「世界最大級」とは?

関連ニュース

特別展覧会「国宝」——って、めっちゃ潔い! - 10月22日(日)17:00 

「国宝」——なんて潔い名前なんだ!もう相当話題なので知っている方も多いと思うのだが、京都国立博物館で開催されている、京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会『国宝』のことである。京都国立博物館の前身、帝国京都博物館が開館したのは明治30(1897)年、今から120年前のこと。また、日本の法令上「国宝」という言葉が初めて使われたのも、同じく120年前。つまり、今年は「京博」「国宝」がともに120周年を迎えるメモリアルイヤーなのだ。それを記念する展覧会が、この『国宝』というわけである。ここがすごいよ 国宝展展覧会で公開される国宝は210件。現在、国宝指定の美術工芸品は885件(2017年新たに指定されるものも含む)。つまり、日本の国宝の約4分の1が京博に集まってしまうという、とにかく大ごとなのだ。たいてい特別展とかだと、「本展の見どころは国宝○○です」というのが決まり文句。それで言えば、全部見どころになってしまう。それくらい豪華!ちなみに、京博の歴史上『国宝』展が行われるのは3度目。「あ、なんだ、結構やってるんじゃない?」と思ったあなた、違います。2回目は昭和51(1976)年、41年も前のこと。今自分の年齢に+41した人、寿命のこととかつべこべ考えるくらいなら行っておいたほうがいい!でも「行くべき!」って叫びまくったところで記事としての価値はないので、今回...more
カテゴリー:

「竜の血」に治癒効果 コモドドラゴンの血液成分から強い抗菌作用発見 新薬開発へ期待 - 10月19日(木)17:49 

 ドラゴンの血が傷を癒やす-。伝説のような研究成果が4月、発表された。インドネシアのコモド島などに生息する世界最大級のトカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の血液成分を参考に作った物質から、強い抗菌作用と、傷の治癒を早める効果が見つかった。近年では抗生物質が効かない耐性菌が増えており、新薬の開発に期待がかかる。
カテゴリー:

<浦沢直樹>待望の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』 10月20日発売のビッグコミックオリジナルでスタート! - 10月19日(木)17:00 

世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」との共同プロジェクト プロモーションムービーを公開!!
カテゴリー:

【中二速報】 コモドドラゴンの血液から強い抗菌作用発見 新薬「竜の血」の開発に期待  - 10月19日(木)12:25  news

「竜の血」に治癒効果 コモドドラゴンの血液成分から強い抗菌作用発見 新薬開発へ期待  ドラゴンの血が傷を癒やす-。伝説のような研究成果が4月、発表された。インドネシアの コモド島などに生息する世界最大級のトカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の血液成分を 参考に作った物質から、強い抗菌作用と、傷の治癒を早める効果が見つかった。近年では 抗生物質が効かない耐性菌が増えており、新薬の開発に期待がかかる。  米ジョージ・メイソン大の研究者らのチームが専門誌(電子版)に発表した論文によると、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

戦国冒険ファンタジーの傑作!水上悟志の『戦国妖狐』eBookJapanが3日間、全17巻の無料読み放題を開催! - 10月18日(水)15:07 

[株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン] 世界最大級のマンガ品揃えを誇る、電子書籍販売サイト「eBookJapan」(https://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉...
カテゴリー:

世界最大級の室内スキー場 中国 - 10月22日(日)09:00 

【10月22日 AFP】中国・黒竜江省ハルビンの夏の午後は暑く、有名なミルク味のアイスキャンディーを食べながら石畳の道を散歩する観光客らの姿が見られる。≫続きを読む
カテゴリー:

浦沢直樹、待望の新連載『夢印』スタート!ルーヴル美術館と共同プロジェクト - 10月19日(木)17:00 

 10月20日発売の「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で浦沢直樹の新連載、『夢印-MUJIRUSHI-』がスタートする。このたび、その第1話の一部カットが見られるプロモーションムービーが公開された。【関連】『クロスロード』浦沢直樹に密着の様子 『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』などで知られる漫画家・浦沢直樹の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』は、世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」が企画する「ルーヴル美術館BD プロジェクト」作品のひとつ。「BD」とはフランス語圏で古くから独自に発展してきた「バンド・デシネ」という漫画文化の略で、子どもから大人まで幅広い年代の人たちに楽しまれている。 「ルーヴル美術館BDプロジェクト」は、フランス国内外の漫画家たちが「ルーヴル美術館」をテーマに漫画を描く企画。これまでに『ビッグコミックオリジナル』で谷口ジローが『千年の翼、百年の夢』を、松本大洋氏が『ルーヴルの猫』を連載するなど、同プロジェクトには日本人作家も参加している。浦沢にとって本作は久しぶりのフル連載となる作品だ。 公開された映像では、ルーヴル美術館や浦沢直樹本人、そしてエッフェル塔の映像とともに、新連載『夢印-MUJIRUSHI-』が始まることをフランス語のナレーションと字幕で伝える。そして、地下道やトンネルのような場所をスーツ姿の人物が息づかい荒く走る場面に切り替...more
カテゴリー:

浦沢直樹氏の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』 ルーヴル美術館と共同プロジェクトPV公開 - 10月19日(木)17:00 

 『YAWARA!』『MASTERキートン』(ストーリー/勝鹿北星・長崎尚志)『20世紀少年』などで知られる漫画家、浦沢直樹氏の新作『夢印-MUJIRUSHI-』が、20日発売の『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載開始となる(毎月5日、20日の月2回発売の同誌で毎号掲載予定)。浦沢氏にとって久しぶりのフル連載となる『夢印-MUJIRUSHI-』は、フランスにある世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」が企画する「ルーヴル美術館BD プロジェクト」作品のひとつ。フランス国内外の漫画家たちに、ルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらう、という前代未聞のプロジェクトだ。 【画像】プロモーション映像の場面カット  「BD」とはフランス語圏で古くから独自に発展してきた「バンド・デシネ」という漫画文化の略で、子どもから大人まで幅広い年代の人たちに楽しまれている。「バンド・デシネ」には、大衆的な作品はもちろん、絵画のように描かれた作品も多く、そうした特徴から、フランスにおいては「第9の芸術」(※)と位置づけられる。「ルーヴル美術館BD プロジェクト」の目的は、「漫画」を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えること。これまでに『ビッグコミックオリジナル』で谷口ジロー氏が『千年の翼、百年の夢』を、松本大洋氏が『ルーヴルの猫』を連載するなど、同プロジェクトには日本人作家も参加...more
カテゴリー:

【科学】「竜の血」に治癒効果 コモドドラゴンの血液成分から強い抗菌作用発見 新薬開発へ期待 - 10月19日(木)11:53  newsplus

 ドラゴンの血が傷を癒やす-。伝説のような研究成果が4月、発表された。インドネシアのコモド島などに生息する世界最大級のトカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の血液成分を参考に作った物質から、強い抗菌作用と、傷の治癒を早める効果が見つかった。近年では抗生物質が効かない耐性菌が増えており、新薬の開発に期待がかかる。  米ジョージ・メイソン大の研究者らのチームが専門誌(電子版)に発表した論文によると、チームはコモドドラゴンが自身の唾液に含まれる細菌に感染しない点に着目。コモドドラゴンの血液中の抗...
»続きを読む
カテゴリー:

<浦沢直樹>待望の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』 10月20日発売のビッグコミックオリジナルでスタート! 世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」との共同プロジェクト - 10月18日(水)11:00 

[株式会社 小学館] [動画: https://www.youtube.com/watch?v=W0HyR3MPBzw ] ■プロモーションムービーで『夢印-MUJIRUSHI-』第1話をチラ見せ! [画像1: https://prtimes.jp/i/28909/1/resize/d28909-1-407364-0.jpg ] 『YAWAR...
カテゴリー:

もっと見る

「世界最大級」の画像

もっと見る

「世界最大級」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる