「中学生棋士」とは?

関連ニュース

【将棋】藤井四段 久保王将に勝利!タイトル保持者から2つ目“金星” - 12月10日(日)19:24  mnewsplus

中学生棋士の藤井聡太四段(15)が10日、名古屋市内で開催された「将棋プレミアムフェスin名古屋」に出演。 特別公開対局で久保利明王将(42)に挑戦し、見事勝利を挙げた。  藤井がタイトル保持者と非公式戦で対局するのは、今年の春に2度対戦し1勝1敗だった羽生善治竜王(47)に次ぎ 2人目で、久保とは初対局。先手の久保が振り飛車、後手の藤井が居飛車と得意な戦型を選択。通算タイトル獲得6期を誇る久保が先に 藤井の王を追い詰め必至を掛けたが、最後に守りの馬の敵陣への利きを生かした見事な切り返しで金星...
»続きを読む
カテゴリー:

名人に勝利、自動運転車など…AIは今どこまで発展しているのか? - 12月01日(金)19:43 

12月4日放送の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)では、「世界一よくわかる…人工知能 AIの今!」と題し、“AIとは何なのか”を詳しく説明する。今年、将棋界を賑やかしたビッグニュースが、中学生棋士・藤井聡太四段の登場と、AIを使った将棋のコンピューターソフト「ポナンザ」が、名人に勝ったこと。10年前まではアマチュアにも勝てなかったコンピューターソフトが、AIを搭載することで、将棋界のトップにも勝利したのだ。劇的に強くなった将棋コンピューターソフトの進化の過程、それはAIの進化そのものだった。また、AIを使って捜査しているという、アメリカの警察捜査に密着。AIが予測する場所へ出向き、犯人を逮捕しているという警察官の働きぶりとは。また、世界が注目するアメリカの企業「エヌビディア」も取材。元々はゲームに使われる半導体を製造していたのだが、その技術が最先端のAIに使えることがわかり、一躍脚光を浴びるようになった。この企業の半導体を使うと、「とにかくきれいな映像を、スムーズに速く動かすことができる」のだという。日本のトヨタもこの技術で自動運転ができる車の開発をしているのだというが……。 関連リンク 都市伝説じゃなかった“死体洗いバイト”作業内容&給料が明らかに ...more
カテゴリー:

【将棋】藤井四段、2次予選進出逃す 棋聖戦で大橋四段に敗退 - 11月29日(水)13:01  mnewsplus

朝日新聞デジタル  公式戦29連勝の新記録をつくった将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)四段(15)が29日、八つあるタイトル戦の一つ、棋聖戦(産経新聞社主催)の1次予選の決勝で大橋貴洸(たかひろ)四段(25)に100手で敗れ、2次予選進出を逃した。  日本将棋連盟の発表によると、藤井四段のデビュー以来の通算成績は51勝8敗(未放映のテレビ対局を除く)となった。  大阪市福島区の関西将棋会館で午前10時に始まった。持ち時間各1時間で、使い切ると1分未満という早指し戦だった。終局は午後0時25...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】<ヤフー>「Yahoo!検索大賞2017」の流行語部門賞に「忖度(そんたく)」を選んだと発表! - 11月27日(月)18:14  mnewsplus

ヤフーは27日、同社の検索サービスで昨年に比べて最も検索数が伸びた人物や商品などを表彰する「Yahoo!  検索大賞2017」の流行語部門賞に、「忖度(そんたく)」を選んだと発表した。  スペシャル部門賞には中学生棋士の藤井聡太四段ら2人を選出した。  忖度は、他人の心を推し量って配慮すること。学校法人「森友学園」「加計学園」をめぐる問題で、官僚などが首相周辺に気を回していた可能性があることを指し、盛んに使用された。普段あまり使われない言葉だけに、ヤフーは「単語の意味を調べる検索が増えた」とみている。藤...
»続きを読む
カテゴリー:

おちゃめな「ひふみん」のキーホルダー 愛されキャラがグッズに - 12月04日(月)07:00 

 最高齢現役(2017年6月20日引退)、最高齢勝利、最高齢対局、現役勤続年数、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位で、14歳7カ月で史上初中学生棋士になった将棋界のレジェンド、加藤一二三(ひふみ)さん。現在77歳だが、今も「ひふみん」の愛称で親しまれ、女性からも「カワイイ」と言われる愛されキャラ&癒やしの人だ。そんな「ひふみん」が、缶バッジ、アクリルキーホルダー、ステッカーになった。バンダイ(東京)から12月下旬に発売される。 「ひふみん」缶バッチ 【写真】関連情報を含む記事はこちら  缶バッジとステッカーには、笑った顔や目を見開いた顔など、さまざまな表情の「ひふみん」やイラスト化された「ひふみん」を、“ひふみんアイ!!”などのせりふとともにデザイン。アクリルキーホルダーには、“勝負師ですから!!”“猫と話しができます。”といったせりふとともに、ひふみんの写真がおちゃめにデザインされている。かばんやスマホにつければ、癒やし効果バツグンだ。 「にゃんこスター」マスコットキーチェーン(表)  「キングオブコント 2017」で準優勝をしたことで注目を集めたお笑いコンビ「にゃんこスター」のグッズも同時発売。【関連記事】 ・おそ松さんを抱えて 楽しく?デスクワーク ・あの「うんこ漢字ドリル」がお菓子に オリジナル例文を読みながら食べよう!
カテゴリー:

「インスタ映え」「忖度」=今年の新語・流行語大賞 - 12月01日(金)17:17 

 今年の世相を反映した言葉「2017ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日発表され、写真共有サービス「インスタグラム」の定着で広まった「インスタ映え」と、森友学園問題など国会審議で盛んに使用された「忖度(そんたく)」の2語が選ばれた。 トップテンはこのほか、引退した将棋棋士加藤一二三九段の愛称「ひふみん」▽お笑い芸人ブルゾンちえみさんの決めぜりふ「35億」▽睡眠不足が蓄積する危険性を指摘した「睡眠負債」など。 政治絡みの言葉も目立ち、深刻さを増す北朝鮮情勢にちなんだ「Jアラート」や、女性問題や失言など不祥事が相次いだ「魔の2回生」も選出された。 選考委員特別賞は若者の活躍から、陸上男子100メートルで10秒台の壁を破った東洋大の桐生祥秀選手のタイム「9.98」と、中学生棋士の藤井聡太四段が打ち立てた公式戦連勝記録「29連勝」が選ばれた。 【時事通信社】
カテゴリー:

将棋:棋聖戦、藤井四段が予選敗退 - 11月29日(水)12:59 

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)は29日、大阪市福島区の関西将棋会館であった棋聖戦1次予選決勝で大橋貴洸四段(25)に100手で負け、予選敗退した。大橋四段は昨年10月、藤井四段と同期プロデビューで、対戦成績を1勝2敗とした。藤井四段の通算成績(未放映のテレビ対局を除く)は51勝8敗。
カテゴリー:

「中学生棋士」の画像

もっと見る

「中学生棋士」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 棋士...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる