「中村勘九郎」とは?

関連ニュース

映画『銀魂』、撮影現場に潜入 神楽の見切れNGに小栗旬&菅田将暉がダメ出し!? - 03月22日(水)17:00 

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中の同名人気漫画を、小栗旬主演で実写化した映画『銀魂』。先日、茨城県つくば市内で撮影現場取材を行ったところ、メガホンを取った福田雄一監督がインタビューに応じ、実写化への思いや見どころについて語ってくれた。【関連】『銀魂』現場取材フォトギャラリー 原作は、空知英秋が2004年に連載開始。劇中では、宇宙人・天人に支配されたパラレルワールドの江戸時代を舞台に、万事屋を営む主人公・坂田銀時(小栗旬)が、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)とともに、様々な事件を解決する姿が描かれてきた。 代表作である『勇者ヨシヒコ』シリーズが、ネット上で『銀魂』に似ていると言われていたことを知り、「イラッとした(笑)」と冗談交じりに振り返る福田監督。それからは原作を読むことを避けていたものの、たまたまアニメ版を見た際に、考えが変わったという。「多分、空知先生と笑いの方向性が似ているんだと思います。パロディの仕方やキャラクター作りにおける笑いの方向性、これだったら、似ているって言われても仕方ないなと(笑)」。 そんな福田監督は、本作ではアクションにこだわった。「僕、『キック・アス』とか『キングスマン』とかああいうハリウッド的なアクション好きなんですよ。わりとカットわりの多いやつ」と話すコメディの名手は、かつて小栗が出演したテレビドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』のア...more
in English
カテゴリー:

岡崎京子「リバーズ・エッジ」映画化!二階堂ふみ×吉沢亮が行定勲監督とタッグ - 03月22日(水)07:00 

 人気漫画家・岡崎京子氏の最高傑作といわれる「リバーズ・エッジ」が行定勲監督のメガホンにより実写映画化されることになった。女優の二階堂ふみが主演し主人公の女子高生・若草ハルナを演じ、俳優の吉沢亮がゲイであることから高校になじめない山田一郎に扮していることが明らかになった。 ・【関連写真】二階堂ふみと吉沢亮の写真はこちら  1993~94年に「CUTiE」(宝島社刊)で連載されていた岡崎氏の同名原作は、バブルが弾けた90年代が舞台になっており、リアルなセックス描写を含む愛や暴力、都市に生きる若者たちの欲望、不安、焦燥感を果敢に描いたことで多くのファンを引き付けたことで知られている。二階堂にいたっては、「衝撃的な空虚、無知ゆえの凶暴、10代でこの作品に出合えたことが財産だと思っています」と語るほどに思い入れは強い。  ストーリーは、女子高生のハルナが元恋人の観音崎にいじめられている同級生・一郎を助けたことをきっかけに、河原に放置された人間の死体を見つけたことを打ち明けられる。過食しては吐く行為を繰り返すモデルのこずえも、この死体を愛していた。一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠するハルナの友人ルミらを交えながら、不器用にストレートに物語は進行していく。そして、新たな死体がひとつ生まれる。  二階堂が演じるハルナは、母と2人暮らしで同い年の彼氏もい...more
in English
カテゴリー:

池田エライザと吉沢亮が入れ替わる? 『ぼくは麻理のなか』実写ドラマ化 - 03月20日(月)15:00 

 女優の池田エライザが、FOD(フジテレビオンデマンド)で31日に1夜限りの全8話一挙ライブストリーミング配信されるオリジナルドラマ『ぼくは麻理のなか』に主演することがわかった。『悪の華』などの押見修造氏の同名漫画を実写化。吉沢亮、中村ゆりからが共演する。監督はフジファブリック、でんぱ組.inc、NMB48などのミュージックビデオを手がけてきたスミスのほか、横尾初喜、戸塚寛人らが務める。 【写真】吉沢亮も出演  友人作りに失敗したことが原因でまともに大学に行けなくなり、ゲームと自慰行為に明け暮れる日々を送る青年・小森功(吉沢)が、ある朝、いつものように目を覚ますと、ある“異変”が起こっていた。鏡に映っていたのは、自分とは似ても似つかない美少女で彼女の名前は吉崎麻理(池田)。麻理は、功が行きつけのコンビニで度々遭遇していた女子高生だった。「麻理」としてなんとか日常を過ごそうと奮闘する功だったが、クラスメイトの柿口依(中村ゆりか)にだけは、外見は麻理だが中身は別人であることがバレてしまう。  かねてから押見作品のファンだったという池田は「押見修造さんの漫画はそれこそストーカーのように、常に追っていたので、お話をいただいた時はとても光栄でした」と歓喜。「人間の潜在的にある感覚を、どこまで掘り起こせるかが日々勝負になってくる撮影は楽しいですが、過酷な時もあり、いま体当たりしてるなあと...more
in English
カテゴリー:

実写「銀魂」は「新しいエンタメのジャンルになる」 小栗旬&菅田将暉&橋本環奈が語る - 03月17日(金)12:00 

 空知英秋氏の人気漫画を実写映画化する「銀魂」の撮影現場が、東京・練馬区の東映東京撮影所で報道陣に公開された。主人公・坂田銀時役の小栗旬をはじめ、志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈の万事屋3人衆が勢ぞろいし、福田雄一監督の演出にアドリブを交えながら応じた。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  全体の撮影は2016年7~9月に行われ、万事屋セットを使用した場面が2016年7月9日にお披露目された。エリザベスが登場するシーンで、精巧な万事屋セットで3人がハイテンションの掛け合いを見せるなか、撮影所の片隅ではエリザベスの着ぐるみが粛々と組み上げられていくという異様な光景が広がった。そして3人がいざ初対面すると、小栗は手を叩いて大ウケ。そのビジュアルに笑いっぱなしだったものの、本番を終えた後は「変な緊張感がありましたね」(菅田)、「『銀魂』を実写化していることを、エリザベスを見て思い出した」(小栗)と不思議そうにつぶやいていた。  神楽が新八をビンタし、メガネを吹き飛ばすというダイナミックなひと幕も。その模様にゲラゲラと笑っていた福田監督は、ここで細かなこだわりを見せる。ビンタ直後の橋本の手に言及し、「振り抜いちゃうと面白くない」「押し出すように手のひらを見せたほうが面白い」などと指示。複数回のリテイクを経て、映像をスロー再生しながら再び大笑いすると、橋本&菅田に対し...more
in English
カテゴリー:

中村七之助「いい恋愛してきた」恋愛経験に自負 - 03月14日(火)17:54 

 歌舞伎俳優中村勘九郎(35)中村七之助(33)が14日、東京・赤坂氷川神社で、赤坂大歌舞伎「夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし) 赤目の転生」(4月6~25日、赤坂ACTシアター)の成功を祈願した。  愛する女性を守るために何度も転…
in English
カテゴリー:

実写『銀魂』人気エピソードカブト狩り撮影 万事屋・真選組が全力疾走 - 03月22日(水)17:00 

 俳優の小栗旬主演で『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)の昨年8月に撮影された一部シーンが公開され、原作やアニメでも人気の高いエピソード“カブト狩り”が映画でも登場することがわかった。 【写真】岡田将生&エリザベスの姿も 映画『銀魂』撮影の模様  作品の舞台は、パラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどる時代に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身におきるさまざまな事件を描いていく。  マスコミに公開されたのは8月24日、茨城・ワープステーション江戸で行われた撮影。銀時役の小栗を始め、菅田、橋本、柳楽優弥、吉沢亮、岡田将生らが、エリザベス、真選組隊員エキストラと共に撮影に臨んでいた。  この日撮影したのは、カブト虫を追う万事屋と真選組が江戸の町を走り回る、まるで“壮大な追いかけっこ”のような場面。カブト狩りへ出かけた万事屋は、森の中で真選組一同と鉢合わせする。万事屋、真選組共に虫取り網を手に、虫取りカゴを装着して江戸の町を駆け抜ける道中では、岡田演じる桂小太郎とエリザベスにも遭遇。原作やアニメでは、近藤勲が全身に蜂蜜を塗った衝撃の姿を披露し、人...more
in English
カテゴリー:

市川猿之助、宙乗り1000回目前「あっという間」 - 03月21日(火)12:48 

 市川猿之助(41)中村勘九郎(35)中村七之助(33)が出演する大阪・松竹座「五月花形歌舞伎」(5月2~26日)の会見が21日、都内で行われた。  昼の部で猿之助は「金幣猿島郡」の清姫など4役、夜の部で勘九郎は「怪談乳房榎」の菱川重信…
in English
カテゴリー:

「銀魂に救われた」 福田雄一監督、大いなる愛を胸に実写化挑戦 - 03月17日(金)12:00 

 累計発行部数5000万部を突破した空知英秋氏の人気漫画を、小栗旬主演で実写映画化した「銀魂」の撮影現場が、2016年7月に東京・練馬区の東映東京撮影所で報道陣に公開された。脚本も兼ねた福田雄一監督、プロデューサーの松橋真三氏が、製作経緯や撮影の手応えを語った。  もともと原作ファンの間では「作風が似ている『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一なら、『銀魂』を実写化できるのでは?」と言われており、福田監督も長男からその評判は聞いていた。一方で「似てるって言われるのって、正直あまりいい気がしないじゃないですか(笑)。なんだと~と思ったんですよね。『勇者ヨシヒコ』はオリジナルですが、(『銀魂』は)それよりもだいぶ前から連載している漫画。ちょっと悔しいから、むしろ『どれどれ』じゃなくて、『見てやるものか』的な感じだった」と話す。ところがいざ鑑賞するや、「笑いの方向性や世界観が似ていると言われても仕方がない」と納得し、「そこからは、僕自身がガチはまり」と翻意した。  「仕事でくさくさしていても、家に帰ったらまず『銀魂』のDVDを見るという時期が何カ月も続きました。本当に『銀魂』に救われたところもあります。そのなかで、松橋さんから『何か一緒にやりませんか?』と言われ、『銀魂』をやりたいですではなく、『銀魂』は僕がやったほうがいいみたいですよっていう話をさせていただきましたね(笑)」  そん...more
in English
カテゴリー:

『赤坂大歌舞伎』縁結び神社で七之助「この縁を大切に」 - 03月15日(水)16:25 

赤坂大歌舞伎 新作歌舞伎「夢幻恋双紙 赤目の転生(ゆめまぼろしかこいぞうし あかめのてんせい)」。その4月6日(木)の開幕を前に赤坂氷川神社で公演成功祈願が行われ、中村勘九郎、中村七之助、作・演出の蓬莱竜太をはじめ、出演者の市川猿弥、中村鶴松、中村いてう、中村亀鶴、片岡亀蔵が出席した。赤坂大歌舞伎 チケット情報(PC)「赤坂大歌舞伎」5回目にして初の新作歌舞伎としても注目を集めている本作。作・演出は『母と惑星について、および自転する女たちの記録』(2016年)での第20回鶴屋南北戯曲賞受賞も記憶に新しく、勘九郎、七之助と同世代でもある劇作家・蓬莱が務める。成功祈願後に行われた囲み取材で、勘九郎は「赤坂大歌舞伎として成功祈願というものを初めてやらせていただきました。身の引き締まる思いです」と挨拶。現在真っ最中の稽古について蓬莱は「初めて歌舞伎の演出をやらせていただいていますが、劇団のようにみんなが一緒になって作っているという印象で、リラックスして充実した稽古ができています。歌舞伎と現代劇は違うと思って入ったのですが、そういうことをあまり意識しなくていいという空気を作ってくださって。自由に歌舞伎を発想していいんだという風に勘九郎さんも七之助さんも言ってくださるので、その言葉を鵜呑みにしてやっております」。本作が描くのは、男と女の業。愛する歌(七之助)を幸せにするために転生を繰り返す男・...more
in English
カテゴリー:

『ゆとりですがなにか』今夏SPドラマで復活 岡田将生「こんなにうれしいことはない」 - 03月14日(火)17:30 

 昨年春に放送された俳優の岡田将生主演・日本テレビ系連続ドラマ『ゆとりですがなにか』が、今夏にスペシャルドラマ『-純米吟醸純情編-』として復活することがわかった。14日、都内で行われた『芸術選奨 放送部門 文部科学大臣賞』贈呈式で脚本を手掛けた宮藤官九郎が発表した。今回描かれるのは連ドラから1年後の物語。岡田、松坂桃李、柳楽優弥ら演じる1987年生まれのアラサー男子3人が、友情に、恋に、家族に、人生に……様々な壁にぶつかり七転八倒しながらも、“社会”のなかでたくましく成長していく姿を引き続き描いていく。 【連ドラ版カット】優柔不断なサラリーマンを演じた岡田将生  連ドラのラストでは無事、恋人・宮下茜(安藤サクラ)と結婚した主人公・坂間正和(岡田)。スペシャルでは、脱サラした正和は兄とともに、亡き父が残した酒蔵を切り盛りしていけるのか?童貞卒業ならなかった山路(松坂)に、いよいよ春は来るのか?11浪目にして悲願の大学合格を果たした、元おっぱいパブ客引き・まりぶ(柳楽)は今?などメインキャストのその後を描く。そのほか、島崎遥香演じる正和の妹・ゆとりや、正和の会社の後輩だった山岸(太賀)など個性的なキャラクターのその後が明らかになる。  宮藤は同ドラマについて「放送当時『社会派ドラマ』と言われましたが、自分では『社会ドラマ』というつもりでした。“派”の有無は自分にとっては大問題で、...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「中村勘九郎」の画像

もっと見る

「中村勘九郎」の動画

Wikipedia

中村 勘九郎(なかむら かんくろう)は、歌舞伎役者の名跡。五代目以降の屋号は中村屋。定紋は角切銀杏、替紋は丸に舞鶴。

  • 初代 中村勘九郎
    • 初代中村勘三郎の長男、生没年不詳。
    • ?→ 初代中村勘九郎
  • 二代目 中村勘九郎
    • 初代の次男、あるいは四代目中村勘三郎の弟、1688年 - 1758年。のち五代目中村勘三郎の養子。
    • 中村又三郎 → 六代目中村勘三郎 → 二代目中村勘九郎(隠居名)→ 初代中村傳九郎(隠居名)
  • 三代目 中村勘九郎
    • 十一代目中村勘三郎の次男、1800年 - 1851年。
    • 四代目中村明石 → 五代目中村傳九郎 → 十二代目中村勘三郎 → 三代目中村勘九郎(隠居名)
  • 四代目 中村勘九郎
    • 出自・生没年等委細不詳。
    • 襲名歴不詳。
  • 五代目 中村勘九郎
    • 十七代目中村勘三郎の長男、1955年 - 2012年。
    • 五代目中村勘九郎 → 十八代目中村勘三郎
  • 六代目 中村勘九郎
    • 五代目の長男、1981年 - 。当代。
    • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる