「中華鍋」とは?

関連ニュース

「アベックラーメン」は青春の味--今も昔も熊本県民の胃袋を鷲づかみ - 06月19日(月)10:00 

「アベック」という言葉には強烈な昭和臭が漂うが、熊本県民にとってはいまだにこの言葉は死語ではない。なぜなら同県には、年号を跨(また)ごうとも県民の心をつかんで離さない、ソウルフード「アベックラーメン」が存在するからである。 ○愛されて57年 アベックラーメンが、熊本市内に本社を構える五木食品から発売されたのは昭和35(1960)年のこと。以来57年間、製法からスープの味にいたるまで全く変わっていないため、口にするとその昔にこのラーメンを食べた思い出が蘇るのか、「ソウルフード」「青春の味」として愛し続けている県民が多いのだという。 「誕生以来、味を変える必要がなかったということは、それだけ完成された味だったということ。当時の開発技術の高さを感じさせられます」と話すのは、同社開発本部の原田さん。香辛料を効かせたあっさり塩味のスープはどこか懐かしくほっとする味わいで、飽きがこず何度でも食べたくなるということに大いに納得できる。 ○アベックにとってもうれしい「2人前入り」 それにしても気になるのはそのネーミング。「アベック」と冠しているからには、パートナーとふたりで食べることを推奨しているのだろうと思いきや、命名理由は「1袋に2人前入っているから」。実に単純明快である。 また、作り方も実に簡単。沸騰したお湯に麺を入れて強火で3分ゆでたらスープを加え、あとはひと吹きさせるだけ。さ...more
カテゴリー:

焼きそばとカレーのいいとこ取り! 京都府宮津市の「宮津カレー焼きそば」 - 06月13日(火)06:00 

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回は京都府宮津市にやってきました。宮津市の観光地として、忘れてはならないのが「天橋立」。陸奥の松島、安芸の宮島とともに、日本三景に挙げられる名勝です。 日本神話によれば、天と地を結ぶハシゴが倒れ、一本の長い陸地になったものが天橋立だそう。 「日本三景」ならぬ「日本三文殊」の一つ、知恩寺の山門。青々とした松に囲まれています。 三回くぐると賢くなるという、知恩院横の「知恵の輪」。奥に見える「廻旋橋」は、船が通るたびに90度回転する珍しい橋です。美しい景色が立ち並び、通称「海の京都」と呼ばれる京都府北部に位置する宮津市。そこで親しまれているご当地グルメが「宮津カレー焼きそば」なんだとか。名前からは、焼きそばにカレーをかけたもののようなイメージがわきますが……。どのようなものなのでしょうか?疑問を明らかにすべく、宮津カレー焼きそばのPR活動を行う「宮津カレー焼きそば会」の代表が店主を務める人気店、「カフェ・レスト絵梨奈」に伺いました!天橋立駅から一駅、宮津駅で降り立ちます。心地よい潮風の中を歩くこと約15分、目的のお店が見えてきました。 大通りから一本入った道沿いにある「カフェ・レスト絵梨奈」。瀟洒な洋風の外観です。 店内にはカウンターとテーブル席が。奥には座敷(要予約)もあります。今回案内してくれたのは、店主の家城...more
カテゴリー:

【閲覧注意】生きた犬を沸騰した鍋に無理矢理入れ煮込む鬼畜な中国人 - 06月02日(金)16:49 

犬と言えば人間と身近な動物として知られる。しかし、国によってはそんな犬を食べる地域もある。 中国や韓国などいまだに犬を食べており、そんな犬食文化は絶えない。 そんな犬を沸騰した鍋に放り込み無理矢理煮込もうとする酷い動画が公開された。中国のメディア、 中国報によると「残酷な男が犬を調理」として報じている。その農家の男性は大きめの中華鍋に 犬(ラブラドールレトリバー)を放り込む。犬はもがくように鍋から出ようとするが、 棒で抑えつけ煮込み続けるというもの。犬は鳴き続け必死で出ようと抵抗。 この犬...
»続きを読む
カテゴリー:

伝説のすた丼屋「仙台名掛丁店」が、名物牛タンをアレンジした丼を発売 - 06月16日(金)10:54 

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営するアントワークスは7月1日より、「仙台名掛丁店」(宮城県仙台市青葉区中央)限定で「仙台牛タン塩すた丼」を税込980円にて発売する。 同企画は、同日の「伝説のすた丼屋 仙台名掛丁店」オープンを記念し、開催するもの。 「仙台名掛丁店」は、仙台駅前の商業施設EDEN内にある「伝説のすた丼屋」の移転先で、東北初の駅前路面店としてオープン。なお、オープン日7月1日・2日の2日間は、「すた丼」と「生姜丼」の並盛を、通常630円(税込)のところ500円(税込)のワンコインで販売するオープンキャンペーンを開催する。 「すた丼」は、低温で油通しし旨みを閉じ込めた豚バラ肉に"秘伝のニンニク醤油ダレ"を絡めて、高火力と中華鍋を操る職人技で一気に炒め上げ、並盛でも茶碗約3杯分もの大盛りご飯の上に盛り付けたスタミナとボリューム満点の丼ぶり。創業者の「旨いものを腹一杯食べて頑張ってほしい」という想いを継承し、2016年に創業45周年を迎え、現在日本全国で80店舗を展開している。 今回、オープン同日7月1日より同店限定で販売する期間限定メニューの「仙台牛タン塩すた丼」は、仙台名物の牛タンを"すた丼屋流"にアレンジ。ニンニクと黒胡椒のパンチが効いた同店特製の塩ダレを絡めて焼き上げた牛タンと、ジューシーで柔らかな厚切りの豚バラ肉を茶碗約3杯分の大盛りご飯...more
カテゴリー:

【マジで閲覧注意】生きた犬を沸騰した鍋に無理矢理入れ煮込む鬼畜な中国人 非難の声殺到 その2 - 06月03日(土)05:52 

犬と言えば人間と身近な動物として知られる。しかし、国によってはそんな犬を食べる地域もある。 中国や韓国などいまだに犬を食べており、そんな犬食文化は絶えない。 そんな犬を沸騰した鍋に放り込み無理矢理煮込もうとする酷い動画が公開された。中国のメディア、 中国報によると「残酷な男が犬を調理」として報じている。その農家の男性は大きめの中華鍋に 犬(おそらくラブラドールレトリバー)を放り込む。犬はもがくように鍋から出ようとするが、 棒で抑えつけ煮込み続けるというもの。犬は鳴き続け必死で出ようと抵抗。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「中華鍋」の画像

もっと見る

「中華鍋」の動画

Wikipedia

中華鍋(ちゅうかなべ)とは、中華料理に使われる製の丸底。中国以外では東南アジアや日本でも広く使用されている。

各地での名称

北京語では鍋、鍋子、炒菜鍋などと呼ぶ。広東語では鑊、福建語では鼎となる。英語では広東語の「」(ウォッ、wok)を借用してwokと呼ぶ。インドネシアでは「ペンゴレンガン」、マレーシアでは「クアリ」、フィリピンでは「カワ」「カワリ」と呼ばれる。

種類

炒め物に使用中の北京鍋 左が広東鍋、右は欧米で販売されている平底のウォック 中華鍋は把手により、片手の北京鍋と両手の広東鍋に大別される。北京鍋と広東鍋は単に把手の違いだけではなく、鍋の深さやアール(曲線の径の大きさ)も異なっている。北京鍋はアールが小さく底が深い。広東鍋はアールが大きく浅めになっている。そのため広東鍋では、鍋の場所(中央部か周辺部か)によりの通り方が違い、意図的にそれを利用した調理が可能となる。具体的には、中央部で炒めた後、周辺部に置き、じっくりと火を通してから再び中央部に移し、強火で仕上げる様な調理法で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる