「中村俊輔」とは?

関連ニュース

【サッカー】<フットボールの真実>中村俊輔落選2カ月前人任せ通告! トルシエ監督は逃げた... - 04月19日(木)12:37  mnewsplus

トルシエ監督が逃げた。02年5月16日。日本代表はノルウェー遠征からパリ経由で成田に戻り、翌17日がワールドカップメンバー発表日だった。パリのシャルル・ドゴール空港のラウンジで指揮官は、日本協会の強化推進本部・加藤彰恒部長を呼んだ。「オレは成田行きの飛行機には乗らない」。突然の通告に、あぜんとした加藤部長は即座に日本にいた木之本副本部長に電話を入れた。「俊輔のことだろう。逃げたいのなら、いいよ。オレが発表するから」。電話の向こうからそう返ってきた。  最大の関心事は当時23歳だったMF中村俊輔...
»続きを読む
カテゴリー:

中村俊輔、1本のCKにも長期的な駆け引き込める - 04月17日(火)17:40 

 ジュビロ磐田MF中村俊輔(39)の、コメントが印象的だった。今月7日にエコパで行われた清水エスパルスとの「静岡ダービー」。結果は0-0の引き分けに終わったが、背番号「10」は得意のセットプレーから好機を何度も演出。前半42分には、CK…
カテゴリー:

磐田中村俊輔、ヤマハへ熱い思い「必ず勝ち点3」 - 04月15日(日)11:36 

 ジュビロ磐田は、本拠地で3戦ぶり白星を全力で取りにいく。今季はエコパスタジアムでのホーム戦が続き、ヤマハスタジアムでの開催は、今日15日のサガン鳥栖戦で2試合目。チームは14日、同スタジアムで最終調整し、MF中村俊輔(39)は、勝ち点…
カテゴリー:

【サッカー】日本代表人気の低迷にスポンサーは不満か 、本田と香川の冷遇に大ブーイングのスポンサー★2 - 04月13日(金)23:56  mnewsplus

サッカー日本代表・西野新監督誕生の舞台裏 “フィクサー”岡田氏の陰 本田と香川の冷遇に大ブーイングのスポンサー  サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が9日に電撃解任され、後任に日本サッカー協会の西野朗技術委員長(63)が就任した。6月14日のW杯ロシア大会開幕をわずか66日後に控えての“政変”の舞台裏を探る。そこには、過去に2度日本代表を率いてW杯を戦い、今年3月に日本協会副会長の座を退いた岡田武史氏(61)=FC今治オーナー=の姿も見え隠れする。(夕刊フジ編集委員・久保武司) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<西野新監督に秘めたサプライズ招集>遠藤の代表復帰だろ~俊輔は?「本田と一緒には使えないことをわかっていると思うよ」 - 04月13日(金)19:10  mnewsplus

--西野朗氏(63)が日本代表監督に就任  清水「彼はオレの1学年下で同じ埼玉生まれだから、よく試合をしたよ。背が高いのにパスも出せるうまい選手だった。とにかくモテたね。西野が出る試合は、ジャニーズのコンサート会場みたいで、あちこちから黄色い声援が飛んでいた」  「変わるだろうね。ハリルホジッチ前監督のもとで“反乱分子”といわれた本田(パチューカ)、香川(ドルトムント)、岡崎(レスター)は復帰するだろう」  --前任者へのあてつけか  「違うよ。この3人には実績と経験がある。3人を軸にチーム...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】日本人2人ランクイン!英サッカー専門誌が選んだ「アジア・神セブン」 - 04月17日(火)20:16  mnewsplus

アジア中のファンを熱狂させた文句なしの7選手  創刊から24周年を迎えた英サッカー専門誌『Four Four Two』が、シーズン終盤の恒例企画である「アジア・フットボーラーベスト50」を随時発表中だ。海外日本人選手やJリーガーも続々選出されており、その最終結果はいずれお伝えしよう。    そんななか、同誌はかつてヨーロッパを舞台に活躍したアジア人プレーヤーを“おまけ企画”としてフィーチャーした。対象期間としたのは1990年代から2000年代の20年間で、厳選された7選手を取り上げている。いわばアジアにおける“神セブン”で、...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】39年の歴史に幕 全国唯一の少年サッカー紙 購読数の減少や諸経費の高騰が響き - 04月17日(火)15:46  mnewsplus

県サッカー協会が発行する全国唯一の少年サッカー広報紙「スポーツコミュニティ さわやか」が今月号を最後に39年の歴史に幕を閉じた。積み上げること470号。惜しまれながらの“引退”となった。  創刊は日本で世界ユース選手権が開かれる5カ月前の1979年3月。支援を受ける清涼飲料水メーカーのCMコピー「スカッとさわやか」にちなんでタイトルが決まった。  少年チームの役員たちが手探りで始めたタブロイド判4ページの月刊紙は、92年6月の160号からカラー化され、97年1月の215号からは紙質もアップした...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】アディダスの大看板を受け継いだ香川の土壇場落選は、日本協会にとってあってはならないシナリオだった★4 - 04月14日(土)12:13  mnewsplus

サッカー日本代表・西野新監督誕生の舞台裏 “フィクサー”岡田氏の陰 本田と香川の冷遇に大ブーイングのスポンサー 4/11(水) 16:56配信 夕刊フジ 土壇場になって日本代表を背負うことになった西野新監督  サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が9日に電撃解任され、後任に日本サッカー協会の西野朗技術委員長(63)が就任した。6月14日のW杯ロシア大会開幕をわずか66日後に控えての“政変”の舞台裏を探る。そこには、過去に2度日本代表を率いてW杯を戦い、今年3月に日本協会副会長の座を退いた岡田...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】日本代表人気の低迷にスポンサーは不満か 、本田と香川の冷遇に大ブーイングのスポンサー - 04月13日(金)19:37  mnewsplus

サッカー日本代表・西野新監督誕生の舞台裏 “フィクサー”岡田氏の陰 本田と香川の冷遇に大ブーイングのスポンサー  サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が9日に電撃解任され、後任に日本サッカー協会の西野朗技術委員長(63)が就任した。6月14日のW杯ロシア大会開幕をわずか66日後に控えての“政変”の舞台裏を探る。そこには、過去に2度日本代表を率いてW杯を戦い、今年3月に日本協会副会長の座を退いた岡田武史氏(61)=FC今治オーナー=の姿も見え隠れする。(夕刊フジ編集委員・久保武司) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【磐田vs鳥栖プレビュー】磐田は2016年以降3勝1分で鳥栖とは好相性…鳥栖は1試合平均1.43得点と攻撃の機能度が高め - 04月13日(金)17:38 

■ジュビロ磐田 「一体感が素晴らしい」ヤマハスタジアムは、チームにとって強力な後押し 【プラス材料】  公式戦7試合ぶりの黒星を喫したリーグ前節のG大阪戦だが、多くの決定機は作り出した。MF中村俊輔
カテゴリー:

もっと見る

「中村俊輔」の画像

もっと見る

「中村俊輔」の動画

Wikipedia

中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本プロサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。J1・ジュビロ磐田所属。元日本代表。

2000年と2013年にJリーグMVPを獲得。Jリーグ史上初のMVP複数回受賞者。ほかにアジアカップ2004MVP、2006-07スコティッシュ・プレミアリーグMVPなどの受賞歴がある。

来歴 学生時代

横浜市瀬谷区で男4兄弟の四男として生まれたこの日は、アルゼンチンで開かれていた第11回ワールドカップ決勝戦の前日であった(スポーツスーパースター|4中村俊輔より)。。俊輔の名前は母親が命名した。3歳でサッカーボール...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる