「世界選手権」とは?

関連ニュース

ユニバーシアード:多田「最低でも10秒0台」 台湾へ - 08月20日(日)12:02 

 陸上の世界選手権男子400メートルリレーで日本の銅メダル獲得に貢献した多田修平(関学大)が20日、ユニバーシアード夏季大会が行われる台湾へ出発前の成田空港で取材に応じ「最低でも10秒0台を狙って、1位を目指して頑張りたい」と100メートルでの目標を掲げた。
カテゴリー:

<東北総体>紫村(福島・東邦銀)貫禄の連覇 女子100障害 - 08月20日(日)09:33 

東北総体主会期第2日は19日、秋田県内で23競技があり、陸上の女子100メートル障害は、今月の世界選手権に出場した紫村仁美(福島・東邦銀行)が2連覇を果たした。男子三段跳びは去石匡樹(岩手・北上GAC
カテゴリー:

【陸上】男子100m世界王者のジャスティン・ガトリン(35)、サニブラウン(18)にエール 「9秒8台も出せるだろう」 - 08月20日(日)00:21  mnewsplus

 陸上の世界選手権(ロンドン)男子100メートルで12年ぶりに優勝したジャスティン・ガトリン(35)=米国=が19日、 NHKスペシャル「9秒台へのカウントダウン 密着 日本男子スプリンター」にVTR出演。 準決勝敗退に終わったサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=にエールを送った。  「9秒9、いや9秒8台も出せるだろう。自分を信じ続けることができるかが飛躍の鍵となる。 記録のことは心配しなくても、いずれ結果は出るだろう」  準決勝2組で10秒28の7着に終わり、日本人初の9秒台突入は...
»続きを読む
カテゴリー:

浅田真央の“巨乳化”が話題になっている。業界内ではヌード依頼殺到のお祭り騒ぎだ。 - 08月19日(土)18:43  news

浅田真央(26)がついにお目覚め! やはり血筋は争えないのか、姉の浅田舞(29)のB90・W62・H88のGカップの爆乳ボディーに近づいた。  元フィギュアスケート選手の浅田真央の“巨乳化”が話題になっている。突然のボリュームアップに、業界内ではヌード依頼殺到のお祭り騒ぎだ。  「7月29日、大阪市中央体育館で開幕したアイスショー『THE ICE』で真央は現役引退後、初となる演技を披露したのですが、その豊満なボディーに取材記者一同、驚きを隠せませんでした。この日の彼女は、肩を大きく露出した白の衣装で滑ったのですが、胸のV...
»続きを読む
カテゴリー:

日本は黒星発進=U23バレー男子 - 08月19日(土)12:35 

 バレーボール男子のU23(23歳未満)世界選手権は18日、カイロで開幕し、1次リーグA組の日本は地元エジプトに3-4で競り負け、黒星スタートとなった。 大会には12チームが出場。A、Bの2組に分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各組上位2チームが準決勝に進む。 [時事通信社]
カテゴリー:

【テレビ】張本氏、後輩励ます競歩・荒井にあっぱれ! 感動「こんな民族いますか」 - 08月20日(日)11:29  mnewsplus

 野球解説者の張本勲氏が20日、レギュラー出演しているTBS系「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで、陸上世界選手権の男子50キロ競歩で銀メダルを獲得した荒井広宙(自衛隊)の、同じ日本代表として銅メダルを獲得した小林快(ビックカメラ)を激励する姿に「あっぱれ!」をつけた。  テレビで競技を見届けていたという張本氏は「テレビ見ながら胸がつまったよ。2位の荒井が3位の小林を激励してたんですよ。こんな民族いますか。(通常なら)親だろうが兄弟だろうが自分の順位が大事だからね。この光景はとても良かっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【陸上】 モデル級美女アスリートに目移りした世界陸上選手権 - 08月20日(日)08:58  mnewsplus

 ロンドンで8月13日まで開催された陸上の世界選手権。今大会限りで引退する“伝説”ウサイン・ボルト(30、ジャマイカ)が男子100メートルで3位に敗れ、現役最後となった男子400メートルリレーでは左太ももを痛めて途中棄権と悲劇的な最後の舞台となった。その一方で、フィールドではモデル級の美女アスリートが疾駆し、跳び、躍動し、熱い視線を浴びていた。  女子100メートル障害で、日本選手として初めて準決勝に進出した木村文子(29)。168センチ、53キロのスレンダーの容姿は、以前からインターネット上で...
»続きを読む
カテゴリー:

山県は10秒17=予選は追い風参考10秒08-陸上男子100 - 08月19日(土)19:26 

 陸上の中国五県対抗選手権は19日、鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートルにオープン参加した山県亮太(セイコー)は決勝で10秒17(追い風0.9メートル)を記録し、トップでゴールした。予選は追い風2.4メートルの参考記録ながら10秒08だった。 昨年のリオデジャネイロ五輪男子400メートルリレーの銀メダリストが復活の兆しを見せた。予選、決勝ともに得意のスタートで抜け出し、後半も力強い走り。10秒39で6位に終わった日本選手権から体重は4キロ増え、「久しぶりに(10秒)0台で走れた。スピードを体が思い出してくれた」と手応えを語った。 今年は春先に右足首を故障。代表入りを逃した世界選手権の400メートルリレーで日本は銅メダルに輝き、「そこに自分がいない悔しさがある」。次戦、9月の全日本実業団対抗選手権に向けて「日本選手権のリベンジを果たしたい」と闘志を奮い立たせた。 [時事通信社]
カテゴリー:

佐藤が大会新で2冠=高校総体 - 08月19日(土)17:43 

 全国高校総合体育大会第23日は19日、セントラルスポーツ宮城G21プールなどで行われ、競泳女子800メートル自由形は佐藤千夏(埼玉・埼玉栄)が8分36秒10の大会新記録で優勝した。佐藤は400メートル自由形との2冠。同200メートル背泳ぎは白井璃緒(兵庫・宝塚東)が2分11秒66で勝ち、2年連続で100メートルとの背泳ぎ2冠を達成した。 同400メートル個人メドレーは牧野紘子(東京・東大中教校)が200メートルバタフライに続いて制した。男子400メートル個人メドレーは大武誠之(東京・芝浦工大付)が優勝。 飛び込みの女子板飛び込みは、世界選手権高飛び込み7位の板橋美波(兵庫・甲子園学院)が圧勝した。 [時事通信社]
カテゴリー:

サニブラウンが世界陸上で開けた風穴――100m9秒台も200m19秒台も壁ではない! - 08月19日(土)06:00 

18歳のサニブラウン・ハキームは、ロンドンで開催された世界選手権でアッサリと世界と戦える手応えを得たようだが、個人の5レースを終え、彼はこう話した。 「100mは今大会のレベルでは通用していたと思うし、200mも最初の100mはほとんどトップの位置で通過した。そこからラスト100mをドンドン伸びていく選手に食らいついていけるような練習をやっていけたらいいなと思います」 サニブラウンが世界に衝撃を与えたのは、大会初日の男子100m予選。小さなミスが命取りになるため誰もがナーバスになる種目だけに、緊張しても当然だったが、予選で世界歴代2位の9秒69の記録を持つヨハン・ブレイク(ジャマイカ)に0秒08先着。向かい風0.6mで、10秒05の自己タイ記録で1位通過を果たしたのだ。 「ちょっと寒くて心配したけど、緊張しないので大丈夫かなと思っていました」と言って笑顔を見せたサニブラウンは、翌日の準決勝で再びブレイクと同走。だが、今度はスタートして3、4歩目で大きくつまずいて失速。10秒28で7位という結果に終わった。 1位になったブレイクは向かい風0.2mの条件で10秒04。サニブラウンが普通に走っていれば決勝進出できる可能性が高かっただけに悔やまれるミスだった。 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「世界選手権」の画像

もっと見る

「世界選手権」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT世界選手権大会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる