「中国政府」とは?

関連ニュース

香港トップの行政長官選挙 投票始まる - 03月26日(日)11:53 

香港トップの行政長官を選ぶ選挙の投票が26日行われ、香港政府の前のナンバー2を中国政府が支持し優勢な状況だと伝えられ、これに反発する声も出る中、どのような結果が示されるのか注目されます。
in English
カテゴリー:

香港トップの行政長官選挙 きょう投票 - 03月26日(日)06:40 

香港トップの行政長官を選ぶ選挙が26日行われます。中国政府の支持を得たとされる香港政府の前のナンバー2が優勢だと伝えられるなか、世論調査で最も支持率の高い政府の前のナンバー3が巻き返すのかが焦点です。
in English
カテゴリー:

新エネ車“EV至上主義”の中国、賞賛されないこれだけの理由 - 03月25日(土)16:07 

 石油自給率の低下や大気汚染対策の切り札として、電気自動車(EV)をはじめとした「新エネルギー車」の製造・普及を後押しする中国政府だが、国内外からの評判は芳しくない。参入企業がライバルメーカーから技術者を引き抜いたり、購入補助金の詐欺事件が発生したりしているからだ。新規参入のIT企業が次々と華やかなEVを披露する舞台裏で、中国政府の“EV至上主義”はゆがんた現象を招いている。
in English
カテゴリー:

【国際】韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上 - 03月24日(金)17:49 

中韓関係悪化の余波で閉店した中国・杭州市のロッテマート <THAAD配備をめぐって中韓関係が悪化する中、これまで長らく北朝鮮に次いで「嫌いな国」 第2位だった日本を中国が追い抜いた>  過去数十年、日本と韓国の関係はぎくしゃくしていた。戦前に日本が朝鮮半島を併合し、 日本の支配化では様々な蛮行があった。そんな歴史的背景から、韓国は日本をずっと毛嫌いしてきた。  しかし韓国のシンクタンク、アサン(峨山)政策研究院が今週発表した調査結果によると、 韓国国民の間で中国への反感が高まる中、これまで北朝鮮...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中国政府专用版Win10到底修改了啥?外媒猜测 - 03月24日(金)15:38 

  “红旗版Windows 10”――美国媒体22日情绪复杂地形容微软公司的一个新举措:为中国政府部门专门定制Windows 10操作系统。据美国道琼斯新闻网21日报道,中国政府专用版Windows 10的开发由微软和中国国企中国电子科技集团公司成立的合资公司研发。美国监控全球的“棱镜门”计划....
in English
カテゴリー:

香港 行政長官選挙の投票始まる - 03月26日(日)11:50 

 香港では、政府のトップを決める行政長官選挙の投票が行われています。中国政府が推す女性候補が優勢と伝えられていますが、民主派は「中国の政治介入」に反発を強めていて、投票の行方が注目されます。
in English
カテゴリー:

香港行政長官きょう選挙 混乱も予想 3/26 1:33更新 - 03月26日(日)01:33 

香港のトップ、行政長官を決める選挙が26日に行われる。市民に人気のない候補が、中国政府の支持を受けたとして有力視されている。市民からは、民意が反映されていないと批判の声が上がっていて、25日は約1000人が直接選挙などを訴えデモを行った。
in English
カテゴリー:

国連人権理、人権侵害監視強化へ決議=北朝鮮の責任追及 - 03月24日(金)21:19 

 【ベルリン時事】国連人権理事会は24日、北朝鮮の人権侵害の責任を追及するため、実態の監視・証拠収集体制を強化する内容の決議を採択した。日本と欧州連合(EU)が決議案を提出。ソウルにある国連人権事務所を充実させるほか、人権侵害の責任者の訴追も視野に、専門家に関連情報や証言の分析を求めることも盛り込まれている。 志野光子ジュネーブ国際機関代表部大使は演説で「国際社会の懸念に具体的に対応し、拉致問題を解決するよう北朝鮮に改めて求める」と訴えた。一方、中国政府代表は「人権問題には対話と協力を通じて取り組むべきだ」と決議の趣旨に反対した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

「中国政府専用Windows 10」、市場投入への準備が整う - 03月24日(金)16:57 

Microsoftは中国電子科技集団(CETC)と設立した合弁会社で中国政府専用版のWindows 10を開発していたが、このほど市場投入への準備が整ったそうだ(China Daily、Morningstar、Register、Ars Technica)。
in English
カテゴリー:

中国が決断「韓国と北朝鮮」をぶっ潰す!? - 03月24日(金)15:30 

 中国にとっては“裏庭”にあたる朝鮮半島。“コワモテの兄貴分”として両国の面倒をみてきたはずが、急遽方針を転換した!!  迷走する韓国と暴走する北朝鮮。混迷の度合いを深める朝鮮半島に、中国の習近平国家主席(63)が牙を剥こうとしている――。事実、全国紙外信部記者は「中国は朝鮮半島を“潰す”気になったと言ってもいい段階。このような手を打ってくるとは、かなり本気ですよ」と驚く。  “このような手”とは、中国の国家旅遊局が発した、韓国への旅行制限令だ。3月2日、同局は北京市内の旅行会社に対し、3月15日以降の韓国への団体旅行を禁止するよう、口頭で指示したのである。「昨年で言えば、韓国への外国人旅行者数1724万人のうち、中国人が897万人と全体の47%を占めていますから、韓国の観光業界にとって大きな痛手となることは確実。それどころか、国家経済にまで影響しかねません」(前同)  そもそも、韓国経済は瀕死の状態。使用時に発火する事例が世界中で相次いだスマートフォン『ギャラクシーノート7』でケチがついたサムスンは、グループイジェヨンの事実上のトップ、李在鎔パククネ被告が朴槿恵政権との癒着が指摘されて韓国特別検察官に起訴されており、“グループ解体”も取り沙汰されている状況だ。同社は韓国最大の財閥で、グループは韓国のGDP(国内総生産)の18%、輸出の21%を占める韓国経済の巨人だけに、スキャンダ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「中国政府」の画像

もっと見る

「中国政府」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる