「中村ゆり」とは?

関連ニュース

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」 - 12月16日(土)15:15 

 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳ほかが登場した。  本作は、結婚式の直前に意識不明となった花嫁(土屋)を、新郎(佐藤)が8年間待ち続けた実話を基に描いた、奇跡のラブストーリー。  佐藤は「1年前に岡山で暮らして撮影したんですけど、そのときは芝居をしているというより、本当に(新郎の)尚志さんという人の人生を生きさせてもらったような最高の時間でした」と振り返った。  クリスマスが近いことにちなみ「理想のクリスマスデートは?」と聞かれた土屋は、「イルミネーションがすごく好きなんですけど、クリスマスは混んでいると聞いたので、家でやりたいな。家でイルミネーションを盛り盛りにして、手作りのケーキを一緒に飾ったりしたいです」と願望を明かした。  イベントでは、特製クリスマスケーキが舞台上に登場し、花嫁役の土屋から花婿役の佐藤にケーキのファーストバイトが行われた。  終盤には、佐藤が土屋へ向けてサプライズの手紙を読んだ。佐藤は「『るろうに剣心』で共演したときに僕から刀を盗んでウシシと笑い、走り去っていくあなたの背中を見ながら、やばい子が現れたなと思いました。そんなあなたと4年越しで夫婦役として、共に人生を歩めたことをうれしく思います。難しい役だったと思います。命というものに本当の意味で向き合うことのできる、唯一無二の女優さん...more
カテゴリー:

佐藤健、土屋太鳳の成長を実感「命と向き合える唯一無二の女優」 - 12月16日(土)14:33 

 岡山県のあるカップルに起きた奇跡の実話を実写化した「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が12月16日、全国320スクリーンで封切り。東京・丸の内ピカデリーで行われた初日舞台挨拶にダブル主演を務めた佐藤健と土屋太鳳、共演の薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、メガホンをとった瀬々敬久監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】佐藤健と土屋太鳳、その他の写真はこちら  12月9日に岡山県で先行公開された本作は、中原尚志さん・麻衣さん夫妻の体験を基にした物語。結婚式を3カ月後に控えた2006年末、麻衣(土屋)は発症率が300万人に1人という「抗NMDA受容体脳炎」と診断されてしまう。昏睡状態が続くなか、尚志(佐藤)は諦めずに回復を祈り続ける。  クリスマスが間近ということで「理想的なクリスマスデートは?」という質問が投げかけられた。「イルミネーションが大好き」と明かした土屋は、人混みを避けて「家をイルミネーションでモリモリに飾りつけたいですね」と手作り感を重視したいと回答。一方、薬師丸と中村は記念日のイベントは苦手なようで「煮物などの茶色いご飯を食べたり、無縁でいたいですね(笑)。あえて言うならば、毎年とびっきり美味しいクリスマスケーキを食べます」(薬師丸)、「普段はビールや焼酎ばかりなので、クリスマスだけは良いお酒を飲んでもいいかも。改めておしゃれをして会うのが恥ずかしいので、普通...more
カテゴリー:

土屋太鳳、佐藤健から「共に生きた時間は宝物」感謝の手紙に感激 - 12月16日(土)14:23 

俳優の佐藤健が16日、都内で行われた土屋太鳳とのW主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつに出席。壇上で夫婦役を演じた土屋の奮闘を称えると共に「一生懸命やってくれていたので感謝の気持ちを」と前置きし、土屋への思いを綴った手紙を読み上げ、土屋を感激させた。結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた本作。同イベントには薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆりら共演者とメガホンをとった瀬々敬久監督も出席した。佐藤は客席に「ちょっとお時間をください」と述べて、土屋と向かい合うと、手紙を切々と朗読。手紙の中で初めて土屋と共演した『るろうに剣心』の撮影時を振り返り、天真爛漫な土屋のキャラクターを見て「やばい子が現れた。衝撃を受けた」と思った初見の印象を紹介。「そんなあなたと4年越しに、こんな素敵な作品で人生を歩めたことを心から嬉しく思います」としみじみ。本作のイベントで共に壇上に立つ度、土屋が「健先輩の背中を追いかけてきた」「本当に感謝している」「健先輩は唯一無二の役者さんです」と何度も佐藤を持ちあげたことにも触れ、「そのたびにうまくリアクションを取れなくてごめんなさい」と照れ笑い。「でも感謝したいのは僕のほう。全然そんなことないのに」と謙遜の言葉を述べ、「君がそんなことを言ってくれた数だけ僕は強くなれました。土屋さんにそんな...more
カテゴリー:

土屋太鳳、佐藤健の手紙に涙「同じ時代に生きられて良かった」 - 12月16日(土)14:15 

 女優の土屋太鳳が16日、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台挨拶に登壇。共演した俳優・佐藤健から手紙のサプライズを受けて「こんな素晴らしい役者さんと同じ時代に生きれて、本当に間に合って良かったと思います」と喜びの涙を見せた。【関連】『8年越しの花嫁 奇跡の実話』初日舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、実話をもとにしたラブストーリーで、結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁・中原麻衣と、彼女を8年間待ち続けた新郎・西澤尚志の間に起きた奇跡を描く。 西澤を演じた佐藤は岡山での撮影を振り返って「芝居をしてるというより、尚志さんという人の人生を生きさせてもらったような時間でした。最高に幸せな時間でした」と挨拶。中原役の土屋も、映画の封切りにあたって「胸がいっぱい」と感無量の様子を見せた。 舞台挨拶には佐藤や土屋のほか、薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督がクリスマスをイメージした衣装で登場。クリスマスにちなんでキャスト陣が理想のクリスマスデートを発表し、さらに一足早い特大クリスマスケーキが登場。土屋と佐藤がファーストバイトを実施して、本作の門出を祝った。 イベント最後には、佐藤が土屋に向けて手紙を読み上げるサプライズも。佐藤が「『るろうに剣心』で共演した時に、僕から刀を盗んで『ウシシ…』と笑い、陸上選手ばりに走り去っていくあなたの背中を見ながら『ヤバイ子が現...more
カテゴリー:

「わろてんか」65話「あかんがな!」悲鳴は上がるが視聴率は下がらない - 12月16日(土)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第11週「われても末に」第65回 12月15日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太65話はこんな話てん(葵わかな)の熱意にほだされ、藤吉(松坂桃李)はようやく、団真(北村有起哉)を寄席に出すことを許可する。ただし、昼間の初っ端という条件つきで。あかんがな!視聴率は、63話、21.2%、64話、21.7%と好調(ビデオリサーチ調べ 関東地区)だ。とはいえ、なんもかんも、あかんがな・・・熱意をもって見れば見るほど、そんな気分になる。65話はこんな調子だった。「われても末に会わんとぞ思う」と書き置きして消えた団真。そんなヒントを残すものだから、「まさか、川に身投げ」とみんなが心配して、案の上、川で発見され連れ戻される。夕(中村ゆり)には「うちへの当て付け」と怒られる始末。いわゆる、ダメ男だから、命を絶つとか、このままどこか知らない街に行くとかできない。誰か俺を止めて〜 というメッセージを匂わせまくるわけだ。そんな、あかんたれを、北村有起哉が演じるとなんだか憎めない。あかんがな! だったのは、「まさか、川に身投げ」とトキ(徳永えり)が言ったあと、ちょっと間があり、「あかんがな!」と藤吉が声をあげ、みんながあわあわする、コント調。こういうのはあってもいいが、「わろてんか」は、ご...more
カテゴリー:

土屋太鳳、胸元見せの赤ミニスカドレスで健康美! 理想のデート語る - 12月16日(土)14:51 

女優の土屋太鳳が16日、都内で行われた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)の公開初日舞台挨拶に、佐藤健、薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督とともに登場した。
カテゴリー:

土屋太鳳、佐藤健からのサプライズ手紙に「家宝にします」と瞳ウルウル! - 12月16日(土)14:26 

佐藤健、土屋太鳳を主演に迎えて奇跡の実話を映画化した『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台挨拶が12月16日に丸の内ピカデリーで開催され、サプライズで佐藤から手紙を贈られた土屋が、瞳を潤ませて感激した。 【写真を見る】土屋太鳳、佐藤健にファーストバイト!佐藤は「あーん」と大きな口を開けた 結婚式の直前に病に倒れて意識不明になった花嫁と、そんな彼女への愛を貫き8年間待ち続けた新郎との奇跡の実話を映画化したラブストーリー。この日は、薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督も登壇した。 舞台挨拶の最後の挨拶の際に、佐藤から手紙があると伝えられた土屋。まったくのサプライズだったそうで、「全然知らないです!」と困惑を隠しきれないまま、手紙に聞き入った。 佐藤は「太鳳へ」と口火を切り、手紙を読み上げた。「『るろうに剣心』で共演したときに、僕から刀を盗んでウシシ”と笑い、陸上選手ばりのダッシュで走り去っていくあなたの背中を見ながら、『ヤバイ子が現れたな』と思いました」と土屋との出会いを振り返る。 「4年越しに夫婦役でこんなにも素敵な作品で共に人生を歩めたこと、心からうれしく思います」と再共演への喜びを伝えたものの、「心残りがある」と吐露した佐藤。それは、土屋が「背中を追いかけてきた」「健先輩には本当に感謝している」と何度も熱い思いをぶつけてくれたことに、うまくリアクションを取れ...more
カテゴリー:

土屋太鳳、佐藤健から「共に生きた時間は宝物」感謝の手紙に感激 - 12月16日(土)14:20 

俳優の佐藤健が16日、都内で行われた土屋太鳳とのW主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつに出席。壇上で夫婦役を演じた土屋の奮闘を称えると共に「一生懸命やってくれていたので感謝の気持ちを」と前置きし、土屋への思いを綴った手紙を読み上げ、土屋を感激させた。結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた本作。同イベントには薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆりら共演者とメガホンをとった瀬々敬久監督も出席した。佐藤は客席に「ちょっとお時間をください」と述べて、土屋と向かい合うと、手紙を切々と朗読。手紙の中で初めて土屋と共演した『るろうに剣心』の撮影時を振り返り、天真爛漫な土屋のキャラクターを見て「やばい子が現れた。衝撃を受けた」と思った初見の印象を紹介。「そんなあなたと4年越しに、こんな素敵な作品で人生を歩めたことを心から嬉しく思います」としみじみ。本作のイベントで共に壇上に立つ度、土屋が「健先輩の背中を追いかけてきた」「本当に感謝している」「健先輩は唯一無二の役者さんです」と何度も佐藤を持ちあげたことにも触れ、「そのたびにうまくリアクションを取れなくてごめんなさい」と照れ笑い。「でも感謝したいのは僕のほう。全然そんなことないのに」と謙遜の言葉を述べ、「君がそんなことを言ってくれた数だけ僕は強くなれました。土屋さんにそんな...more
カテゴリー:

佐藤健のサプライズ手紙に、土屋太鳳ウルウル「家宝にします」 - 12月16日(土)14:14 

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)の公開初日舞台挨拶が16日に都内で行われ、佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督が登場した。
カテゴリー:

「わろてんか」64話。波岡一喜・団吾師匠の落語はどれだけ凄いのか、期待値が上がっていくんですが - 12月15日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第11週「われても末に」第64回 12月14日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太連続朝ドラレビュー 「わろてんか」64話はこんな話てん(葵わかな)は団吾(波岡一喜)から、笑いの鮮度に対する考えを聞く。芸人四銃士心を入れ替えたアサリ(前野朋哉)、キース(大野拓朗)、万丈目(藤井隆)、岩さん(岡大介)の四人は「芸人四銃士」と名乗って、トレーニング及び、新たな芸の模索をはじめる。「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」とお互い、力を合わせて。アサリとキースは音曲漫才をやろうという流れから、肉体をめいっぱい使った、どつき漫才へと発展。どつく音の大きさで勝負しようと道具を試行錯誤。これが、のちのハリセン漫才になっていくってことだろう。万丈目だけは、歌子(枝元萌)に励まされ、後ろ面を極め続けることにする。後ろ面が好きなんだという藤井隆の表情がとてもあたたかくていい。その頃、団真(北村有起哉)もひとりで「崇徳院」の稽古をしている。夕(中村ゆり)に落語はもうやらないって言っていたのは、全然嘘だったのは、扇子を持ち続けていたことから、わかってた。団吾のイメージが覆された。てんが、夕を訊ねて、団吾の別宅にやって来ると、団吾は花を生けていた。花の前に座った団吾は、これまでの芸者...more
カテゴリー:

もっと見る

「中村ゆり」の画像

もっと見る

「中村ゆり」の動画

Wikipedia

中村 ゆり(なかむら ゆり、1982年3月15日 - )は、日本の女優、元歌手。本名・韓国名:成 友理(성우리 / せい ゆうり、ソン・ウリ)、日本名:中村 友理(読みは芸名と同じ)。

大阪府出身。アルファエージェンシー所属。

人物・来歴

父親が在日3世・母親が韓国生まれで、韓国籍。

ASAYANテレビ東京)で1996年に開催された歌手オーディションに合格して、友人の伊澤真理とデュオYURIMARIを結成、1998年に歌手としてデビュー。6枚のシングルと1枚のアルバムを発表。翌1999年にYURIMARIを解散した。

以後、映画やテレビドラマ、音楽PVなどで、女優として活動。

2007年、映画パッチギ!の続編パッチギ! LOVE&PEACEのキョンジャ役(前作の沢尻エリカは辞退)に抜擢される。2008年10月、the companyの舞台1945(脚本・青木豪、演出・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる