「世界中」とは?

関連ニュース

重力を感じさせない24個の不思議な彫刻 - 02月24日(土)23:05 

まるで地球の引力を無視したかのような、重力を感じさせない24個の不思議な彫刻作品が、世界中の面白い画像やムービーなどを掲載するサイトTheMindCircleで紹介されています。続きを読む...
カテゴリー:

【五輪】パシュート置き去り炎上のキムボルム選手、マススタートで金取れず 公開土下座へ… - 02月24日(土)22:09  news

平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜きのレース後の、敗戦を仲間の遅れのせいにするような発言をきっかけに、韓国国内でバッシングにさらされているキム・ボルム選手(25)が記者会見で謝罪した。しかしこの会見を受け、動画投稿サイト「ユーチューブ」の書き込み欄やツイッター上には21日までに、「うその記者会見まで?」といった批判が計1万件以上も殺到。 キム・ボルム選手をさらに追い詰めている。 20日の記者会見で、キム・ボルム選手は「私の発言で多くの人が傷ついたと思う」と言って涙をこぼした。 しか...
»続きを読む
カテゴリー:

高橋一生『blank13』で印象的だった共演者は永野!?「すごかった」と絶賛 - 02月24日(土)17:28 

俳優の斎藤工が、“齊藤工”名義で監督した映画『blank13』が全国拡大公開の初日である2月24日に、109シネマズ二子玉川で舞台挨拶を開催。主演の高橋一生、神野三鈴、村上淳、永野、佐藤二朗、齊藤工監督が登壇した。一番、印象的な共演者について問われると、高橋は「ひとりにはしぼれない」としながら、猛アピールする永野を見て「じゃあ、永野さんでいいです」と答えると、永野は「ありがとうございます」と大喜びだった。 【写真を見せる】屈託ない笑顔を見せる齊藤工監督 永野は「難しい役でした。高橋さんと現金輸送車の中で語り合うという難しい芝居をやったらぜんぶカットされて、びっくりして。でも、現金輸送のチェックをしてるシーンで7秒だけ映ってて。それは信じられないくらいいい芝居をしてましたよね」と齊藤監督に振ると「はい、僕もそう思います」と監督も笑顔でうなずいた。 齊藤監督は「すばらしいからカットしたんです。物語がそっちにいってしまうので」とやむを得ずにカットしたことを告白。 高橋も永野との共演シーンについて「ほとんどは台詞じゃないエチュード、ほぼ即興でしたが、永野さん、すばらしかった」と褒め称える。永野は「現場の人から『ジャズやってました?』と言われたくらい」とノリノリで言ったが、会場はノーリアクション。 永野は「本当にセッションでした」と慌てて補足したあと「これ、楽屋ではウケたんですが」とがっかり...more
カテゴリー:

平昌五輪アイスダンス・村元哉中、演技後に初めて流した涙 - 02月24日(土)15:04 

平昌オリンピックのフィギュアスケート団体で5位に入り、アイスダンスで15位に入った村元哉中が、24日にパートナーであるクリス・リードと共同で執筆するアメブロを更新。大会を振り返るとともに、これからの決意表明を行った。 「夢の夢の夢の舞台があっと言う間に終わってしまいました。この素晴らしいアリーナでこの夢の舞台で4回もプログラムを世界中のみんなに披露することができて幸せ!という言葉がぴったりです」としたうえで、団体チームの集合写真を紹介したり、リードと一緒に滑るシーンを多数の写真で紹介した。 団体の5位という結果には満足しつつも世界との壁は感じたようだ。そして、アイスダンスではショートプログラムでは緊張しすぎた結果いつもより動きが固くなってしまったという。だが、オリンピック経験者であるリードに助けられたお蔭で楽しく滑ることができたと報告した。一方、フリーの出来には大満足だったという。 「今までのなかで一番落ち着いて、気持ちのいい、納得のいく演技ができたとおもいます!満開の桜が咲きましたよっ!この五輪の舞台で・・・たくさんの桜を!!!努力は必ず報われる。運命的な出会いのタイミングやチャンスも努力があったからこそ、全てがうまくいったのだと思います」 万感の思いがあったようで、母親と会った時に号泣してしまい、これはもしかしたら初めて演技後に流した涙かもしれないという。 今後につい...more
カテゴリー:

金メダルおめでとう! 羽生選手弁当であの感動をもう一度【キャラ弁】 - 02月24日(土)11:30 

レタスクラブニュースで開催中の「冬のキャラ弁祭り」。この冬の出来事や行事を、楽しいキャラ弁で思いだしてみるのも楽しそう。皆様が投稿してくれた楽しい作品の中からピックアップしてご紹介するこのシリーズ、今回は日本全国を感動させたあの美しき不死鳥が、キャラ弁界に現れました! 涼しげなブルーのごはんは、おそらく「リンク」に見立てたもの。そしてその上でポーズを決める、スリムなこのシルエットは……もちろん羽生選手! お茶の間の私たちに、4回転ジャンプで奇跡のような夢の世界を見せてくれました。その姿を、鶏ハムで作ったというキャラ弁です。さらにおかずの段には、平昌オリンピックの公式マスコットである白虎のスホランもお目見え。 こんなお弁当を広げたら、オリンピック談義に花が咲くこと間違いなし!? 今、世界中の視線を集めているスターとマスコットが共演しているお弁当で、自分もがんばるぞ! なんて元気がわいてきそう。(レタスクラブニュース) 【関連記事】 ・崩壊注意!? パンケーキで「ダッフィー」を作る、洋風弁当【キャラ弁】 ・バレンタインに間に合わなかったら、インパクト重視なチョコ弁当はいかが?【キャラ弁】 ・寒~い季節も元気な「スポンジボブごはん」でがんばろう!【キャラ弁】 ・40年以上もの間愛されている絵本キャラをお弁当に!【キャラ弁】
カテゴリー:

【サッカー】<パチューカに新たな“本田効果”>日本の「ゴミ拾い文化」に感銘、スタジアム清掃実施へ - 02月24日(土)22:09  mnewsplus

モレリア戦後の日本人サポーターのゴミ拾いに、世界中から称賛の声   FW本田圭佑が所属するパチューカは、2月3日の試合後にスタジアム内で日本人ファンがゴミ拾いを行い、世界から称賛の声が集まったことで、 この“日本文化”に感化されたようだ。クラブはスタジアム清掃キャンペーンを行うと発表。 「スタジアムをメキシコで最もクリーンなものにする」と、スポーツ専門テレビ局「ESPN」メキシコ版が報じている。 3日のリーガMX(メキシコリーグ)後期第5節の本拠地モレリア戦に本田は先発出場し、代名詞とも言える無回転FKを叩き...
»続きを読む
カテゴリー:

日本主導のTPPに世界中から関心 米「条件次第で戻ってもいい」英国「興味ある」韓国「ウチも」 - 02月24日(土)20:27  news

韓国、TPP参加に向け日本と接触 「経済圏の恩恵」に興味、イギリスなども関心寄せる https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180224/mcb1802240615011-n1.htm 離脱した米国を除く環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加しようと、 韓国が事務レベルで日本政府と接触していることが23日、分かった。 TPP参加国は2019年の早い時期の発効を目指しており、 協定を主導する日本政府もまずは11カ国での発効を優先させる方針だ。 TPPには韓国のほかコロンビアなど複数の国・地域が関心を寄せる。 協定文には参加...
»続きを読む
カテゴリー:

スタートアップを狙え! 半歩先ゆくお買い物3つのポイントとは? - 02月24日(土)16:00 

ほかにない最先端のアイテムを探す名ハンター、ファッションコンサルタントの市川渚さん。これまで国内外の通販サイトでお気に入りアイテムと出合ってきた市川さんに、“半歩先ゆくお買い物”を楽しむための3つのポイントと、おススメサイト&アプリを教えてもらいました。 POINT1 他にないユニークなアイテムは、“スタートアップもの”が狙い目。 新しく開発した商品を作り手が投稿するウェブサイトやアプリをチェックすると珍しいものに出合いやすい。また、クラウドファンディングのサイトでピンとくるアイテムを発見したら出資するのも手。目標の資金が集まれば、製品化される。「まだ世に出ていないプロダクトのなかには、斬新でユニークなものがたくさんあります」(市川さん) ・Product Hunt 最新のアプリやウェブサイト、ガジェットなどのテクノロジー系の作品をピックアップするソーシャルニュースサイト。プロダクトを作成した人が自分の作品を投稿することができるシステムで、生まれたばかりの商品を見つけられる。 ・Kickstarter クリエイティブなアイデアを実現させるため、資金調達からプロジェクトの完成までをサポートする、クラウドファンディングサイト。プロダクトやフードアイテムのほかに、アートやゲーム、映画といった作品などにも出資できる。 ・CAMPFIRE 国内No.1のプロジェクト掲載数&PV 数を誇...more
カテゴリー:

人気スタイリスト川村桃子が日常コーデのお悩み解決! - 02月24日(土)12:40 

2月17日、ルミネのアプリ『ONE LUMINE』を利用するユーザーへ向けたプレミアムサービスのイベントが開催されました。今回は「ルミネプレミアムサービス スタイリングイベント」と題し、雑誌「andGIRL」を中心に活躍中の人気スタイリスト・川村桃子さんによるスタイリング、さらには、バッグブランド「SōLI」のデザイナー・加納麻里さんとのレザーアクセサリー作りを2人の女性に体験してもらいました。 抽選で当選した2人の女性のためだけに行われたプレミアムな夢の1日をレポートします。 まずはバッグブランド「SōLI」のデザイナー・加納麻里さんに素材とものづくりのへのこだわりを聞きながら、一緒にオリジナルのレザータッセル作りから。 「マドレーヌラパン」のスイーツをお供に、女子会のような雰囲気ではじまったイベント。早速、加納さんがデザインした「SŌLI」のバッグを拝見しながらそのこだわりについて伺いました。 「世界中からセレクトした特別な革を使っています。本体はツルッとしたレザーでハンドルはハラコといったように、革の素材感の違いを楽しんでいただければ。私の実家が西陣織の織元ということもあり、着物と同じように、素材にとことんこだわったバッグを作りたいという想いからブランドを立ち上げたんです。ちなみにバッグの内タグは西陣織であつらえました」と加納さん。 今回、好きな色でオリジナ...more
カテゴリー:

アカデミー賞、久々の日本人受賞なるか?これまでの受賞実績を復習 - 02月24日(土)11:30 

 約1週間後に迫った第90回アカデミー賞授賞式。今年は、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の日本人特殊メイクアップアーティスト・辻一弘氏がメイクアップ&ヘアスタイリング部門、桑畑かほる監督が共同監督を務めた「Negative Space(原題)」が短編アニメーション賞にノミネートされている。久々の快挙に期待が高まる中、これまでの日本人・日本作品の受賞の歴史を振り返る。  日本作品で初めてオスカーを受賞したのは、黒澤明監督作「羅生門」(50)。第24回のことで、当時は外国語映画賞がなく、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーの理事会の投票で名誉外国語映画賞に選出された。一般会員の投票により選ばれた最初の日本人受賞者は、「地獄門」(53)の和田三造氏で、第27回の衣装デザイン(カラー)賞を獲得。同作は、名誉外国語映画賞にも選らばれた。  花形の俳優部門では、「サヨナラ」(57)のミヨシ梅木が助演女優賞に輝いたのが、日本人、ひいてはアジア人で初。その後、ワダエミや石岡瑛子(衣装デザイン賞)、坂本龍一(作曲賞)らがオスカー像を手にした。宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(01)が長編アニメーションに輝いたのも忘れてはならない。近年では2009年の第81回で、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞、加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞とダ...more
カテゴリー:

もっと見る

「世界中」の画像

もっと見る

「世界中」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる