「中央卸売市場」とは?

関連ニュース

【激怒】野菜の卸売業者がマスコミにブチギレ激怒「下げ相場を狙ったかのように野菜の高値を報道する」 - 01月17日(水)15:13  news

青森市中央卸売市場の青果部卸売業者である「青森合同青果」が、マスコミの報道に対して激怒している。 わざと消費者が遠のくような情報を報じているというのだ。以下は、青森合同青果のTwitterコメントである。 ・青森合同青果のコメント 「今朝の地元紙の一面に「葉物、ダイコン高値」の記事が。タイミング最悪です。いつも不思議に思うのですが、どうして相場が下げに向かっている場面を狙ったかのように野菜の高値を報道するのでしょうか? 売り足が止まってしまいます。しかも昨年夏の安値の時は知らんぷり。本当に腹が立...
»続きを読む
カテゴリー:

キャベツ500円、ハクサイは700円… 沖縄、野菜高騰が家計直撃 天候不順で地元産も高値 - 01月16日(火)06:45 

 昨秋以降、台風や天候不順などの影響で全国的にダイコンやハクサイの値段が高騰している。沖縄県産のキャベツやレタスも成長不良で高値傾向が続く。スーパーでは小分けにし、値段を抑える工夫をしているが、この時期の鍋料理などに欠かせない冬野菜の高騰が家計を直撃している。  県中央卸売市場の沖縄協同青果の担...
カテゴリー:

広島中央卸売市場で初競り、瀬戸内海からの水揚げは例年の1.5倍で好調な滑り出し - 01月13日(土)07:51 

[Jステーション-広島ホームテレビ]2018年1月5日放送の広島HOMEテレビ「Jステーション」で、中央卸売市場の初競りが紹介されました。 「県西部の台所」に威勢のいい声が響く県西部の台所、中央卸売市場では、仕事始めの大発会が開かれ、初競りでは威勢のいい声が響きました。午前4時すぎ、大漁を願う三本締めで新年を迎えた広島市中央卸売市場。市場に並んだのは、活きのいいタイやカレイ。全体の入荷量は、平年並みだったものの、正月三が日の天気が良かったこともあり、瀬戸内海で水揚げされた魚は例年の1.5倍だったということです。競り人に注目の魚を聞いてみると、「サワラですね!やっぱり。サワラ1キロ4000円!」とのこと。競り人を驚かせたのは、山口県産のサワラ。数が少なかったこともあり、ご祝儀価格がつきました。広島水産の山本英治郎社長は、「今年はぜひ豊漁で、皆さんに腹いっぱい魚を安く食べていただきたいと願っています」といわれていました。青果市場でも初競りが始まりました。こちらの野菜は、去年の影響を受けているようです。青果市場では、果物は価格、入荷量ともに、平年並みのスタートとなりました。去年10月の長雨や台風での成長不良が影響した野菜は、入荷量が減少しています。中でも白菜などの葉物野菜は、例年と比べ4割ほど高い値がつきました。関係者によると、しばらくは高値が続き、雪によっては価格が不安定になることも考...more
カテゴリー:

もう4時か・・・ - 01月09日(火)02:45  news

http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20180105-OYTNT50192.html  姫路市延末の市中央卸売市場で5日朝、初競りがあり、競り人らが威勢のいい声を響かせ、今年の取引が始まった。  午前4時40分から鮮魚卸売場で催された「初市式」には関係者ら約120人が参加。 石見利勝市長が「工夫を重ね、市民の台所を守っていただいているみなさんに感謝する。(2021年度中の)市場移転に向け、支援を続ける」などとあいさつ。関係者が万歳を三唱した。  マグロの競りでは、インドネシア・バリ島近海やパラオでとれた計...
»続きを読む
カテゴリー:

仙台市中央卸売市場で初競り 繁盛願う - 01月06日(土)06:05 

県内各地で5日、新春の初競りがあった。競り人は威勢のいい掛け声を響かせ、東日本大震災からの復興と新年の飛躍を願った。 仙台市若林区の市中央卸売市場では新鮮な魚や野菜、果物などが並び、活気に包まれた。 
カテゴリー:

【マスゴミ】野菜の卸売業者がブチギレ「値段が下がり始める頃を狙い、『葉物、ダイコン高値』と報道する。おかげで客が市場に来ない!」 - 01月16日(火)20:04  seijinewsplus

青森市中央卸売市場の青果部卸売業者である「青森合同青果」が、マスコミの報道に対して激怒している。 わざと消費者が遠のくような情報を報じているというのだ。 以下は、青森合同青果のTwitterコメントである。 ・青森合同青果のコメント 「今朝の地元紙の一面に「葉物、ダイコン高値」の記事が。タイミング最悪です。 いつも不思議に思うのですが、どうして相場が下げに向かっている場面を狙ったかのように野菜の高値を報道するのでしょうか? 売り足が止まってしまいます。しかも昨年夏の安値の時は知らんぷり。本当に腹が立...
»続きを読む
カテゴリー:

【宮崎】完熟キンカン 「たまたま」出荷始まる - 01月15日(月)10:38  newsplus

市場で完熟キンカン「たまたま」をPRする女性=15日午前、宮崎市  キンカン生産量が日本一の宮崎県で15日、県産ブランドの完熟キンカン「たまたま」の出荷が始まった。温室で栽培し、形の良い実を厳選。加工用と比べ甘みが強く、生で皮ごと食べられるのが特徴で、2月に出荷のピークを迎える見通し。  宮崎中央卸売市場(宮崎市)で午前7時に始まった初競りでは大きな掛け声が響き合い、箱詰めされた色付きの良いキンカンが次々と競り落とされた。1キロ当たり最高で2万円の高値が付いた。  JA宮崎経済連(宮崎市)によると、例...
»続きを読む
カテゴリー:

「寿司ネタ2枚のせ」が斬新な海鮮居酒屋!【Go!Go!シーホース番外編 】 - 01月12日(金)18:42 

シーホース三河の試合を観戦した後、もしくは観戦する前に訪れたいグルメスポットを紹介するぞ。今回、紹介するのはウィングアリーナ刈谷の近くにある「にほんのうみ」の2号店。2017年にオープンした注目の海鮮居酒屋だ。 【写真を見る】いちば寿司ランチ[1000円)。マグロ、イカ、サーモンからバイガイ、赤エビと日替わりで10貫がのる 2015年から営業を続ける海鮮丼の店「にほんのうみ」。待望の2号店「海鮮すし食堂 にほんのうみ 刈谷駅前店」が刈谷駅近くにオープンした。魚の鮮度にこだわり、毎朝、代表の柴田大輔さん自らが名古屋市にある中央卸売市場へと足を運んで仲買人から直接、買い付けている。柴田さんは、前職は回転寿司店で買い付けを担当していたこともあり、鮮魚の知識と経験も豊富だ。 本店は家族連れを中心とした客層で、海鮮丼をメインにした食事処。一方の2号店は刈谷駅前の商業施設1階にあるためカウンター席を設けてあり、夜は居酒屋としても利用できるほか、店名にもある通り「寿司」をもう一つの看板メニューとして打ち出している。ユニークなのが貝類などを除き、寿司は基本として1貫に対してネタが2枚(!)のること。1枚をひょいと箸で持ち上げて刺身として食べてもよし、贅沢に2枚を一気に食べるのもよし。知らないお客さんからは驚きの声が上がっているそうで「今日は特別サービス!?」と逆に店員に尋ねてくるケースも多い。「本...more
カテゴリー:

天候で変わる立体造形 高松 神奈川の芸術家が作品展 - 01月06日(土)10:49 

神奈川県座間市の芸術家、水谷一さん(41)が滞在制作の成果を発表する「表現と光―Representation and Light―」が5日、高松市瀬戸内町の市中央卸売市場で始まった。
カテゴリー:

初競り 勢いよく 卸売市場青果部 売上高33%増 - 01月06日(土)05:00 

 県内に流通する野菜や果物を取り扱う浦添市伊奈武瀬の県中央卸売市場青果部で5日早朝、初競りがあった。沖縄協同青果(浦添市)の伊禮輝夫社長らによる開始の合図とともに、競り人や仲買人の勢いの良い声が市場内に響いた。  5日の野菜と果実の入荷量は前年比25%減の191・5トン。昨年10月に県内を直撃した...
カテゴリー:

もっと見る

「中央卸売市場」の画像

もっと見る

「中央卸売市場」の動画

Wikipedia

中央卸売市場(ちゅうおうおろしうりしじょう)とは、卸売市場のうち、卸売市場法第3章の規定に基いて、国すなわち農林水産大臣農林水産省)が認可・監督し、後述する条件を満たす地方公共団体が開設するものを言う卸売市場法(昭和四十六年四月三日法律第三十五号)(総務省行政管理局)(東京都中央卸売市場)。

一方、同法第4章に基いて、地方すなわち都道府県知事都道府県)が認可・監督をするものは「地方卸売市場」という。

概要

生鮮食料品等の流通及び消費上特に重要な都市及びその周辺の地域における生鮮食料品等の円滑な流通を確保するための生鮮食料品等の卸売の中核的拠点となるとともに、当該地域外の広域に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる