「中国外務省」とは?

関連ニュース

中国外務省、北朝鮮祝電に謝意 - 10月19日(木)00:54 

 18日から始まった中国の共産党大会に北朝鮮が祝電を送ったことに対し、中国外務省は会見で感謝の意を表しました。
カテゴリー:

真榊奉納に中国、「信頼得るよう行動を」 10/17 20:08更新 - 10月17日(火)20:08 

中国外務省は、安倍首相が17日、靖国神社に真榊を奉納したことについて「日本側に侵略の歴史を直視し深く反省するよう促す」と批判した。そのうえで、「国際社会とアジア諸国の信頼を得るよう行動するべき」とクギをさした。
カテゴリー:

中国「侵略の歴史直視を」 安倍首相の供物奉納で - 10月17日(火)17:33 

【北京共同】中国外務省の陸慷報道局長は17日の記者会見で、安倍晋三首相が靖国神社の秋季例大祭に合わせて供物を奉納し...
カテゴリー:

北朝鮮、中国代表の訪朝拒絶 - 10月13日(金)20:55 

米ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニスト、ニコラス・クリストフ氏は同紙電子版の12日のコラムで、中国外務省で北朝鮮問題を担当する孔鉉佑次官補(写真)が訪朝を打診したが、拒絶されていたと明らかにした。
カテゴリー:

香港、英人権活動家の入境拒否=中国「法に従い判断」 - 10月12日(木)17:39 

 【香港、北京時事】12日付の香港紙リンゴ日報によると、香港の出入境管理当局は11日、英国の人権活動家ベネディクト・ロジャーズ氏の入境を拒否した。英保守党の人権委員会幹部を務める同氏は香港の人権状況を厳しく批判しており、中国政府が入境拒否を決めた。 ロジャーズ氏は香港で収監中の元学生団体指導者との面会や民主派関係者との会見を予定していたが、香港空港で入境を拒否された。同紙に対し、「中国は3回、英議員を通じて、香港に行かないよう圧力をかけてきた」と明らかにした。 ジョンソン外相は11日、声明で入境拒否について「強く懸念している」と述べ、香港政府と中国政府に理由を説明するよう求めた。これに対し、中国外務省の華春瑩・副報道局長は12日の記者会見で、「法に従い関連する問題を処理した。(入境可否の判断は)中国の主権だ」と述べ、事実関係をほぼ認めた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【誰が奉納して良いと言ったのか】安倍首相の真榊奉納を批判=中国 - 10月18日(水)07:14  news

 【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は17日の記者会見で、安倍晋三首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納したことについて、「われわれは日本が侵略の歴史を正視して深く反省し、実際の行動によってアジアの隣国と国際社会の信頼を得るように促す」と批判した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000066-jij-cn ...
»続きを読む
カテゴリー:

もし「日中同盟」を結んだら日本の未来はどうなってしまうのか? - 10月17日(火)20:00 

無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で政治に詳しい国際関係研究者の北野幸伯さんのもとに、読者の方から「日本が日米同盟をやめて日中同盟を結べば、尖閣諸島や沖縄の問題も解決するのでは?」との質問が寄せられました。確かに一理あるようにも思えますが…北野さんの出した回答は? 日米同盟をやめて、日中同盟にしたらどうなる? 読者のMさまから、こんなご質問をいただきました。 北野様   メールマガジンRPEを毎回興味深く読ませていただいております。RPEで、これまでは理解できなかった、安倍首相の外交面での言動の意図がよく分かるようになりました。そうした中、疑問に思ったことがあります。   安倍首相が進めている日米同盟の強化ではなく、日中関係の強化を図ったとすると日本の国際社会での立場はどのようになっていくと思われますか。もしかしたら、すでにそうした解説はしておられるのかもしれませんが、ぜひご教示いただければと思います。   すぐにではないにしろ、日中同盟のようなことになると、尖閣諸島や沖縄は中国のものだとの主張もしなくなるなど、東アジアの地政学的なリスクは今より低くなることは考えられないのでしょうか。経済的にも一帯一路の利益を得られやすくなるのではないか。   アメリカと中国を両天秤にかけるわけではないですが、トランプ大統領と比べると習主席はどうなの? もよくわかりません。よろしくお願...more
カテゴリー:

安倍首相の真榊奉納を批判=中国 - 10月17日(火)17:20 

 【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は17日の記者会見で、安倍晋三首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納したことについて、「われわれは日本が侵略の歴史を正視して深く反省し、実際の行動によってアジアの隣国と国際社会の信頼を得るように促す」と批判した。 【時事通信社】
カテゴリー:

北朝鮮、中国代表の訪朝拒絶=米紙コラムニストに明かす - 10月13日(金)20:48 

 米ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニスト、ニコラス・クリストフ氏は同紙電子版の12日のコラムで、中国外務省で北朝鮮問題を担当する孔鉉佑次官補(朝鮮半島問題特別代表)が訪朝を打診したが、拒絶されていたと明らかにした。クリストフ氏が先日訪朝した際に北朝鮮当局者が語った。 クリストフ氏によると、北朝鮮当局者は「われわれは孔氏が何を言うか知っている。だから来る必要はない」とさげすむように述べたという。 【時事通信社】
カテゴリー:

米艦隊が「航行の自由作戦」 中国は反発 10/11 21:35更新 - 10月11日(水)21:35 

アメリカ軍の艦艇が中国が領有を主張する南シナ海の人工島の近くを航行したことがわかった。「航行の自由作戦」の一環とみられる。中国外務省は11日の会見で「アメリカ側の行為は中国の法律と国際法に違反しており、断固として反対する」と述べ反発。
カテゴリー:

もっと見る

「中国外務省」の画像

もっと見る

「中国外務省」の動画

Wikipedia

中国外務省は、中国と略称される二国、中華人民共和国中華民国の、外務省に相当する外交をつかさどる機関の通称。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる