「中井孝治」とは?

関連ニュース

葛西紀明、悔しさ胸に団体戦へ「最後まで諦めず頑張ります」 - 02月19日(月)11:44 

平昌オリンピックに出場中のスキージャンプ選手、葛西紀明が18日、自身のアメブロを更新。17 日に行われた、ノルディックスキー・ジャンプ男子の個人ラージヒルを終えた胸の内をつづった。 ノルディックスキー・ジャンプでは、2回のジャンプの合計ポイントによって勝敗が決まる。葛西は1回目のジャンプで33位に終わり、上位30人による2回目へは進めなかった。そのほかの日本勢は小林陵侑が10位、竹内択が22位、小林潤志郎が24位。ソチ五輪個人2冠のカミル・ストッフ(ポーランド)が連覇を果たした。 葛西は「昨日のラージヒル個人戦は2本目に進めずという最悪な成績でした」と報告。「沢山の方に応援され、期待もしていたのに応えられず残念でなりません」と苦しい胸の内をつづった。 試合時のコンディションについて「寒過ぎず、風も強くなくて良い条件でした」と振り返るも、「変な風が右のスキーの表面に当たり失速してしまいました」「今回の平昌オリンピックは運が悪かったな〜」と悔しさをにじませた。 しかし続けて、「この悔しさをまずは今日の団体戦の選考会のジャンプと、選ばれれば明日の団体戦にぶつけたいと思います!」と前向きにつづり、「最後まで諦めず頑張りますので、最後まで応援よろしくお願いします!!」と呼びかけた。 同日の選考会で団体戦の出場権を手にした葛西に、「風に泣かされ…本当に悔しいと思います。けど…まだ団体...more
カテゴリー:

ショーンのためのドラマ、平野しかできぬ演技 中井孝治 - 02月14日(水)22:40 

■中井孝治の目(14日、平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプ) まさに「世界最高峰」の名にふさわしい試合だった。今まで私が見てきたなかで1番レベルが高く、みんなかっこよかった。 平野歩夢(木下グループ…
カテゴリー:

スノボ解説、「かっこいい」連呼はやむを得ず? 背景に「印象」重視の採点基準 - 02月14日(水)14:27 

連日、選手たちが熱戦を繰り広げる平昌冬季五輪。そんな中、解説に引っ張りだこのプロスノーボーダー・中井孝治さん(33)に注目が集まっている。
カテゴリー:

平昌五輪スノボ解説が話題の中井孝治「余計なことは話さない方がいい」 - 02月14日(水)11:50 

平昌オリンピックのスノーボード競技で解説を務めているプロスノーボーダーの中井孝治が12日に自身のアメブロを更新。自身の解説が世間で注目されていることに言及した。 中井自身も元日本代表選手で、2002年のソルトレイクオリンピックでは日本人最高の5位入賞を果たした。その後2003年にはワールドカップで初優勝、2006年のトリノオリンピックでは14位という成績を収めている。平昌オリンピックの解説では「スタイリッシュ」「おしゃれ」「渋い」など、独特な表現に世間から注目が集まっている。 ブログの冒頭で、スノーボード女子のスロープスタイルとハーフパイプ予選を振り返った中井。「選手は風が強い中、できることを精一杯頑張って自分の力を出していましたが、正直こんなコンディションでやるなんて、、と思いました」と正直な気持ちを吐露するも、「ですが、何を言ってももう終わってしまったことなので、残りの種目に集中して少しでもいいコンディションの中、いい滑りをしてくれたらと思います」と選手にエールを送った。 自身の解説が注目されていることについて「僕の下手くそな解説でいろいろと反応してくれている人がいます。ありがとうございます」と感謝を述べ、「僕自身、自分は解説に向いていないと思ってやっています」とコメント。「ですが技名はスノーボードをそんなにやらない人よりかはわかっているので、自分より詳しくない人がやるく...more
カテゴリー:

15歳の頃の平野歩夢と2ショット「本当に手に汗握りました」 - 02月15日(木)17:01 

フリーキャスターの伊藤聡子が15日、自身のアメブロを更新。同じ新潟県出身で平昌オリンピック・スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢を祝福した 伊藤は「世界最高のしびれる戦いといえば、スノーボードハーフパイプの平野歩夢選手とショーン・ホワイト選手の戦い!!」と興奮気味で、「も〜、こんなすごいことが人間にできるのかという超ハイレベルな戦いで、本当に手に汗握りました」と試合をみた感想を述べた。 自身が出演しているTBS系の生放送番組『ひるおび!』のスタジオに4年前のソチオリンピックの後来てくれたそうで、「同じ新潟出身ということもあり、一緒に写真を撮ってもらったんです」と、当時15歳だった平野との2ショット写真を公開。 「15歳だった少年が、4年をかけて技術もメンタルも驚くほど進化させてこの日を迎えたことが、今日の中継の画面から伝わって来ました」としみじみと振り返り、「あの演技をオリンピックの舞台で果敢に挑戦して決めてみせたことに鳥肌が立ちましたし、アスリートとして、もはやスゴい域に達している感じがしました」と平野の勇姿に感動したことを明かした。 続けて「同時に、ショーン・ホワイト選手の凄さにも感服したわけですが、正直、技術の差はほとんどなかったと思います」と王者ショーン・ホワイトと互角に戦った平野を褒め、「順番とアピール力の点で、百戦錬磨のショーンの方が少し上回...more
カテゴリー:

スノボ日本代表の藤森由香、9位に終わった試合を振り返る「この風でやるのはかなり無理がある」 - 02月14日(水)17:25 

スノーボード選手の自身の藤森由香が12日、自身のアメブロを更新。9位に終わった平昌オリンピック・スノーボード女子スロープスタイルの試合を振り返った。 ブログで「オリンピック、9位でした!」と結果をつづった藤森。すぐに「正直この風でやるのはかなり無理があるなというコンディションでした」と悪天候の中での試合だったとつづるも、「ですが、やはりメダリスト達は風も止める幸運に恵まれ素晴らしい滑りで大会を終えました」とメダリストへ賛辞の言葉を送った。 女子スロープスタイルは11日に行われる予定の予選が強風のために中止となり、全選手が決勝に進出。演技回数は通常の3回から2回に減って争われた。強風の影響を受けた今大会に「悔しさは多少ありますが(最後のジャンプでの自分の下手さ)、この難しいコンディションの中で怪我もなく、さいごまで私の滑りを皆さんにみてもらえたことがとても幸せに思えました。」と無事に終えたことに安堵し、「沢山の方に応援してもらえ、幸せです!!」と感謝を述べた。 また、オリンピックでの写真も多数公開し、「今回の大会は緊張してがちがちとかはなく、わりとリラックスして臨めました。でも終わったときのあの開放感は気持ちよかった」と平昌オリンピックを終えた感想をつづった。 藤森は14日にもブログを更新。「昨日と今日でハーフパイプの決勝でした。平野歩夢君が銀メダルを獲得しました!おめでとう...more
カテゴリー:

【平昌五輪】スノボハーフパイプ解説に「チキンサラダ」と「ローストビーフ」登場 「なんの話?」「美味しそう」トレンド入りの反響 - 02月14日(水)14:21  mnewsplus

https://mdpr.jp/news/detail/1746632 2018.02.14 13:44 平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、日本の平野歩夢(19)がソチ五輪に続く2大会連続で銀メダルを獲得。 メダル獲得に沸く一方で、解説に登場した「チキンサラダ」「ローストビーフ」が話題を呼んでいる。 最終的に銅メダルを獲得したオーストラリアのスコッティ・ジェームスの試技中、実況アナウンサーが「ローストビーフでしょうか」とコメント。 解説の中井孝治氏が「『チキンサラダかもしれませんね」と控えめに訂正する場面があった。 どち...
»続きを読む
カテゴリー:

「かっこいい」連発、新感覚すぎるスノボ解説の力 - 02月13日(火)13:00 

 平昌五輪スノーボード男子スロープスタイルの中継で、独特な表現がネット上で“新感覚”と話題を集めた中井孝治さん(33=元ハーフパイプ日本代表)の解説です。冷静、的確な内容とのセットで「分かりやすい」「面白い」と評判でしたが、私も大いには…
カテゴリー:

「中井孝治」の画像

もっと見る

「中井孝治」の動画

Wikipedia

中井 孝治(なかい たかはる、1984年3月10日 - )は、北海道倶知安町出身の男性スノーボード選手。 2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックのスノーボードハーフパイプ日本代表。ソルトレイクシティでは5位に入賞した。

ソチオリンピックでは解説者も務めた。

プロフィール

小学6年生からスノーボードを始める。青森山田高等学校2年時にプロ資格を取得してプロに転向、同3年時に17歳でオリンピック代表となった。青森大学在学中。

主な成績
  • 2002年ソルトレイクシティオリンピックハーフパイプ5位入賞。
  • 2003年12月13日、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる