「世界ボクシング機構」とは?

関連ニュース

帝里「ベストの状態で」=7月に豪州で世界戦-IBF・Sフライ級 - 06月20日(火)19:34 

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級タイトルマッチ(7月2日、オーストラリア・ブリスベン)で王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に挑む帝里木下(千里馬神戸)が20日、神戸市内の所属ジムで練習を公開した。調整は順調のようで、「今のところばっちり。ベストの状態で豪州へ行けるようにやっている」と語った。 3ラウンドのスパーリングをこなした後には、相手からパンチを受けた場面を入念に振り返り、修正を加えていた。世界ボクシング機構(WBO)ウエルター級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の防衛戦も同じ日に組まれており、「間近で見てみたい。勝って気持ち良く観戦したい」。 [時事通信社]
カテゴリー:

WBO:Sフライ級王者の井上尚弥 米国で6度目の防衛戦 - 06月19日(月)15:42 

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が9月9日(日本時間10日)に6度目の防衛戦を米国で行うと19日、所属ジムなどが発表した。開催地は未定。米国では初の試合となる。相手はWBOバンタム級7位のアントニオ・ニエベス(米国)。
カテゴリー:

【ボクシング】WBAライトフライ級チャンピオンの田口良一が防衛戦、京口紘人がIBFミニマム級世界初挑戦、7月にW世界戦 - 06月15日(木)15:36 

2017/6/14 23:40  ボクシングのワタナベジムは14日、所属選手が東京・大田区総合体育館で7月23日にダブル世界戦に臨むと発表し、世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級チャンピオンの田口良一が6度目の防衛戦で同級1位のロベルト・バレラ(コロンビア)と対戦する。  東洋太平洋ミニマム級王者の京口紘人は世界初挑戦で国際ボクシング連盟(IBF)同級王者のホセ・アルグメド(メキシコ)と闘う。  30歳の田口は世界ボクシング機構(WBO)同級王者の田中恒成(畑中)との統一戦を熱望している。東京都内で記者会見し「いい内...
»続きを読む
カテゴリー:

井上尚、6度目の防衛戦=9月に米国初進出-WBO・Sフライ級 - 06月19日(月)16:50 

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)がWBOバンタム級7位のアントニオ・ニエベス(米国)を相手に、米国で6度目の防衛戦に臨むことが決まり、大橋ジムなどが19日に発表した。試合会場は未定で、9月9日(日本時間10日)に行われる。 13戦全勝(11KO)の井上尚にとっては、初の海外試合。東京都内のホテルで記者会見し、「正式に決まりわくわくしている。米国デビューは、スターになるための第一歩だと思う」と語った。 9月9日のメインイベントでは、4階級制覇を達成した世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級前王者のローマン・ゴンサレス(帝拳)=ニカラグア=が、同級王者のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)と再戦。ゴンサレスは「前回負けたとは思ってない。KOを狙う」。47戦目にして初黒星を喫した相手から王座奪還を狙う。 シーサケット-ゴンサレスの勝者への挑戦権を懸けた、カルロス・クアドラス(帝拳)=メキシコ=とフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の対戦も組まれた。 [時事通信社]
カテゴリー:

福原、8月に初防衛戦=WBOミニマム級 - 06月19日(月)14:48 

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王者の福原辰弥(本田フィットネス)が同級1位の山中竜也(真正)と8月27日に初防衛戦を行うことが決まり、19日に熊本市内で開いた記者会見で発表された。会場は熊本県芦北町の「しろやまスカイドーム」。 福原は「ベルトを防衛するのではなく、挑戦者の気持ちでいきたい。(山中の)足を止めるために、ガンガン自分からいく試合をしたい」と意気込みを語った。 福原は今年2月に同級1位のモイセス・カジェロス(メキシコ)を破って暫定王座を獲得。4月に高山勝成(仲里)が王座を返上したため、正規王座に就いた。 [時事通信社]
カテゴリー:

田口、京口がダブル世界戦=7月23日、河野の再起戦も - 06月14日(水)19:37 

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一の6度目の防衛戦と、国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級9位の京口紘人の初の世界戦が7月23日に行われることになり、両選手が所属するワタナベジムが14日、発表した。会場は東京都の大田区総合体育館。WBAスーパーフライ級元王者、河野公平(ワタナベ)の再起戦も前座で予定されている。 田口はWBAランク1位のロベルト・バレラ(コロンビア)の挑戦を受ける。「バレラは劣勢をはね返す勝負強さとうまさがある。ここをクリアして統一戦をやりたい」と話し、世界ボクシング機構(WBO)王者の田中恒成(畑中)との統一戦にも意欲を示した。 東洋太平洋ミニマム級王者の京口が挑むのはIBF王者ホセ・アルグメド(メキシコ)で、2015年12月に高山勝成から王座を奪った選手。京口は「KOするパワーに自信があるので盛り上げたい」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

「世界ボクシング機構」の画像

もっと見る

「世界ボクシング機構」の動画

Wikipedia

世界ボクシング機構(せかいボクシングきこう、World Boxing Organization / WBO)は、プロボクシングの世界王座認定団体の一つ。世界ボクシング協会(WBA)から分裂して1988年に設立された。本部はプエルトリコのサンフアンにある。現会長はフランシスコ・バルカルセル

歴史、概要

1988年のWBAの会長選挙結果を受け、カリブ地域の反対派とアメリカ合衆国の有力プロモーターの思惑が一致し分派、ルイス・サラスアルベルト・アレマンらがWBAから独立し発足した。

発足当初は、シュガー・レイ・レナードに対抗するトーマス・ハーンズ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる