「中尾明慶」とは?

関連ニュース

久住昌之原作『野武士のグルメ』竹中直人×玉山鉄二インタビュー - 03月25日(土)10:00 

 『孤独のグルメ』など数々のグルメ漫画を手がける久住昌之氏原作『漫画版 野武士のグルメ』(作画:土山しげる)を俳優・竹中直人、玉山鉄二らの出演で実写ドラマ化。映像配信サービス「Netflix」で17日より独占配信が始まった。定年を迎えたサラリーマンが虚飾を排した素朴で粗野な“野武士”のように、自分が好きなものを、好きな時に、好きなように食することを決意して、さまざまな店で“食”を楽しむ姿を描く。 『野武士のグルメ』主題歌「白い砂のサボテン」MV  「ただ食べるだけのおじさんの役って、初めてじゃないかな」という竹中。「現代にいきなり野武士が現れるなんて、笑っちゃいますよね。突然あの姿で現れるのが毎回楽しみだった」と思い出し笑い。  その野武士に扮したのが玉山。実在の飲食店や各所でロケ撮影を行う中、玉山だけが野武士姿という異様な状況にも「竹中さんや監督をはじめ、現場の皆さんが、異様さを面白がってくれたのが、救いでした(笑)。野武士の扮装でいる時はタガを外して、何やってもいいんだ、という心構えで演じました」。  仕事一筋で生きてきた香住武(竹中)は定年を迎え、時間を持て余していた。ある昼下がりの散歩中、香住は、平日の日中に飲むキンキンに冷えたビールのうまさを知ってしまう。何事にもとらわれず、気が向いた時に好きなものを自由に飲み食いすることの楽しさに気づいた彼は、戦国の世を自由に生...more
in English
カテゴリー:

台本完成は本番前日!? ガレッジセール&千鳥、初参加の「東京グランド花月」に意欲満々 - 03月23日(木)13:00 

 喜劇俳優・内場勝則が座長を務める吉本新喜劇の東京公演「東京グランド花月」の開催発表会見が3月23日、東京・新宿の吉本興業本社で行われ、内場のほか出演するお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリと川田広樹、「千鳥」のノブと大悟が出席した。内場は「老若男女問わず楽しめる舞台ですが、伝えたいメッセージは一切ございません。アホになって帰ってくれたら!」と笑いを誘う語り口でアピールした。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  本公演は、笑いの殿堂“なんばグランド花月”で行われている看板寄席「グランド花月」を東京で開催するもの。今回で6度目の開催となり、内場が座長を務める公演は初。桂文枝、西川のりお、上方よしお、「オール阪神・巨人」「大木こだまひびき」「パンクブーブー」「キングコング」「ジャングルポケット」「尼神インター」「博多華丸・大吉」「トレンディエンジェル」「学天即」「麒麟」「おかずクラブ」、陣内智則、横澤夏子といった人気芸人が登場する。  「ガレッジセール」「千鳥」の両コンビは、「東京グランド花月」には初参加。「18年ぶりにつくったネタを披露します。私が知っている限り、高評価を得ております」(ゴリ)、「実は痛風になりまして……、本番までには完治させます」(川田)、「この公演に出られるということは吉本所属の漫才師の中でも上位に君臨できている証」(ノブ)、「上方よ...more
in English
カテゴリー:

『劇場版 FAIRY TAIL』予告解禁 ナツの正体がいよいよ明らかに…!? - 03月21日(火)19:00 

 全世界累計発行部数6,000万部を超えるベストセラーコミックの映画版『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』の予告編・場面写真・チラシが到着した。予告編では「竜の墓。それは破れていったドラゴンたちの終焉の地」というナレーションから切り出し、この地に眠っているといわれるドラゴンクライを巡る戦いをテンポよく見せていく。【関連】映画『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』場面写真 今回の劇場版は原作者・真島ヒロが自ら描き下ろした約200ページに及ぶ渾身のネームを基に創られたオリジナルストーリー。断崖絶壁に囲まれた孤島・ステラ王国を舞台に、ナツやルーシィら、おなじみのメンバーに加え、魅力的な劇場版オリジナルキャラクターたちがスクリーンを彩っていく。 フィオーレ王国の神殿に祀られた魔法の杖・ドラゴンクライは世界を滅ぼすほどの力を秘める。しかし、この杖が王国の反逆者・ザッシュによって奪われ、ステラ王国の国王・アニムスの手に渡ってしまう。ドラゴンクライ奪還の依頼を受けた魔導士ギルド・フェアリーテイルのナツたちはザッシュを追ってステラ王国へと潜入。さまざまなな思惑が交錯する中、フェアリーテイルは世界の危機に立ち向かうことになる。 原作の真島ヒロは本作について「『DRAGON CRY』は、『FAIRY TAIL』の最終章につながるエピソードのひとつです。今回はエンタ...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】ジミー大西の半生ドラマ化!ジミー「というか僕よりうまい」 ジミー役は中尾明慶 - 03月21日(火)14:08 

「島ぜんぶでお~きな祭 第9回沖縄国際映画祭」(4月20~23日)の発表会見が21日、都内で行われた。特別上映される明石家さんま(61)企画・プロデュースのネットフリックスのオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」は、中尾明慶(28)と小出恵介(33)のダブル主演。ジミー大西(53)の半生をドラマ化した。 ジミー役の中尾は「本当にドラマにできるのかな、やめたいなと思った。だけど、さんまさんにお世話になっているし、『お前が、やれ』と言われたので頑張りました」。さんま役の小出は「悩...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見ま...
in English
カテゴリー:

明石家さんま、番組収録中に剛力彩芽を口説く「ワイドショーを騒がせる」 - 03月24日(金)06:00 

 お笑い芸人の明石家さんまが司会するABC・テレビ朝日系『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』が24日(後7:00~9:48)に放送される。さんまがさまざまな“コンプレックス”を抱える総勢24人の芸能人を相手にトークを繰り広げる特番第9弾。今回のさんまは、審査員として出演する女優の剛力彩芽にご執心。コンプレックストークそっちのけで口説きまくっている。 審査員席、前列右から2人目が剛力彩芽  剛力は、所属事務所の方針で25歳まで恋愛禁止を遵守してきたが、今年8月27日の誕生日で25歳になり、晴れて“恋愛解禁”に。そんな剛力に妄想全開のさんまは、「8月にはワイドショーを騒がせるからな! みんな見てろよ!」と怪気炎を上げ、スタジオを爆笑させる。  本題のコンプレックス対決は、まず3チームずつで前・後半戦を行い、それぞれから勝ち残った1チームずつが決勝戦で「コンプレッくすっ杯」の最高峰を決める。前半戦では「ブサ顔代表」「子どもにナメられる代表」「田舎代表」。後半戦では「貧乏代表」「変声代表」「結婚できない女代表」の3チームが激突する。 ■コンプレッくすっ杯出場者(50音順) 【ブサ顔代表】 岩尾望(フットボールアワー)、箕輪はるか(ハリセンボン)、蛍原徹(雨上がり決死隊)、保田圭 【子どもになめられる代表】 小島よしお、斉藤司(トレンディエンジェル)、鈴木奈々、濱口優(よゐこ) 【...more
in English
カテゴリー:

さんまプロデュースでジミー大西の半生が映画化!ジミー役は中尾明慶 - 03月22日(水)12:20 

明石家さんまのプロデュースでタレント・画家のジミー大西の半生を映画化する『Jimmy〜アホみたいなホンマな話〜』の発表が21日、都内で開催された『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖...
in English
カテゴリー:

ジミー大西、自身モデルの映画に「見どころが…わかりません」 - 03月21日(火)14:16 

​ ジミー大西と、映画『Jimmy』でジミー役を演じる中尾明慶 21日、第9回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでお~きな祭」の概要発表会が都内で行われた。 4月20日~23日で行われる今回の映画祭では28作品(3月21日現在)が出品されるが、明石家さんまの企画・プロデュース作品『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』でW主...
in English
カテゴリー:

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見まねで初めた映画祭ですが、少しずつ成長していると思います」と感慨深げに語った。 ・【フォトギャラリー】沖縄国際映画祭概要発表会見の様子はこちら  4月20~23日に行われる第9回は、過去最大規模となる12市町村での開催を予定している。那覇、北谷、宣野湾のほか、世界遺産に登録されている中城村・中城城跡、宮古島にある日本最南端の映画館「よしもと南の島パニパニシネマ」、石垣の石垣市民会館など本島以外も会場に加わった。  上映ラインナップ(21日現在)で大きな話題となったのは、明石家さんまが芸歴42年目でドラマのプロデュースに初挑戦した「Jimmy アホみたいなホンマの話」(Netflixオリジナルドラマ)。特別上映作品の目玉と位置づけられ、芸人・ジミー大西の半生を、さんまとの出会いを軸に描く。この日は、ジミー役の中尾明慶、さんま役の小出恵介、そしてジミー本人が出席。中尾は、「1話を撮る前に、最初に僕と小出くん、さんまさんとジミーさんの4人だけでリハーサルをした。おふたりが最初から最後まで1話を演じるんです。僕らが見ている前で、『俺らがこのドラマをやったら、こんな感じやから』と。『もう絶対越え...more
in English
カテゴリー:

ジミー大西役の中尾明慶、「この人は何を考えているんだろう」資料見れば見るほど悩む - 03月21日(火)14:00 

 俳優の中尾明慶、小出恵介、間宮祥太朗、画家のジミー大西らが21日、「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見に登壇した。映画祭ではジミーの半生記を描く明石家さんま企画・プロデュース『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』が上映されるが、ジミーは「若(さんま)からは台本も作品も見るなと言われているので、見てないんです。僕、なんでここにいるのかわからないんです」と苦笑いを浮かべた。【関連】「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見<フォトギャラリー> ジミー役には中尾、さんま役には小出が務める。中尾は「オファーを受けたとき、できることならやめたいなと思っていました。資料映像を見せていただいたのですが、見れば見るほど、この人は何を考えているんだろうと悩みましたね」と振り返る。撮影前にはさんまから指導もあったそうだが、「『一応言っとくね。でもやりたいようにやっていいよ』とは言われたんですが、途中からは意識しないようにしました」と明かし、「さんまさんが見てくれた後にメールを送ってくれて、『ホンマにやってくれてよかった』と言われたときはほっとしましたね」と述懐した。 一方、小出は「悩みましたけど、さんまさんと触れ合えることはないのかもしれないと思って、オファーを受けました」と語り、「さんまさんは『俺とジミーの関係はこうやで、あとはよろしく』と言うだけ。セリフで...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「中尾明慶」の画像

もっと見る

「中尾明慶」の動画

Wikipedia

中尾 明慶(なかお あきよし、1988年6月30日 - )は、日本俳優である。東京都中野区出身。ホリプロ所属。特技はプロ野球選手の形態模写。

妻は女優・仲里依紗

略歴

家族構成は両親と

名前の「明慶」の由来は「明るく慶ばれる子になってほしい」という意味が込められているJUNONインタビューより。

小学校に入ったときから漠然とテレビに出たいと考えていたが、あるときオールスター感謝祭で、出演している芸能人クイズマラソンをしているところを見て、「楽しそうだな」と思ったのが芸能界入りのきっか...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる