「世界ボクシング機構」とは?

関連ニュース

亀田和、7月に復帰2戦目=モラレスと対戦-ボクシング - 05月23日(火)16:35 

 世界ボクシング機構(WBO)バンタム級元王者の亀田和毅が、7月10日に東京・後楽園ホールでイバン・モラレス(メキシコ)と契約体重56キロのノンタイトル10回戦を行うことが決まり、所属の協栄ジムが23日発表した。国内復帰2戦目となる。 モラレスは4階級制覇した元世界王者エリック・モラレスを兄に持つサウスポー。東京都内の協栄ジムで記者会見した亀田和は、「(同階級の)チャンピオンにもサウスポーがいる。きっちり倒して(世界挑戦に)いっていいよと言われるような試合をしたい」と意欲を示した。 亀田和は33勝(20KO)2敗、モラレスは31勝(19KO)2敗。 [時事通信社]
カテゴリー:

ボクシング:井上尚、KOで5度目防衛 八重樫TKO負け - 05月21日(日)20:55 

 プロボクシングの世界タイトルマッチ12回戦2試合が21日、東京・有明コロシアムで行われた。  世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(24)=大橋=は、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)=米国=に三回KO勝ちし、5度目の防衛に成功した。井上尚の戦績は13戦13勝(11KO)。
カテゴリー:

田中、来年はフライ級=比嘉、拳四朗も一夜明け会見-ボクシング - 05月21日(日)16:19 

 20日の世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチで初防衛を果たしたチャンピオン田中恒成(畑中)が21日、名古屋市内で記者会見し、「(判定勝ちとなり)倒せなかったので、一夜明けて課題や悔しさが出てきた」と心境を語った。年内はライトフライ級にとどまり、世界ボクシング協会(WBA)同級王者田口良一(ワタナベ)との統一戦を目指すが、2018年はフライ級に階級を上げる考えだという。 東京・有明コロシアムでは世界ボクシング評議会(WBC)の新王者2人が会見。13戦連続KO勝ちとなったフライ級の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は「次は(WBCスーパーライト級元王者の)浜田剛史さんが持つ15連続KOまでいきたい」と抱負を述べた。ライトフライ級の拳四朗(BMB)は「まず防衛戦をクリアして、次に統一戦もやれたら盛り上がるはず」と意欲を示した。 [時事通信社]
カテゴリー:

田中恒成が初防衛 ボクシングWBOライトフライ級 - 05月20日(土)17:09 

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトル戦が20日、名古屋・テバオーシャンアリーナであり、王者の田中恒成(21)=畑中=が挑戦者の同級1位アンヘル・アコスタ(26)=プエルトリコ=を3―0…
カテゴリー:

井上尚、八重樫ら計量パス=ボクシング世界戦 - 05月20日(土)15:19 

 ボクシングのダブル世界戦(21日、東京・有明コロシアム)の前日計量が20日、試合会場で行われ、4選手とも1回でパスした。 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)は上限の52.1キロ。「ほっとしている。これでしっかりあしたに備えられる」と落ち着いた様子で話した。挑戦者のリカルド・ロドリゲス(米国)は51.9キロでクリアした。 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級正規王者の八重樫東(大橋)と暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)は、ともに48.8キロで上限の48.9キロをクリアした。八重樫は「(相手に)オーラは感じなかった。とにかく勝てればいい」と意気込んだ。 [時事通信社]
カテゴリー:

井上尚、圧勝でV5=八重樫は1回TKO負け-ボクシング世界戦 - 05月21日(日)21:18 

 ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦は21日、東京・有明コロシアムで2試合が行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級はチャンピオンの井上尚弥(大橋)が同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)を3回1分8秒KOで下し、5度目の防衛に成功した。左フックで2度のダウンを奪う圧勝で、戦績を13戦全勝(11KO)とした。ロドリゲスは16勝(5KO)4敗。 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座統一戦では、正規王者の八重樫東(大橋)が暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)に1回2分45秒TKOで敗れ、王座を統一できず3度目の防衛に失敗。3度のダウンを奪われる完敗で、最後は右ストレートであおむけに倒された。八重樫は25勝(13KO)6敗、メリンドは36勝(13KO)2敗。 2012年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダルの清水聡(大橋)はノンタイトル8回戦でTKO勝ちし、戦績を3戦全勝(3KO)とした。 日本のジムに所属する現役男子世界王者は11人となった。◇井上尚弥の略歴 井上 尚弥(いのうえ・なおや)12年10月、プロデビュー。13年8月、現WBAライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)を破り、4戦目で日本同級王者に。14年4月、エルナンデス(メキシコ)を下して6戦目でWBC同級王座獲得。同年12月にWBOスーパーフライ級王者のナルバエス(アルゼンチン)を破り、8戦目で2...more
カテゴリー:

井上尚弥が5度目の防衛 WBOスーパーフライ級 - 05月21日(日)20:47 

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトル戦が21日、東京・有明コロシアムであり、王者の井上尚弥(大橋)が同級2位のリカルド・ロドリゲス(米)を3回TKOで下し、5度目の防衛に成功した。…
カテゴリー:

田中が初防衛=WBO・Lフライ級-五輪金の村田登場 - 05月20日(土)17:39 

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は20日、愛知・武田テバオーシャンアリーナで行われ、チャンピオンの田中恒成(畑中)が同級1位のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を3-0の判定で下し、初防衛に成功した。5回に右アッパーからの連打でダウンを奪うなどし、強敵を退けた。田中は9戦全勝(5KO)、アコスタはプロ初黒星で16勝(16KO)1敗。 東京・有明コロシアムではトリプル戦が行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦で、2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)が暫定王者でランク1位のアッサン・エンダム(フランス)と対戦。勝てば1995年の竹原慎二以来、日本選手で2人目の同級世界王者が誕生する。 [時事通信社]
カテゴリー:

ボクシング:田中恒成が初防衛 3-0の判定勝ち - 05月20日(土)17:07 

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦が20日、名古屋・武田テバオーシャンアリーナであり、王者の田中恒成(21)=畑中=が同級1位のアンヘル・アコスタ(26)=プエルトリコ=を3-0の判定で降し、初防衛に成功した。田中は昨年の大みそかに日本選手最速タイのプロ8戦目で2階級制覇を達成した。
カテゴリー:

江畑が王座獲得=WBO女子ミニフライ級 - 05月19日(金)20:51 

 世界ボクシング機構(WBO)女子ミニフライ級王座決定戦10回戦は19日、東京・後楽園ホールで行われ、41歳の江畑佳代子(ワタナベ)が塙英理加(UNITED)を判定で下し、6度目の挑戦で初めて世界タイトルを獲得した。戦績は10勝(6KO)7敗。塙はプロ初黒星で7勝(2KO)1敗となった。 [時事通信社]
カテゴリー:

もっと見る

「世界ボクシング機構」の画像

もっと見る

「世界ボクシング機構」の動画

Wikipedia

世界ボクシング機構(せかいボクシングきこう、World Boxing Organization / WBO)は、プロボクシングの世界王座認定団体の一つ。世界ボクシング協会(WBA)から分裂して1988年に設立された。本部はプエルトリコのサンフアンにある。現会長はフランシスコ・バルカルセル

歴史、概要

1988年のWBAの会長選挙結果を受け、カリブ地域の反対派とアメリカ合衆国の有力プロモーターの思惑が一致し分派、ルイス・サラスアルベルト・アレマンらがWBAから独立し発足した。

発足当初は、シュガー・レイ・レナードに対抗するトーマス・ハーンズ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる