「世界最古」とは?

関連ニュース

恐竜博物館:1億2000万年前 最古のスッポンの化石 - 04月21日(金)20:59 

 福井県勝山市の県立恐竜博物館で来月7日まで約1億2000万年前のスッポンの化石が展示されている。博物館の研究員らが今月中旬、専門誌(電子版)に発表した論文では「同種化石では世界最古」としている。
in English
カテゴリー:

土星の月「エンケラドゥス」、生命体存在の可能性が高まる。NASAから重大発表 - 04月14日(金)22:10 

氷の下の温かい海で、水素が大量生産されてる。 土星の衛星エンケラドゥスは、表面こそ氷で覆われているものの、その下には流れる海があると言われてきました。さらに今週NASAは、その海の底では生命のエネルギー源となる水素が大量に生み出されているらしいことを発表しました。つまりエンケラドゥスは今、地球以外で生命体が存在しうる可能性がもっとも高い星になったのです。 Scienceに発表された新たな論文によれば、エンケラドゥスの海では水素分子が大量に生産されています。何が水素を生み出しているのかというと、もっとも強く考えられるのは、氷の下の海で高温の岩と水が水熱反応を起こしていることです。とすると、エンケラドゥスには温かい水に有機物、ある種の鉱物に加えて、微生物の命を支えるエネルギー源まで存在しているんです。地球でもマグマの通り道近くにおける水熱反応は、複雑な生態系を支えていることが知られています。 エンケラドゥスは木星の衛星エウロパに比べるとそこまで知られていませんが、太陽系の中ではもっとも興味深い存在のひとつです。直径は約504kmで、地理的には若く、地表はつねに変化しています。その軌道は円形ではないため、重力で軌道が曲がっていると考えられており、その歪みがエンケラドゥスの核に熱を生じさせているのではないかと考えられています。またこの潮汐力からくる熱によって、深さ60kmに及...more
in English
カテゴリー:

【古生物】世界最古のトコジラミ、米オレゴンの洞窟で半化石発見 - 04月05日(水)20:13 

http://www.afpbb.com/articles/-/3123985?act=all 【4月5日 AFP】米国の洞穴で最古のトコジラミの半化石が発見された。この大昔の生物は現代のトコジラミとは異なり、人の血液を餌にはしていなかった。研究者らが4日、明らかにした。  米国昆虫学会(Entomological Society of America)の衛生昆虫学誌「Journal of Medical Entomology」に掲載の研究論文によると、オレゴン(Oregon)州南部のペイズリー洞窟(Paisley Five Mile Point Caves)で見つかったトコジラミ3種(学名:Cimex pilosellus、Cimex latipennis、Cimex antenn...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【北原みのり】女性が遊ぶ金欲しさに売っているという男性の見方は買いたい男の安心材料でしかない 男が値段を付けて売り男が買っている - 03月29日(水)03:47 

若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。 米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。 写真:アダルトビデオや風俗が巨大産業となっている日本について「他の国で例えようがない」と話す北原みのりさん=18日、那覇市内 ―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加されたと聞いた。 「米軍関係者による性被害について、基地があるから起きてし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

世界最古とされた韓国の金属活字に「宝物の価値なし」と最終判定 - 04月15日(土)17:30 

2017年4月13日、韓国で世界最古との主張が提起されていた金属活字について「国の宝物に指定する価値がない」との判定が下され、 約7年続いた「世界最古」の真偽論争に終止符が打たれた。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。 韓国文化財庁は同日、ソウル市内の国立古宮博物館で開いた懇談会で、高麗金属活字101点の宝物指定案件について文化財委員会分科会で審議し、 これを否決したことを明らかにした。これらの活字が、国の指定文化財である「宝物」とするだけの価値を持たないと判断されたのだ。 2010年9月に古美術業者によって...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ティラノサウルスはみんな「第6感」を持っていた? 新種の化石によって新たに判明 - 04月12日(水)08:10 

巨大な体でも、センシティブな感覚を持っていたようで。 ロマンあふれる太古の地球の支配者、恐竜。中でも恐竜といえばティラノサウルスを想像する人は多いんじゃないでしょうか。近年では、恐竜は羽毛に覆われていたなど、より詳しい生態がわかってきています。そして今回アメリカで発見された化石から、ティラノサウルスの新たな生態が判明。なんと周囲の環境を察知する「第6感」を持っていたらしいんです! 1992年アメリカ・モンタナ州で、あるティラノサウルスの化石が発見されました。その化石はカルタゴ・カレッジの古生物学者Thomas Carr氏により、約7,500万年前に生息していたティラノサウルスの一種、ダストプレトサウルス属の新種と認定され、D. horneri(ダストプレトサウルス・ホーナーリ、Daspletosaurus horneri)と名付けられました。著名な生物学者Jack Horner氏から取られた名前は、直訳すると「Hornerの恐るべきトカゲ」という意味です。 Scientific Reportsに掲載された研究によると、ティラノサウルスの顔は非常に敏感な鱗で覆われており、環境の変化を機敏に感知する「第6感」を備えていたらしいことが判明。獲物の位置や障害物を察知したり、子供を守ったり、さらには仲間とコミュニケーションをとることができたと考えられます。この能力は現代のクロコダイルに...more
in English
カテゴリー:

【話題】すべての古代文明遺物に頻繁に現れる「ミステリーバッグ(謎のカバン)」の秘密 - 04月01日(土)06:53 

古代文明において、人類はその歴史を石造や絵画に刻み現代に残してくれた。 我々はその遺物から当時の人々の生活をひも解くことができる。 世界最古の文明であるとされてきた、メソポタミア文明の中では「ミステリーバッグ」と呼ばれる、謎のカバンのようなものをかたどった数多くの石造や石碑が発見されている。 だがそれだけではない、ほぼすべての古代文明で、この謎のカバンを模した石造や彫刻が発見されているのだ。 時代も場所も違うのに、なぜ同様のアイテムがこうも頻繁に登場するのだろう? 動画:https://youtu.be/T7xd...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

作家の北原みのりさん「AVや風俗は性搾取。男たちの需要を止めよ」 - 03月28日(火)19:51 

若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。 米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。 アダルトビデオや風俗が巨大産業となっている日本について「他の国で例えようがない」と話す北原みのりさん=18日、那覇市内  ―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加されたと聞いた。 「米軍関係者による性被害について、基地があるから起きてしまう...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「世界最古」の画像

もっと見る

「世界最古」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる