「中堅企業」とは?

関連ニュース

【韓国】韓進グループの「ナッツ姫」と「水かけ姫」、全ての職を辞任へ - 04月23日(月)00:29  newsplus

※たまたまでスレ立てました 「ナッツ姫」と「水かけ姫」、全ての職を辞任へ 4/22(日) 22:10配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00001900-chosun-kr  オーナー一家のパワーハラスメント(パワハラ)騒動に揺れる韓国の財閥・韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長は22日、長女の趙顕娥(チョ・ヒョナ)KALホテルネットワーク社長と次女の趙顕ミン(ヒョンミン)大韓航空専務をグループ内の全ての職から直ちに退かせると発表した。趙会長が同日、謝罪文の中で表明した。  趙会長は謝罪文で、国民と大韓航空の...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】初任給の底上げ進む 人材確保へ内需・中堅企業も動く - 03月31日(土)09:28  newsplus

 企業が初任給を引き上げる傾向にあることが日本経済新聞社の調査で分かった。売り手市場が過熱する中、ソニーが年収で約5%の賃上げをするなど大手は待遇改善に乗り出している。内需企業や中堅はそのあおりで人材を確保しづらくなる悪循環に危機感を強めている。若手に手厚く報い、魅力を高めようとする企業が増えており、初任給を底上げしている。  日経が今月21日にまとめた19年春の採用計画調査(1次集計)で18年度の… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28840460R30C18A3EA1000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

茶番だらけの就活…ずる賢い学生が受かる時代はいつまで続く? - 04月20日(金)08:55 

 「売り手市場」と呼ばれている昨今の日本の就活事情だが、今後はどうなっていくのか。就活問題に詳しい東京大学の本田由紀教授は、こう解説する。 「今年はやっと、絶望のなかに一筋の光が見えてきたと言えるでしょう。これまでの就活はタテマエばかりが横行する茶番劇でしたが、ようやく欧米モデルの実践的なスキルに基づく採用方法が、わずかですが広がりつつあります」  就活における茶番とは、たとえば「学歴フィルター」が代表的だ。採用サイトから会社説明会に参加を申し込むと、Fラン大学では常に「満席」と表示されてハジかれてしまうのに、有名大学の学生を名乗ると簡単に申し込めるケースがある。  また、「インターンシップは採用とは無関係」と称しておきながら、実際は就活の前哨戦となっているのが実情だ。 「企業のばらまくウソを見抜いてずる賢く動ける学生は内定を取れるけど、真面目にタテマエを信じしまった学生は苦労する。是正されるべき、おかしな話です」  だが、この1~2年で企業側に変化が生まれてきたという。学生時代の成績を重視したり、特に理系では専門能力の有無を明確に問うケースなどが増えてきている。 「コミュニケーション能力や熱意といった曖昧模糊としたものではなく、具体的な基準に応じて賃金などの条件も変え、採用の可否を決める『ジョブ型採用』の萌芽が見える点は、評価できます」  就職ナビサイト中心の就活に...more
カテゴリー:

「中堅企業」の画像

もっと見る

「中堅企業」の動画

Wikipedia

  • 転送 中堅...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる