「世界初挑戦」とは?

関連ニュース

【ボクシング】WBAライトフライ級チャンピオンの田口良一が防衛戦、京口紘人がIBFミニマム級世界初挑戦、7月にW世界戦 - 06月15日(木)15:36 

2017/6/14 23:40  ボクシングのワタナベジムは14日、所属選手が東京・大田区総合体育館で7月23日にダブル世界戦に臨むと発表し、世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級チャンピオンの田口良一が6度目の防衛戦で同級1位のロベルト・バレラ(コロンビア)と対戦する。  東洋太平洋ミニマム級王者の京口紘人は世界初挑戦で国際ボクシング連盟(IBF)同級王者のホセ・アルグメド(メキシコ)と闘う。  30歳の田口は世界ボクシング機構(WBO)同級王者の田中恒成(畑中)との統一戦を熱望している。東京都内で記者会見し「いい内...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】亀海喜寛 日本人ボクサー史上最高の舞台へ - 06月07日(水)12:03 

亀海喜寛 最初はあきれた対戦計画 日本人ボクサー史上最高の舞台へ http://m.sponichi.co.jp/battle/news/2017/06/07/kiji/20170607s00021000061000c.html 2017年6月7日 10:30  体重のリミットは154ポンド(69・8キロ)。プロボクシングの17階級で6番目に重いスーパーウエルター級は、かつてジュニアミドル級という名称で国内では通っていた。 「炎の男」輪島功一を筆頭に、工藤政志、三原正、石田順裕と過去4人の世界王者がいるが、村田諒太が挑戦したミドル級と同じく、日本人には難関の階級だ。  国内の選手層...
»続きを読む
カテゴリー:

『金字塔』は天才・中村一義ならではの不滅の神品 - 06月14日(水)18:00 

今年は結成20周年やデビュー20周年の有名アーティストが多いようで、当コラムでは今までもそんな節目を迎えたバンドやミュージシャンの名盤を紹介してきたし、これからも紹介していく予定だが、この人も今年デビュー20周年。先月、セルフカバーによるベストアルバム『最高築』、ライヴDVD『ERA最高築 〜エドガワQ 2017〜』を同時リリースしたばかりの中村一義である。“10年に1人の天才”と評されるに相応しい、彼のアーティストとしてのセンスが詰まったデビュー作『金字塔』を取り上げる。■10年に1人の天才“○年に1人の天才”や“○年に1人の逸材”という言い方がある。最近では将棋の藤井聡太四段によく用いられているように思う。50年に1度だとか、100年に1度だとか言われているようで、50年はともかく、100年となると客観的な比較材料が乏しいのではそれはどうなんだと思ったりするが、まぁ、ご存知の通り、そのくらいずば抜けた才能の持ち主ということである。この形容はアイドルやスポーツの世界で使われることが多いようで、軽く調べて見たら、これがなかなか面白い。10年に1人の逸材といった捉え方をされているのは、元モーニング娘。の後藤真希、SKE48の松井珠理奈らで、確かに後藤と松井とはデビューが10年ほど離れているので妙に納得。dropのメンバー、滝口ひかりは2000年に1人のアイドルと言われているそうで、今...more
カテゴリー:

【ボクシング】夏のボクシング3大ビッグマッチ!パッキャオ、三浦、亀らの激闘を見逃すな - 06月03日(土)10:46 

WOWOWで放送中の「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」で、 7月・8月の2カ月連続で3大ビッグマッチを生中継することが決定。 7月は、オーストラリア・ブリスベンで行われるマニー・パッキャオの王座防衛戦、三浦隆司が1年半ぶりの王座奪還を狙うアメリカ・カリフォルニアでの世界戦をラインアップ。8月には、亀海喜寛の世界初挑戦を生中継する。 パッキャオは、16歳でプロデビュー後、フライ級からS・ウェルター級まで6階級を制覇し、現在は上院議員も務める“フィリピンの英雄”。 2016年4月に引退したものの、同年11月のジェシー...
»続きを読む
カテゴリー:

「世界初挑戦」の画像

もっと見る

「世界初挑戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる