「中立」とは?

関連ニュース

海外マーケットで会員数が500万人増加 ― Netflixが予測を上回る成果を発表 - 01月19日(木)14:56 

まったく、Netflixには驚かされる。 Netflixが本日発表したところによれば、同社は今年度の第4四半期で新規会員を国内市場で200万人、海外市場で500万人獲得したようだ。ウォールストリートの事前予想は実際の数字よりもずっと低く、それぞれ138万と378万人だった。業績数字については後ほどお伝えするが、実際のところ、ウォールストリートが気にしているのは新規会員の獲得数だ。なぜなら、その数字によって将来の成長速度を占うことができるからである。 より詳しく見てみると、Netflixは米国のオリジナルコンテンツに多額の投資をしているにもかかわらず、特に海外市場において急速に成長していることがわかる。Netflixは海外への拡大戦略を急速に推し進めているところではあるが、それぞれの国における国内戦略(強力なオリジナルコンテンツの製作)を調整する必要がある。それぞれの国ではオーディエンスが異なる趣向や視聴パターンを持っている可能性もあるからだ。しかし、Netflixは同社の新作を例に出し、その試みが成功したことを示した。 「嬉しいことに、ブラジルのオリジナルコンテンツである”3%”(SFドラマ)は、ブラジル国内で最も視聴された番組の1つとして数えられ、他のラテンアメリカ諸国のオーディエンスからもよく視聴されています」とNetflixはいう。「それだけではなく、...more
in English
カテゴリー:

三陽商会、不動産取引に関する報道への見解発表 - 01月19日(木)13:14 

 三陽商会は19日、一部週刊誌で報じられた、同社保有の東京・南青山の不動産取引の記事に関する見解を明らかにした。同時に、取引と杉浦昌彦前社長との関係については、外部専門家(弁護士)による特別調査委員会を設置したことも公表した。 不動産取引に関与したとされる人物については「昨年12月上旬、当社保有不動産の購入を希望していた個人について、その適性に問題があることを把握したため、直ちに同人物との協議・交渉を打ち切り、以後、一切の関係を遮断」している。 また、この人物に対して「当社が当社保有不動産の取引に係る仲介や交渉を依頼したことはなく、金融機関から資産整理を求められている事実や報道にあるような買付証明を受領した事実もない」としている。 特別調査委員会は6日に設置され、「客観的かつ中立的な調査を実施」する。調査結果は速やかに公表する予定だ。
in English
カテゴリー:

【東京市場の注目銘柄】(17日)丸一鋼管、3%安 - 01月18日(水)05:00 

 ≪需要回復で原料値上げ圧力強まる≫  ■丸一鋼管(5463) 前日比3%安の3725円。みずほ証券は16日付で投資判断を「買い」から「中立」に、目標株価を4080円から4000円に引き下げた。需要回復を受け、国内外で高炉の熱延コイルの値上げ圧力が強まり、利益拡大にブレーキがかかってきたと指摘。セクター内でも高炉・電炉に対する相対的な魅力が薄れたと分析した。2017年3月期経常利益予想を240億円から235億円に下方修正。会社計画は245億円。
in English
カテゴリー:

中国に屈せず。日本時代の「大和魂」で台湾を改革した許國雄の生涯 - 01月17日(火)04:30 

第2次世界対戦後、日本に変わり中華民国軍が上陸した台湾の混乱については先日掲載の記事「犬が去り豚が来た。日本撤退後の台湾を襲う大陸からの招かざる客」で詳しくお伝えしました。そんな激動の時代において、日本で受けた教育で身につけた「大和魂」を忘れず、台湾の政治改革に正面から挑んだ偉大な政治家の名をご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、今も台湾に語り継がれる許國雄のエピソードが紹介されています。 許國雄 ~台湾人の大和魂 1947年3月6日、台湾南部の高雄。高雄市立病院の主任医師、と言ってもまだ25歳の許國雄は、市参議員(市会議員)である父に頼まれ、救護隊として市役所で待機していた。 日本の敗戦後、大陸から渡ってきて台湾を支配した中国国民党の役人たちは台湾の物資を横領して上海で売り払ったため、猛烈なインフレが全土を襲った。兵隊たちによる台湾人への略奪・殺人・強姦も日常茶飯事だった。日本統治下で安定した法治社会を経験していた台湾人たちの不満がたまっていた。 その不満に火をつけたのが、2月27日、台北で煙草を売っていた老婆が、専売局の役人たちに銃で激しく殴打された事件だった。翌28日、専売局に抗議に押し寄せた群衆にいきなり憲兵隊が機関銃で発砲し、多くの犠牲者が出た。これを機に台湾全土で台湾人による暴動が始まった。228事件であ...more
in English
カテゴリー:

【国際】中国外務省の報道官、尖閣問題で次期米国務長官を牽制 - 01月12日(木)23:50 

 中国外務省の陸慷報道官は12日の記者会見で、ティラーソン次期米国務長官が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を日米安全保障条約の適用範囲とする認識を示したしたことに関して、「日米安保は冷戦の産物であり、中国の領土主権と正当な権益を損なうべきではない」と述べ、主権問題では中立の立場を堅持するよう求めた。 全文はソースで http://www.sankei.com/world/news/170112/wor1701120058-n1.html ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

松竹 急伸、岡三証券ではレーティングを格上げ - 01月19日(木)14:41 

松竹<9601>は急伸。岡三証券が同社レーティングを中立から強気に格上げ、目標株価を1600円としたことが好感されている。
in English
カテゴリー:

トランプ旋風は地球規模に! 今年、世界を騒がせる極右政治家4人とは… - 01月19日(木)06:00 

極端な右翼思想(の人)を「極右」という。トランプ氏がアメリカ大統領に就任する2017年は、この極右がハンパない勢いで拡散する年になるらしい。 「昨年末のトランプ氏の大統領当選は、ヨーロッパの右派政治家にとって大きなインパクトになりました。自分たちとよく似た政治主張の持ち主で、しかもポリティカルコレクトネス(政治的、社会的に中立・公平であり、いかなる差別も偏見も含まない姿勢)など気にせず、公の場で攻撃的かつ差別的なセリフを吐く人間が、アメリカのトップに収まったんですから。 彼らにしてみれば、『トランプのような極右が世界最強国のリーダーになれる時代になったんだ』と、強力な援軍を得た気分になっているのだと思います」(国際ジャーナリストの河合洋一氏) 事実、フランス、ドイツ、イギリスなど今、ヨーロッパを中心に「極右ポリュリスト」とでも呼ぶべき政治家が次々と台頭しているのだ。 では、2017年に更なるブレイクが予想される“右寄りな政治家”は? ここでは注目の4名を紹介しよう! 1:フランス 「欧州極右のトップランナーッッ!『国民戦線』党首、“女トランプ”ことマリーヌ・ルペンッ!!!」 今、最も大統領に近い極右と言えばこの48歳の女性だ。今年5月のフラ...more
in English
カテゴリー:

プロが鑑定。eBayがついに偽物対策に乗り出す - 01月17日(火)09:03 

出品者ができる偽物対策。 eBayに限った話ではありませんが、ネットオークションサイトにとって、長年大きな問題となっているのが偽ブランドのアイテムが出品されてしまうこと。Amazonは、本物の販売元と揉めたこともあって偽物対策を始めましたが、eBayもそれに続きます。偽物対策、やります。 eBayは偽物品が出回ることで、LVMH(Louis Vuittonの親会社)やTiffany & Co.などから訴えられており、対策を講じずにはいられない状態。そこで先日、eBayが消費者の信用を向上させるためと発表したのが、新プログラム「eBay Authenticate」。このほどVenture Beatによって取り上げられたこのプログラムは、落札した品が本物かどうか第三者のプロに鑑定してもらうというものです。数ヶ月中にはスタートする予定で、現段階ではハイエンドなブランドバッグなどファッションカテゴリーにまず注力するといいます。 例えば、高価なバッグをオークションに出す場合、出品者はまずプログラムを利用するかどうか選ぶことができます。利用する場合、出品ページにはプログラムを通してプロが鑑定するというメッセージが表示。この品を誰かが落札した場合、落札者の元に届ける前に鑑定がはいるというわけ。また、本物と鑑定され落札者に届いた品が、万が一偽物と判明した場合、eBayは落札者に落札価格の2倍...more
in English
カテゴリー:

日本買いを推進 「ウォール街の巨人」ブラックロックとは - 01月16日(月)07:00 

 昨年12月、米国の大手投資会社のレポートが世界の投資家の注目を集めた。そこには以下のように書かれていた。 〈円安、世界経済の改善、企業収益の上昇見込みを好感し、日本株の投資判断をオーバーウェイトとする〉  投資用語でオーバーウェイトは「強気」を指す。この会社はおよそ9か月ぶりに日本株の投資判断を「ニュートラル」(中立)から「オーバーウェイト(強気)」に引き上げたのだ。  この会社は“ウォール街の巨人”と呼ばれるブラックロック。日本人にはあまり馴染みのない社名だが、どんな会社なのか。ブライアン投資顧問の畠添武士氏が解説する。 「ブラックロックは1988年に証券会社ファースト・ボストン出身のラリー・フィンク氏によって設立されました。リーマンショック後、米メリルリンチと英バークレイズから運用部門を買収し、世界最大の資産運用会社に成長しました。世界中で株や債券などを幅広く運用し、グループ全体の運用資金残高は総額5.1兆ドル(約518兆円)に達します」  日本のGDPに相当する超巨額の運用額を誇る同社は日本国内での運用額もケタ違いだ。 「2年前の調査では、ブラックロックがグループ全体で保有するTOPIX500社の構成銘柄の評価額が約10兆7680億円に達した。これは日銀の保有する日本株に匹敵する巨額の運用です。同社は日本経済全体の“大株主”のような存在であり、市場に与える影響力は絶大です」...more
in English
カテゴリー:

応援組警察への支出違法=ヘリパッド建設で住民訴訟-那覇地裁 - 01月12日(木)18:15 

 米軍北部訓練場(沖縄県東村など)のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設をめぐり、現場の警備のため全国から派遣された警察職員の活動に対する公金支出は違法だとして、沖縄県民15人が12日、県に対し、県警本部長らに約850万円を賠償請求するよう求める住民訴訟を那覇地裁に起こした。 原告側は「警備活動は、工事の事業者である防衛省沖縄防衛局の便宜をことさらに図った行為で、不偏不党と公正中立を定めた警察法2条に反し違法」と指摘。昨年9月までに県が負担した燃料費や車両修繕費を賠償させるよう求めた。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

もっと見る

「中立」の画像

もっと見る

「中立」の動画

Wikipedia

中立(ちゅうりつ、)とは、偏りが無い状態。 対立が存在する際に、そのどちらにも与しない第三者の立場のことである。

概念

どちらにも傾かない、あるいは方向付けを持たない立場として中立の語が使われる。 無関心(議論へ関心を持たない状態)、及び客観的な視点で思考を積み重ねた結果にいずれかの理論をたてる客観的思考と異なる。 調停ファシリテーションに必要な要素と考えられる。

一般社会における二つの当事者間に対立があった場合、第三者に意見が求められることがある。これは両者の利害に関係しない中立な立場、および客観的な立場から問題を見た場合の判断を期待するものである。特に問題が技術的、あるいは科学的などの専門性を有する場合、その分野の識者をその対象とする場合がある。しかし、これが期待通りに機能するとは限らないこともある。宇井純によると、公害問題においては、第三者の中立的立場は大抵は加害者側に有利になると言う。たとえば大きな工場などが被害を出し、地元の一般市民がそれを糾弾するといった構図の場合、当初は工場側はそ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる