「与党側」とは?

関連ニュース

【経済】従業員1人825万円分増えた 「内部留保」を賃上げに - 10月16日(月)14:31  bizplus

総選挙投票日(22日)まで1週間となった15日、与野党代表がフジテレビ番組「新報道2001」で、安倍自公政権の経済政策「アベノミクス」や消費税10%大増税などで討論しました。この中で安倍政権の4年間で400兆円超に膨れた大企業の内部留保が議論に。日本共産党の小池晃書記局長は「4年間で、従業員1人当たりにすると825万円も増えた。その1割、2割でも回せば、月2万円の賃上げができ、日本の景気は回復する」と提起しました。 (詳報)  与党側は「アベノミクスで成長の果実は確認されている」(自民党の岸田...
»続きを読む
カテゴリー:

【モリカケのせい?】衆院選のハテナ、そもそも、なんで選挙になったの? 急な解散、みんなバタバタ - 10月15日(日)07:35  news

西日本新聞のイメージキャラクター・ポンきちが、世の中の「?」を取材していきます。 ポンきち 選挙が始まったね。  記者 10日にスタートし、福岡都市圏の福岡1~5区には15人が立候補したよ。投開票日は22日。この日に行けなくても、21日まで期日前投票の受け付けもしているんだ。  〈安倍晋三首相は9月28日、臨時国会冒頭に衆院を解散。2年後の2019年10月に予定している消費税増税の増収分の主な「使い道」を、 国の借金返済から幼児教育の無償化などに変更することを決断したので、解散・総選挙で国民に信を問うとした〉...
»続きを読む
カテゴリー:

衆院選 与党側は組織引き締め 野党側は巻き返しへ - 10月13日(金)05:03 

衆議院選挙の情勢について、報道各社が、世論調査などで与党が優勢だと報じたことを受け、与党側は、まだ序盤だとして組織を引き締めているのに対し、野党側は、巻き返しを図りたい考えで、今月22日の投票日に向けて、選挙戦は激しさを増していくものと見られます。
カテゴリー:

自民・公明 「希望」を強く批判 10/9 12:29更新 - 10月09日(月)12:29 

衆議院選挙が10日に公示されるのを前に、東京都の小池知事が率いる「希望の党」が9日、総決起大会を行った。与党側は「希望の党」の動きを強く批判している。
カテゴリー:

自民・公明は新党の動き批判 10/4 12:22更新 - 10月04日(水)12:22 

希望の党の衆議院選挙の公約の柱が明らかになった。冒頭に消費税率10%への引き上げ凍結が掲げられる。一方、与党側はこうした新党の動きを厳しく批判している。
カテゴリー:

「森友・加計」語らぬまま 行政責任者ら選挙戦で触れず - 10月16日(月)07:30 

 安倍政権の姿勢をめぐって、国会で追及が続いてきた学校法人森友学園と加計(かけ)学園の問題。選挙戦でも、野党党首らが街頭演説などで批判する一方、与党側が自ら触れることはほとんどない。二つの問題で名前が…
カテゴリー:

【総選挙】野党分裂悔しがる小沢一郎氏、初の無所属選挙 - 10月14日(土)12:23  newsplus

野党分裂悔しがる小沢一郎氏、初の無所属選挙 2017年10月14日 10時10分 http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news2/20171014-OYT1T50009.html  「予想外で想定外の出来事だったね。(野党が)一つになりゃ圧勝なのに。安倍政権に不満を持っている人はどこに(票を)入れていいか分からない」  無所属で17選を目指す小沢一郎氏は13日、共産党の岩手県委員会(盛岡市)を訪れ、民進党の前原代表が「想定内」とした野党分裂を菅原則勝県委員長と共に悔しがった。  民進党の希望の党への合流劇で、民進、共産、自由...
»続きを読む
カテゴリー:

社会保障費無くすって言うけど、30代から病気がちになるぞ。そこどうするんだ? - 10月10日(火)19:24  news

衆院選公示を迎えた各党の党首は10日午後も、応援演説で各地を駆け巡り、他党批判を交えながら政策への支持を広げようと 多くの聴衆を前に熱弁を振るった。  自民党総裁の安倍晋三首相は東日本大震災の被災地である岩手、宮城両県に赴いた。JR仙台駅前では「社会保障制度を 全世代型に変える大改革を進めていく」と少子高齢化対策に力を注ぐ考えを強調。野党側を「どの党とくっつくかばかり。政策を問わないといけない」と批判した。  希望の党代表の小池百合子東京都知事は都内で遊説。JR八王子駅前では、森友、加計学園...
»続きを読む
カテゴリー:

衆院解散で宙に浮く「働き方改革」 お蔵入り? 温存される「残業依存体質」(城繁幸) - 10月08日(日)10:00 

突然の解散、総選挙の実施により、今国会で審議予定だった働き方改革関連法案の審議が先送りされることとなった。いや、今や注目度は安保や政界再編そのものに向いているので、次の国会で審議されるかも雲行きは怪しくなってきたように思う。そもそも、過労死や長時間残業といった日本の労働問題の根幹は、「少数の正社員を、残業をバッファーとしフルタイムで働かせるかわりに、年金支給開始年齢まで雇用を保証させる」という終身雇用制度にあり、そこにメスを入れない限り対処療法の域を出るものではない。一部の専門職に限定して時給管理を外す高度プロフェッショナル制度や残業時間に上限をつけるだけの今回の法案で劇的に何がどう変わるものではないが、それでも改革の芽となる可能性はあっただけに残念な状況には違いない。 会社は喜んでやる! 残業時間「制限」は実質的な賃金カットだ ところで、現在、最も困っているのは連合である。彼らは長年「時給で払え!」と主張し、ホワイトカラーエグゼンプションなどの脱時間給の動きに強硬に反対してきた。とはいえ、別に時給で払わせたところで本人の生産性以上に払えるわけでもないから、その分、ボーナスなどが低く抑えられて時給にまわされただけのこと。 そういう意味では、ある程度は無理にでも残業しないと稼げないような「残業依存体質」をつくってきたのは、連合自身と言える。 「株式会社電通に2015年に入社された新入...more
カテゴリー:

野党 態勢構築急ぐ 与党 政権担当能力アピール - 10月04日(水)04:51 

衆議院選挙の公示を来週10日に控え、希望の党が第1次公認候補192人の擁立を発表し、立憲民主党が正式に発足するなど、野党側は態勢の構築を急いでいます。これに対し、候補者の擁立をほぼ終えている与党側は、政策論議を通じて政権担当能力をアピールしたい考えで、今後、安全保障関連法の運用も含めた北朝鮮への対応や、消費税率引き上げの是非などをめぐる論戦が活発化するものとみられます。
カテゴリー:

もっと見る

「与党側」の画像

もっと見る

「与党側」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる