「中井貴一」とは?

関連ニュース

「花戦さ」野村萬斎、いけばなの達人4000人たちと「エイエイオー」 - 05月22日(月)15:00 

 「花戦さ」で実在の花僧・池坊専好を演じた野村萬斎が5月21日、福岡県・北九州市で行われた華道の「池坊全国大会」に参加。約4000人のいけばなの達人たちと交流した。  萬斎のほか、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市の実力派が顔をそろえ、専好(萬斎)が民を苦しめる豊臣秀吉(猿之助)に華道で戦いを挑むさまを描く。「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄がメガホンをとり、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」も手がける脚本家・森下佳子とタッグを組んだ。  萬斎は「主人公・池坊専好に関しては、残っている記録があまりないということで、脚本を元に天真爛漫(らんまん)に演じさせてもらった」と振り返り、「能に関して世阿弥が残した書物『花伝書(風姿花伝)』では、役者の舞台のありさまを花にたとえている。花には生きる力があり、美しさがあるということが、俳優にも例えられると書いてある。皆様も美しい生きる力を持っている花を扱っている方々。大ヒットに向けて、一緒に頑張りましょう」と参加者に熱く呼びかけた。締めとして、全員で「エイエイオー」と勝ちどきをあげ、会場は結束感に包まれた。  「花戦さ」は、6月3日から全国公開。 【作品情報】 ・花戦さ 【関連記事】 ・「おんな城主 直虎」脚本家・森下佳子、「花戦さ」のキーワードは“ライト”と“コミカル”! ・偉人ずらりの男性向け...more
カテゴリー:

飯島直子、ショートパンツ姿で美脚披露「無理しました」 - 05月20日(土)15:59 

 女優の飯島直子(49)が20日、都内で開催中の『WOMAN EXPO TOKYO 2017』内のトークイベントに出席した。ホットパンツ姿で美脚を披露し、会場の観客からは「細い」と驚きの声があがるなか、「無理しました」と照れ笑い。「毎朝ストレッチを1時間くらいしています」と、スタイルを保つ秘訣を明かした。 【イベント中の写真】瞳のケアについてプロの話を聞く飯島直子  飯島は、目の気になる悩みについて専門家が説明する「瞳のお悩み相談室」に登場。紫外線の目への影響が気になるといい、「私、日傘が苦手なんです。雨も降っていないのに傘をさせない。違和感というか、苦手なんです」と告白して笑わせる一幕もあった。  イベントでは、大阪大学医学部視覚先端医学寄附講座 准教授の高静花氏、ひがしはら内科眼科クリニック 副院長の東原尚代氏が同席し、ドライアイや眼精疲労の対策、老眼について説明を行った。 【関連記事】 【写真】飯島直子、一糸まとわず中井貴一と濃厚ラブシーン 【写真】ひざ上ワンピで抜群のスタイルを披露した飯島直子 ココリコ遠藤、飯島直子とラブシーン 見てほしい人は「千秋」 (13年04月04日) 飯島直子が再婚 会社経営者とクリスマス入籍 (12年12月26日) 飯島直子、猛暑の撮影で監督に殺意? 「刺してやろうかと思った」 (12年12月04日)
カテゴリー:

偉人ずらりの男性向け、凛と輝く女性向け!「花戦さ」新ビジュアル2点公開 - 05月18日(木)05:00 

野村萬斎が、実在したいけばなの名手・池坊専好に扮する「花戦さ」の新ビジュアル2点が公開された。それぞれ、男性向けと女性向けに製作されたものとなる。萬斎のほか、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、...
カテゴリー:

木村多江、板尾創路らが谷原章介主演「犯罪症候群」シーズン2に出演! - 05月17日(水)07:00 

 貫井徳郎氏による3部作の小説“症候群シリーズ”を連続ドラマ化した「東海テレビ×WOWOW 共同製作連続ドラマ 犯罪症候群」の「Season2」に、木村多江、野間口徹、手塚理美、板尾創路が出演することがわかった。  “症候群シリーズ”の「失踪症候群」「誘拐症候群」を基にした玉山鉄二主演のSeason1(フジテレビ系で放送中)と、「殺人症候群」をベースにした谷原章介主演のSeason2(6月からWOWOWで放送開始)で構成。難事件を超法規的手段を行使して解決に導く“特殊任務”を担当する元刑事・武藤隆(玉山)、武藤の親友で現役刑事の鏑木護(谷原)、特殊任務の指揮をとる冷徹な男・環敬吾(渡部篤郎)の3人を軸に、誘拐・失踪・殺人の3種類の事件を描く。  そしてSeason2では、未成年者に恋人を殺された過去を持つ鏑木の、復しゅうにとりつかれた“職業殺人者”としての裏の顔が明らかになる。復しゅうの是非、正義の意味を問いかける重厚な物語のなか、鏑木が誰から殺人依頼を受け、どのような決着を見るのか、展開に期待が高まる。  そのなかで木村は、鏑木と旧知の仲であり、同じく未成年者に恋人を殺された過去がある「少年犯罪を考える会」会員・矢吹響子役。「深い怒りと悲しみに覆われたこのドラマに、私のなかに生まれた憤り、怒りと狂気を、ぶちまけようと腹をくくりました。苦しく吐きそうな日々になるでしょう。でも...more
カテゴリー:

佐藤浩市の頭を市川猿之助が踏みつける!「花戦さ」豊臣秀吉VS千利休の衝撃画像公開 - 05月12日(金)10:00 

野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市ら名優が結集し、花僧・池坊専好(萬斎)が、親友の茶人・千利休(佐藤)を自害に追いやった豊臣秀吉(猿之助)に華道で戦いを挑む「花戦さ」の新たな...
カテゴリー:

「花戦さ」野村萬斎、いけばなの達人4000人たちと「エイエイオー」 - 05月22日(月)15:00 

「花戦さ」で実在の花僧・池坊専好を演じた野村萬斎が5月21日、福岡県・北九州市で行われた華道の「池坊全国大会」に参加。約4000人のいけばなの達人たちと交流した。萬斎のほか、市川猿之助、中井貴一...
カテゴリー:

「おんな城主 直虎」脚本家・森下佳子、「花戦さ」のキーワードはライトとコミカル! - 05月19日(金)14:00 

 テレビドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN 仁」「天皇の料理番」などで知られ、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」も手がける脚本家・森下佳子が、「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督と組んだ「花戦さ」について語った。  野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市の実力派が顔をそろえ、実在したいけばなの名手、池坊専好が民を苦しめる豊臣秀吉に華道で戦いを挑むさまを描く。萬斎が専好、猿之助が秀吉、中井が織田信長、佐々木が前田利家、佐藤が千利休にそれぞれ扮し、演技対決を繰り広げている。  今回の脚本では、史実を基にしつつも、専好のキャラクターを中心に“明るい”“ライト”“コミカル”な作品になるよう心がけたという。「専好さんは、実際はもっと完成した方だったと思いますが、本作では利休さんとの出会いの中で気づきを得て、花の力を信じ、成長していく物語にさせてもらいました。前田利家邸の大砂物(巨大な松のいけばな)の復元図を見て、こんな粋狂なものを作る人はどんな方なんだろうと考えて、常人離れしてカラっとした明るい人物を想像したんです」。  映画では、町人であっても天下人であっても分け隔てなく花を贈る専好の姿が印象的に描かれるが「“花”しか見えていない人物にしようと考えたんです。花にしか向かい合っていない人だから、相手がどんな権力者であっても、彼にと...more
カテゴリー:

偉人ずらりの男性向け、凛と輝く女性向け!「花戦さ」新ビジュアル2点公開 - 05月18日(木)05:00 

 野村萬斎が、実在したいけばなの名手・池坊専好に扮する「花戦さ」の新ビジュアル2点が公開された。それぞれ、男性向けと女性向けに製作されたものとなる。 ・「花戦さ」ポスターはこちら!  萬斎のほか、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市らが結集した本作では、花僧の専好(萬斎)が、親友の茶人・千利休(佐藤)を自害に追いやった豊臣秀吉(猿之助)に華道で戦いを挑むさまが描かれる。「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督とNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の脚本家・森下佳子がタッグを組んだ。  男性向けのポスターでは、専好、利休、秀吉のほか織田信長(中井)、前田利家(佐々木)、浄椿尼(竹下景子)といった面々がずらりと並び、青、赤、黄といった色とりどりの花々が描かれている絢爛(けんらん)豪華なデザイン。対して、女性向けのポスターでは、専好が凛と立つ姿がとらえられ、美しい百合が大胆に配置されているという落ち着いた雰囲気のものとなる。  「花戦さ」は、上記キャストに加えて高橋克実、和田正人、森川葵、山内圭哉、吉田栄作らが脇を固める。6月3日から全国公開。 【作品情報】 ・花戦さ 【関連記事】 ・「花戦さ」ポスター画像 ・佐藤浩市の頭を市川猿之助が踏みつける!「花戦さ」豊臣秀吉VS千利休の衝撃画像公開 ・野村萬斎&森川葵&佐藤浩市「花戦さ」舞台になった“...more
カテゴリー:

市川猿之助が鬼の形相で佐藤浩市の頭を踏みつける!? - 05月12日(金)10:00 

野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが共演する、6月3日(土)公開の痛快エンターテインメント映画「花戦さ」。 【写真を見る】野村萬斎ら狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演!/(C)2017「花戦さ」製作委員会 本作は、信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一の茶の湯者・千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語だ。戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描く。 そんな話題作より、このたび暴君・豊臣秀吉(市川)が鬼気迫る怒りの表情で千利休(佐藤)の頭を踏みつけるシーンカットが公開された。悪評高い黄金の茶室で、金色の袴、金色の足袋という秀吉の驕りを象徴する姿。秀吉の足元には、秀吉が好まない黒楽茶碗も確認できる。実は“色”も本作を語る上で重要な要素となる。 秀吉と利休の断絶の真相については諸説あるが、果たして、本作ではどのように描かれているのか。ただただひれ伏す利休を踏みつける秀吉の横暴ぶりが、やがて専好を一世一代の「戦さ」へ突き進ませることを予感させる。 主人公の花僧・池坊専好(萬斎)は、天下統一を目指す織田信長(中井)の前で花をいけたが、思わぬ失態が信長の怒りを買い、軽妙な機転で彼を救ったのは秀吉だった。そんな出会いから十数年。秀吉の治世の下で戦乱は収まり、専好と利休は無二の...more
カテゴリー:

佐藤浩市の頭を市川猿之助が踏みつける!「花戦さ」豊臣秀吉VS千利休の衝撃画像公開 - 05月12日(金)10:00 

 野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市ら名優が結集し、花僧・池坊専好(萬斎)が、親友の茶人・千利休(佐藤)を自害に追いやった豊臣秀吉(猿之助)に華道で戦いを挑む「花戦さ」の新たな場面写真が、公開された。 ・「花戦さ」本予告はこちら!  「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督とNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の脚本家・森下佳子が組み、上記キャストに加えて高橋克実、和田正人、森川葵、山内圭哉、吉田栄作、竹下景子らが脇を固める。おっちょこちょいながら天賦(てんぷ)の生け花の才を持つ専好のユニークな人となりや歴史に名をはせた人々との関わりを描くと共に、10人がかりで14日間かけて作り上げたという4.55メートルの巨大な松生け花ほか、色とりどりの花が画面を彩る。  このたび公開されたのは、秀吉が鬼気迫る表情で利休の頭を踏みつける重要シーンを切り取ったもの。秀吉がぜいの限りを尽くして作らせた黄金の茶室で、金色の袴(はかま)に足袋をまとった秀吉の姿が描かれる。足元には、秀吉の逆鱗(げきりん)に触れた要因の1つである黒楽茶碗も確認できる。この後の波乱の展開を予感させる1枚だ。権力に取り付かれて暴走していく秀吉を猿之助が熱演しているほか、第40回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞に輝いたことも記憶に新しい佐藤が、円熟味あふれる“静”の演技で作品...more
カテゴリー:

もっと見る

「中井貴一」の画像

もっと見る

「中井貴一」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる