っていたとき、私が先に社会人になってすれ違いが続いたため。お互い音楽の勉強をしていて、私も音楽の仕事に就きましたが、彼のほうが活躍している様子を見て応援したいのにライバル心が大きくなってしまったので」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他) ・「すれ違いの生活でライフスタイルがまったく合わない相手だった。やっぱり、なかなか会えないと何のために付き合ってるのかわからなくなるから、中途半端な状態がいつまでも続くなら、と思い別れた」(35歳/小売店/販売職・サービス系) 幸せな恋を続けていくためには、二人のリズムが合っていることも重要なのでしょう。すれ違いが多くなれば、どんどんストレスもたまっていってしまいます。「なんのために付き合っているんだろう」なんて考えが頭をよぎってしまいます。 ■遠距離恋愛の果てに ・「遠距離交際になり、物理的に距離が離れて自然消滅しました」(34歳/医療・福祉/専門職) ・「遠...more
in English
カテゴリー:

女子プログラビアの歴史 ミミ萩原からジャガー横田まで - 02月23日(木)16:00 

 バストトップを露出したヌードグラビアを最初に披露した女子プロレスラーは1982年、ミミ萩原だといわれている。  若い女性がプロレス会場を埋め尽くすほど大人気だったジャッキー佐藤とマキ上田のタッグチーム「ビューティ・ペア」のブームが去り、女子プロレスのファン層が再び男性中心に戻っていった時期である。  男性にも女子プロブームを巻き起こそうと、セクシー路線に活路を見出し、あの悪役レスラー・デビル雅美も雑誌のグラビアでド迫力のヌードを披露している。  1983年に長与千種とライオネス飛鳥が結成した「クラッシュ・ギャルズ」の登場で再び女性ファンが急増。歴史は繰り返すとばかりに、このブームが去り、ファン層が男性中心になった1990年代初頭から、またもやセクシー路線に舵を切ることとなる。  当時は写真集ブームであり、女子プロレス界は貴重な人材供給源になっていた。この時代に一気に人気が爆発したのがキューティー鈴木だ。彼女に続けとばかりに様々な選手が写真集を出版するようになるが、キューティーをはじめ多くの選手は頑張ってセミヌードまでだった。  バストトップやヘアまで披露する選手が珍しくなくなるのは、1990年代も後半に入ってから。ジャガー横田も1998年にヘアヌード写真集を出版しているが、この頃は女子プロレスラーだけでなく、アイドルや女優もヘアの露出は当たり前で、中途半端な脱ぎっぷりでは売れない...more
in English
カテゴリー:

指原莉乃 STU48支配人を兼任で「頼りすぎやろ」 - 02月25日(土)11:01 

今年の夏に発足予定のAKB48の新しい姉妹グループ「STU48」。その劇場支配人に、HKT48の指原莉乃が就任することが発表された。指原はHKT48の劇場支配人との兼任となるが、ネットでは少々心配の声もあがっている。STU48は、瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ。専用劇場は“船上劇場”になるという。今回の人事は、2月22日深夜放送のニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』で発表された。AKB48の岡田奈々がSTU48のキャプテンを兼任し、指原はHKT48の劇場支配人とSTU48の劇場支配人を兼任するとともに、両グループのメンバーとしてステージにも上がる。2年連続選抜総選挙1位で知名度抜群の指原が支配人になるということで、STU48としても最高のスタートダッシュが切れそうだが、ネットでの反応は必ずしもそうではないようだ。ツイッターでは、「指原を支配人と兼任させるとかSTUをまじで売れさせる気だね笑」「なぁちゃんだけでなく、指原先生まで入れてくるなんて、正直企画倒れで終わると思っていたSTUへの取り組みが、意外と本気で驚いている……」と、その“本気度”の高さを実感したとの声がある一方で、「指原莉乃に頼りすぎやろ」「指原さんSTUもってことは きっとHKTはそのうち放置に なりそう」「只でさえ忙しく、身体を壊さないか心配しているのにSTU兼任まで受けた指原莉乃。 大事な...more
in English
カテゴリー:

新入生は参考に! 上級生が思う、大学1年生に戻れたらやり直したいこと8選 - 02月25日(土)08:00 

そのときは気づかなくても、後になって「あのときあぁしておけばよかった」なんて後悔をすることは大学生活でよくありますよね。大学に入学してもう何年も経つけど、入学したての新入生のころにあれをやっておけばよかったという後悔を引きずっている大学生もいるのではないでしょうか。今回はそんな「1年生に戻れたらやり直したい」と思うことについて大学2~4年生・大学院生の上級生に聞いてみました。4月から大学生になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。■大学1年生に戻れたらやり直したいことは何ですか?●勉強・留年したから(男性/23歳/大学4年生)・もっといい成績を取れたかもしれない(女性/21歳/大学4年生)・もっとしっかり勉強していれば、自分の本当にしたかったキャリアを選択できたかもしれないから(男性/25歳/大学院生)・もっと勉強しておいたらよかったと後悔することが多いから(女性/22歳/大学4年生)●恋愛したい・もったいなかった(女性/21歳/大学2年生)・今は就職活動で、正直恋愛のことを考える暇もないくらいめまぐるしく日々が過ぎている。余裕があるうちにもっと恋愛を楽しんでいたかった(男性/21歳/大学3年生)・もっと考えればよかった(女性/21歳/大学4年生)・大学生なんだからそういうことをがんばるべきだと思うから(男性/22歳/大学4年生)●サークルに入る・サークルに入らなかったから(女性/2...more
in English
カテゴリー:

在日ファンク、後関好宏(SAX)の脱退を発表 - 02月25日(土)00:00 

在日ファンクが後関好宏(SAX)の脱退を発表した。また脱退に際し、現体制でのラストワンマン公演の開催も発表となった。 【その他の画像】在日ファンク現体制でのラストライブは『在日ファンク10周年まる見えワンマン~ゴセッキー脱退 根にもってますライブ~』と題し、3月19日(日)に東京キネマ倶楽部にて開催される。■【在日ファンクメンバー コメント】在日ファンクからみなさんへ 「この度、サックス担当のゴセッキーが脱退することになりました。在日ファンクを大事に思ってくれているみなさん、急な報告になってしまい、本当にごめんなさい。3月19日のライブでゴセッキーとはさよならです。在日ファンクメンバーとゴセッキーとで協議してお互いのこれからの勢いのためにそのスケジュールで行こうと判断しました。詳しくは後関×浜野対談をしておりますので是非とも読んでいただきたいです。これからも在日ファンク、並びにゴセッキーを何卒よろしくお願いします」■【後関好宏 コメント】いつも応援してくれているファンの皆さんへ 「在日ファンクにとって10周年という節目の年に脱退するべきなのか非常に悩みましたが、中途半端な気持ちのままステージに立つ事は出来無いと思い、メンバーと話し合い脱退する事に致しました。7人で演奏する最後のツアー、いつも以上に最高のライブをお届けします!今後は皆さんと同じように、僕もいちファンとして在日ファンク...more
in English
カテゴリー:

未来への贈りもの。語学力と研ぎ澄まされた感性を持つ人々「TCK」 - 02月24日(金)08:00 

「TCK」という言葉をご存知でしょうか。海外のメディアで報じられたニュースを解説する『心をつなぐ英会話メルマガ』では、この「TCK」言葉の大切さについて解説しています。 TCKを知っていますか? 彼らは未来への贈りものです TCKという言葉を知っていますか。Third Culture Kidの略なのです。 定義は、両親が国籍を置いている国とは異なる場所で育った子供のことを意味します。わかりやすくいえば帰国子女ということになりますが、それよりは若干複雑です。 ある学生が私のところを訪ねてきたことがありました。その人は、両親の仕事の関係で南米で育ちました。現地には日本語学校があり、子供の頃は日本語の環境で育ちます。 しかし、その後、いわゆる現地に駐在する子供たちなどが通う国際学校に転校します。アメリカンスクールのような学校と思ってください。そこに集まる子供達は、世界各国の子供で、共通の言語は英語です。 この学生の場合、日本語、英語、そして南米に育ったことによるスペイン語を話すことができるわけです。しかし、彼は言います。僕は日本人ほど日本のことは知らないし、かといって住んでいた国の中でも国際環境にいたために、ある意味で中途半場なんですと。 彼は、その後日本の大学に留学しました。世界各地の留学生とはそれなりにうまくやっていくのですが、日本人と深い付き合いができないのは悩みのたね。そして、日...more
in English
カテゴリー:

黒猫チェルシーのロック観:「ロックバンド=教室の片隅にいるヤツではなく、中心的存在であるべき」 - 02月22日(水)18:00 

結成から10年を経て、黒猫チェルシーに起きた変化とは?ニューアルバム『LIFE IS A MIRACLE』と音楽性の変化をメンバーが語る。2月22日(猫の日)に最新アルバム『LIFE IS A MIRACLE』をリリースした黒猫チェルシーは、最近では珍しく、時代を問わないストレートなロックを聴かせてくれる実力派バンドだ。しかし、最初からそういうバンドだったかというと、そうではない。実は数年前はまったく違ったイメージのパンクロックバンドだった。結成から10年、一体どのような変化が彼らに訪れ、今作へと繋がっていったのか。黒猫チェルシーの音楽性の深部を知ることで、その経緯を探っていく。-今回のアルバムを聴かせてもらって感じたのは、黒猫チェルシーがやっているロックって同年代のバンドにはめずらしい、ストレートなものですよね。グランジ以前・以降と言われたりしますが、グランジロックが流行する以前=昭和のバンドは言いたいことを熱く叫ぶのが美徳だったのに対して、以降=平成は病んだ感じの音楽というか、言いたいことを比喩で隠した音楽が主流になった。そういう意味では、黒猫チェルシーの音楽は昭和の匂いがするなと。澤 竜次(以下 澤):そもそも、それってどうして流行ったんでしょうね。-心を病んだ人とか、社会的弱者と呼ばれる人が世の中に多くなったんだと思います、単純に。澤:ああ、なるほど。-そういう人たちを癒し...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「中途半端」の画像

もっと見る

「中途半端」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる