「世界観」とは?

関連ニュース

大林宣彦監督が幻の脚本を映画化した「花筐」12月16日公開!予告編&ポスターも入手 - 08月18日(金)06:00 

 大林宣彦監督が作家・檀一雄の純文学作品を映画化する「花筐 HANAGATAMI」が、12月16日に公開されることが決定。あわせて、大林監督の娘婿でもある漫画家・森泉岳土がイラストを手がけたポスタービジュアルと予告編を、映画.comが入手した。 ・【動画】「花筐 HANAGATAMI」予告編  本作は、大林監督の商業映画デビュー作「HOUSE ハウス」(1977)より以前に書き上げられていた幻の脚本を、40年の時を経て映画化するもの。“尾道三部作”をはじめ、「この空の花 長岡花火物語」(2011)、「野のなななのか」(14)といった“古里映画”を撮り続けてきた大林監督が新たな物語の舞台に選んだのは、佐賀県唐津市。絢爛豪華な“ヤマ”と呼ばれる巨大な山車を曳き回す同所の祭「唐津くんち」が映画史上初の全面協力を行っており、戦争の時代に生きた若者たちを主軸に、心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で描いている。  物語の主人公・榊山俊彦に扮したのは、大林映画常連の窪塚俊介。俊彦が憧れを抱く並外れた魅力を有する美少年・鵜飼役を満島真之介、病に苦しむヒロイン・美那を若手女優の矢作穂香が演じ、長塚圭史、柄本時生、山崎紘菜、門脇麦、常盤貴子ら個性あふれる実力派キャストが結集している。  お披露目されたポスタービジュアルは、窪塚らキャスト8人をメインに「唐津くんち」の曳山が描...more
カテゴリー:

次期朝ドラ『わろてんか』主題歌に松たか子 - 08月17日(木)19:45 

松たか子が10月2日(月)より放送されるNHK連続テレビ小説『わろてんか』に新曲「明日はどこから」を描き下ろし、主題歌を担当することが決定した。 松は「『わろてんか』の主題歌を担当させていただくこと、とても嬉しく思っております。長丁場の撮影にのぞむ皆さんに寄り添う気持ちで、曲を書きました。ドラマをご覧になる視聴者の方々にも気に入っていただければ幸いです。今日が明日につながっていく、ささやかな私なりの応援歌です。どうぞよろしくお願い致します」とコメント。 ヒロイン・藤岡てん役の葵わかなは「『笑い』や愛がテーマのこのドラマを優しく温かく包んでくれる、そんな曲です。お話がどんなに楽しくても、悲しくても、皆さんの目覚めが良くても、悪くても(笑)必ず始まりにこの曲が流れて、松さんの優しい声が聴こえて“ああ、『わろてんか』が始まる”“今日が始まる”と思って頂ける朝を想像すると、とても素敵で、今から楽しみです!」とコメント、チーフ・プロデューサーの後藤高久は「朝ドラ主題歌は毎朝聴くので、胃もたれしそうな楽曲はダメ。でも半年間151回も聴くので、毎回何か発見がある深~い歌詞や飽きのこないメロディーが必要。さらに老若男女に好かれる歌い手のキャラまで求められるので、これまで朝ドラ制作者たちが“そんな都合のええ歌があるかい!”と頭を悩ませてきました。しかし、今回は一切の心配も不安もありませんでし...more
カテゴリー:

桜井ユキ&高橋一生、近づく唇『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』場面写真が到着 - 08月17日(木)18:00 

 10月公開の二宮健監督による映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の場面写真が解禁された。主演の桜井ユキと高橋一生が、互いの唇を見つめ合い顔を限りなく近づけるシーンなど、全5カットが公開されている。【関連】『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』場面写真 本作は、二宮監督が2014年に発表した『眠れる美女の限界』をベースにセルフリメイクしたヒューマンドラマ。29歳の売れない女優・アキ(桜井)は上京したのち、ふと立ち寄ったバーでサーカス団を営むカイト(高橋)に出会う。やがてサーカス団の助手として過ごしていたアキは、催眠状態を演じるうち精神を摩耗し、現実と妄想の狭間で生きるようになり…。 今回、解禁された場面写真では、やがて恋人同士となるアキとカイトがキス寸前の状態で互いの顔を寄せ合う衝撃的なシーンをはじめ、サーカス団の一員として目隠しをしながら鋭いまなざしを向けるアキや、ポールのそばで呆然と物思いにふけるかのような表情をみせるカイトの姿など、“挑発的で衝撃的”と謳う本作の世界観が伝わるような内容が公開されている。 尚、本作のキャスティングにあたり、二宮監督は主演・桜井について「華やかでパワフルな新しいオリア・アキを創り上げてくれると確信しました」とコメン...more
カテゴリー:

【舞台】ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」 - 08月17日(木)17:52  mnewsplus

ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」 2017年8月17日 15:29 http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/17/kiji/20170817s00041000192000c.html 舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表に臨んだ(左から)松任谷正隆氏、斎藤洋介、寺脇康文、松任谷由実、宮澤佐江、六平直政 Photo By スポニチ  シンガーソングライターの松任谷由実(63)が主演し、歌と芝居が融合する舞台「朝陽の中で微笑んで」(11月27日~12月20日、東京・帝国劇場)の製作発表が17日、都内で行...
»続きを読む
カテゴリー:

LiSA×UNISON SQUARE GARDEN田淵 今さら聞けない曲作りの話 - 08月17日(木)17:00 

LiSAと、楽曲を提供しているUNISON SQUARE GARDENの田淵智也との対談が実現! 8月16日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、22時台と23時台にそれぞれレギュラー出演している二人がお互いのコーナーに登場。今回はその中から「LiSA LOCKS!」でのトークをピックアップしてお届けします。 ――LiSA×田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN) LiSA「田淵さんには、デビューミニアルバムの頃からたくさん楽曲提供をしていただいてます。私の曲の一覧を見ると、3分の1、先輩の曲だもんね」 田淵「いやいやとんでもないですよ」 LiSA「楽曲提供の前から、デビュー前のライブにも観に来てくれて」 田淵「“Girls Dead Monster”ですね。アニメの中のバンドのボーカル、歌うだけの役をLiSAちゃんがやってたんだけど、そのライブに一度行かせてもらいましたね」 LiSA「あれが2010年だから、もう7年前。今年だけでもシングル『Catch the Moment』の作曲、アルバム『LiTTLE DEViL PARADE』から『Brave Freak Out』の作詞、『そしてパレードは続く』の詞曲、新曲『だってアタシのヒーロー。』のカップリング『Sailor Spark Operation!』の作詞と、色々とお世話にな...more
カテゴリー:

アタシが、雑誌『髪とアタシ』をレジに持っていった理由 - 08月17日(木)21:10 

私が最初に出会った「アタシ社」の本は、『髪とアタシ』でした。美容雑誌なのに、なぜ渋谷・青山エリアではなく離島の美容室!?美容雑誌なのに、リーゼントに角刈り!?と疑問がわき、思わず『髪とアタシ』を手にレジへと向かっていました。『髪とアタシ』第四刊の特集「BAD HAIR」より(画像提供:アタシ社)『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではありません。髪に関するあらゆる事柄をカルチャーとして切り取っていく美容文藝誌です。編集長のミネシンゴさんは、美容業界で美容師・編集者・Hot Pepper Beautyの広告営業を経験されたという、ちょっと変わった経歴の持ち主。そんなミネさんに、これまでの仕事について、雑誌について、お話を伺ってきました。知られざる「美容師たち」東京・神奈川で計4年間美容師をしてきたミネシンゴさんですが、椎間板ヘルニアをきっかけに辞めることになります。同じ美容業界で、美容専門出版社「髪書房」で編集職を勤めた後、リクルートでHot Pepper Beautyの営業職へと転職。営業でたくさんの美容師と出会うなかで、ミネさんはあるジレンマを抱えるようになります。「美容業界誌で取り上げられるのは、東京の美容室ばかり。もちろん業界誌は美容師向けの雑誌ではあるんですが、そこ...more
カテゴリー:

世界観客動員数700万人突破した「DRUM TAO」が久留米にやって来る!! - 08月17日(木)18:00 

世界23か国、500都市、観客動員数700万人を魅了してきた「DRUM TAO」。2017年の新作舞台「ドラムロック 疾風」の公演が9月13日(水)、久留米シティプラザ(久留米市六ツ門町)で開催される。 【写真を見る】今回の公演は、日本の伝統芸術と最先端のエンターテイメントを融合させたもので、日本の“カッコ良さ”を世界へ届ける 同公演は、日本の伝統芸術と最先端のエンターテイメントを融合させたもので、日本の“カッコ良さ”を世界へ届ける内容となっている。舞台を一気に駆け抜ける「疾走感」や、感情を揺さぶる音楽、美しくも圧倒的なパフォーマンスなど一瞬たりとも目が離せない。 チケットは現在発売中。迫力ある舞台を体感するためにも、気になる人は、早めに良い席をゲットしよう!【九州ウォーカー編集部】 【関連記事】 ・【メイド・イン・九州】リョーユーパンの「マンハッタン」 ・変幻自在な豪華モノマネライブ「変人」が福岡にやってくる! ・【大分へ行こう!】迫力満点のLIVEにしびれる!TAOの夏フェスが今年もアツい! ・和太鼓エンターテインメント集団・DRUM TAOを支えるコシノジュンコ氏の衣装のポイントとは?
カテゴリー:

写真映え間違えなし!サンキューマート横浜西口5番街店に大人気イラストレーターmajoccoが描くフォトスポット誕生! - 08月17日(木)18:00 

華やかで毒気のある世界観が人気のイラストレーター「majocco」さんがサンキューマート横浜西口5番街店内にフォトスポットを制作。
カテゴリー:

今年期待のゲーム大作は? マリオ新作やPUBGなど - 08月17日(木)17:39 

今年のゲーム界は歴史始まって以来の最も好調なスタートを切り、質の高さで人気を集めた「AAA」評価の大作、たとえば「Prye」、「ナイト・イン・ザ・ウッズ」、「タコマ」もあれば、「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」のような独自の世界観を持った佳作もあり、見逃せない注目の作品ばかりだ。 ...
カテゴリー:

ユーミン、荒井由美時代の楽曲軸にした舞台に意欲「今の実力で丁寧に歌いたい」 - 08月17日(木)16:30 

 シンガーソングライターの松任谷由実の楽曲と芝居が融合する東京・帝国劇場の舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表が8月17日、都内で行われた。  由実と帝劇のコラボレーションは3年ぶり3度目。夫の松任谷正隆氏が荒井由美時代の1976年に発表したアルバム「14番目の月」に収録した楽曲をタイトルに脚本を書き下ろし、演出も担当する。  由実は同曲について、「永遠の中で一瞬の巡り合う2人を、バラードのメロディに乗せたかったのを覚えている。歌唱力を無視して作ったので、私の作品の中で最も歌うのが難しい曲」と苦笑い。それでも、「永遠や宇宙といったものを、初めて日本のポップスに取り入れたのは私だと自負している。歌を作った時の自分に戻れるよう、今の実力で丁寧に歌いたい」と抱負を述べた。  由実はストーリーテラーの役割も担い、生歌唱をバックに500年後の未来を舞台にした寺脇康文と宮澤佐江のラブストーリーを軸にしたファンタジックな物語が展開する。寺脇は「世界観が素晴らしくて、心が躍る。宇宙、死生観が大きなテーマとしてあって、設定は突飛なところもあるが差し引いても現実感がもてる。寺脇康文の新しい、ダークな側面が見ていただけると思う」と意欲を見せた。  宮澤はAKB48時代の2011年、NHK紅白歌合戦で由実が「春よ来い」を歌った際にバックで歌ったことがあり、「あの時が、一番テレビに映りたかった瞬間だ...more
カテゴリー:

もっと見る

「世界観」の画像

もっと見る

「世界観」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる