「中尾暢樹」とは?

関連ニュース

菅田将暉と土屋太鳳W主演『となりの怪物くん』の第2弾キャストと特報解禁! - 11月16日(木)11:43 

菅田将暉と土屋太鳳、これが映画初共演となる2人のW主演で同名人気コミックを実写映画化する『となりの怪物くん』。この作品の特報と第2弾キャストが発表となった。 原作は、2008年〜14年に講談社「月刊デザート」で連載され、コミックス累計発行部数が590万部を突破するろびこによる人気コミック。物語は、友だちも全くいない、恋もしたことのないガリ勉・冷血な女子高生が、となりの席の問題児男子に、ふとしたことがきっかけで唐突に告白されたことからスタート。初めての友だち、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係…。何もかもが“初めて”同士の2人を中心とした、まっすぐだけど不器用な登場人物たちの心を繊細に描いた作品だ。 今年5月には、主演の1人で行動予測不能な“怪物”で問題児・吉田春役を菅田、勉強第一で“冷血女子”のヒロイン・水谷雫役を土屋が演じ、映画『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督がメガホンをとることが発表されていた。 今回、第2弾として新たに発表になったキャストは6名。菅田演じる吉田春の兄・吉田優山役に、実写映画『曇天に笑う』の公開が2018年3月18日に控える古川雄輝。春の幼なじみで、後にライバルになる山口賢二(通称ヤマケン)役に『亜人』など話題作への出演が絶えない山田裕貴。超絶美少女だが訳あって男子が大嫌いな夏目あさ子役に、初主演映画『一礼して、キス』が公開された...more
カテゴリー:

池田エライザ、中尾暢樹、松尾太陽の同級生3人組は息ピッタリ!「一礼して、キス」大阪舞台挨拶 - 11月14日(火)13:58 

小学館「ベツコミ」で連載され、コミック累計100万部を突破した加賀やっこの「一礼して、キス」を「クローバー」「今日、恋をはじめます」など数々の恋愛映画で人気を誇る古澤健監督が、池田エライザ、中尾暢樹、松尾太陽(超特急)など若手俳優を迎え、同名タイトルで完全実写化。11月11日(土)より公開している。11月12日(日)大阪・なんばのなんばパークスシネマにて、上映前に舞台挨拶が行われ、池田エライザ、中尾暢樹、松尾太陽(超特急)の同級生3人組が登壇した。 【写真を見る】様々なポーズをとり、フォトセッションに応じてくれた池田エライザ、中尾暢樹、松尾太陽 大きな拍手と歓声で迎えられた3人。まず池田が「今日はみなさんにとって大切な日曜日をこの『一礼して、キス』の舞台挨拶に割いてくださって有難うございます」と第一声。続けて中尾が「上映前ということで、観た方も、観ていない方もこの映画がもっと面白くなるよう、見所など伝えられたらなと思います」と挨拶。そして大阪出身の松尾が「大阪で舞台挨拶をさせていただけるということで、『一礼して、キス』を通して色々お話しできたらなと思っております」と笑顔で述べた。 今年の1、2月に弓道の稽古を開始、3月にたった11日間で撮影を終えたことを明かした池田、前日の11日に公開初日を迎えたことについて「ただ本当に弓道が好きで、この撮影チームが好きで、(演じた)杏ちゃんのこと...more
カテゴリー:

池田エライザ「私だったらもっと幸せになれる」 - 11月11日(土)23:00 

映画「一礼して、キス」の初日舞台あいさつが11月11日に都内の劇場で行われ、出演者の池田エライザ、中尾暢樹、松尾太陽、鈴木勝大、結木滉星、佐藤友祐と古澤健監督が登壇した。 ピュアな“先輩女子”岸本杏役の池田エライザ 同作品は、累計100万部を突破した同名コミックを映画化したもので、“後輩男子”が“先輩女子”に恋をした今秋最高の偏愛ラブストーリー。青春を弓道に捧げてきたピュアな“先輩女子”杏をモデル・女優で大活躍中の池田が演じる他、杏に恋する“後輩男子”三上を中尾、三上の親友・由木を松尾が演じるなど、人気の若手俳優陣が勢ぞろいした話題作。 中学から6年間を弓道に捧げてきた弓道部部長の杏(池田)は、満足のいく結果も出せないまま高校三年生の夏の大会が終わってしまう。次期部長は、ほとんど練習もしないのに入部した当初から天才ぶりを見せつけ、大会でもいとも簡単に優勝してしまった三上(中尾)。そんな三上に複雑な思いを抱えていた杏は引退を決意し、三上に部長の任を引き継ぐことに。だが、それを知った三上は杏に一途な思いをぶつけてくる…といったストーリー。 舞台あいさつでは、池田が「この映画をやっていて『恋をしているといろんな選択肢があるんだな』って思いました。杏ちゃんと私は全く似てなくて、『私だったらもっと幸せになれる』って思いました(笑)」と笑いを誘いながらも、「演じていると、自分にはない選択肢を選...more
カテゴリー:

[池田エライザ]“弓道女子”のムズムズ恋愛に「私ならもっと幸せに…」 - 11月11日(土)18:42 

 モデルで女優の池田エライザさんが11日、東京都内で行われた初主演映画「一礼して、キス」(古澤健監督)の初日舞台あいさつに、共演の中尾暢樹さん、鈴木勝大さんらとともに登場。鈴木さんは「特命戦隊ゴーバスターズ」、中尾さんは「動物戦隊ジュウオ……
カテゴリー:

池田エライザ、まさかの“野次”にも負けず笑顔!映画初主演「一礼して、キス」公開 - 11月11日(土)14:30 

加賀やっこ氏の人気コミックを実写映画化した「一礼して、キス」が11月11日、全国32館で封切られ、映画初主演を飾った池田エライザと中尾暢樹、共演の松尾太陽(超特急)、鈴木勝大、結木滉星、佐藤友祐...
カテゴリー:

中尾暢樹、今はギラギラ育成期間 快進撃続くも「やっとスタート地点」 - 11月16日(木)06:20 

 映画『一礼して、キス』はダブル主演を務めた池田エライザと中尾暢樹の超接近ポスターが、強烈なインパクトを残す恋愛映画でありながら、弓道部を舞台にしていることもあり、どこか文学的な香りが漂う一作だ。主人公の三神曜太を演じた中尾も「ふわふわキラキラ系だと思って観ていたら置いていかれる、知性を感じさせられるような文学的な映画」と説明しつつ、「初の“壁ドン”も満喫した」と屈託のない笑顔を見せる。『動物戦隊ジュウオウジャー』のジュウオウイーグルから一転、恋愛映画の主演へと俳優としてのキャリアを華々しく歩み始めた中尾が語る「今はギラギラ育成期間」の理由を聞いた。【関連】中尾暢樹『一礼して、キス』インタビューフォトギャラリー 2016年、『動物戦隊ジュウオウジャー』の主人公ジュウオウイーグル(風切大和)でセンセーショナルに映像デビューを飾った中尾は、その後もドラマに出演を重ね、本作へと快進撃が続く。だが本人的には、泥臭い日々の積み重ねがあったという。「ポンポンと作品が決まっているイメ―ジを持たれることが多いんですが、高校1年(16歳)のときに養成所に入って、ずっとコツコツやっていたんです。今は、やっとスタート地点に立ったと思っています」と、落ち着き払ったトーンで語る様子は、20歳という実年齢よりも、いくぶん大人びて映る。 そんな中尾が初めて恋愛ものに挑戦した最新出演作『一礼して、キス』では、まず...more
カテゴリー:

「一礼して、キス」番外編と池田エライザ×中尾暢樹の対談がベツコミに - 11月13日(月)15:28 

本日11月13日発売のベツコミ12月号(小学館)には、加賀やっこ「一礼して、キス」の番外編が掲載されている。
カテゴリー:

「俺が恋人役なのに」と中尾暢樹が鈴木勝大に嫉妬?「一礼して、キス」挨拶 - 11月11日(土)18:45 

加賀やっこ原作による実写映画「一礼して、キス」の初日舞台挨拶が、本日11月11日に東京・新宿バルト9で行われた。
カテゴリー:

池田エライザ、まさかの野次にも負けず笑顔!映画初主演「一礼して、キス」公開 - 11月11日(土)14:30 

 加賀やっこ氏の人気コミックを実写映画化した「一礼して、キス」が11月11日、全国32館で封切られ、映画初主演を飾った池田エライザと中尾暢樹、共演の松尾太陽(超特急)、鈴木勝大、結木滉星、佐藤友祐、メガホンをとった古澤健監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】池田エライザ、その他の写真はこちら 弓道に青春を捧げてきたピュアな高校3年生・岸本杏(池田)と、不器用ながら一途に杏を思う後輩・三神曜太(中尾)が、両思いなのにすれ違ってしまう、もどかしい恋模様を描く。登壇陣は、タイトルにちなみ一礼してから挨拶。満場の客席から万雷の拍手が送られると、中尾は「しっとりした雰囲気だったらどうしようと思っていたので、良かったです」と安どの表情を見せ、池田も「主演として目の前に立つというのは恐縮ですが、光栄なので、出来る限りのことはやりたい」と決意をにじませた。  中尾はこの日、青と白が基調のドラえもんのような衣装で登場した。これに対し、佐藤は「(自身が)初めて舞台挨拶に出るので調べたんですが、大体の人が黒いフォーマルな衣装で来るそうですね。でも主役がこれ。イメージしていたのと違う」とチクリ。カジュアルな服装の登壇者が多かっただけに、中尾も「僕もそういうイメージ。逆にこれで行こうと思ったら、(カジュアルで)かぶってしまった」と頭をかき、衣装に気を使っていた池田は「...more
カテゴリー:

弓道女子を熱演の池田エライザ「本来の私はとても男っぽい!」 - 11月10日(金)06:00 

累計100万部を突破した加賀やっこの漫画「一礼して、キス」が、池田エライザと中尾暢樹によって映画化、11月11日(土)に公開される。 【写真を見る】意外な告白をする池田 モデルとしてカリスマ的な人気を博し、現在ではドラマに映画と活躍の場を広げる池田が中学から弓道に取り組んできた高校3年生の岸本杏を演じ、弓道に夢中になる杏に恋をした後輩男子・三神曜太を「動物戦隊ジュウオウジャー」(2016年、テレビ朝日系)で主演を務めた中尾が演じる。 そんな注目が集まる池田に、役作りや演技について、今の思いを聞いた。 ――主演に決まった時、どんな気持ちでしたか? 主演が決まったということよりも、古澤(健)監督率いる古澤組が好きなので、古澤組に参加できることがうれしかったです。プレッシャーというよりは、この作品を担っていくためにしっかりしようっていう気持ちが強くなりました。 ――役作りはどんなふうにされましたか? 監督が私に託してくださったので、撮影現場では常に“杏ちゃん”でいようと思っていました。杏ちゃんは“普通の女の子”なのですが、それはそれで私の課題であって。普通ということの捉え方は人それぞれだし、「普通ってなんだろう?」となってしまうので、私は“まだ何も決め切れていない女の子”だと思って演じました。 あとは、男性が多い撮影現場だったので、杏ちゃんを巡る男性たちがすてきに見えたらいいなと思って、...more
カテゴリー:

もっと見る

「中尾暢樹」の画像

もっと見る

「中尾暢樹」の動画

Wikipedia

。2015年10月、DIVE'からワタナベエンターテインメントへ移籍。2016年1月よりD-BOYSのメンバーとなる。

2016年2月から放送の動物戦隊ジュウオウジャーにて、主演・風切大和 / ジュウオウイーグル役を務める。同作がテレビドラマ初出演で、本格的な俳優デビュー作品となる。

出演 テレビドラマ 映画
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる