「世界観」とは?

関連ニュース

『Amazon Fire TV(2017年モデル)』を1ヶ月半使い込んでわかったこと! 「Fire TV Stick」ユーザーも”買い”なのか!? - 12月14日(木)09:00 

  今まで「Fire TV Stick」を2世代使い込んできた記者。もはやそれ無しの生活を考えられなくなってしまったくらい我が家の家庭内エンターテイメントの主役となってしまっている。ここまでしっかり組み込まれると、そろそろStick卒業かなという矢先に4K・HDR対応『Amazon Fire TV(2017年モデル)』が登場との知らせ。よし、どのくらい違うのか試してみよう! 今度は1ヶ月半連用で検証だ。 ■設置の手間や知識はほとんど不要のシンプルAmazonスタイル!   Amazonプライム会員ならば、もはや使わない方が損な気さえする「Fire TV」。追加料金なしでも大量の映画を楽しめる「Amazon プライム・ビデオ」、音楽も聴ける「Amazon Music」はもちろん、アプリを導入すれば「Netflix」や「Hulu」「DAZN」「dtv」などの利用も可能(各々別途費用は発生する)。海外ドラマや映画ファンはもちろん、テレビの可能性をグンと広げてくれる。それならCATV(ケーブルテレビ)でも良いと思うかもしれないが、あちらは合間に挟まるドラマの世界観台無しのダイエットCMが辛い。 そんなAmazonの「Fire TV」サービスを4Kで利用するための機器『Amazon Fire TV(2017年モデル)』(希望小売価格 税込8,980 円・2017年10...more
カテゴリー:

笑福亭鶴瓶、初共演の松本潤と対立で「バッチバチに行くで!!」『99.9』出演 - 12月14日(木)08:00 

松本潤主演の新ドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』(TBS系、2018年1月14日スタート、毎週日曜21:00~、初回25分拡大)に、笑福亭鶴瓶と馬場園梓が出演することがわかった。本作は、個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描く、痛快リーガル・エンターテイメントの第2弾。松本が演じる、超型破りな若手弁護士・深山大翔と、香川照之演じる敏腕弁護士・佐田篤弘の名コンビが、99.9%確定してしまった案件でも、残された0.1%の事実を解き明かす。今作は、前作で描かれた「弁護士」と「検察官」の攻防という世界観のみに留まらず、新たに「裁判官」の視点を加えることによって、より見応えのある日本の司法の世界を表現。深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、前作で明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方などが描かれるほか、新ヒロインの元裁判官・尾崎舞子役に木村文乃の出演が決定している。鶴瓶が演じるのは、東京地方裁判所所長・代行を務める裁判官・川上憲一郎役。事件処理能力が出世の決め手と言われる裁判官の世界において、膨大な案件数を裁いてきたエリート裁判官である。川上の口癖は「ええ判決をせえよ」。彼の言う「良い判決」とは“バランスのとれた判決”のこと。検察側と弁護側の双方から提出された証拠をバランス良く適切に捉え、事件の背景や特徴を汲み取り、判断する...more
カテゴリー:

中島美嘉×HYDE、『NANA』以来13年ぶりタッグ アニメ『ダリフラ』主題歌 - 12月14日(木)07:00 

 歌手・中島美嘉の新曲「KISS OF DEATH(Produced by HYDE)」の作詞作曲およびプロデュースを、HYDEが手がけたことが13日、わかった。HYDEが楽曲提供するのは、中島と宮崎あおいがW主演した2005年の大ヒット映画『NANA』の主題歌で、中島の代表曲でもある「GLAMOROUS SKY」以来13年ぶり2度目。来年1月13日からTOKYO MXほかで放送されるアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(以下『ダリフラ』、毎週土曜 後11:30)の主題歌に決定した。 【動画】『ダリフラ』主題歌が聴けるスポット映像  中島美嘉×HYDEの久々タッグは、『ダリフラ』の錦織敦史監督が中島の持つミステリアスな雰囲気がヒロイン・ゼロツーに似ていると感じ、主題歌をオファーしたことがきっかけ。快諾した中島はHYDEに楽曲提供を依頼した。HYDEが作詞作曲した新曲「KISS OF DEATH」は疾走感あふれるサウンドで、「GLAMOROUS SKY」をほうふつとさせる。  中島は「今回このすばらしい作品に歌という形で参加できたこと、そしてHYDEさんからまたこんなにもすばらしい楽曲を提供していただけたこと、本当にうれしく思います」と大喜び。「アニメの世界ととてもあったこの曲をたくさんの人に聴いていただけるように、自分なりに大切に歌わせていただきます。『ダリフラ』と一緒に...more
カテゴリー:

「あの花」脚本・岡田麿里の初監督アニメに石見舞菜香、入野自由、杉田智和ら豪華声優陣! - 12月14日(木)06:00 

 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の脚本で知られる岡田麿里が初監督を務めたアニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」の続報が、このほど一挙に発表された。ストーリーラインや本予告&ポスター、主題歌、そして石見舞菜香、入野自由、杉田智和ら豪華声優陣が結集していることが明らかになった。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  2017年7月6日の第一報以来、沈黙を貫いてきた今作がついにベールを脱いだ。主人公は、10代半ばで外見の成長が止まり、数100年の寿命を持つことから“別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の民・マキア。人里離れた土地で静かに暮らすイオルフの民だったが、長寿の血を求めるメザーテ軍が襲来すると、その日常は突如として終わりを告げる。  絶望と混乱のさなか、命からがら逃げ出したマキアだが、仲間も、帰る場所も失ってしまった。暗い森をさまよい、呼び寄せられるようにひとりぼっちの赤ん坊・エリアルを発見する。2人は行動をともにするようになるが、少女のままのマキアと、成長していくエリアルの間には時の流れの隔たりがあった……。“ひとりぼっち”と“ひとりぼっち”が出会った、かけがえのない時間をめぐる物語が紡がれる。  「クジラの子らは砂上に歌う」などで注目を集める大型新人・石見がマキア、「おそ松さん」の入野がエリアルに生命を吹き込む。...more
カテゴリー:

深川麻衣初主演映画パンバス予告編解禁!「お願いだから、好きにならないで」 - 12月13日(水)23:05 

昨年、乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務める「パンとバスと2度目のハツコイ」が、2018年2月17日(土)より全国公開される。 【写真を見る】山下健二郎が絶叫!? 深川麻衣が圧倒される/(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会 個性的でありながら共感を生むキャラクター描写と独特の空気感を映像で表現された本作は、恋愛映画の旗手として注目を集める今泉力哉が描く完全オリジナルストーリー。主演の深川のほか、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する山下健二郎の出演も話題を呼んでいる。 独自の結婚感を持った“恋愛こじらせ女子”の主人公・市井ふみ(深川)と、偶然再会した初恋相手・たもつ(山下)が織りなす、コミカルでちょっと切ない、新しい恋愛群像劇が誕生した。 そして東京国際映画祭でのワールドプレミアがチケット即完となった本作「パンバス」の予告編がついに解禁された。 ワールドプレミア上映で鑑賞をすでに終えた人たちからは、「独特過ぎる世界観の中でも共感できることがいくつも」「終始『思考』し続ける映画でした」「きっとこういう思いをしてる人もいるんじゃないかな」など、共感とモヤモヤが入り混じったコメントが多く目立った。 新たな予告編では、深川演じるパン店で働く主人公・ふみがごく平凡でありながら「今まで付き合ってきた人と私と何が違うの?」...more
カテゴリー:

加藤シゲアキの『チュベローズで待ってる』が2018年一番売れる本になるのでは? 芥川賞作家・羽田圭介がベタ褒め - 12月14日(木)08:54 

『週刊SPA!』での連載開始から1年半。作家・加藤シゲアキの最新長編『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』が、ついに発売となった。予想以上の反響の大きさに発売前から重版が決定。早くも15万部を突破した話題作の刊行を記念し、このたびスペシャルトークイベントが開催された。  物語の前編(上巻にあたる「AGE22」)の舞台となった新宿・歌舞伎町にちなみ、会場となったのは歌舞伎町のど真ん中にある異色の書店「歌舞伎町ブックセンター」。新宿バッティングセンターを眼前に臨む立地は、まさに作中に登場するホストクラブ「チュベローズ」を彷彿させる。  物語の世界観が存分に感じられるこの場所で、聴衆として集まったのは歌舞伎町で働くホスト&キャバ嬢の皆さん! 普段はあまり本を読まないという面々に『チュベローズで待ってる』の魅力を伝えるというミッションのもと、トークショーは開催された。MCを勤めるのは、同じく新宿をホームグラウンドとする吉本興業所属のピン芸人・タケト氏。壇上に立つは、著者・加藤シゲアキ、作家仲間である芥川賞作家・羽田圭介氏、そして「歌舞伎町ブックセンター」のオーナーにして元カリスマホストである手塚マキ氏である。  重版の報せに「15万部ですか……!」と絶句する羽田氏に、「僕よりいいリアクションしてくれますねぇ」と照れ笑いする加藤。和やかなムードの中でトークショーは始ま...more
カテゴリー:

長澤まさみ、変幻自在なコスプレ披露! 11年ぶりの月9ドラマ主演に - 12月14日(木)07:00 

フジテレビ系では、2018年4月期の“月9”枠に長澤まさみが主演を務めるドラマ「コンフィデンスマンJP」の放送が決定した。長澤のほか、東出昌大と小日向文世の出演も決定し、3人それぞれがコンフィデンスマン(信用詐欺師)として活躍する“コンゲーム”作品となる。 【写真を見る】さまざまな職業人に扮(ふん)する詐欺師・長澤まさみ。世界に誇る美脚ショット解禁!/(C)フジテレビ 脚本は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年)や、ドラマ「リーガルハイ」シリーズ(2012年ほか、フジテレビ系)など、数々のヒット作を生み出した古沢良太が担当。 そんな古沢が今回描く題材“コンゲーム”は、映画「ミッション:インポッシブル」シリーズや映画「オーシャンズ11」シリーズなどが代表作として挙げられ、主人公の詐欺師がだましだまされながら二転三転するストーリーが特徴だ。古沢にとって“コンゲーム”作品は初めての挑戦となる。 本作は、“欲望”や“金”をテーマに、一見、平凡で善良そうな容姿のダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)という3人のコンフィデンスマンたちが織り成す痛快エンターテインメントコメディー作品。 さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で業界を牛耳る悪徳大富豪たちから大金をだまし取っていく。 「プロポーズ大作戦」(2007年)でのW主演以来、約11年ぶりに“月9”で主演を...more
カテゴリー:

長澤まさみ、11年ぶり月9主演!ハニトラ詐欺師役で絢爛コスプレ披露 - 12月14日(木)07:00 

女優の長澤まさみが、2018年4月スタートの新ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)で約11年ぶりに“月9ドラマ”主演を飾ることがわかった。長澤のほか、東出昌大、小日向文世といった豪華キャストも顔を揃えている。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』、ドラマ『リーガルハイ』シリーズ、ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』などの代表作を持つ古沢良太がオリジナル脚本で描く本作は、欲望や金をテーマに、一見平凡で善良そうな姿をしたダー子、ボクちゃん、リチャードという3人の信用詐欺師たちが、毎回さまざまな華やかな世界を舞台に、欲望にまみれた人間たちから壮大で奇想天外な計画で大金を騙し取る、痛快エンターテインメントコメディ作品。古沢が、騙し騙され二転三転するストーリーを差すジャンル“コンゲーム”を描くのは自身初のこと。さらに、さまざまなジャンルのドラマを放送してきた“月9ドラマ”枠でも、“コンゲーム”は初めて扱うジャンルとなる。また、主要な登場人物が全て詐欺師という設定のドラマは、フジテレビドラマ史上初。二転三転する壮絶な騙し合い、度肝を抜くトリックの連続で、畳みかけるようにまったく息をつかせない展開となっている。“月9ドラマ”で主演を務めるのは、2007年放送の『プロポーズ大作戦』以来およそ11年ぶりとなる長澤。今回は、毎回とんでもないターゲットと、常識外れの計...more
カテゴリー:

【音楽】中島美嘉、新曲でHYDEと13年ぶりタッグ…映画「NANA」主題歌以来 - 12月14日(木)05:07  mnewsplus

2017年12月14日5時0分 スポーツ報知 中島美嘉、新曲でHYDEと13年ぶりタッグ…映画「NANA」主題歌以来  歌手の中島美嘉(34)が、新曲「KISS OF DEATH(Produced by HYDE)」(発売日未定)で13年ぶりに「L’Arc~en~Ciel」のボーカル・HYDEとタッグを組むことが13日、分かった。 映画「NANA」(05年)の主題歌としてヒットした「GLAMOROUS SKY」以来。HYDEは前作で作曲、編曲を手がけ、今回は作詞も含めた全面プロデュースで参加している。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

笑福亭鶴瓶、初共演の松本潤と“対立”で「バッチバチに行くで!!」『99.9』出演 - 12月13日(水)20:49 

松本潤主演の新ドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』(TBS系、2018年1月14日スタート、毎週日曜21:00~、初回25分拡大)に、笑福亭鶴瓶と馬場園梓が出演することがわかった。本作は、個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描く、痛快リーガル・エンターテイメントの第2弾。松本が演じる、超型破りな若手弁護士・深山大翔と、香川照之演じる敏腕弁護士・佐田篤弘の名コンビが、99.9%確定してしまった案件でも、残された0.1%の事実を解き明かす。今作は、前作で描かれた「弁護士」と「検察官」の攻防という世界観のみに留まらず、新たに「裁判官」の視点を加えることによって、より見応えのある日本の司法の世界を表現。深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、前作で明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方などが描かれるほか、新ヒロインの元裁判官・尾崎舞子役に木村文乃の出演が決定している。鶴瓶が演じるのは、東京地方裁判所所長・代行を務める裁判官・川上憲一郎役。事件処理能力が出世の決め手と言われる裁判官の世界において、膨大な案件数を裁いてきたエリート裁判官である。川上の口癖は「ええ判決をせえよ」。彼の言う「良い判決」とは“バランスのとれた判決”のこと。検察側と弁護側の双方から提出された証拠をバランス良く適切に捉え、事件の背景や特徴を汲み取り、判断する...more
カテゴリー:

もっと見る

「世界観」の画像

もっと見る

「世界観」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる