「中田カウス・ボタン」とは?

関連ニュース

【テレビ】≪ 出演芸人発表≫「爆笑ヒットパレード2018」出演芸人発表、「レッドカーペット」はMC再集結 - 12月24日(日)08:38  mnewsplus

12/24(日) 8:00配信 「爆笑ヒットパレード2018」出演芸人発表、「レッドカーペット」はMC再集結 1月1日(月・祝)にナインティナインがMCを務める「第51回爆笑ヒットパレード2018」(フジテレビ系)が放送され、多くの芸人が出演する。 このたび爆笑問題、中川家、博多華丸・大吉、タカアンドトシ、サンドウィッチマン、東京03、ナイツ、とろサーモン、かまいたちといった芸人たちの出演が明らかに。彼らのネタはもちろん「2018年芸能人出直しバス中継」や「俺のヒットパレード」と題したコーナーを通して、7時間にわたって元日に...
»続きを読む
カテゴリー:

「中田カウス・ボタン」の画像

もっと見る

「中田カウス・ボタン」の動画

Wikipedia

中田カウス・ボタン(なかたカウス・ボタン)は、漫才コンビ。所属事務所は吉本興業大阪。コンビ結成は1968年3月

なんばグランド花月劇場(NGK)で大トリをとる大御所である。

略歴

二人の出会いはカウスがアルバイトをしていたバーの常連客がボタンであった事から。日に日に仲良くなった頃カウスからボタンを誘いコンビ結成。

その後は遊園地やストリップ劇場などで漫才を披露。若手の頃はアイドル並みの人気を博した。漫才師はコンビで揃いのスーツを着ることが定番だった時代に、はじめてジーパンとトレーナーで演じた当時お金もなく仕方なくこの衣装になった、当時諸先輩からこっ酷く怒られたが自分たちのスタイルを貫き通した。。ネタ作りも当時の女子高生にウケるネタを研究して作るなど、若者にターゲットを絞った漫才を発表し続ける。現代では当たり前のように存在するアイドル漫才師のパイオニアと言える存在であった。

漫才・ネタの特徴としては、カウスの、ボタンの私生活や過去を引き合いに出して...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる