「世界ジュニア選手権」とは?

関連ニュース

川合らが3回戦へ=サーフィン世界ジュニア - 09月26日(火)19:55 

 サーフィンの世界ジュニア選手権は26日、宮崎県日向市で行われ、女子18歳以下の部で川合美乃里が3回戦進出を決めた。同16歳以下の部では野中美波と中塩佳那が2回戦を突破。 男子16歳以下の部は安室丈が3回戦に進んだ。 [時事通信社]
カテゴリー:

小笠原ら2回戦へ=サーフィン世界ジュニア - 09月24日(日)21:11 

 2020年東京五輪で追加競技として実施されるサーフィンの世界ジュニア選手権は24日、宮崎県日向市で競技が始まり、男子18歳以下の部で日本勢の小笠原由織、大音凜太、三輪紘也が1回戦を突破し、2回戦へ進んだ。 男子16歳以下の部では、上山キアヌ久里朱、鈴木仁、伊東李安琉が2回戦に進出した。 アジアで初開催となる今大会は、41カ国・地域から306選手が参加。男女の18歳以下、16歳以下の4部門と、個人戦の成績合計で競う国別対抗が行われる。 [時事通信社]
カテゴリー:

比嘉里緒菜選手に宜野湾市民栄誉賞 ゴルフ世界Jr. Vたたえ - 09月17日(日)10:32 

 【宜野湾】宜野湾市は15日、ゴルフの世界ジュニア選手権で優勝した比嘉里緒菜選手(15)=嘉数中3年=に市民栄誉賞を贈ることを決めた。30日から宜野湾海浜公園で開かれる「第40回宜野湾はごろも祭り」で佐喜真淳市長が表彰状と記念品を手渡す。比嘉選手は祭り初日に実施される「察度王歴史絵巻行列」に王妃...
カテゴリー:

【水泳】池江璃花子 50mバタフライで日本新 世界ジュニア - 08月27日(日)13:34  mnewsplus

8月27日 13時07分 アメリカ、インディアナ州で行われている競泳の世界ジュニア選手権で26日、日本の池江璃花子選手が女子50メートルバタフライで自身の日本記録を0秒04更新する25秒46の日本新記録をマークして優勝しました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170827/k10011114541000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 ...
»続きを読む
カテゴリー:

三輪ら3回戦へ=サーフィン世界ジュニア - 09月25日(月)19:22 

 サーフィンの世界ジュニア選手権は25日、宮崎県日向市で行われ、日本勢は男子18歳以下の部で三輪紘也が2回戦を突破し、3回戦に進んだ。同16歳以下の部では、上山キアヌ久里朱と伊東李安琉が3回戦進出。 女子18歳以下の部は川合美乃里と加藤里菜、同16歳以下の部は野中美波と中塩佳那が、それぞれ1回戦を突破して2回戦に進んだ。 [時事通信社]
カテゴリー:

「浅田真央展」で振り返る――12歳でトリプルアクセルを決めた全日本選手権 - 09月22日(金)08:52 

 連日たいへんな賑わいを見せている「浅田真央展」(日本橋高島屋で9月25日まで開催中)。20年に及ぶ競技生活の集大成ともなる展覧会で、幼少期から26歳の引退、その後のアイスショーでの衣装や写真パネルなど約100点の展示物はすべて、真央さん自身がセレクトしたものです。  浅田真央さんが世界的な人気を得たのは、2005年のグランプリファイナルで15歳にして優勝したことがきっかけでした。年齢制限のために翌年のトリノ五輪に出場できないということも当時は大きなニュースになりました。  今回は「浅田真央展」を記念して、それよりも少し前、国内のフィギュアスケート界でその名が大きく知られるようになった大会をご紹介します。  それは2002年12月の全日本選手権でした。  まだ小学校6年生で、身長は140cm台前半、細い体つきだった真央ちゃん。年齢的にジュニアの下の「ノービス」というカテゴリーの選手でしたが、全日本ノービス選手権(ノービスA)で優勝したことで、全日本ジュニア選手権に特別出場すると、4位に入りました。  ちなみにこの全日本ジュニア選手権の優勝は、真央ちゃんの3歳年上の安藤美姫さん。2位は、2歳年上の姉・浅田舞さん。3位は4歳年上で、このシーズンの世界ジュニア選手権で優勝する太田由希奈さん。5位には、5歳年上の鈴木明子さんが入っています。  全日本ジュニア選手権でも上位入賞し...more
カテゴリー:

樋口は自己ベストで2位=ザギトワ優勝、松田5位-フィギュアスケート - 09月16日(土)08:48 

 【ベルガモ(イタリア)時事】フィギュアスケートのロンバルディア・トロフィーは15日、イタリアのベルガモで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は143.37点を挙げ、自己ベストの合計217.63点で2位だった。昨季の世界ジュニア選手権を制したアリーナ・ザギトワ(ロシア)が218.46点でSP3位から逆転優勝。 松田悠良(中京大)は129.94点で、SPとの合計を195.56点として5位。フリー、合計ともに自己新をマークした。 [時事通信社]
カテゴリー:

「世界ジュニア選手権」の画像

もっと見る

「世界ジュニア選手権」の動画

Wikipedia

世界ジュニア選手権(せかい - せんしゅけん)

;球技

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる