「中華鍋」とは?

関連ニュース

スゴイ麺が出そろった! 福岡空港の最新フードテーマパーク「ラーメン滑走路」完全網羅 - 12月07日(木)19:20 

2017年11月、福岡空港国内線ターミナルビル3階にオープンした「ラーメン滑走路」(福岡市博多区)。九州初出店を含むラーメン9店舗+スイーツ1店舗が集結するフードテーマパークで、その名の通り滑走路をイメージしたフロア、飛行機のウィングを模した天井のあしらいなどスタイリッシュなデザイン。 【写真を見る】「ラーメン海鳴」ラーメン辛子明太子(920円)。明太子をのせ、その上に明太子パウダーも振りかける。クリーミーな豚骨スープと明太子のピリ辛味がうまく調和 先の2月、ワンフロア下にオープンしたフードコート「the foodtimes」と合わせ、福岡空港が空の玄関口だけでなく、足を伸ばす価値ありのグルメスポットであることを印象づける施設だ。食べ比べも楽しみたい、全ラーメンを一挙紹介! ■ ラーメン海鳴(福岡) 福岡を代表する気鋭店主・大久保氏が進化系豚骨ラーメンを提供。多彩な“節”の魚介ダシと肉系スープを別取りして合わせる芳醇「魚介とんこつ」(760円)、淡いグリーンのスープが博多っ子の度肝を抜いた「ラーメン ジェノバ」(820円)が同氏の代表作。ラーメン滑走路店ではさらに、ここでしか味わえない豚骨×明太子の「ラーメン辛子明太子」(920円)も用意する。店内はN.Y.のダイナーをイメージしたシャレたしつらえ。 ■ 弟子屈ラーメン(北海道) 北海道摩周湖周辺の弟子屈(てしかが)町に総本店を構え...more
カテゴリー:

「中華鍋」の画像

もっと見る

「中華鍋」の動画

Wikipedia

中華鍋(ちゅうかなべ)とは、中華料理に使われる製の丸底。中国以外では東南アジアや日本でも広く使用されている。

各地での名称

北京語では鍋、鍋子、炒菜鍋などと呼ぶ。広東語では鑊、福建語では鼎となる。英語では広東語の「」(ウォッ、wok)を借用してwokと呼ぶ。インドネシアでは「ペンゴレンガン」、マレーシアでは「クアリ」、フィリピンでは「カワ」「カワリ」と呼ばれる。

種類

炒め物に使用中の北京鍋 左が広東鍋、右は欧米で販売されている平底のウォック 中華鍋は把手により、片手の北京鍋と両手の広東鍋に大別される。北京鍋と広東鍋は単に把手の違いだけではなく、鍋の深さやアール(曲線の径の大きさ)も異なっている。北京鍋はアールが小さく底が深い。広東鍋はアールが大きく浅めになっている。両手で底が深い、四川鍋という種類もある。

浅い広東鍋では、鍋の場所(中央部か周辺部か)によりの通り方が違い、意図的にそれを利用した調理が可能となる。具体的には、中央部で炒めた後、周辺部に置き、じっくりと火を通してから...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる