「世界選手権男子」とは?

関連ニュース

荒井が最優秀選手=9秒台の桐生は特別賞-日本陸連 - 12月06日(水)23:13 

 日本陸連は6日、今年度の表彰選手を発表し、最優秀選手賞に当たる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には世界選手権男子50キロ競歩で銀メダルを獲得した荒井広宙(自衛隊)が選ばれた。男子100メートルで日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98の日本記録を樹立した桐生祥秀(東洋大)には特別賞が贈られる。19日に東京都内で表彰式を行う。 優秀選手賞には、世界選手権男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した多田修平(関学大)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生、藤光謙司(ゼンリン)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の5人と、同大会男子200メートルで史上最年少の18歳5カ月で決勝に進み、7位に入ったサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が選ばれた。 [時事通信社]
カテゴリー:

阿部詩「アピールする大会」=2日からGS東京-柔道 - 12月01日(金)18:13 

 柔道の国際大会、グランドスラム東京(2~3日、東京体育館)に出場する女子日本代表が1日、東京都文京区の講道館で強化合宿を公開し、乱取りなどで直前調整した。激しい争いが予想されるのが52キロ級。今夏の世界選手権金メダルの志々目愛、銀の角田夏実(ともに了徳寺学園職)に、成長著しい17歳の阿部詩(兵庫・夙川学院高)が挑む。順当なら準々決勝で志々目と阿部が当たり、勝者が準決勝で角田と対戦する。 阿部は世界選手権男子66キロ級を制した一二三(日体大)の妹。練習後に東京都内で行われた記者会見に出席し、「52キロ級に自分がいるとアピールする大会になる。自分の柔道を出し切れば勝てる」と自信を示した。 女子78キロ超級に臨む朝比奈沙羅(東海大)は「先月の世界無差別級選手権で優勝したので、覚悟と誇りを持って戦いたい」と意気込みを語った。 [時事通信社]
カテゴリー:

「世界選手権男子」の画像

もっと見る

「世界選手権男子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる