「中村勘九郎」とは?

関連ニュース

実写版・銀さん、土方、高杉などがデザインされた『銀魂』ムビチケカードが発売 - 04月29日(土)13:48 

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』(7月14日公開)のムビチケカードが、4月29日(土)より一部の劇場を除く全国の上映劇場にて発売されることがわかった。本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。ムビチケカード絵柄は、順次解禁され大きな反響を呼んだキャラクタービジュアルがデザインされた限定版。29日より発売される第1弾には、“万事屋銀ちゃん”の銀時、新八、神楽。5月中旬頃より発売される第2弾には、“真選組”の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)。6月中旬頃より発売される第3弾には、桂小太郎(岡田将生)&エリザベス、志村妙(長澤まさみ)、高杉晋助(堂本剛)がデザインされており、各デザインとも発売枚数に限りがあるという。また、4月24日に公開されたばかりのポス...more
in English
カテゴリー:

栗原類、初めての先生役に思い出す小学校時代の先生の姿 - 04月26日(水)06:30 

NHK Eテレでは、英語のリズムを耳と体で感じる小学生向けの教育番組「エイゴビート」(毎週土曜夜6.50-7.00)を放送中。英語のラップが飛び交う架空の小学校を舞台に、ゲームやダンスなどで音に乗って英語を楽しむことができる。 【写真を見る】キリッとした面持ちの栗原類が、先生を演じることで演技の幅が広がったことを明かす そんな小学校で先生を演じる栗原類に、番組の見どころや英語の魅力について話を聞いた。 ――これまで単発放送だった「エイゴビート」が、レギュラー放送としてスタートしましたが、いかがですか? 「エイゴビート」の放送が決定した時、オーディションを受けたんですが、今でも受かったことが不思議なくらいです。 英語の発音にはすごく自信がありましたが、オーディションではダンスなども披露したので、そこで減点されて駄目だと思っていました。ですが、こうしてレギュラー化も決まり、僕自身、英語を使ってお仕事をすることは初めてなので、精いっぱい頑張りたいなという気持ちです。 ――先生を演じていて楽しい点や難しい点は、どんなところですか? 「エイゴビート」には、ランドセルのランディをはじめ、個性的な子供たちがたくさん登場します。舞台はファンタジーですが、見ている方が“クスっ”と笑ったり、「あっ、こういう子いるよね」と思えるようなどこかリアリティーのある世界なんです。そんな中で、先生を演じるというこ...more
in English
カテゴリー:

実写『銀魂』期待高まる!ついに本編が完成 予告映像も解禁に - 04月24日(月)10:30 

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』(7月14日公開)の本編がついに完成。さらにこの度、WEB版の予告と本ポスターが解禁となった。本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。今回解禁となったWEB版予告は、宇宙船が飛び交い、高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の映像からスタート。新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、銀時と新八の出会いが映し出され、続々と、これまで明らかにされなかった各キャラクターの動画が短く挿入されている。さらには、銀時と薄赤く光る刀を手にした男が月に照らされる中、激しく剣を交える迫力あるアクションシーン、最後には新八と武市変平太(佐藤二朗)の激しい戦い(?)もコミカルに描かれている。また、同時...more
in English
カテゴリー:

実写「銀魂」予告&ポスター完成!小栗旬扮する銀時ら人気キャラが続々登場 - 04月24日(月)05:00 

 小栗旬主演、福田雄一の監督・脚本で空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂」のWEB版予告&本ポスターが、このほど完成した。映像では、主人公・銀時(小栗)が赤く光る刀を手にした男と激しく剣を交えるアクションシーンのほか、人気キャラクターが続々と登場する模様などが映し出されている。  累計発行部数5100万部を突破した同名漫画を実写化。宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時が、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らとともに、身の回りで起こる様々な事件に挑むさまをコミカルに描いている。  予告編は、江戸時代末期にも関わらず高層ビルが林立する独特の町並みからスタート。銀時と新八の出会いや、囚われの神楽が「銀ちゃんは?」と問いかける姿が切り取られ、最後は新八と武市(佐藤二朗)のコミカルな掛け合いで締めくくられている。さらにポスターは、凛々しくたたずむ銀時を中心に、桂小太郎(岡田将生)、近藤勲(中村勘九郎)、岡田似蔵(新井浩文)らが勢ぞろいしている。  「銀魂」にはほか、長澤まさみ、柳楽優弥、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、安田顕、菜々緒、堂本剛ら豪華な面々が共演し、主題歌は「UVERworld」が担当。7月14日から全国で公開される。 【作品情報】 ・銀魂 【関連記事】 ・【動画】WEB予告 ・実写「銀魂」主題歌はUVERw...more
in English
カテゴリー:

柳楽優弥、大河主役も視野に「馬、買いました」 柴咲コウのファンだったことも告白 - 04月23日(日)07:00 

 俳優の柳楽優弥(27)が、NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に盗賊団の頭・龍雲丸役で、23日放送の第16回から登場する。大河ドラマは初出演。どんな感慨を催したのかと聞くと、「映画『許されざる者』(13年)への出演以来、懇意にしている乗馬クラブで『いつか大河の主役をやる時のために馬を買っておけ』と、猛烈に勧められまして、馬、買いました」と、驚きの答えが返ってきた。 【画像】直虎役の柴咲コウとはCMで共演したことも  『許されざる者』で演じた役名にちなんで「五郎」と名付け、仕事が休みの時には乗馬を楽しんでいるそう。「乗馬クラブの人が、何かというと『大河』を持ち出すので、自分の中で大河ドラマに対するイメージがどんどん大きくなっていたので、今回『直虎』に出演できることになってうれしかったです。龍雲丸は馬には乗らないんですけど(笑)」。  龍雲丸は、幼い頃に戦乱で両親を亡くし、以来流浪の生活を送る中、同じ境遇の身寄りのない孤児たちを束ね、盗賊団の頭としてたくましく生きている。井伊谷の山林から盗伐しようとしたところを捕らえられ、直虎と出会う。初めて直虎と会う時の格好が、すでに予告映像でも流れているとおり、ふんどし一丁という男らしい姿。  「大河ドラマの出演自体初めてなのに、ふんどし姿で登場することとなり、とても緊張しましたが、その分気合い...more
in English
カテゴリー:

四国こんぴら歌舞伎 役者の息遣いまで聞こえる圧巻の臨場感 - 04月27日(木)11:00 

 香川県・琴平町。「こんぴらさん」の愛称で古来、信仰を集める金刀比羅宮を構えるこの地が桜色に染まる頃、同じく春の訪れを告げるのが恒例の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」だ(今年は4月8日~23日)。  参道にたくさんの幟が立てられると、琴平の街は一気にお祭りムードで活気づく。初日を前に門前町で行なわれるのが、役者たちが人力車で練り歩く「お練り」。今年は片岡仁左衛門が座頭を務める五代目中村雀右衛門襲名披露公演とあって、桜吹雪ならぬ紙吹雪がひらひら舞うなか、参道に集まったファンから、「松嶋屋!」「京屋!」と、熱烈な歓声があがった。  公演は、現存する日本最古の芝居小屋「旧金毘羅大芝居(通称・金丸座)」で行なわれる。天保6(1835)年に建てられ、江戸時代には江戸や上方の千両役者たちがこぞって出演したという由緒ある檜舞台だ。昭和45(1970)年には歴史的・文化的価値が認められ、国の重要文化財に指定。現在の愛宕山中腹に移築改修され、天保の世の芝居小屋が見事甦った。 「ネズミ木戸」と呼ばれる正面の小さな入口から身をかがめて旧金毘羅大芝居へ入ると、1階客席中央の「平場」を埋め尽くした観客の熱気に圧倒される。左右には提灯が点る桟敷席が設けられ、やわらかな自然光が差し込む芝居小屋に江戸の風情がふわりと漂う。  舞台は役者の息遣いがリアルに感じられるほど近く、平場のすぐ脇を走る花道での見栄は抜群の迫力。...more
in English
カテゴリー:

実写『銀魂』期待高まる!ついに本編が完成 予告映像も解禁に - 04月24日(月)10:37 

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』(7月14日公開)の本編がついに完成。さらにこの度、WEB版の予告と本ポスターが解禁となった。本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。今回解禁となったWEB版予告は、宇宙船が飛び交い、高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の映像からスタート。新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、銀時と新八の出会いが映し出され、続々と、これまで明らかにされなかった各キャラクターの動画が短く挿入されている。さらには、銀時と薄赤く光る刀を手にした男が月に照らされる中、激しく剣を交える迫力あるアクションシーン、最後には新八と武市変平太(佐藤二朗)の激しい戦い(?)もコミカルに描かれている。また、同時...more
in English
カテゴリー:

【映画】実写『銀魂』主要キャラ陣の映像を初公開! 宇宙船&アクションシーンも - 04月24日(月)05:17 

[2017/04/24] 俳優・小栗旬主演の映画『銀魂』のWEB版ポスター&WEB版予告第1弾が24日、公開された。 同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、『HK 変態仮面』シリーズやTVドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。 パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗)の間に起こるさまざまな事件を描く。 今回となった映像では、宇宙船が飛び交い高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の全貌が...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

実写『銀魂』小栗旬、菅田将暉らズラリ 豪華キャスト集結のポスター&予告編解禁 - 04月24日(月)05:00 

 空知英秋氏の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)のWEB版予告映像と本ポスターが24日、解禁された。 【動画】映画『銀魂』WEB版予告映像  福田雄一監督がメガホンをとった同映画の舞台は、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に支配された江戸。主人公・坂田銀時(小栗)と、ひょんなことから出会った志村新八(菅田)と神楽(橋本環奈)が営む万事屋の周りで起こるさまざまな事件が描かれる。  WEB版ポスターは、凛々しい出で立ちの銀時を中心に、万事屋メンバーの新八と神楽を始め、新八の姉・妙(長澤まさみ)、攘夷浪士の桂小太郎(岡田将生)と桂のペットで謎の地球外生物のエリザベス、真選組の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)らが集結。さらに、“攘夷過激派武装集団・鬼兵隊”のメンバーである岡田似蔵(新井浩文)、武市変平太(佐藤二朗)、来島また子(菜々緒)、物語の鍵を握る刀鍛冶屋の鉄矢(安田顕)&鉄子(早見あかり)の村田兄妹に、銀時が頼りにするからくり堂の店主・源外(ムロツヨシ)らも、それぞれ”キメ顔“でそろい踏みしている。  劇場掲出版の本ポスターでは、銀時や桂の幼なじみで、ともに天人を敵にまわし攘夷戦争時代を戦い抜いた盟友にして今は宿敵、鬼兵隊頭領の高杉晋助(堂本剛)がキャストたちの頭上に君臨している。  同時に解禁されたWEB版予告映像は、新八の...more
in English
カテゴリー:

中村勘九郎も恋ダンス?時事ネタ、パロディー満載の新作歌舞伎 - 04月21日(金)19:46 

東京・歌舞伎座で行われた「第38回俳優祭」の模様が、4月30日(日)夜9時からNHK Eテレで放送されることが分かった。 【写真を見る】模擬店には中村壱太郎、中村橋之助、中村隼人、中村米吉の獅子と一緒に写れる「写真館」も出店/(C)NHK 前回から約3年ぶりに開催された「俳優祭」では、歌舞伎・新派の俳優が勢ぞろいし、本格的な舞踊はもちろん、時事ネタやパロディーを盛り込んだ新作歌舞伎が上演される。 新作歌舞伎の演目は「月光姫恋暫(かぐやひめこいのしばらく)」。かぐや姫(市川猿之助)が、仕える局たちに大けがを負わせるほどの凶暴な性格が原因で、地球での修業を課せられることになり、おじいさん(尾上菊之助)とおばあさん(市川海老蔵)の下で大暴れするという奇想天外なストーリー。 物語の中で演者が“恋ダンス”を披露したり、大流行した“あの太郎”を歌って踊ったりするなど普段の歌舞伎では見られない舞台が展開される。 さらに、中村七之助らがグッズや飲食物を販売する模擬店の様子や、公演の舞台裏なども放送。ほか、懐かしの名優の秘蔵シーンも公開する。 番組のナビゲーターは「にっぽんの芸能」(毎週金曜夜11:00 NHK Eテレ)でおなじみの“古典芸能好き”の名コンビ、石田ひかりと秋鹿真人アナウンサーが務める。 豪華俳優が一堂に会する華やかな“祭”。参加した人もそうでなかった人も必見の放送になるであろう。 ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「中村勘九郎」の画像

もっと見る

「中村勘九郎」の動画

Wikipedia

中村 勘九郎(なかむら かんくろう)は、歌舞伎役者の名跡。五代目以降の屋号は中村屋。定紋は角切銀杏、替紋は丸に舞鶴。

  • 初代 中村勘九郎
    • 初代中村勘三郎の長男、生没年不詳。
    • ?→ 初代中村勘九郎
  • 二代目 中村勘九郎
    • 初代の次男、あるいは四代目中村勘三郎の弟、1688年 - 1758年。のち五代目中村勘三郎の養子。
    • 中村又三郎 → 六代目中村勘三郎 → 二代目中村勘九郎(隠居名)→ 初代中村傳九郎(隠居名)
  • 三代目 中村勘九郎
    • 十一代目中村勘三郎の次男、1800年 - 1851年。
    • 四代目中村明石 → 五代目中村傳九郎 → 十二代目中村勘三郎 → 三代目中村勘九郎(隠居名)
  • 四代目 中村勘九郎
    • 出自・生没年等委細不詳。
    • 襲名歴不詳。
  • 五代目 中村勘九郎
    • 十七代目中村勘三郎の長男、1955年 - 2012年。
    • 五代目中村勘九郎 → 十八代目中村勘三郎
  • 六代目 中村勘九郎
    • 五代目の長男、1981年 - 。当代。
    • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる