「中島みゆき」とは?

関連ニュース

【サッカー/芸能】<長友&平愛梨披露宴>小池都知事も祝福!「アモーレを超えた」亀梨、出川、HIRO&上戸彩夫妻ら約300人が出席 - 06月25日(日)13:25 

 1月29日に入籍したサッカー日本代表DFの長友佑都選手(30)=インテル・ミラノ=と女優の平愛梨(32)が24日、都内のホテルで挙式、結婚披露宴を行った。  日本代表の香川真司や長谷部誠、吉田麻也、内田篤人、川島永嗣、愛梨とドラマやレギュラー番組で共演するなど親交がある三瓶、亀梨和也、南原清隆、ウド鈴木、出川哲朗、ウエンツ瑛士、HIRO&上戸彩夫妻、橘慶太&松浦亜弥夫妻、中尾明慶&仲里依紗夫妻ら約300人が出席した。  長友は中島みゆきの「糸」を熱唱し、最後のあいさつで「まだ僕は夢の途中で...
»続きを読む
カテゴリー:

大竹しのぶ、島津亜矢、クミコの女3人「中島みゆき愛」を語り歌う - 06月20日(火)21:01 

大竹しのぶ、島津亜矢、クミコの3人が、6月22日放送の『SONGS』(NHK総合、毎週木曜 22:50~)に出演。世代、時代を越えて愛されるシンガーソングライター・中島みゆきへの「みゆき愛」を語るとともに、女心に刺さる「みゆき歌」を歌う。今話題のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列にて放送中)の主題歌となった「慕情」で再び注目を集めている中島。私たちはなぜ“中島みゆき”の紡ぐ言葉やメロディー、世界観にみせられるのか? この日は、中島みゆきを愛してやまない3人のアーティストが集い、「みゆき愛」を語り合う。そして、何年経っても色あせず、今なお進化し続ける中島みゆきの歌。3人がそれぞれに聴いて歌うことで励まされたという、代表的な応援歌を歌う一幕も。気になるオンエア曲だが、全員で「時代」を歌うほか、クミコは「世情」、島津は「地上の星」、大竹は「ファイト!」を熱唱する。歌手として、女優として、表現者として、中島みゆきをリスペクトする彼女たちならではのトークと歌から、希代の歌姫・中島みゆきの魅力に迫る。 関連リンク 『SONGS』公式サイト
カテゴリー:

【音楽】星野源の逃げ恥「恋」が1位 カラオケ上半期ランク - 06月17日(土)05:02 

[2017年6月16日19時43分]  通信カラオケの「JOYSOUND」を運営する株式会社エクシングは、このほど「2017年JOYSOUND カラオケ上半期ランキング」を発表した。  1位は星野源が歌う「恋」。昨年10月期のTBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として大ブレークした勢いが、年が明けても続いた。2位はRADWIMPSの「前前前世(moviever)」。昨年夏に公開されて大ヒットした映画「君の名は。」の主題歌。以下は3位が中島みゆき「糸」、4位が浦島太郎(桐谷健太)「海の声」、5位が秦...
»続きを読む
カテゴリー:

【中島みゆき】大竹しのぶ、島津亜矢、クミコが語る“みゆき愛”、『SONGS』で中島みゆき特集 - 06月15日(木)18:07 

6月22日(木)のNHK『SONGS』では、中島みゆきのトリビュート企画が放送される。 ◆『SONGS』画像 この放送には、大竹しのぶ、島津亜矢、クミコが出演。中...
カテゴリー:

『SONGS』中島みゆきトリビュート 大竹しのぶ・島津亜矢・クミコが歌うみゆき愛 - 06月15日(木)18:00 

 世代や時代を超えて愛されるシンガー・ソングライター、中島みゆき。22日放送のNHK総合『SONGS』(毎週木曜 後10:50)では、希代の歌姫をリスペクトするアーティスト・大竹しのぶ、島津亜矢、クミコの3人が集い、“みゆき愛”を語り、歌う。 【動画】『やすらぎの郷』主題歌「慕情」歌詞付き音源  『北の国から』などで知られる倉本聰氏が脚本を手がけるシニア世代向け昼ドラマ『やすらぎの郷』(月~金 後0:30 テレビ朝日系)のために書き下ろした主題歌「慕情」(8月23日発売)で、今年も話題を集める中島。その世界観はなぜ、女心に刺さり、心をとらえて離さないのか、3人が“みゆき愛”を語りあう。  それぞれ励まされたという中島の代表的な応援歌も披露。クミコは「世情」、島津は「地上の星」、大竹は「ファイト!」、そして3人で「時代」を歌い上げる。 【関連記事】 中島みゆき、テレ朝昼ドラ主題歌「慕情」をCD化 (17年06月12日) 中島みゆき「糸」発売25年で初の金賞 著作権使用料分配額1位 (17年05月24日) 中島みゆき、昼の帯ドラマ『やすらぎの郷』主題歌 (17年03月02日) シルバー狙い大当たり『やすらぎの郷』初回8.7%の好発進 (17年04月04日) 『やすらぎの郷』P、倉本聰脚本のテレビ界への皮肉に覚悟 (17年04月17日)
カテゴリー:

大竹しのぶ、島津亜矢、クミコの女3人「中島みゆき愛」を語り歌う - 06月21日(水)12:00 

大竹しのぶ、島津亜矢、クミコの3人が、6月22日放送の『SONGS』(NHK総合、毎週木曜 22:50~)に出演。世代、時代を越えて愛されるシンガーソングライター・中島みゆきへの「みゆき愛」を語るとともに、女心に刺さる「みゆき歌」を歌う。今話題のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列にて放送中)の主題歌となった「慕情」で再び注目を集めている中島。私たちはなぜ“中島みゆき”の紡ぐ言葉やメロディー、世界観にみせられるのか? この日は、中島みゆきを愛してやまない3人のアーティストが集い、「みゆき愛」を語り合う。そして、何年経っても色あせず、今なお進化し続ける中島みゆきの歌。3人がそれぞれに聴いて歌うことで励まされたという、代表的な応援歌を歌う一幕も。気になるオンエア曲だが、全員で「時代」を歌うほか、クミコは「世情」、島津は「地上の星」、大竹は「ファイト!」を熱唱する。歌手として、女優として、表現者として、中島みゆきをリスペクトする彼女たちならではのトークと歌から、希代の歌姫・中島みゆきの魅力に迫る。 関連リンク 『SONGS』公式サイト
カテゴリー:

眞鍋かをりの人生初の失恋を癒した泣ける歌とは? - 06月17日(土)12:00 

眞鍋かをりがパーソナリティをつとめ、リスナーと一緒にテーマに沿った独自の音楽チャートを作り、今みんなが聴きたい曲をシェアしていくTOKYO FMの番組「KOSÉ Your Songs Best10」。 6月11日(日)の放送では、「休日に一人で聴きたい“泣ける歌”BEST10」をお届けしました。 まず第10位にランクインしたのは、1978年にリリースされた杏里さんの「オリビアを聴きながら」。別れた恋人を想起させる切ない歌詞とメロディは、約40年の時間を経ても健在のようで、今も全ての世代の人の涙を誘っているようです。 第9位は山崎まさよしさんの「One more time, One more chance」。「オリビアを聴きながら」が女性が泣ける曲だとすれば、これは男性が泣ける曲の代表格。リスナーからも主に男性から多くのリクエストがありました。 そして、第8位は今年で没後25年となる尾崎豊さんの「I LOVE YOU」。26歳という若さでこの世を去った尾崎さんですが、彼が残した歌は今も多くの人の心に刻まれています。 今回惜しくもランキング外になってしまった曲の中には、Superflyの「あぁ」やback numberの「花束」といった楽曲も。「あぁ」については「こんなに辛いときにどうして言葉に表せないんだろう、みたいなことを素直な歌詞で綴っていて泣けます」という意見が。一...more
カテゴリー:

黒木瞳監督に石野真子が感謝「すごく濃い素敵な時間でした」 - 06月16日(金)19:33 

『嫌な女』(16)で監督デビューした黒木瞳が、主演に石野真子を迎え、初めて撮ったショートフィルムが『わかれうた』だ。輝かしいキャリアを歩んできた同世代の2人が、本作で監督・女優としてどんなふうにコラボレートをしたのか?黒木監督と石野にインタビューし、撮影裏話や現場での印象について話を聞いた。 【写真を見る】初々しい高校時代の回想シーンがまぶしい/[c]Nestle Group All Rights Reserved. 『わかれうた』はネスレ日本の新作ショートフィルムで、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)で華々しく完成発表会が行われた。甘酸っぱい昭和の郷愁を織り込みつつ、いまを生きる人々にそっとエールを贈ってくれるような内容となっている。 石野扮するシングルマザーの亜希が同窓会に参加し、青春時代の恋を振り返っていく。中島みゆきの同名曲「わかれうた」も物語をドラマティックに彩っている。 黒木監督にとって、石野真子の主演は第一希望だった。「いちばん理想のキャストが真子ちゃんだったから、OKしてくださったのですごくハッピーでした」。 黒木監督とは女優としての共演経験しかなかった石野は、オファーされた際にとても驚いたそうだ。「黒木さんが映画を撮っていらっしゃったのは知っていましたが、まさか私に主...more
カテゴリー:

次回「SONGS」で中島みゆき特集、大竹しのぶ×島津亜矢×クミコが「時代」歌う - 06月15日(木)18:00 

6月22日(木)放送のNHK総合「SONGS」では中島みゆき特集を展開。彼女をリスペクトする大竹しのぶ、島津亜矢、クミコがゲスト出演する。
カテゴリー:

MACHINA × Schroeder-Headz、初コラボは台湾屈指のバラード - 06月14日(水)21:00 

韓国出身で東京を拠点に活動するMACHINA(マキーナ)と、Schroeder-Headzとしても活躍中のピアニスト・渡辺シュンスケが、初のコラボレーションシングル「君と僕の世界」を6月28日にデジタルリリースする。二人は数年前から企画MVの制作などを行なっていたが、レコーディングを共にするのは今作が初となる。 “Apple Girl”としてカバー動画を公開して世界を驚かせたMACHINAが今回カバー曲に選んだのは、台湾の人気女性アーティスト、ファン・ジェーン(黄美珍)の名バラード「原來我也可以幸福(My Happiness)」。音楽配信サービス「KKBOX」(台湾)で2016年のTOP3にも選ばれた、台湾屈指のバラードだ。 日本語詞を書き下ろしたのは、広告会社でコピーライターとして活躍する梅田悟司。ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」 、のどごし「がんばるあなたがNo.1」などの名フレーズを生み出す他、著書『「言葉にできる」は武器になる。』が大ヒットするなど、今最も注目されるクリエイターの1人。作詞家としても才覚を発揮し、台湾ヒットを日本人の心に残る名バラードへと昇華させた。 一方、ファン・ジェーンはMACHINAがアンジェラ・アキと共作した「Waltz-steps」をロックアレンジで大胆にカバー。「旋轉木馬的獨白」とタイトルも新たに中国語の歌詞を乗せ、タイミングを...more
カテゴリー:

もっと見る

「中島みゆき」の画像

もっと見る

「中島みゆき」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる