「世界経済」とは?

関連ニュース

中国経済の鈍化は世界経済の大きな重しだ 「GDP水増し」をきっかけに試算してみた | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン - 02月23日(金)06:00 

2月の株価下落で市場が動揺したが、中国の市場は大きな問題とはなっていないようだ。しかし、今年に入っ…
カテゴリー:

【フェミニズム】男女格差114位の日本って… 既得権の「おっさん同盟」崩すことから 上野千鶴子さん - 02月22日(木)00:30  newsplus

たぶん、僕らの問題です――男女格差114位の国って? 世界経済フォーラムが昨秋発表した男女格差の国別ランクで114位に沈んだ日本。3月8日の国際女性デーを前に、女性記者たちの提案を受けた30、40代の男性記者3人が各界で活躍する人たちを訪ね、素朴な疑問をぶつけました。これって、僕らの問題なんですか? まずは、フェミニズムを牽引(けんいん)してきた社会学者から。(聞き手・斎藤健一郎、滝沢文那、千葉雄高)  ――114位という順位、驚きました  「新聞記者でしょ。身の回りを見たらわかりませんか? 非...
»続きを読む
カテゴリー:

既得権の「おっさん同盟」崩すことから 上野千鶴子さん - 02月21日(水)08:21 

■たぶん、僕らの問題です――男女格差114位の国って? 世界経済フォーラムが昨秋発表した男女格差の国別ランクで114位に沈んだ日本。3月8日の国際女性デーを前に、女性記者たちの提案を受けた30、40代…
カテゴリー:

【国際】中国が世界経済を支配することはできない理由とは-北京大学教授 - 02月21日(水)00:09  newsplus

世界第2位の経済大国になった中国は、2032年にアメリカを抜いて世界一になるという予想が出されるなど、中国が世界経済を支配するのではないかという警戒感がアメリカで出てきています。しかし、2009年以来中国に滞在し、北京大学で教鞭をとるクリストファー・バルディング教授は、「中国は世界を支配することはできない」という見解を明らかにしています。その原因は、中国固有の事情の存在という構造的な問題だとのこと。 社会経済主義をとる中国では、資本主義諸国では各種規制が原因で困難なことも政府主導で行われることがあり、...
»続きを読む
カテゴリー:

大恐慌からの大戦争。1929年からの歴史は繰り返されるのか? - 02月20日(火)04:30 

「歴史は繰り返す」と言いますが、メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さん曰く「現状が1929年の動きに非常に似ている」とのこと。この状態を打破できなければ世界は通貨安競争後に貿易戦争になり、やがて戦争に突入すると推察していますが、世界はこのカウントダウンを止めることができるのでしょうか。 通貨安競争後は貿易戦争に 1929年からの動きに似ている。通貨安競争後に貿易戦争になり、そして戦争に向かう。その歴史を繰り返している。それを検討しよう。 歴史は繰り返す p0383、5613「歴史は繰り返すが現象は違う」で、現状は2008年から始まる大恐慌が大戦争に向かう時代であるとした。まるで1929年の大恐慌から第2次世界大戦に向かう時期と同じ。歴史は繰り返すが、その現象は違うという格言の通りになってきたとしたが、そのシナリオ通りの展開になっている。 世界の株が暴落したが、徐々に元の水準に向かい始めて、日本も円高であるが株高になって、ほっとしている。今の円水準では日本企業の製品や部品の競争力は高いために、日本の経常収支は黒字になっている。しかし、米国の貿易赤字は悪化してトランプ大統領は次の一手を繰り出すようである。 それは、関税引き上げ法であるスムート・ホーリー関税法と同じような関税引き上げを米国への貿易黒字国に行うとした。このように、トランプ大統領は、まるでフーバー元米大統領であ...more
カテゴリー:

観光業、世界経済を牽引 中国人旅行者とSNSで市場様変わり - 02月22日(木)06:00 

製造業や金融業界、インターネット関連の新興企業に代わり、旅行業界が世界経済を牽引(けんいん)する最大の成長エンジンへとシフトしつつある。旅行ブームの背景にあるの…
カテゴリー:

【G20誘致】来年のG20サミット 大阪開催で決定 ★3 - 02月21日(水)13:47  newsplus

政府は来年、日本で初めて開催されるG20サミット=主要20か国の首脳会議について、各国首脳らが宿泊するホテルの収容人数などの実地調査を行った結果、大阪で開くことを決定しました。 日本やアメリカ、それに中国、ロシアなど、主要20か国の首脳らが世界経済などについて意見を交わすG20サミット=主要20か国の首脳会議は、平成20年(2008年)に第1回の会合がアメリカ・ワシントンで開かれて以降、毎年、各国で開かれていて、来年は日本で初めて開催されることになっています。 政府は、大阪府と大阪市、愛知県...
»続きを読む
カテゴリー:

印政権、保護主義にかじ 輸入品の関税引き上げ、同盟国と対立も - 02月21日(水)06:10 

インドが輸入品にかける関税がこの30年間で最高水準に達している。モディ首相が世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でインドにおけるビジネスの開放を主張してから…
カテゴリー:

【G20誘致】来年のG20サミット 大阪開催で決定 ★2 - 02月20日(火)21:20  newsplus

政府は来年、日本で初めて開催されるG20サミット=主要20か国の首脳会議について、各国首脳らが宿泊するホテルの収容人数などの実地調査を行った結果、大阪で開くことを決定しました。 日本やアメリカ、それに中国、ロシアなど、主要20か国の首脳らが世界経済などについて意見を交わすG20サミット=主要20か国の首脳会議は、平成20年(2008年)に第1回の会合がアメリカ・ワシントンで開かれて以降、毎年、各国で開かれていて、来年は日本で初めて開催されることになっています。 政府は、大阪府と大阪市、愛知県...
»続きを読む
カテゴリー:

リーマン・ショック以上の大暴落…日銀とGPIFの日本株買い支えはもう限界!  - 02月19日(月)06:00 

アメリカ株の大暴落! そのニュースが世界を恐怖に陥れた。 悪夢の再来――今後、世界経済はどう動くのか? そして、日本はどのような道を進むのか? * * * それは、リーマン・ショック以上の大暴落だった。 2月5日、アメリカの株価はNYダウで過去最大となる1175ドルの下げ幅を記録(リーマン・ショック時は777ドル)。この影響を受けて世界の株式市場は大混乱し、日本も一時、日経平均で1600円以上も下落する異常事態となった。 いったい何があったのか? 金融ジャーナリストの森岡英樹氏が語る。 「今回の暴落の大きな原因は、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB=米国の中央銀行にあたる機関)の議長が、2月4日にドナルド・トランプ大統領と親しいジェローム・パウエルに代わったことです。通常、FRBの議長はエコノミストが就任しますが、パウエルは法律家。それを市場が不安がった。そのために大暴落が起きたのです」 実は、これと似たようなことが1987年にもあった。 「87年8月にFRBの議長がポール・ボルカーから、アラン・グリーンスパンに代わりました。グリーンスパンは、サックス奏者としても知られる経済コ...more
カテゴリー:

もっと見る

「世界経済」の画像

もっと見る

「世界経済」の動画

Wikipedia

世界経済(せかいけいざい、world economy)とは、世界を統一的な視点で見た経済活動の区切りの一つ。国民経済間の取引に視点を当てる国際経済よりも広い概念である。

また、世界経済において連動している各国の市場をまとめて世界市場と呼ぶこともある。

概要

現代のように、通貨が統合されていない状況においては基本的な経済単位が通貨圏(ほとんどの場合、国民経済圏)になる。しかし、グローバル化の進展により国際経済が発展し各国の国民経済は連動性を強めている。このようにあたかも一つの経済圏のように連動していることから世界経済と呼ばれている。

各国の国民経済の動向は、必ずしも世界経済の動向とは合致しない。それは、世界経済がそれ以上に広い枠組みを持たないことから合成の誤謬が発生するためである。

例として、ある国が貿易収支をプラスにしようと努力し成功すれば貿易収支がプラスになるが、世界すべての国が貿易収支を同時にプラスにすることは出来ない。それは、ある国の貿易黒字が世界の複数の国の貿易赤字を意味するからである。

また、各国の経済成長は足並みがそろうとは限らず、世界経済の成長率を上回る経済成長率を達成する国も出てくる。そういった国は「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる