「世界ボクシング協会」とは?

関連ニュース

【ボクシング】村田、簡単ではない再戦のワケ “疑惑判定”問題で異例事態も本人は戸惑い - 05月23日(火)18:29 

異例の再戦は実現するのだろうか。 WBA(世界ボクシング協会)ミドル級王座決定戦(20日・東京有明コロシアム)で、“疑惑の”判定負けを喫した村田諒太(31)=帝拳=は 「負けたらもう1回頑張るんです、とはいえない。気持ちの整理が必要」と話し再戦の行方は微妙だ。 WBAのヒルベルト・メンドサ会長は21日、ツイッターで自身が付けた採点表を公表。7ポイント差で村田が勝っていたとし、 「正しい判定を下させないスポーツに怒りを感じる。まずは村田選手と帝拳、日本のボクシングファンにおわびしたい」と発信。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

村田諒太のボクシング世界戦、視聴率17.8% - 05月22日(月)11:17 

 20日午後8時13分からフジテレビ系で放送された、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太がアッサン・エンダムに挑み判定負けをした世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦の平均世帯視聴率が関東地区で…
カテゴリー:

【ボクシング】村田-エンダム戦立会人「既にダイレクトリマッチ要請した」 判定に不服 - 05月21日(日)22:42 

ロンドン五輪金メダルの村田諒太(帝拳)が判定負けした20日の世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦の スーパーバイザーを務めたWBAのフリオ・タイム氏(パナマ)は21日、東京都内で取材に応じ、判定を「不服」としたうえで、再戦を求める方針を示した。  タイム氏は「私の採点では116-111で村田の勝ちだった。われわれは既にタイトルマッチ委員会にダイレクトリマッチを要請した。 月曜日に帝拳と本田会長は正式な通知を受けるだろう」と語った。 http://www.sanspo.com/sports/news/20170521/box17052...
»続きを読む
カテゴリー:

田中、来年はフライ級=比嘉、拳四朗も一夜明け会見-ボクシング - 05月21日(日)16:19 

 20日の世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチで初防衛を果たしたチャンピオン田中恒成(畑中)が21日、名古屋市内で記者会見し、「(判定勝ちとなり)倒せなかったので、一夜明けて課題や悔しさが出てきた」と心境を語った。年内はライトフライ級にとどまり、世界ボクシング協会(WBA)同級王者田口良一(ワタナベ)との統一戦を目指すが、2018年はフライ級に階級を上げる考えだという。 東京・有明コロシアムでは世界ボクシング評議会(WBC)の新王者2人が会見。13戦連続KO勝ちとなったフライ級の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は「次は(WBCスーパーライト級元王者の)浜田剛史さんが持つ15連続KOまでいきたい」と抱負を述べた。ライトフライ級の拳四朗(BMB)は「まず防衛戦をクリアして、次に統一戦もやれたら盛り上がるはず」と意欲を示した。 [時事通信社]
カテゴリー:

WBA会長「ひどい判定」 村田の敗戦に怒りのツイート - 05月21日(日)13:15 

 組織のトップも、ご立腹? 20日にあった世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトル戦で、2012年ロンドン五輪金メダルの村田諒太(帝拳)が同級1位のアッサン・エンダム(仏)に1―2で判定負けしたこ…
カテゴリー:

ボクシング村田、簡単ではない再戦のワケ “疑惑判定”問題で異例事態も本人は戸惑い - 05月23日(火)15:30 

異例の再戦は実現するのだろうか。WBA(世界ボクシング協会)ミドル級王座決定戦(20日・東京有明コロシアム)で、“疑惑の”判定負けを喫した村田諒太(31)=帝拳…
カテゴリー:

【ボクシング】<WBA会長>村田─エンダムの再戦指示!判定を謝罪「私のスコアカードでは117─110で村田の勝ちだった」 - 05月22日(月)11:16 

 - 世界ボクシング協会(WBA)は、東京・有明コロシアムで行われたミドル級王座決定戦で異論の多い判定が出たことを受け、村田諒太とアッサン・エンダム(33、フランス)の再試合を指示した。 2012年ロンドン五輪の金メダリスト、村田は20日のミドル級王座決定戦でエンダムと対戦。4回に強烈な右カウンターでダウンを奪い、その後も試合を優位に進めていたように見えたが、1─2の判定負けを喫し、プロデビュー後13戦目にして初めて敗れた。 WBA会長は声明で「私のスコアカードでは117─110で村田の...
»続きを読む
カテゴリー:

ボクシング:村田判定負け波紋、WBA会長「再戦求める」 - 05月21日(日)21:00 

 20日に行われた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦の判定が波紋を広げている。同決定戦で2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手(31)=帝拳=は四回にダウンを奪ったものの、1-2(117-110、111-116、112-115)の判定で敗れた。WBAのヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長は21日までに自身のツイッターで、再戦を求める考えを示した。
カテゴリー:

【ボクシング】WBA会長「ひどい判定」 村田の敗戦に怒りのツイート - 05月21日(日)13:24 

組織のトップも、ご立腹? 20日にあった世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトル戦で、 2012年ロンドン五輪金メダルの村田諒太(帝拳)が同級1位のアッサン・エンダム(仏)に1―2で判定負けしたことについて、 WBAのヒルベルト・メンドサ・ジュニア会長が自身のツイッター(@GilberticoWBA)に「poor decision(ひどい判定)」などと書き込んだ。 メンドサ会長は「正しい採点が行われなかったことに、怒りと不満を感じている」と投稿。 「村田と帝拳プロモーション、日本のボクシン...
»続きを読む
カテゴリー:

WBA会長 村田の判定負け「日本のファンにおわび」 再戦を - 05月21日(日)12:46 

20日夜行われたWBA=世界ボクシング協会のミドル級王座決定戦で村田諒太選手が判定で敗れた結果について、WBAの会長は自身のツイッターで、「再戦を命じるよう求める」との考えを示しました。
カテゴリー:

もっと見る

「世界ボクシング協会」の画像

もっと見る

「世界ボクシング協会」の動画

Wikipedia

世界ボクシング協会(せかいボクシングきょうかい、World Boxing Association / WBA)は、プロボクシングの世界王座認定団体の一つ。本部はベネズエラマラカイに所在していたが、2007年初頭にパナマのパナマシティに移転した。

概要

WBC・IBF・WBOの3団体も基を辿るとWBAに行きつく、もっとも古い世界ボクシング機構。IBF・WBOについてはWBA会長選挙が設立に影響を与えている。

沿革 設立
  • 1921年1月13日 - 設立。当初は、アメリカ合衆国国内における団体で、NBA(National Boxing Association、全国ボクシング協会)と称した。アメリカの17州の加盟で始まった。ニューヨーク州マサチューセッツ州は非加盟。プロボクシングの他、プロレス部門も存在したが、1930年に「全米レスリング協会」として独立。
階級新設
  • 1922年2月11日、スーパーフェザー級(旧名称:ジュニアライト級、130ポンド未満)およびスーパーライト級(旧名称:ジュニアウェルター級、140ポンド未満)を新設。
  • 1929年6月19日、ニュース...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる