「中央軍」とは?

関連ニュース

米、「出口戦略」見えず=大統領がアフガン政策演説-軌道修正、4000人増派へ - 08月22日(火)15:05 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は21日の演説で、米軍のアフガニスタン関与継続を表明した。これにより、ブッシュ(子)政権時代から続く米史上最長の戦争は、3代にわたる米政権の安全保障戦略に重くのしかかることになった。駐留の期限や作戦計画を明示しないことで、幅広い選択肢を残す狙いもうかがえるが、明確な「出口戦略」は依然として見えてこない状況だ。 米メディアによると、大統領は演説に先立ち、4000人規模の部隊増派を承認した。派遣部隊は約5割も増強されることになる。 アフガンをめぐる米国の出口戦略は2015年10月、オバマ前政権が当初計画した16年末までの完全撤収を断念したことで、大きく目算が狂った。従来の計画で5500人だった17年の駐留規模は8400人に引き上げられた。反政府勢力タリバンに加え、過激派組織「イスラム国」(IS)傘下組織も台頭し、治安改善のめどが立たない状態で、トランプ氏は政権を引き継いだ。 「もともと私の直感は『撤収』。これまでは直感に従ってきた」と語るトランプ氏だが、就任7カ月で出した結論は関与継続だった。必ずしも本意でないとみられる軌道修正は、アフガンを管轄する中央軍司令官も務めたマティス国防長官ら「軍人派」の意向に沿った決定だ。 アフガン駐留米軍のニコルソン司令官が2月の議会公聴会で「数千人が不足している」と主張するなど、現場の軍人は早くから戦力不足を訴えてい...more
カテゴリー:

米、サイバー軍を格上げ=北朝鮮や中ロに対抗 - 08月19日(土)06:45 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は18日、サイバー空間における攻撃や防御作戦を実施するサイバー軍を「統合軍」に格上げすると発表した。権限や陣容を強化することで、サイバー空間で攻撃を活発化させる北朝鮮やロシア、中国などに対抗するのが狙い。 国防総省によると、2009年に設立されたサイバー軍は戦略軍の傘下から独立し、太平洋軍や中央軍と同格の統合軍になる。マティス長官が推薦する新司令官を大統領が指名し、上院が承認すれば、正式に発足する。 【時事通信社】
カテゴリー:

【米中】軍制服組トップが会談 中国側は米に自制求める - 08月17日(木)20:34  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170817/k10011102741000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 中国とアメリカ軍の制服組トップが北京で会談し、核・ミサイル開発を加速させている北朝鮮への対応について、中国側は「軍事的な手段は選択肢になりえない」として、軍事的な圧力を強めるアメリカに対して自制を求めました。 中国軍の制服組トップ范長竜中央軍事委員会副主席は、中国を訪れているアメリカ軍のダンフォード統合参謀本部議長と17日、北京で会談しました。 中国国防省によりますと、会談で范副主席は核・...
»続きを読む
カテゴリー:

陸軍司令官が昇格か=中国軍事委副主席に-香港紙 - 08月17日(木)17:44 

 【香港時事】17日付の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは中国軍筋の話として、中央軍事委員会の副主席に陸軍の李作成司令官(63)が昇格する見通しになったと報じた。制服組トップの范長竜筆頭副主席(70)が来月退任し、許其亮副主席(67)が後任に就くのに伴う人事という。 李氏は1979年の中越戦争で功績を挙げたほか、大規模水害の救援活動を指揮。2013年に習近平国家主席(軍事委主席)によって成都軍区司令官(当時)に起用され、15年には軍最高位の上将に昇進した。 【時事通信社】
カテゴリー:

軍事的手段を朝鮮半島情勢の選択肢にしてはいけない=中国軍幹部 - 08月17日(木)14:55 

[北京 17日 ロイター] - 中国軍制服組トップの范長龍・中央軍事委員会副主席は17日、軍事的手段を朝鮮半島情勢における選択肢にしてはいけないとの見方を示した。
カテゴリー:

トランプ氏、「サイバー軍」を昇格 他の統合軍と同格に - 08月19日(土)15:31 

トランプ米大統領は18日、サイバー空間で防衛や攻撃の作戦遂行などを担う米軍のサイバー軍を中央軍や欧州軍など同等の独立した統合軍に昇格させるとの声明を発表した。 「サイバー空間の脅威に対処する決意の強化を示すもの」とした。サイバー軍は現在、宇宙空間での作戦、核兵器やミサイル防衛などを担当する戦略軍の傘下にある。今回の組織的な格上げを受け、サイバー軍の司令官は今後、国防長官に任務遂行などで直接報告...
カテゴリー:

軍同士の関係強化を=米制服トップと会談-中国主席 - 08月17日(木)21:25 

 【北京時事】中国の習近平国家主席(中央軍事委員会主席)は17日、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長と北京の人民大会堂で会談し、「中米両軍は両国関係の重要な安定要因にならなければならない」と述べ、両軍の関係強化を訴えた。中国国防省が発表した。 発表では触れていないが、北朝鮮問題についても意見交換したとみられる。習主席が米軍トップと個別会談するのは、2013年4月に前任のデンプシー氏と会って以来。 習主席はこの中で「中米の二大大国は、世界の平和と安定、発展と繁栄に重要な責任を負っている」と強調。その上で「時に雨風はあっても、後には虹が出る」と対話の重要性を指摘した。さらに、ダンフォード氏が中国の房峰輝・連合参謀部参謀長と軍高官レベルの対話拡大で合意したことを評価した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米中軍制服組トップ会談:中国「軍事行動は選択肢でない」 - 08月17日(木)19:56 

北朝鮮の核・ミサイル問題で米側をけん制  【北京・河津啓介】米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は17日、北京で、中国軍制服組トップである范長竜・中央軍事委員会副主席や習近平国家主席(中央軍事委主席)と会談した。范氏は北朝鮮の核・ミサイル問題で「軍事行動は選択肢とすべきではない」と米側をけん制した。中国国防省が発表した。
カテゴリー:

中国軍トップ、台湾や南シナ海での米国の「誤った」行動を批判 - 08月17日(木)16:08 

[北京 17日 ロイター] - 中国人民解放軍の制服組トップ、范長龍・中央軍事委員会副主席は17日、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長に対し、両軍間の相互的な信頼醸成メカニズムは引き続き改善しているとしたうえで、台湾における米国の「誤った」行動や南シナ海での哨戒活動、韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備が軍事的な信頼に大きな悪影響を及ぼしたと述べた。
カテゴリー:

中国の暴走、誰か早く止めろよ - 08月02日(水)14:41  news

【北京=竹内誠一郎】中国軍創設90年の記念式典が1日午前、北京の人民大会堂で開かれた。  軍トップの習近平シージンピン中央軍事委員会主席(国家主席)が演説し、「新たな歴史の 起点に立ち、我々は人民軍隊を世界一流の軍隊とするための建設を加速しなければならない」と、 軍事力増強の必要性を改めて訴えた。  習氏は、90年にわたる軍の発展について「国家の主権や安全、発展を守る力強い支えと なってきた」と評価。その上で「人民軍隊は装いを整え直し、再出発した」と、自らが進めてきた 陸海空軍、ロケット軍...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「中央軍」の画像

もっと見る

「中央軍」の動画

Wikipedia

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる