「世界国別対抗戦」とは?

関連ニュース

ロシア・メドベージェワ選手のセーラームーン姿に「似合いすぎ」の声! - 04月23日(日)23:04 

 23日に国立代々木競技場で行われ、同日フジテレビで放送された世界国別対抗戦エキシビションで、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手がセーラームーンのコスプレで登場。熱のこもった演技を披露した。
in English
カテゴリー:

織田信成、村上佳菜子最後の演技中に号泣!? バックヤードでハグ - 04月23日(日)21:10 

 現役からの引退を表明したフィギュアスケートの村上佳菜子選手。23日に国立代々木競技場で行われ、同日フジテレビで放送された世界国別対抗戦エキシビションに出演し最後の演技を披露。織田信成と泣きながら抱擁しあう場面が合った。
in English
カテゴリー:

フィギュア・村上佳菜子、現役引退を発表!「とても苦しい毎日でした」 - 04月23日(日)20:12 

フィギュアスケート選手の村上佳菜子が23日、東京・代々木第1体育館で行われた世界国別対抗戦のエキシビションにゲスト出演し現役引退を発表した。公式サイトでは直筆のメッセージが公開されている。
in English
カテゴリー:

フィギュア:羽生が「PPAP」 エキシビション - 04月23日(日)19:35 

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦のエキシビションが23日行われ、男子の羽生結弦(ANA)らが出演した。羽生は序盤に日本チームでピコ太郎さんの楽曲「PPAP」を演じると、個人ではトリで登場。白鳥をイメージした衣装で「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」を優雅に舞った。アンコールでは今大会で失敗したショートプログラム(SP)の「レッツ・ゴー・クレイジー」の一部を演じ、ロックコンサートさながらに観客を熱狂させた。リンクを後にする際には、観客に向かって「3、2、1、ありがとうございました! 来シーズンもよろしくお願いします!」と絶叫。今季をしめくくった。
in English
カテゴリー:

若手女子が力を発揮、平昌へ弾み 今季のフィギュア終了 - 04月23日(日)19:23 

 フィギュアスケートの2016~17年シーズンが幕を閉じた。今季最終戦となった世界国別対抗戦では、日本の男女シングルが強さを発揮。来年の平昌五輪に向けて弾みがついた。 女子フリーでは、今季シニア転向し…
in English
カテゴリー:

ラストダンスは憧れの中野友加里さん使用曲 村上佳菜子 - 04月23日(日)21:14 

 引退を表明した村上佳菜子が23日、ゲストスケーターとして世界国別対抗戦のエキシビションに招かれた。現役最後の曲に選んだのは、2012~13年シーズンのショートプログラム曲「プレア・フォー・テーラー」…
in English
カテゴリー:

【どんだけ好きなんだよ?】メドベジェワ、世界国別対抗戦SPでまたも美少女戦士セーラームーン披露へ - 04月23日(日)20:28 

 世界国別対抗戦のショートプログラム、フリーともに自身のもつ世界歴代最高得点を塗り替えた世界女王のエフゲニア・メドベジェワ(ロシア) は23日のエキシビションで、大好きなアニメ「美少女戦士セーラームーン」を演じた。  ヒロインの月野うさぎになりきり、セーラー服姿で登場すると、会場が大歓声に包まれた。アニメのシーンを演じながら、早着替えでセーラームーンの衣装に変身。主題歌『ムーンライト伝説』 の歌詞を口ずさみながら3回転ジャンプを次々と成功させた。最後は「月に代わっておしおきよ」の決めぜりふ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

フィギュア:「魔法解けないで」日本女子、国別対抗V - 04月23日(日)19:43 

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦で3大会ぶり2度目の優勝の原動力になった日本の女子選手が23日、取材に応じた。フリーで世界歴代4位、日本歴代最高の146.17点をマークした三原舞依(神戸ポートアイランドク)は4大陸選手権優勝、世界選手権5位など大躍進した今季をフリーの「シンデレラ」になぞらえて「中野先生(コーチ)やファンの方々が魔法をかけてくださったんじゃないかと思うくらい信じられないことがたくさんあった。幸せ」と振り返った。平昌五輪シーズンの来季は「五輪に出ていけるような強い選手になりたい」とし、「魔法は引退するまで解けないでほしいなって感じです」と笑わせた。
in English
カテゴリー:

羽生も三原もPPAP 国別対抗エキシビション - 04月23日(日)19:24 

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は23日、エキシビションがあり、3大会ぶり2度目の優勝を飾った日本からは、男子フリー1位の羽生結弦(ANA)や同2位の宇野昌磨(中京大)、女子フリーで日本歴代最高得…
in English
カテゴリー:

村上が現役引退=ソチ五輪代表-フィギュアスケート - 04月23日(日)18:31 

 フィギュアスケート女子で2014年ソチ五輪代表の村上佳菜子(22)が23日、東京・国立代々木競技場で世界国別対抗戦のエキシビションにゲスト出演した後、現役引退を表明した。「限界にきたと感じた。浮き沈みの激しいスケート人生だった」と振り返った。今後はプロスケーターとして活動し、将来的に指導者を目指す。 エキシビションでは3回転サルコーからの3連続ジャンプなどを跳び、涙をこらえて笑顔でリンクを後にした。高難度のジャンプが主流となった近年は苦しんだが、「ここからがスタート。得意な芸術の部分を磨いて、プロとして心に残る演技をしていきたい」と話し、今後に思いをはせた。 10年にスケートアメリカでグランプリ(GP)シリーズ初優勝を遂げ、GPファイナルで3位に入った。全日本選手権は12、13年の2位、世界選手権は13年の4位が最高。14年ソチ五輪は12位。その後は低迷し、今季は全日本選手権で8位と振るわなかった。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

もっと見る

「世界国別対抗戦」の画像

もっと見る

「世界国別対抗戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる