「中川翔子」とは?

関連ニュース

いとうせいこう&やついいちろうスミトモコンビが隅田川花火を副音声で紹介 - 07月27日(木)06:00 

テレビ東京系列にて7月29日(土)18時30分から独占生中継される『第40回隅田川花火大会』に、いとうせいこうとやついいちろうが副音声ゲストとして登場することがわかった。江戸時代からの伝統を誇る日本最古の花火大会「隅田川花火大会」。今年は過去最大級となる22000発の花火が打ち上がり、テレビ東京ではその様子をヘリコプターや屋形船から撮影。さらに、絶品グルメや花火を楽しめる穴場スポットも併せて紹介する。(※荒天時変更の場合あり)総合司会を務めるのは、毎年恒例の高橋英樹&繁田美貴アナウンサー。また、ゲストとして梅沢富美男、中川翔子が出演するほか、伊集院光、片渕茜アナウンサーが第二会場となる屋形船から、児嶋一哉(アンジャッシュ)、田口千晶(アサヒビールイメージガール) が会場を移動しながらレポート。さらに、高橋真麻、ほいけんた、八幡カオルが隅田グラウンドから、 角谷暁子アナウンサーがヘリコプターから、竹崎由佳アナウンサーが審査会場から現場の様子を伝える。そして、元浅草在住の粋人・いとうと、自ら夏フェスを主催するほどのお祭り大好き男・やついが今年の副音声放送を担当。実は、元々この2人は毎年一緒に隅田川花火を見る友達(通称:スミトモ)で、例年はいとうの家から花火を見ていたそう。今年は打ち上げ会場そばのテレビ東京副音声実況ブースにて、大迫力の花火を楽しむことに。彼らならではの切り口で、隅田川花...more
カテゴリー:

いとうせいこう&やついいちろう“スミトモ”コンビが隅田川花火を副音声で紹介 - 07月26日(水)16:25 

テレビ東京系列にて7月29日(土)18時30分から独占生中継される『第40回隅田川花火大会』に、いとうせいこうとやついいちろうが副音声ゲストとして登場することがわかった。江戸時代からの伝統を誇る日本最古の花火大会「隅田川花火大会」。今年は過去最大級となる22000発の花火が打ち上がり、テレビ東京ではその様子をヘリコプターや屋形船から撮影。さらに、絶品グルメや花火を楽しめる穴場スポットも併せて紹介する。(※荒天時変更の場合あり)総合司会を務めるのは、毎年恒例の高橋英樹&繁田美貴アナウンサー。また、ゲストとして梅沢富美男、中川翔子が出演するほか、伊集院光、片渕茜アナウンサーが第二会場となる屋形船から、児嶋一哉(アンジャッシュ)、田口千晶(アサヒビールイメージガール) が会場を移動しながらレポート。さらに、高橋真麻、ほいけんた、八幡カオルが隅田グラウンドから、 角谷暁子アナウンサーがヘリコプターから、竹崎由佳アナウンサーが審査会場から現場の様子を伝える。そして、元浅草在住の粋人・いとうと、自ら夏フェスを主催するほどのお祭り大好き男・やついが今年の副音声放送を担当。実は、元々この2人は毎年一緒に隅田川花火を見る友達(通称:スミトモ)で、例年はいとうの家から花火を見ていたそう。今年は打ち上げ会場そばのテレビ東京副音声実況ブースにて、大迫力の花火を楽しむことに。彼らならではの切り口で、隅田川花...more
カテゴリー:

TOKIO・国分太一、五輪旗ツアーで念願かなう「故郷に錦を飾れました」 - 07月24日(月)21:44 

 人気グループ・TOKIOが24日、東京都庁で行われた『東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー フェスティバル ~みんなのTokyo 2020 3 Years to Go!~』にスペシャルアンバサダーとして出席した。  1964年の前回東京大会以来、52年ぶりに戻ったオリンピックフラッグが、全国各地を巡回・展示する同ツアー。メンバーたちは、都内各所で行われたフラッグ贈呈式などの思い出話に花を咲かせ、松岡昌宏は「僕が行ったのは葛飾区でした。来てくださった方は下町の方が多く、いい意味でノリの良いおっちゃんがたくさん来てくれました。すごく盛り上がりましたよ」と笑顔で振り返った。  さらに「東久留米が僕の地元なんです」と切り出した国分太一は「フラッグで故郷に錦を飾れました。本当にうれしかった」と念願かない、感無量の様子。大会開催を3年後に控え、国分は「もう今からワクワクしています」と目を輝かせていた。  今後は、全国にオリンピックフラッグが届けられる。イベントにはそのほか、小池百合子都知事、オリンピアンを代表して安藤美姫(フィギュアスケート)、釜本邦茂(サッカー)、田中理恵(体操)、ベイカー茉秋(柔道)、三宅義信(ウエイトリフティング)、三宅宏実(ウエイトリフティング)ら、パラリンピアンを代表して欠端瑛子(ゴールボール)、田口亜希(射撃)、吉田信一(卓球)らが登壇し...more
カテゴリー:

ハイブリッド型総合書店「honto」、スペシャルセッション「中川翔子のポップカルチャー・ラボ」スタート! - 07月24日(月)11:00 

[株式会社トゥ・ディファクト] [画像1: https://prtimes.jp/i/11577/254/resize/d11577-254-330536-0.jpg ] 記念すべき第1回目は、マンガの生みの親でもある手塚治虫の長男、手塚眞さんを迎え、中川がヒロイン役を務めた手塚マンガ原作の妄想...
カテゴリー:

中川翔子、ポケモン映画初の発声可能上映に絶叫「最高~!」 - 07月23日(日)05:00 

 ポケモン映画初となる20周年記念作品『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の「発声可能上映会」が22日、東京・TOHOシネマズ新宿で開催された。同作にポケモンセンターのジョーイ役で声の出演をする中川翔子も参加し、場内で一緒に熱い声援を送った。上映後、中川は「ポケモン最高~! 泣いたねぇ~。目からハイドロポンプだねぇ…」と息をするのも忘れる勢いで感想を語り、観客と感動を分かち合った。 【写真】LEDペンライトを手に発声可能上映を楽しむ中川翔子  19日に実施が決定するやチケットは即、完売。上映終了が午後11時を過ぎるため、18歳未満は入場できないことから、集まったのは…ジョーイさんのコスプレをしている人、小さなピカチュウのぬいぐるみを体中にくっつけている人、ニャースのお面をつけている人(声まねもそっくりだった)など、かなり濃い大人ファンたち。  オープニングテーマ曲の「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」(うた:松本梨香)を大合唱、「ピカチュウ~」「ルカリオ~」「ポッチャマ~」などとポケモンの名前を呼び、笑ったり、悲鳴をあげたり、盛り上がった。  上映後、中川は「わかり手しかいないこの空間で、皆と一緒に叫んで応援して泣いて、心の思いのたけを分かち合うことができました。この20年間、ポケモンを通じてたくさんの友達ができたこと、改めて感じました。...more
カテゴリー:

日中友好書道展「ミスこまち」が振袖姿で魅了 - 07月26日(水)19:19 

 日中国交正常化45周年を記念した日中友好書道展『つなぐ』のオープニング・セレモニーが26日、東京・文京区の日中友好美術館で行われた。 【写真】安倍首相の母・洋子氏らも出席  実行委員会は島村宜伸元文部相が会長を務め、実行委員には安倍晋三総理の母堂で書道家としても知られる雍容苑会長の安倍洋子氏や渡辺プロダクショングループ代表の渡邊美佐氏らが名前を連ねている。  セレモニーで島村氏は「今年は節目の年。書道展で両国の絆を強固にしていきたい。力を合わせて将来の展望を開いていきたい」とあいさつ。その後、安倍氏も加わりテープカットが行われた。また、東京五輪を3年後に控えた“おもてなし”にちなみ「ミスこまちグランプリ」の風谷南友も参加し、セレモニーに華を添えた。  「こまち」は平安時代の女流歌人「小野小町」に由来。日本では中国の楊貴妃、古代エジプトの女王・クレオパトラと並んで“世界の三大美女”とも称される。そんな悠久の歴史に思いをはせた島村氏は「日中の国交は正常化して僅か45年だが、人、文化の関係は古い」と語り、「お互いにアジアのリーダーとして未来に向けて手を携えていきたい」と決意。風谷も「こういった節目の年に参加せせていただいて光栄です。この立場で両国の友好に少しでも協力できればと思っています」と意気込んだ。  今回、「ミスこまち」風谷の振袖姿は中国からの代表団や関係者からも大評判...more
カテゴリー:

3年後の東京五輪目指すプロサーファー・大村奈央に密着 - 07月25日(火)16:44 

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識に関わらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げて行く関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00~11:30)。25日放送分では、3年後の東京オリンピックの新競技・サーフィンで、強化選手に選ばれ、代表候補の筆頭と目されるプロサーファー・大村奈央(24)に密着する。 【写真】日の出とともに海に向かう大村奈央  神奈川・湘南で生まれ育った大村が本格的にサーフィンの練習を始めたのは12歳の頃。持ち前の運動神経ですぐに波を乗りこなすようになり、わずか1年後の13歳で早くも日本代表入りを果たす。高校3年生でプロテストに合格すると、その年に国内プロツアーのチャンピオンに。以来、国内の大会は出れば優勝するのが当たり前となった。  現在は、1年の3分の2以上を海外で過ごし、海外の大会を転戦しながら、世界のトッププレイヤーたちと互角に渡り合っている。多い日だと1日5~6時間海に入り、日の出とともに練習を始め、日が暮れると練習を終えるという日々。「うまくなりたい気持ちが強すぎて、休めない」と話す。  番組では、彼女の原点とも言える湘南での練習風景や彼女を支える地元の人々との日常、さらにサーフィンの本場であるオーストラリア・ゴールドコース...more
カテゴリー:

『東京五輪音頭-2020-』加山雄三&石川さゆり&竹原ピストルが歌唱 - 07月24日(月)15:04 

 『2020年東京五輪・パラリンピック』に向けて、1964年東京五輪時に流行した「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭-2020-」が24日、都内で行われた発表会でお披露目された。歌唱を担当するのは、歌手の加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルの3人。  浴衣姿で発表会に登壇した石川は、大役に抜てきされ「東京五輪を明るく盛り上げられるように歌でサポートしていきます」と笑顔で意気込むと「世代を超えて親しんでもらいたい」と期待を込めた。  加山はVTRメッセージを寄せ「(「東京五輪音頭」を歌った)三波春夫さんにはかないません。僕は僕なりに一生懸命にやったつもりです。オリンピックは、幸せ・平和の象徴。ハッピー&ピース。みんな歌ってくれよ!」。竹原も手紙で「己の限界に挑まんとする選手の闘志、情熱に恥じぬよう精一杯歌わせていただきます。貴重な機会をありがとうございます」と気合十分につづった。  発表会にはそのほか、タレントのテリー伊藤、モデルの中村アン、ラジオパーソナリティのクリス・ペプラー、オリンピアンを代表して澤穂希(サッカー)、吉村真晴(卓球)、パラリンピアンを代表して田口亜希(射撃)、山田拓郎(競泳)、競技大会組織委員会の森喜朗会長、丸川珠代国務大臣らが出席し、司会はキャスターの古舘伊知郎が務めた。 【関連記事】 五輪開閉会式の基本コンセプト策定に向けヒアリング実...more
カテゴリー:

【芸能】りゅうちぇる、ぺこと妊活中 子どもの名前も発表 - 07月23日(日)19:54  mnewsplus

タレントのりゅうちぇるが23日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、毎週日曜ひる12時より)に出演。 妊活中であることを明かした。 この日、番組では結婚40年の中尾彬・池波志乃夫婦がゲストとして登場。 新婚のりゅうちぇるを迎え、トークを展開した。 ■ 結婚を後押ししたのは… りゅうちぇるは、中尾夫婦が原宿系人気読者モデルの“ぺこちゃん”ことオクヒラテツコとの結婚を後押ししたことを説明。 「(中尾の)言葉がすごいでかかったです。 『もうしたらいいよ、結婚』って僕達の事をしっかり見て言ってくれたので嬉しか...
»続きを読む
カテゴリー:

ポケモン映画20周年記念作をより楽しむ7つのトリビア - 07月22日(土)05:00 

 テレビアニメの初回放送から20年を迎えた「ポケモン映画」シリーズ最新作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』が大ヒットスタート。すでに観た人、これから観ようと思っている人に、ネタバレしない程度に知っておくと、作品の楽しみ方が倍増する裏話を、テレビシリーズの総監督、すべての劇場版の監督を務める湯山邦彦監督に聞いた。 【動画】ポケモン湯山邦彦監督からクイズを出題  1997年4月1日にテレビアニメの初回が放送されてから20年を迎えた『ポケットモンスター』。その初回のラストで、サトシとピカチュウが目にした伝説のポケモン・ホウオウ。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」とふたりが誓った約束の続きを完全オリジナルストーリーで描いたのが『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』だ。 ■トリビア1 『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』はテレビシリーズ第1話からのパラレルワールド 湯山監督「テレビアニメの初回でサトシとピカチュウがホウオウを見た時、虹色の羽根は落ちてきていないんです。今回の劇場版でホウオウの羽根が落ちてきたところからパラレルワールドに入って行きます。羽が落ちてきた世界と落ちてこなかった世界に分かれていく。落ちてこなかった世界でまだ見ぬポケモンとの出会いを求め、冒険を続けているのが、いまも続いているテレビシリーズです」。 ■トリビア2  アニメシリーズ...more
カテゴリー:

もっと見る

「中川翔子」の画像

もっと見る

「中川翔子」の動画

Wikipedia

中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本女性マルチタレントしょこたんの愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。その他、バラエティタレント声優イラストレーター漫画家、女優、アイドルなど多方面で活動。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ よが捨て仮名のょではなくよになっている。。

略歴

2001年、ポポロガールオーディションでグランプリを受賞。(ただし、それ以前から子役として「中川薔子」の芸名で芸能事務所に所属していた)同年、16歳の誕生日記念に母の桂子と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる