「中古車」とは?

関連ニュース

「こ、怖すぎ!」中古車に残された『彼女のルール』が厳しすぎて悶絶! - 08月17日(木)13:41 

中古車を購入した、ある男性。 すると、そこには元持ち主の男性が、恋人に渡されたメモ書きが残されていました。 メモ書きの内容は、ずばり『ルール』。そのあまりにも厳しい内容がTwitterに投稿されると、多くの男性が「窒息し […]
カテゴリー:

【車】やっぱり、それでも、絶対に米国中心で突き進むSUBARU(スバル) - 08月17日(木)09:33  newsplus

「今は米国を中心にブランド力を磨くことを大切にしたい」(吉永社長)   SUBARU(スバル)が主力の米国で快走を続けている。主力のスポーツ多目的車(SUV)「フォレスター」や新型主力車「インプレッサ」が好調で7月まで68カ月連続で前年の販売実績を上回っている。 ただ米国は自動車需要の減速が鮮明になり、メーカー間の販売競争はますます激しくなる。事業環境が変化する中、世界販売の6割を占める主戦場でブランド力をさらに高めていけるのか。正念場を迎えている。 スバルの米国販売会社が公表した7月の販売台...
»続きを読む
カテゴリー:

20世紀の地球にはソ連という超大国が存在してて、アメリカと最終戦争起こす寸前だったって知ってった? - 08月14日(月)16:19  news

ロシアの自動車ニュースサイト「デイリー=モーター」がソ連が開発した最良の乗用車ベスト5を発表。これらの車両は未だに現役でロシアの車道を走っている。 1位に輝いたのはオフロードカーの「ラーダ・ニーヴァ」。その昔はヴァズ2121として、そして今はラーダ4×4の名称で売られている。 外国に輸出されると「ランドローバーの共産主義版」というニックネームを得た。発売開始は1977年。今年満40歳を迎える。 日本にも輸出され、ソ連車としては唯一人気を博したレアな車両。プーチン大統領の愛車としても知られる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

豊田真由子議員はなぜキレたのか? 「自分は絶対ああならない」が生む悲劇【魂が燃えるビジネス】 - 08月14日(月)08:42 

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第11回 「この、ハゲー!」 「違うだろー!」 「生きている価値ないだろう お前とか」  秘書に対する容赦のない暴言と暴行で話題になった豊田真由子議員。「なにもそこまでキレなくても」と誰もが思うところですが、ではなぜ彼女はそうした言動を取らずにはいられなかったのでしょうか。  その理由の一つとして考えられるのが「親の影響」です。彼女の生い立ちについて、「母親がとても厳しかった」「母親の声が公開された音声とそっくりだった」という実家近所のインタビューが報道されています。  この話が本当かどうかはわかりません。しかし、私たちがしばしば親の欠点を受け継いでしまうのは確かです。虐待を受けた子供が親になった時、自分の子供を虐待するのはその典型です。  本人はそうなることを少しも望んでいません。むしろ「自分は絶対ああはならない」と決意しています。しかし皮肉にも、その決意が望まぬ結果を引き起こします。  私たちは注目しているものに近づく性質があります。クルマや自転車に乗っていて電信柱にぶつかるのは、「ぶつかる! ぶつかる!」と言いながら、電信柱から目をそらせないでいるからです。そし...more
カテゴリー:

日本の真ん中から、全国に「本」を届けるブックバス! - 08月10日(木)17:10 

1日1店舗。これは、日本で閉店している書店の数です。本屋さんがない街、というのも珍しいものではなくなってきました。そこで登場したのが、この移動式の本屋さん「ブックバス」。本好きにとっては夢のようなバスです。「古本」に新しい活躍の場を。ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販売している会社です。日夜大量の本が集まるため、インターネット上だけではさばききれないという実情がありました。そうした本を古紙にしてしまうのではなく「本を必要としている人たちの元で活躍させてあげたい」という思いから、バスによる移動販売を立ち上げようとしているのです。活動の拠点は、長野県の上田市。ここから日本各地へバスで本を直接届けよう、という試みです。インターネット上で本を買うのももちろん良いですが、たくさん並ぶ本の中から一冊を選び取る楽しみは、やはり本屋さんでなければ味わえないもの。本屋さんがどんどん減っている中でこそ、その機会を作りたいと代表の中村さんは語ります。ブックバスは、地域を回るのはもちろん、病院や保育施設に本を寄付する手立てとしても活躍する予定だとか。本が必要な人のために。中古車販売車の中から、岩手の図書館で使われていた移動図書館バスを買い取り、いよいよプロジェクトは本格始動。しかしバスを...more
カテゴリー:

【中古品販売事業者向け】LINEでの買取り査定を30%効率化する『AI Chat Supporter for Kaitori』をリリース - 08月17日(木)10:07 

[サイシード] ■中古品買取りを取り巻く現状 ブランド買取大手『なんぼや』がLINE買取りを導入したことをきっかけに、ブランド物の中古品や、中古車・バイクなどをLINEで査定・売却できる事業者様が増加しています。 店舗に足を...
カテゴリー:

「美顔ローラーで小顔」は気休めにすぎない!? 実は買ったら損している定番人気商品3選 - 08月15日(火)08:44 

 コンビニやドラックストア、ネット通販などでよく見かける有名メーカーの人気定番商品がある。世間に名が知られているからといって、必ずしもその商品の効果を裏付ける根拠にはならないし、広告の内容を鵜呑みにするわけでもないのだが、なんとなく手が伸びてしまいがちだ。  しかし、それら定番商品の中には科学的な根拠が希薄で、想像以上に効果がない商品も多く存在しているという。  そこで本記事では、人気商品の謳い文句とその実際の効果を科学的根拠や研究論文を参照したうえで紹介する『買ったら損する人気商品』の著者である鈴木祐一郎氏から、科学的根拠の乏しい人気商品を3つ選んでもらい、解説してもらった。 ◆美顔ローラーは単なるリラックス効果のみ!?  プロのフェイシャルマッサージを再現する特殊なローラーで、頬やアゴ周りをもみほぐし、肌に張りやツヤが出すという「美顔ローラー」。なかでも近年大ヒットした「ReFa」シリーズの累計販売数は500万台を超えているが、本当に宣伝どおりの美顔効果は期待できるのか? 「残念ながら現時点で美顔ローラーの効能を調べた研究は存在しませんが、『ReFa』の商品説明には、『プロの手技であるニーディング(フェイシャルマッサージの一種)を再現』と書いてあるので、フェイシャルマッサージの効果について調べた研究が参考になるでしょう」(鈴木氏)  フェイシャルマッサージの効果につ...more
カテゴリー:

ロールスやベントレーオーナーも一目置いた「三菱の高級車プラウディア(中古価格100万円)」の面白さ - 08月14日(月)08:44 

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。  何年も前から「若者のクルマ離れ」という言葉を見聞きしますが、私は18歳の頃からロールスロイスを買ったりと、「若者のクルマ離れ」にはまったく当てはまりませんでした。なぜクルマ離れにならなかったかというと、良質な中古車がたくさん安価で売られていたからです。  中古車だからこそ選べる、面白みのあるレアカーは多々あります。例えば、トヨタのWill Viやオリジン、日産のフィガロやパオやラシーンが有名どころでしょう。しかし、それらパイクカー(レトロ調などデザインが特徴的なクルマ)のように、初めから面白さを意識したクルマとは異なり、“結果的に面白いクルマとなってしまったレア車”が存在します。それが、かつて三菱が生産していた高級車「プラウディア」です。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1377575  今となっては、高級車を作るメーカーはトヨタ(レクサス)、日産、ホンダの3社に限られますが、かつては三菱やマツダも高級車をラインナップしていました。余談ですが、全長5mクラスのFセグメントにカテゴライズされる高級車は、現在レクサスLSのみです。  2000年にデボネアの後継として発売されたプラウディアは、まさにこのFセグメントの高級車。搭載するエンジンは3.5リッターV6と4.5リッターV8。こ...more
カテゴリー:

「イマドキのBMWはストレート6より4気筒のほうが気持ちよくね?」激安中古BMW同好会の結論 - 08月13日(日)08:42 

BMWといえばストレート6(直6エンジン)、ストレート6といえばBMWというのは今は昔。ダウンサイジングターボ化の波にさらされて、巷では4気筒ターボのBMWが主流に。クリーンディーゼル・ブームもあり、ストレート6の系譜に連なるBMWはもはや絶滅寸前。保守系カーマニアの担当Kとしては、そんなストレート6の行く末を案じずにはいられません。 MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi 池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu ◆激安中古BMW同好会がゆく!  実質5万円の物々交換で、BMWの名車M3を手に入れた流し撮り職人こと池之平昌信。その後のカーライフはどうなのか?  最新のBMWに試乗しながら、カーマニアの伝統である口(くち)プロレスをやってみた。 MJ:よお、M3オーナー! エリートなカーライフ送ってる? 職人:いや~、クルマがあまりにも頂点すぎて、腫れ物に触る感じです。 MJ:実質5万円でも(笑)! 職人:値段は関係ないんですよ。なにしろBMWのストレート6を積んだ世界の名車ですから。 MJ:走行16万kmでもね。となると、今までみたいに年間4万kmも乗るのはもったいないでしょ? 職人:それが悩みの種で……。 MJ:トラブルは? 職人:運転席のドアが外から開かなくなったので、助手席から...more
カテゴリー:

オートタウン犬山 中古車選びにVR技術を採用。販売中の中古車内部の状態が、パソコン、スマートフォンとVRゴーグルを使って360度正確にわかる!「VR展示場」をウェブサイトで公開。 - 08月09日(水)17:30 

[株式会社オートタウン犬山] 中古車だから、同じ車は2つと無い!実車両の内部を360度で公開 新車と中古車の大きな違いは、前オーナーがいることにより、走行距離、利用年数、装備品、使用劣化などに個体差があり、同じ車は2つとありません。...
カテゴリー:

もっと見る

「中古車」の画像

もっと見る

「中古車」の動画

Wikipedia

中古車(ちゅうこしゃ、 used car, a pre-owned vehicle)は、中古自動車オートバイ自転車のこと出典:デジタル大辞泉。一度所有された自動車、オートバイ、自転車などで、カーディーラー、中古車専門販売店、レンタカー会社、リース会社、オークション、または個人間で売買される。

概説

中古車は「自動車や自転車」とされ、たしかに厳密に言えば中古の自転車も含むが、この記事では自動車などを主に解説する。

中古車は基本的には、消費者ユーザー)や企業・組織によってすでに所有されたものが再び売りに出されるものを指す。所有登録だけがなされ全く使用していない車両、俗に言う「新古車」(販売店が販売数を達成するために「試乗車」などの名目で登録したものなど)も、区分上では「中古車」に分類されている。

車齢の若い車は「何年式」という場合の数字が大きいことから「高年式」と呼び、製造から年数が長く経っている古い車は「低年式」と呼ぶ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる