「中立」とは?

関連ニュース

【社会】事故で配転は無効 アリさん引越社和解 顔写真付き「罪状」と社内報に掲載 - 05月24日(水)15:47 

http://www.sankei.com/affairs/news/170524/afr1705240024-n1.html  アリさんマークで知られる「引越社」のグループ会社「引越社関東」で、セールスドライバーとして働いていた男性社員(35)が、運転中に事故を起こして弁償のため労働組合に加入したことをきっかけに電話応対などの異動を命じられたとして、命令の無効などを求めた訴訟は24日、東京地裁で和解した。会社が男性を営業職として復帰させ、解決金を支払い謝罪する。  同社は提訴した男性を「会社への誹謗(ひぼう)中傷」として平成27年8月に懲戒解雇。顔写真...
»続きを読む
カテゴリー:

自然利子率低下に異論ない、インフレ予想研究進展を期待=日銀総裁 - 05月24日(水)11:44 

[東京 24日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は24日、日銀金融研究所主催の国際コンファランスであいさつし、景気に中立的な自然利子率が近年低下しているとの見方に、異論はないとの認識を示した。日銀が掲げる2%の物価安定目標の実現に上昇が不可欠なインフレ予想について、多くの未解明の研究課題が残されているとし、さらなる研究の進展に期待感を表明した。
カテゴリー:

北朝鮮ミサイル発射の失敗はアメリカが誘導? 危険な米朝「サイバー戦」の実態 - 05月24日(水)06:00 

鈴木宗男・新党大地代表と、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による対談講演会「東京大地塾」。 安保理やアメリカの警告を無視して、4月には3回も弾道ミサイルの発射実験を行なった北朝鮮だが、結果はすべて失敗に終わっている。 しかし、これは単なる“発射失敗”ではないと、佐藤優氏は分析する。背景には水面下で行なわれる米朝のサイバー戦の影が――。今、北朝鮮で何が起こっているのか? * * * 鈴木 金正恩(キム・ジョンウン)委員長は国際社会の声を無視して、ミサイル発射や軍事演習を強行する姿勢を強めています。今回は、この緊迫する北朝鮮情勢について、佐藤さんの分析をお聞きしたいと思います。 佐藤 北朝鮮情勢はいろいろと報道されていますが、結論から言えばミサイルが韓国や日本に飛んでくることはしばらくないでしょう。 4月16日に北朝鮮東岸から弾道ミサイルが発射されました。これに関して、『朝日新聞デジタル』から引用します。「米ホワイトハウス当局者は16日、北朝鮮が発射したのは『中距離弾道ミサイル』だったと明らかにした。今月5日に日本海に向けて弾道ミサイルを撃ったのと同じ海軍基地から発射され、4~5秒後に爆発したという。 こ...more
カテゴリー:

統幕長、9条明記「ありがたい」 政治的中立から論議も - 05月23日(火)20:51 

防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長は23日、東京の日本外国特派員協会で行われた記者会見で、安倍晋三首相が憲法9...
カテゴリー:

「日本の縮図」国道16号線に面白いコンセプトの店が続々とオープンする理由 - 05月23日(火)15:00 

首都圏のベッドタウンを環状に結ぶ国道16号線―。 昔からこの沿線は新店が次々できては全国へと広がることから「日本の縮図」と呼ばれるが、新感覚な店舗が現在進行形で増加中だ。 そんな国道の今を見れば、日本の近い未来も見えてくる! * * * 一般国道16号。神奈川県相模原市、東京都八王子市、埼玉県川越市にさいたま市、千葉県柏市や千葉市など、都心部から40㎞ほど離れたベッドタウンを結ぶこの道路に今、新しいスタイル、面白いコンセプトの店が続々オープンしている。 だが、そのような店が16号沿いにできるのはなぜなのか。16号沿いの街の動向を30年以上見続け、16号に関する著書もある経済評論家の西村晃氏に話を伺った。 「そもそも国道16号沿いは、昭和20年代前半生まれの、いわゆる団塊の世代がマイホームを建てて暮らす街。子供を育てながら生活する『ごく普通』の家族がたくさん住んでいます。そんな『日本の縮図』ともいえるこの地域は30年以上前から、実験的な店舗を出すのに適したエリアで、私は『消費の標本空間』と名づけてきました」 1970年代にベトナム戦争が終わると、横須賀、相模原など、16号が通る街で米軍基地関連施設が続々返...more
カテゴリー:

【三本目の矢】FRB前議長、日銀2%物価目標「財政政策が必要」 - 05月24日(水)13:25 

 バーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長は24日午前、日銀本店で開いた国際会議で講演し、日銀が掲げる2%の物価目標達成には「(政府による)財政政策との協調が必要」と指摘した。日銀の金融緩和は限界に近づいているとも示唆し、追加の措置が求められる可能性があるとの見解も示した。  バーナンキ氏は物価上昇率と政策金利がそれぞれ2%に達すると、政府債務の対国内総生産(GDP)比が21%減少するとの試算を提示。財政政策の拡大による財政悪化がある程度相殺されるとの見通しを示した。  会議の冒頭では日銀の黒...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍総理「9条改憲」をどう読み解くか。日本人だけが知らない戦時国際法とは?【評論家・江崎道朗】 - 05月24日(水)08:52 

【江崎道朗のネットブリーフィング 第12回】 トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う! ◆サッカーの試合で、相手のエリアに入らずに勝てるのか?  中学生のサッカー・チームが、日本代表チームに勝つことは可能か。  結論から言えば可能だ。日本代表チームに特別のルールを課せばいいのだ。例えば、日本代表チームの選手はキーパーも含め全員、足を縄で縛り、かつ相手のエリア内に入って攻めてはいけないとすればいい。そうすれば中学生のチームでも楽勝だろう。 「そんなのサッカーではない」という声が聞こえてきそうだ。そう、こんなのサッカーではない。ルールが敵味方に等しく適用されてこそ試合は成り立つ。  ところがこんな当たり前の理屈を理解しようとしないのが、日本のマスコミであり、政治家たちだ。何しろ「外国と同じルールで日本が勝負できるようになってはいけない」とマスコミも政治家たちも叫んでいるのだ。  なんの話かと言えば、日本国憲法9条と自衛隊のことだ。  実は日本人の大多数は、国際政治が世界共通のルールで動いていることを教えてもらっていない。世界共通のルールを知らないから、「日本がまともな独立国家ではない」ことを日本人だけが知らないのだ。  この世界共通のルールとは、戦時国際法という。 「日本を弱いままにしておきた...more
カテゴリー:

【社会】国道16号線に面白いコンセプトの店が続々とオープンする理由 - 05月23日(火)23:51 

一般国道16号。神奈川県相模原市、東京都八王子市、埼玉県川越市にさいたま市、千葉県柏市や千葉市など、都心部から 40㎞ほど離れたベッドタウンを結ぶこの道路に今、新しいスタイル、面白いコンセプトの店が続々オープンしている。 だが、そのような店が16号沿いにできるのはなぜなのか。16号沿いの街の動向を30年以上見続け、16号に関する著書もある 経済評論家の西村晃氏に話を伺った。 「そもそも国道16号沿いは、昭和20年代前半生まれの、いわゆる団塊の世代がマイホームを建てて暮らす街。子供を育てながら ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】村田諒太の不可解判定の背景に何があったのか? - 05月23日(火)17:18 

ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31、帝拳)がWBA世界ミドル級王座決定戦(20日・有明)で不可解な判定負けしたことが大きな波紋を広げている。4回にダウンを奪い、5回、7回とグロッキー寸前にまで追い込んだ村田が、手数はあったがほとんど有効打を打てずにクリンチなどで逃げまくったアッサン・エンダム(33、フランス)に「1-2」の僅差で判定負けしたのだ。 海外メディアもこの判定に疑念を呈して、WBAのメンドーサ・ジュニア会長は、自らが採点したこの試合のジャッジペーパーを公開。「公正な採点がされなかったことに怒り...
»続きを読む
カテゴリー:

【国家公務員法違反(政治的行為の制限)】ジャーナリストら昭恵氏を告発 選挙応援に政府職員同行 - 05月23日(火)04:28 

ジャーナリストら昭恵氏を告発 選挙応援に政府職員同行 2017年5月22日19時36分 http://www.asahi.com/articles/ASK5Q5R2WK5QUTIL05L.html?iref=comtop_list_pol_n05  安倍晋三首相の妻昭恵氏が昨夏の参院選で候補者の応援に行った際、夫人付の政府職員らが同行していた問題をめぐり、ジャーナリストの浅野健一さんら8人が22日、国家公務員法違反(政治的行為の制限)の疑いで、昭恵氏と職員を東京地検に告発した。地検は受理するか検討する。  告発状によると、昭恵氏は昨年6~7月、参院選の候補者応援に夫人付職員ら政府...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「中立」の画像

もっと見る

「中立」の動画

Wikipedia

中立(ちゅうりつ、)とは、偏りが無い状態。 対立が存在する際に、そのどちらにも与しない第三者の立場のことである。

概念

どちらにも傾かない、あるいは方向付けを持たない立場として中立の語が使われる。 無関心(議論へ関心を持たない状態)、及び客観的な視点で思考を積み重ねた結果にいずれかの理論をたてる客観的思考と異なる。 調停ファシリテーションに必要な要素と考えられる。

一般社会における二つの当事者間に対立があった場合、第三者に意見が求められることがある。これは両者の利害に関係しない中立な立場、および客観的な立場から問題を見た場合の判断を期待するものである。特に問題が技術的、あるいは科学的などの専門性を有する場合、その分野の識者をその対象とする場合がある。しかし、これが期待通りに機能するとは限らないこともある。宇井純によると、公害問題においては、第三者の中立的立場は大抵は加害者側に有利になると言う。たとえば大きな工場などが被害を出し、地元の一般市民がそれを糾弾するといった構図の場合、当初は工場側はそ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる