「中井貴一」とは?

関連ニュース

ボイメン新曲、飯豊まりえ×武田玲奈W主演ドラマ『マジで航海~』主題歌に - 06月14日(水)12:03 

飯豊まりえと武田玲奈がダブル主演を務める、MBS/TBS系ネットの新ドラマ『マジで航海してます。』(MBSでは7月2日スタート・毎週日曜24時50分、TBSでは7月4日スタート・毎週火曜25時28分)の主題歌が、BOYS AND MENの新曲「帆を上げろ!」に決定した。本作は、航海士を目指す者が通う大学の実習船を舞台に、飯豊と武田演じる二人の新入生が「乗船実習」に参加し、厳しい訓練や想像を絶する船酔いに立ち向かいながら、仲間の男子学生と共に奮闘する日々が描かれる青春コメディ。監督は、映画『片腕マシンガール』『電人ザボーガー』、ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』の井口昇が担当。脚本は、漫画『ストレンヂフルーツ』のアサダアツシが手がける。BOYS AND MENは、2016年、シングルが3作連続オリコンデイリー1位、アルバムがオリコンウィークリー1位を獲得、年末には第58回日本レコード大賞新人賞を受賞。そして2017年には、初の武道館公演と全国47都道府県ツアーを成功させている、今注目のエンターテイメント集団だ。「帆を上げろ!」は、ヒャダインが作曲、いしわたり淳治が作詞で、ドラマのために書き下ろされた1曲。「夢は諦めなければ必ず叶う」という熱い思いを胸に、日本中の人たちの背中を押し続けてきた彼らが見せる、男気溢れるド派手なパフォーマンスにも注目だ。メンバーの水野勝は「ドラマの主題歌...more
カテゴリー:

中井貴一、現代とルネサンスを重ね「自由が必要」と訴える - 06月13日(火)17:35 

中井貴一が欧州4か国8都市を舞台に「ルネサンスとは何か」に迫っていくドキュメンタリー番組『中井貴一ヨーロッパ大紀行Ⅱ 世界を創った天才たちの素顔 ダ・ヴィンチvsミケランジェロ』(BS-TBS)が、6月13日、20日の2週にわたってそれぞれ21時より放送される。昨年放送された番組の第1弾でも、天才レオナルド・ダ・ヴィンチの謎に迫るべく、欧州を旅した中井。今回のテーマは、彫刻芸術の最高峰「ダヴィデ像」を手掛け、ダ・ヴィンチのライバルとも言われているミケランジェロ・ブオナローティと、天才の中の天才たちが競うように芸術を生み出した時代、ルネサンスだ。第1夜となる13日は、「究極のルネサンスへの誘い!芸術家たち夢の競演」と題し、今から500年前の半世紀ほどの短い期間、なぜ人類の至宝とも言える芸術が立て続けに生まれたのかを解き明かす。絵画に革命を巻き起こした「ヴィーナスの誕生」、世界一の名画「モナ・リザ」、彫刻芸術の頂点にそびえ立つ「ダヴィデ」……、天才の中の天才たちが競うように芸術を生み出した時代、“ルネサンス”とは何だったのかに迫る。15泊17日で欧州をめぐった中井は「イタリアに行ったというと、良いなと必ず言われるけど、そんなロケではなかったです(笑)。ものすごく大変でした」と苦笑。「毎朝5時に起きて、なるべく人のいない時間帯を狙い動く。滅多にカメラが入れないところに入れて頂きました」と...more
カテゴリー:

真田広之、撮影で4時間吊られ「流石にキツイ」 - 06月12日(月)21:17 

 俳優の真田広之(56)が12日、都内で行われた映画『ライフ』(7月8日公開)のプレミア試写会に出席した。 【写真】ダンディなスーツ姿の真田広之  同作は、火星で発見された未知なる生命体を調査している宇宙飛行士6人が、無重力の宇宙船内で直面する恐怖と死闘を描いたSFホラー映画。真田はたった6人しかいない宇宙飛行士の一人、ショウ・ムラカミを演じている。  ハリウッドを拠点に活躍を続ける真田が、日本に帰国して公の場に姿をあらわすのは久しぶりとあり、観客の大きな拍手で迎えられると「きょうは日本の皆さんに初めてこの作品を見ていただけるということで、6人の宇宙飛行士を代表してやってきました」とあいさつ。  「あしたにでも起こりうるような現実味のある話をストレートに描いていて、そういった題材の作品に一人の俳優として参加できて光栄でした」としみじみ語り、リアリティーあふれる国際宇宙ステーションのセットについては「生活空間も含めて、実際の国際宇宙ステーションをすべて再現しました。宇宙ものなのに合成用のグリーンスクリーンがなく、360度どこを見渡しても実際にそのものがあるという贅沢な空間でした」と舞台裏を明かした。  また、無重力(=宙に浮いた状態)の撮影を振り返り「衣装の中にハーネスを仕込んでのワイヤーアクションでした。最長で4時間もハーネスに吊られっぱなしのときは流石にキツイなと思いま...more
カテゴリー:

【映画】野村萬斎、豪華共演シーンは「ロイヤルストレートフラッシュみたい」 - 06月04日(日)05:30 

6/3(土) 18:44  狂言師、野村萬斎(51)が3日、東京都内で行われた主演映画「花戦さ」(篠原哲雄監督)の初日舞台あいさつに出席した。  豊臣秀吉(市川猿之助、41)に刀ではなく花で戦いを挑んだ大胆不敵な花僧、池坊専好(野村)の物語。冒頭で専好、秀吉、織田信長(中井貴一、55)、前田利家(佐々木蔵之介、49)、千利休(佐藤浩市、56)の5人による豪華共演シーンがあり、萬斎は「ロイヤルストレートフラッシュみたい」とポーカーの最強の役で表現。中井は「異種格闘技戦」と実力派がそろった共演を振り返った。...
»続きを読む
カテゴリー:

ボイメン新曲、飯豊まりえ×武田玲奈W主演ドラマ『マジで航海~』主題歌に - 06月14日(水)12:00 

飯豊まりえと武田玲奈がダブル主演を務める、MBS/TBS系ネットの新ドラマ『マジで航海してます。』(MBSでは7月2日スタート・毎週日曜24時50分、TBSでは7月4日スタート・毎週火曜25時28分)の主題歌が、BOYS AND MENの新曲「帆を上げろ!」に決定した。本作は、航海士を目指す者が通う大学の実習船を舞台に、飯豊と武田演じる二人の新入生が「乗船実習」に参加し、厳しい訓練や想像を絶する船酔いに立ち向かいながら、仲間の男子学生と共に奮闘する日々が描かれる青春コメディ。監督は、映画『片腕マシンガール』『電人ザボーガー』、ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』の井口昇が担当。脚本は、漫画『ストレンヂフルーツ』のアサダアツシが手がける。BOYS AND MENは、2016年、シングルが3作連続オリコンデイリー1位、アルバムがオリコンウィークリー1位を獲得、年末には第58回日本レコード大賞新人賞を受賞。そして2017年には、初の武道館公演と全国47都道府県ツアーを成功させている、今注目のエンターテイメント集団だ。「帆を上げろ!」は、ヒャダインが作曲、いしわたり淳治が作詞で、ドラマのために書き下ろされた1曲。「夢は諦めなければ必ず叶う」という熱い思いを胸に、日本中の人たちの背中を押し続けてきた彼らが見せる、男気溢れるド派手なパフォーマンスにも注目だ。メンバーの水野勝は「ドラマの主題歌...more
カテゴリー:

中井貴一、現代とルネサンスを重ね「自由が必要」と訴える - 06月13日(火)17:00 

中井貴一が欧州4か国8都市を舞台に「ルネサンスとは何か」に迫っていくドキュメンタリー番組『中井貴一ヨーロッパ大紀行Ⅱ 世界を創った天才たちの素顔 ダ・ヴィンチvsミケランジェロ』(BS-TBS)が、6月13日、20日の2週にわたってそれぞれ21時より放送される。昨年放送された番組の第1弾でも、天才レオナルド・ダ・ヴィンチの謎に迫るべく、欧州を旅した中井。今回のテーマは、彫刻芸術の最高峰「ダヴィデ像」を手掛け、ダ・ヴィンチのライバルとも言われているミケランジェロ・ブオナローティと、天才の中の天才たちが競うように芸術を生み出した時代、ルネサンスだ。第1夜となる13日は、「究極のルネサンスへの誘い!芸術家たち夢の競演」と題し、今から500年前の半世紀ほどの短い期間、なぜ人類の至宝とも言える芸術が立て続けに生まれたのかを解き明かす。絵画に革命を巻き起こした「ヴィーナスの誕生」、世界一の名画「モナ・リザ」、彫刻芸術の頂点にそびえ立つ「ダヴィデ」……、天才の中の天才たちが競うように芸術を生み出した時代、“ルネサンス”とは何だったのかに迫る。15泊17日で欧州をめぐった中井は「イタリアに行ったというと、良いなと必ず言われるけど、そんなロケではなかったです(笑)。ものすごく大変でした」と苦笑。「毎朝5時に起きて、なるべく人のいない時間帯を狙い動く。滅多にカメラが入れないところに入れて頂きました」と...more
カテゴリー:

内山理名、映画でシングルマザー役「人間くささを出していきたい」 - 06月09日(金)12:32 

 女優の内山理名が9日、都内で行われた映画『single mom 優しい家族。』(2018年5月公開)製作発表会に出席。同作でシングルマザー役に挑む内山は「台本を読んだときに同じ女性として胸が苦しくなった。苦しんでいる女性を演じることによって、少しでも支えになったら」と意気込んだ。 【写真】木村祐一、長谷川葉音らも出席した発表会  脚本・監督を務めるのは、マツモトキヨシ創業家で元衆議院議員、劇団マツモトカズミの松本和巳氏。シングルマザーの実態を題材にした作品。北海道・ニセコ町でオールロケを敢行し、主演の内山のほか、木村祐一、長谷川葉音らが出演する。  別れた夫との間に生まれた11歳の娘を育てる主人公を演じた内山は、「私自身シングルマザーではないけれど、気持ちはわからなくないって言い切れる。初めての挑戦になると思うけれど、人間くささを出していきたい」とコメント。主人公たちと触れ合う、発達障害のミニカー職人役の木村は「内山さんが大変だと思います」と気遣い、「顔合わせのときに監督から3時間作品について説明されたのですが、上映時間は90分くらいなので倍です。熱意が伝わってきた」と話していた。 【関連記事】 【写真】内山理名が“30代の肩出し花嫁衣裳姿”を初公開! 内山理名&市川由衣、カナダロケ中の“混浴ナンパ”に苦笑 (12年02月27日) 内山理名、“20代最後”の舞台でお色気...more
カテゴリー:

「中井貴一」の画像

もっと見る

「中井貴一」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる