「世界経済」とは?

関連ニュース

【経済】世界で広がる実感なき好況はなぜか?低賃金と格差拡大は世界共通 - 12月11日(月)04:55  newsplus

https://jp.reuters.com/article/column-wage-gap-world-economy-idJPKBN1E20C8 2017年12月9日 / 00:40 / 2日前 Jamie McGeever [ロンドン 6日 ロイター] - 先進国はどこも賃金の伸びが鈍く、貧富の差が拡大し、生産性の伸びが低い。しかしそうした暗雲に目を奪われていると、世界経済は活況を呈しているという、今年最も注目すべき事実を忘れがちだ。 今年世界で生み出された財とサービスは、80兆ドル前後の見通し。来年の成長率は約3.5%と予想されており、2011年以来で初めて4%に届く可能性さえある。世界金...
»続きを読む
カテゴリー:

10月経常黒字、過去最大の2.1兆円 配当金増加が貢献 - 12月09日(土)06:03 

 財務省が8日発表した10月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同月比40.7%増の2兆1764億円だった。黒字は40カ月連続で、10月としては過去最高を記録した。世界経済の回復基調を背景に、企業が海外子会社から受け取る配当金が増えたことが貢献した。
カテゴリー:

19年までに広州のスマート設備・ロボット産業生産額が1000億元達成の見込み - 12月08日(金)18:01 

広東省広州市で6日から、2017年フォーチュン・グローバル・フォーラムが開催し、世界の政治・経済界から参加するゲスト数千人が意見を交換し、共に世界経済の新たな構造について議論している。 ...
カテゴリー:

景気回復の流れ持続 輸出増が追い風に=韓国経済報告書 - 12月08日(金)13:56 

【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は8日発表した経済動向報告書(グリーンブック)12月号で、最近の韓国経済について、「世界経済の好調に伴う輸出増加などを追い風に、全般的な回復の流れは続いている」と判断した。前月引き上げた景気判断を維持したといえる。
カテゴリー:

2017年フォーチュン・グローバル・フォーラムの日程 - 12月06日(水)16:59 

2017年フォーチュン・グローバル・フォーラムが12月6日から8日まで中国・広州で開催される。今回のフォーラムは、中国経済ひいては世界経済が変動する重要な時期において、多国籍企業がどのような重大課題に直面するかに着目している。 ...
カテゴリー:

コラム:実感なき好況、低賃金と格差拡大は世界共通 - 12月09日(土)08:38 

[ロンドン 6日 ロイター] - 先進国はどこも賃金の伸びが鈍く、貧富の差が拡大し、生産性の伸びが低い。しかしそうした暗雲に目を奪われていると、世界経済は活況を呈しているという、今年最も注目すべき事実を忘れがちだ。
カテゴリー:

世界経済にはまだ成長余地―中国からのメッセージ - 12月08日(金)22:08 

 中国では人々が天然ガス不足と厳しい冬の寒さに凍えているが、輸出はヒートアップしている。
カテゴリー:

中国の発展への新たな道のりと世界への貢献を目の当たりに FGF2017 - 12月08日(金)17:31 

広東省広州市で6日から開催されている2017年フォーチュン・グローバル・フォーラムには、世界の大企業のトップや著名な専門家、学者が集い、意見交換を行う。企業などにとっては世界経済の動向の変化を見極め、自社の発展に有利な戦略を策定し、提携先など今後の方向性を定めるための重要なプラットフォームとなる。 ...
カテゴリー:

日本経済シナリオ1:「ゆでがえる」前編【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】 - 12月08日(金)13:34 

日本経済は1990年代のバブル崩壊後、崩壊前の水準に回復することなく伸び悩みに直面している。
カテゴリー:

ドイツの政治空白はEUの将来に影を落とす 2017年は予想外の好況、18年はどうなる? | 女子アナリスト4人組、金融市場を駆け巡る | 東洋経済オンライン - 12月06日(水)06:00 

ユーロ圏経済の成長加速は2017年の世界経済の最大の想定外といっても過言ではないだろう。圏内の格差の縮…
カテゴリー:

もっと見る

「世界経済」の画像

もっと見る

「世界経済」の動画

Wikipedia

世界経済(せかいけいざい、world economy)とは、世界を統一的な視点で見た経済活動の区切りの一つ。国民経済間の取引に視点を当てる国際経済よりも広い概念である。

また、世界経済において連動している各国の市場をまとめて世界市場と呼ぶこともある。

概要

現代のように、通貨が統合されていない状況においては基本的な経済単位が通貨圏(ほとんどの場合、国民経済圏)になる。しかし、グローバル化の進展により国際経済が発展し各国の国民経済は連動性を強めている。このようにあたかも一つの経済圏のように連動していることから世界経済と呼ばれている。

各国の国民経済の動向は、必ずしも世界経済の動向とは合致しない。それは、世界経済がそれ以上に広い枠組みを持たないことから合成の誤謬が発生するためである。

例として、ある国が貿易収支をプラスにしようと努力し成功すれば貿易収支がプラスになるが、世界すべての国が貿易収支を同時にプラスにすることは出来ない。それは、ある国の貿易黒字が世界の複数の国の貿易赤字を意味するからである。

また、各国の経済成長は足並みがそろうとは限らず、世界経済の成長率を上回る経済成長率を達成する国も出てくる。そういった国は「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる