「中古車」とは?

関連ニュース

【車】いすゞの乗用車、生産終了から25年 いまだ人気だった 「ベレット」「117クーペ」「ピアッツァ」 - 02月22日(木)23:19  newsplus

運送会社のトラックや路線バスなどの商用車で知られる「いすゞ自動車」。いまや世界有数のトラックメーカーだが、かつては乗用車も手がけていた。個性的なデザインで品質にもこだわった往年のいすゞ製乗用車たち。頑丈な設計と丁寧な整備でいまだ現役の中古車には、根強いファンがいるという。2月中旬に横浜市西区のパシフィコ横浜であったクラシックカーの催し「ノスタルジック2デイズ」(芸文社主催)では、会場に並んだピカピカのいすゞ車が来場者の注目を集めていた。 ■先進的ながら販売は低迷  1937年創業のいすゞは戦前...
»続きを読む
カテゴリー:

【フリマ】中古販売ガリバー 無料査定車、無断出品か 個人売買サイトに - 02月22日(木)19:47  newsplus

中古車販売大手「ガリバー」で無料査定を受けた車が無断で個人売買仲介サイト「ガリバーフリマ」に出品されているという苦情や問い合わせが、運営会社IDOM(東京)に相次いでいることが22日、分かった。同社は無断出品に該当する事例もあったとして所有者の意向の再確認を進めており、21日までに掲載が不適切と判断した約1500台分を削除した。  ガリバーでは以前から車の無料査定を実施しており、金額算出に使用するため外装や内装を撮影。一方、ガリ… 残り399文字(全文615文字) 毎日新聞2018年2月22日 中部夕刊 ht...
»続きを読む
カテゴリー:

【株式ニューカマー】中古車輸出、豪や東南アなど新興国開拓 - 02月21日(水)05:00 

□オプティマスグループ・山中信哉社長中古車輸出業のオプティマスグループは主にニュージーランド(NZ)で事業を展開し、仕入れ、整備、検査から輸送までを一貫して手掛…
カテゴリー:

藤原清志マツダ専務執行役員「マツダ車は下取り価格がとても高いから、逆に輸入車に逃げられてしまうw」 - 02月20日(火)14:35  news

“マツダ地獄”は本当に終わるのか? フェルディナント・ヤマグチ(以下F):残価設定クレジット。略して残クレ。 言わば、何年後かの下取り価格を先に決めておくようなものですよね。クルマに 人気があるほど残存価値は高くなり、残クレの価格も高くなる。しかし気前よく やり過ぎて、引き取った時点で中古車の市場価格より高くなっちゃうと、お客 さんはいいけれど自分が損を被ることになる。その塩梅が非常に難しい。 藤原清志マツダ取締役専務執行役員(以下藤):そう。その通りです。そして 今のマツダ車は、その残存価...
»続きを読む
カテゴリー:

「ついにきたか」インドの新車販売台数がドイツを抜き世界4位浮上。天下分け目の自動車産業に評論家も熱視線 - 02月16日(金)12:15 

 インドの2017年の新車販売台数がドイツを抜き世界4位に浮上。世界の自動車市場で新興国が台頭しています。  この話題を受けて、政治評論家の竹田恒泰さんが自身の「竹田恒泰チャンネル」において、同じく急速に発展した中国を引き合いに、一人っ子政策がなく急激な人口減がない点を挙げ、「中国とビジネスをやろうという視点をインドに向けるとよくなる」とコメントしました。 竹田恒泰さん。 インドの新車販売台数が世界4位に浮上 インドの自動車メーカーのマヒンドラマヒンドラXUV500。(画像はWikipediaより) 竹田: インドに関する話題です。ちょっとショックというか、ついにきたかなという感じなのですが、インドの経済は非常に伸びていると言われています。ただ、眉唾もので相当時間はかかりそうだなと前から言われているように、10年後は中国を抜くとか、そこまでは至らないんじゃないか。中には5年で抜くんじゃないかと言う方もいましたけれど。眉唾ものとは言え、やっぱりインドの経済は着実に発展している様子です。 と言いますのは、インドでの車市場、ドイツを抜いて世界4位になったということですね。1位中国、2位アメリカ、3位が日本、4位ドイツだったんですね。ところがインドがドイツを抜いて世界4位です。新車の販売台数が世界4位。こういうところを見ると、インド経済はまだまだだと言われながらも着実に経済の規模を拡大...more
カテゴリー:

いすゞ製乗用車の魅力 生産終了から25年たっても人気衰えず - 02月22日(木)19:55  news

 運送会社のトラックや路線バスなどの商用車で知られる「いすゞ自動車」。いまや世界有数のトラックメーカーだが、かつては乗用車も手がけていた。 個性的なデザインで品質にもこだわった往年のいすゞ製乗用車たち。頑丈な設計と丁寧な整備でいまだ現役の中古車には、根強いファンがいるという。 2月中旬に横浜市西区のパシフィコ横浜であったクラシックカーの催し「ノスタルジック2デイズ」(芸文社主催)では、会場に並んだピカピカのいすゞ車が 来場者の注目を集めていた。 先進的ながら販売は低迷  1937年創業のい...
»続きを読む
カテゴリー:

【旧車】いすゞの乗用車、生産終了から25年 いまだ人気だった - 02月22日(木)14:06  bizplus

リンク先に画像あり https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180221004853.html  運送会社のトラックや路線バスなどの商用車で知られる「いすゞ自動車」。いまや世界有数のトラックメーカーだが、かつては乗用車も手がけていた。個性的なデザインで品質にもこだわった往年のいすゞ製乗用車たち。頑丈な設計と丁寧な整備でいまだ現役の中古車には、根強いファンがいるという。2月中旬に横浜市西区のパシフィコ横浜であったクラシックカーの催し「ノスタルジック2デイズ」(芸文社主催)では、会場に並んだピカピカのいすゞ車が来...
»続きを読む
カテゴリー:

謎の人物「マツダ地獄なんてない、下取り高すぎ」俺「またν速の工作員か」謎「マツダ役員だけど」 - 02月20日(火)19:03  news

“マツダ地獄”は本当に終わるのか? フェルディナント・ヤマグチ(以下F):残価設定クレジット。略して残クレ。 言わば、何年後かの下取り価格を先に決めておくようなものですよね。クルマに人気があるほど残存価値は高くなり、残クレの価格も高くなる。 しかし気前よくやり過ぎて、引き取った時点で中古車の市場価格より高くなっちゃうと、お客さんはいいけれど自分が損を被ることになる。その塩梅が非常に難しい。 藤原清志マツダ取締役専務執行役員(以下藤):そう。その通りです。そして今のマツダ車は、その残存価値が日...
»続きを読む
カテゴリー:

義理チョコを渡すか決めるのは誰?自分の価値観で生きていこう<魂が燃えるビジネス> - 02月18日(日)08:32 

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第37回  先日、ゴディバが「日本は義理チョコをやめよう」という意見広告を出して話題になりました。バレンタインは純粋に気持ちを伝える日であって社内の人間関係を調整する日ではない。だから男性から「義理チョコ、無理しないで」と言ってあげてほしい。そんな内容です。  これに対しネットやメディアで賛否両論の声が上がりました。「その通り」と賛同する方がいる一方、『ブラックサンダー』で有名な有楽製菓は「日頃の感謝を伝えるきっかけとして義理チョコを応援する」とツイートしました。それぞれがそれぞれの主張と根拠を持って発言しています。  ちなみに私は義理チョコを渡すのも渡さないのも、その人次第だと思います。だからこそゴディバが「日本は」と意見を統一しようとする働きかけ方が気になりました。  義理チョコを渡す習慣は日本で生まれましたが、そもそも本命チョコを渡す習慣が日本で生まれています。もし「日本の習慣」を理由に否定するならば、義理チョコに限らず本命チョコも否定しなければなりません。しかし、広告の内容はそうではありません。つまりチョコを渡すかどうかは習慣ではなく、「渡すか渡さないか」という個人の...more
カテゴリー:

IDOM、タンザニアでライドシェア大手のウーバーと提携~中古車の流通経路の整備を行い、現地ドライバーが安心して中古車を購入できる環境構築を目指す~ - 02月16日(金)10:00 

[株式会社IDOM] [画像: https://prtimes.jp/i/20448/30/resize/d20448-30-261486-0.jpg ] ◾概要 ウーバー社が、現地のニーズに合致した車種を選定し、IDOMの抱える常時約10,000台の在庫から、購買可能な車両をドライバーに案...
カテゴリー:

もっと見る

「中古車」の画像

もっと見る

「中古車」の動画

Wikipedia

中古車(ちゅうこしゃ、 used car, a pre-owned vehicle)は、中古自動車オートバイ自転車のこと出典:デジタル大辞泉。一度所有された自動車、オートバイ、自転車などで、カーディーラー、中古車専門販売店、レンタカー会社、リース会社、オークション、または個人間で売買される。

概説

中古車は「自動車や自転車」とされ、たしかに厳密に言えば中古の自転車も含むが、この記事では自動車などを主に解説する。

中古車は基本的には、消費者ユーザー)や企業・組織によってすでに所有されたものが再び売りに出されるものを指す。所有登録だけがなされ全く使用していない車両、俗に言う「新古車」(販売店が販売数を達成するために「試乗車」などの名目で登録したものなど)も、区分上では「中古車」に分類されている。

車齢の若い車は「何年式」という場合の数字が大きいことから「高年式」と呼び、製造から年数が長く経っている古い車は「低年式」と呼ぶ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる