「世界最速」とは?

関連ニュース

細田守監督作「未来のミライ」原作小説が6月15日発売 - 04月23日(月)09:00 

 細田守監督の最新作「未来のミライ」の原作小説が、6月15日に発売されることが決定した。  本作は、「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田監督が手がけるオリジナルの長編劇場用アニメーション。甘えん坊な4歳の男児・くんちゃんが、未来からやって来た妹・ミライちゃんとともに、大冒険を繰り広げるなかで、様々な“家族の愛”を知っていく姿を描く。第71回カンヌ国際映画祭の「監督週間」に選出されることが決まっている。  細田監督自ら執筆した原作小説は、角川文庫から6月15日に発売。価格は560円(税別)。映画版が86の国と地域(4月17日時点)で配給されることに伴い、原作小説の外国語版の刊行も予定されている。なお細田監督作の原作小説は、これまでに「おおかみこどもの雨と雪」が累計発行部数80万部、「バケモノの子」が累計60万部を突破している。  映画「未来のミライ」は、7月20日から全国公開。原作小説は、角川文庫版のほか、角川つばさ文庫(6月30日発売予定)と角川スニーカー文庫(7月1日発売予定)からも刊行される。 【作品情報】 ・未来のミライ 【関連記事】 ・細田守監督作「未来のミライ」カンヌ映画祭で世界最速上映決定!「監督週間」に選出 ・上白石萌歌、細田守監督「未来のミライ」で映画初主演!黒木華、星野源、麻生久美子ら共演 ・山下達郎、細田守監督と9年ぶり2度目のタッグ!「未...more
カテゴリー:

大谷翔平が高校時代に書いた「目標シート」に大興奮! - 04月20日(金)11:45 

4月19日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)は、「緊急放送!振り返り放送 大谷翔平スゴイぞ芸人」。2014年、2017年に放送した「大谷翔平スゴイぞ芸人」に出演していた岡田圭右(ますだおかだ)、渡部建(アンジャッシュ)、長島三奈が出演し、過去の放送の未公開シーンを含んだディレクターズカット版「大谷翔平スゴイぞ芸人」で、改めて大谷翔平選手のすごさを振り返った。 【写真を見る】大谷翔平選手と渡部建のツーショット/※画像は渡部建(watabeken)公式Instagramのスクリーンショット(2016年) 渡部は「大谷選手は放送を見ています。『照れくさかった。自分のことをこんなにやってくれて』って感じでした」と、大谷選手のオンエア後の感想を報告。 長島は「ファイターズ時代も、4番・投手で2安打完封(2017年10月4日VSオリックス戦)して、誰が見ても、すごかった時でも『全然、僕はまだまだで…』と、おめでとうって言っちゃいけなかったかなかいうくらい謙虚だった」と、大谷選手と親交のある二人が素顔を解説した。 さらに長島は、大谷選手の出身高校の花巻東高校から、「特別にお借りした」という高校時代に書いた目標シートを紹介した。 高校3年生の9月に書いたもので目標として、2018年「ノーヒットノーラン、25勝」、2019年「世界最速175キロ記録」、2020年「ワールドシリーズ制覇」などと書き込...more
カテゴリー:

細田守監督作「未来のミライ」カンヌ映画祭で世界最速上映決定!「監督週間」に選出 - 04月18日(水)14:00 

細田守監督の最新作「未来のミライ」が、5月8~19日(現地時間)に開催される第71回仏カンヌ国際映画祭の「監督週間」に選出され、世界最速上映されることがわかった。今年の同部門には20本の長編が選...
カテゴリー:

世界最速で成長する未来都市・中国深センの解体新書をつくるGW特別企画「深セン未来合宿」受付開始 - 04月11日(水)10:00 

高校生・大学生・若手社会人の方々を中心に、海外での実践的なビジネスインターンシップの機会を提供するタイガーモブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役・菊地恵理子、以下「タイガーモブ」)とFIND ASIA LTD.(本社:香港、代表取締役・James Yu、以下「ファインドアジア」)は、ゴールデンウィークの特別企画として「深セン未来合宿!-世界最速で成長する中国最新ITサービスの解体新書-」の公開、受付を開始致しました。
カテゴリー:

【芝】かつて世界最速を記録したホンダの芝刈り機 新型「HF2417」登場 排気量530ccVツインエンジン お値段82万400円 - 03月24日(土)09:33  newsplus

■お値段82万400円の乗用型芝刈り機登場 ホンダは2018年3月22日、造園や緑化管理などに適した乗用芝刈機「HF2417」を、4月6日より日本全国のホンダパワープロダクツ特約店で発売すると発表した。 芝刈り機「HF2417」は、大容量300Lのグラスバッグを標準装備。排気量530ccのVツインエンジンによる余裕のある走行性能と、スリムな車体ながら1020mmのワイドな刈幅を確保することで高い作業性を実現している。 また、芝を刈る2つのブレードを同期しながら回転させる「ツインブレード同期システム」を採用しており、旋回時の刈り残しを軽...
»続きを読む
カテゴリー:

高さ900メートルのエル・キャピタンを世界最速で登る行程を約7分に収めたムービー「Two Nineteen Forty Four」 - 04月22日(日)20:00 

エル・キャピタンはアメリカのヨセミテ国立公園にある一枚岩の花こう岩で、世界でも有数のロッククライミングの名所です。その中でも登山ルート「ノーズ」は最も有名なクライミングルートの一つとして知られており、2008年には日本のプロクライマーである平山ユージ氏とハンス・フローリン氏が2時間37分5秒の世界記録で登頂。さらに、2012年にアレックス・オノルド氏とハンス・フローリン氏が、この記録を13分以上更新した2時間23分46秒で登りきり、以降の記録更新は不可能と考えられてきました。しかし、2017年10月21日にブラッド・ゴブライト氏とジム・レイノルズ氏が、2時間19分44秒で登頂し、世界記録を更新しています。実際どのようにしてエル・キャピタンのノーズを登ることができたのか、この日のゴブライト氏とレイノルズ氏の全行程を収めたムービーが公開されています。続きを読む...
カテゴリー:

細田守監督作「未来のミライ」カンヌ映画祭で世界最速上映決定!「監督週間」に選出 - 04月18日(水)14:00 

 細田守監督の最新作「未来のミライ」が、5月8~19日(現地時間)に開催される第71回仏カンヌ国際映画祭の「監督週間」に選出され、世界最速上映されることがわかった。今年の同部門には20本の長編が選ばれているが、アニメーション作品の正式招待は今作のみ。自身初の監督週間に臨む細田監督は、「スタッフみんなでがんばって作品を作っておりますが、日本よりも早く世界で最初の上映がカンヌ映画祭・監督週間と聞き、ただただ驚いています」と述べ、「世界の人々に4歳の男の子を主人公とする『家族』の映画をどう受け取ってもらえるのか、非常に楽しみです」と期待を込めた。  「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田監督が約3年ぶりに手がけた、オリジナルの長編劇場用アニメ。甘えん坊のくんちゃんが、未来からやって来た妹・ミライちゃんとともに不思議な大冒険を繰り広げ、様々な“家族の愛”を知っていく姿を描く。  今年が50年目の節目となる監督週間は、作家性を重視した“世界的映画監督への登竜門”とされている部門で、日本からは過去に大島渚、北野武らが選出されている。近年は、同部門で上映された「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」(バンジャマン・レネール監督)、「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)、「ぼくの名前はズッキーニ」(クロード・バラス監督)が米アカデミー賞にノミネートされており、細田監督の快挙にも期待が高...more
カテゴリー:

細田守監督『未来のミライ』がカンヌ映画祭監督週間に選出!上白石萌歌「この上ない幸せ」 - 04月17日(火)20:34 

『おおかみこどもの雨と雪』(12)や『バケモノの子』(15)で知られる細田守監督の最新作『未来のミライ』が、7月20日(金)より公開される。今回の主人公は、都会の片隅にある小さな家で暮らす、甘えん坊な4歳の男の子“くんちゃん”。生まれたばかりの妹に戸惑っていた彼の前に、未来からやってきた妹・ミライちゃんが現れることから始まる、小さなくんちゃんの冒険を描きだす。 【写真を見る】待望の細田守最新作に、黒木華、星野源、麻生久美子ら豪華キャストが集結!/[c]2018スタジオ地図 このたび本作が第71回カンヌ国際映画祭開催期間中に実施される「監督週間」に選出され、上映されることが決定した。今年が開催50年目の節目となる「監督週間」は、フランス監督協会が主催し、カンヌ映画祭から独立した並行部門。作家性を重視し、映画監督が世界に出て行く登竜門として知られており、これまでもソフィア・コッポラ、日本人では大島渚、北野武などが選出されている。 今回は1609本の応募作品の中から20本の長編作品が選ばれ、アニメーション作品では『未来のミライ』だけが正式招待とのこと。アニメーションのフィールドで「新しい表現」にチャレンジを続けている細田守監督は、前作『バケモノの子』でも第63回サン・セバスチャン国際映画祭において同映画祭史上アニメーションとして初のオフィシャル・コンペティション部門に選出されるなど、表現...more
カテゴリー:

CNN「日本は鉄道分野の名声を取り戻せるか」あれ? いつの間にその名声とかいうのを失ってたんだっけ? - 04月08日(日)17:23  news

(CNN) 東海道新幹線が開業した1964年は、日本が世界に新技術を披露する絶好のタイミングだった。 この年、東京では夏季オリンピックが開催され、世界の注目が日本に集まる中で、世界初の商用超高速鉄道である新幹線が初披露された。 そして2020年には東京で再び夏季オリンピックが開催される。仮に今、「たしか前にも同じようなことがあった」と感じるなら、それは日本が再び鉄道の記録を次々と塗り替えているからだ。 2015年に日本の超電導リニア車両が、山梨県で行われた有人走行試験で世界最速となる時速603...
»続きを読む
カテゴリー:

「世界最速」の画像

もっと見る

「世界最速」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる