「中国商務省」とは?

関連ニュース

米・制裁措置の拡大検討、中国商務省「報復準備できている」 - 04月19日(木)21:10 

 アメリカが知的財産権の侵害を理由に中国製品への制裁措置の拡大を検討していることについて、中国商務省は「反撃の準備はできている」と徹底抗戦する構えを改めて強調しました。
カテゴリー:

中国:米コーリャン「不当廉売」 制裁を仮決定 - 04月17日(火)20:55 

 中国商務省は17日、米国産コーリャンが不当に安く輸入され国内の産業が損害を受けたとして、反ダンピング(不当廉売)措置を取る仮決定をしたと発表した。米中貿易摩擦を巡り、米国をけん制する意図があるとみられる。
カテゴリー:

「事態の進展注視」と中国、米国の通信大手への禁輸措置 - 04月17日(火)13:29 

 米国が中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対し米製品の輸出を禁止したことについて、中国商務省は17日「事態の進展を注視する。いつでも必要な措置を取れるようにし、中国企業の合法的な権益を保護する」との談話を発表した。
カテゴリー:

中国:米にクギ「外圧は受け入れない」 商務省報道官 - 04月12日(木)21:57 

 【北京・赤間清広】中国商務省の高峰報道官は12日の定例記者会見で、米国のトランプ政権が保護主義的な手法を改めない限り「中国は断固、戦う。最後まで付き合う」と強調した。中国の習近平国家主席は10日、自動車の輸入関税引き下げなど踏み込んだ市場開放策を表明。トランプ米大統領はツイッターに「感謝する」と投
カテゴリー:

米国が貿易でエスカレートした場合、ちゅうちょなく反撃=中国商務省 - 04月12日(木)12:10 

[北京 12日 ロイター] - 中国商務省は12日、米国との貿易問題がエスカレートした場合の準備は十分できており、ちゅうちょなく反撃すると警告した。さらに、習近平国家主席が表明した一部の輸入関税の引き下げは、譲歩ではないと主張した。
カテゴリー:

米国の輸入制限に中国「報復準備できている」 制裁対象拡大なら措置を打ち出すとけん制 - 04月19日(木)13:48 

 中国商務省の高峰報道官は19日の記者会見で、米国が知的財産権侵害を理由に中国製品に課す制裁措置の対象拡大を検討していることについて「既に対応の準備はできている。断固として反撃する」と述べ、米国が公表次第、報復措置を打ち出すとあらためてけん制した。
カテゴリー:

中国:「事態の進展注視」 IT大手への米製品禁輸措置 - 04月17日(火)18:42 

 米国が中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対し米製品の輸出を禁止したことについて、中国商務省は17日「事態の進展を注視する。いつでも必要な措置を取れるようにし、中国企業の合法的な権益を保護する」との談話を発表した。
カテゴリー:

【米中貿易摩擦】中国、米国が貿易摩擦を激化させればちゅうちょなく反撃=商務省 - 04月13日(金)01:20  newsplus

https://jp.reuters.com/article/china-usa-trade-fight-back-idJPKBN1HJ0AQ 2018年4月12日 / 05:11 / 8時間前更新 [北京 12日 ロイター] - 中国商務省は12日、米国との貿易問題がエスカレートした場合の準備は十分できており、ちゅうちょなく反撃すると警告した。さらに、習近平国家主席が表明した一部の輸入関税の引き下げは、譲歩ではないと主張した。 習主席は10日、ボアオ・アジアフォーラムでの演説で、中国経済の開放をさらに進め、自動車を含む一部製品の輸入関税を年内に引き下げる方針を表明。トランプ米大統領...
»続きを読む
カテゴリー:

正午のドルは106円後半、中国商務省は対米通商摩擦で強い姿勢維持 - 04月12日(木)12:27 

[東京 12日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べわずかにドル高/円安の106.87/89円。
カテゴリー:

日経平均株価は、底堅いものの上昇トレンドへの回帰 は当分先! 焦らず、4月下旬から本格化する主力企業 の決算発表を待って「買える銘柄」を見極めよう! - 成り上がり投資術 - 04月10日(火)14:55 

米株安でも、4月9日の日経平均株価は、前週末比110.74円高と非常に底堅く、強い値動きでした。4月6日のNYダウは、前日比572.46ドル安の23932.76ドルでした。トランプ米大統領が「中国への制裁関税を1000億ドル積み増すことを検討する」と発表し、中国商務省の報道官が6日、「中国は最後まで付き合う。必ず反撃する」などとする声明を発表したことに加え、ムニューシン米財務長官が6日午後、「貿易戦争になる可能性はある」と述べたことが嫌気された結果です。9日の値動きをみる限り、日本株は、外部環境の悪材料に対して鈍感になったし、下値が限定的な底堅い状況になった、そんな感じがします。海外勢の日本株売り圧力が弱まる中、新年度入りした国内機関投資家の買い圧力が勝っているのかもしれません。
カテゴリー:

もっと見る

「中国商務省」の画像

もっと見る

「中国商務省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる