「不適切」とは?

関連ニュース

米国務長官の「前提条件なしで北と対話」発言 韓国は慎重姿勢 - 12月13日(水)15:03 

【ソウル聯合ニュース】ティラーソン米国務長官が12日の講演で北朝鮮との対話に関し、「前提条件なしで対話する用意がある」と述べたことについて、韓国青瓦台(大統領府)の高官は13日、「国務長官の発言とはいえ、米国政府の正式な立場を表明したものではないため、青瓦台が公式の論評を出すのは不適切」と慎重な姿勢を示した。
カテゴリー:

性的暴行問題に揺れる米体操界、今度は名コーチが永久追放に - 12月13日(水)12:06 

【12月13日 AFP】米体操界で長年指導に携わり、いくつもの賞を受賞しているコーチが、選手と不適切な性的行為に及んでいたとして永久追放処分を受けた。≫続きを読む
カテゴリー:

公務中に市長室で既婚女性にキスをする。あわら市長の破廉恥な行為があらわに。 - 12月12日(火)19:55  news

あわら市長が市長室で女性にキス「好かれていると」 http://www.asahi.com/amp/articles/ASKDD33WDKDDPGJB001.html 福井県あわら市の橋本達也市長(63)は12日に記者会見し、公務中に市役所の市長室で県内の知人の既婚女性にキスしたり、抱擁したりするなど不適切な行為を繰り返していたことを明らかにした。 女性の夫から抗議を受け、わび状を昨年1月に書いて渡したというが、「相手が好意を持っているものと思っていた」などと釈明した。 会見での説明によると、市長は女性と市のイベントを通じて知り合い、2013年...
»続きを読む
カテゴリー:

福井県あわら市長“公務中”女性にキス 12/12 17:36更新 - 12月12日(火)17:36 

福井県あわら市の市長が、公務中に市長室で知人の女性にキスをしたり抱きついたりする、不適切な行為を繰り返していたことが分かった。
カテゴリー:

【教育】坂本龍馬が消えたナゾ 「高校歴史用語案」を読み解く 「厩戸王(聖徳太子)」の表記も議論必至 ★2 - 12月12日(火)16:27  newsplus

「坂本龍馬」が消えたナゾ 「高校歴史用語案」を読み解く 「厩戸王(聖徳太子)」も議論必至 産經新聞:2017.12.11 08:00更新 http://www.sankei.com/premium/news/171211/prm1712110003-n1.html 坂本龍馬の肖像写真(高知県立坂本龍馬記念館提供)  国民的人気の高い「坂本龍馬」が消え、論争が続く「従軍慰安婦」が残る-。 高校や大学の教員がまとめた高大連携歴史教育研究会(高大研、会長・油井大三郎東大名誉教授)の高校歴史用語精選案が波紋を広げている。 高大研は精選案の内容についてアンケートを実施し、年度...
»続きを読む
カテゴリー:

福井・あわら市長が不適切行為 - 12月13日(水)13:07 

福井・あわら市長が不適切行為:福井・あわら市の橋本達也市長(63)が、公務中に市長室で女性に抱きついたり、キスをしたりするなどの不適切な行為をしていたことを認め、謝罪した。...
カテゴリー:

公務中キスあわら市長に真矢ミキ「なんかあらわ」 - 12月13日(水)09:29 

 福井県あわら市の橋本達也市長(63)が、公務中に県内の既婚女性にキスをするなど不適切な行為をしていた問題について、女優の真矢ミキらからツッコミが相次いだ。  13日放送のTBS系「ビビット」は、前日に同市長が行った会見の模様をオンエア…
カテゴリー:

福井・あわら:橋本市長、既婚女性と公務中に市長室でキス - 12月12日(火)19:01 

会見で「弁解の余地はない」と陳謝も、辞職の意向なし  福井県あわら市の橋本達也市長(63)は12日、既婚の知人女性と公務中に市長室でキスするなどの行為を繰り返していたことを明らかにした。橋本市長は記者会見で「不適切な行為で弁解の余地はない。市民の皆さんにご迷惑を掛け、申し訳ない」と陳謝した。辞職するつもりはないという。
カテゴリー:

福井・あわら市 橋本市長、市長室でセクハラ行為 - 12月12日(火)16:48 

 福井県あわら市の橋本達也市長が、公務中に市長室で女性にキスをするなど不適切な行為をしていたことが分かりました。
カテゴリー:

環境省「冬の星空の観察期間」1/6-15、観察シートで夜空を見よう - 12月12日(火)16:15 

 環境省は、平成30年1月6日~15日の10日間を肉眼による冬の星空観察期間に定めたと発表した。星空観察を通じて、環境保全の重要性について関心を深めてもらうことなどが目的。Webサイトでは「観察シート」を公開している。 近年、屋外照明による「光害(ひかりがい)」が問題視されている。光害とは、照明の設置方法や配光が不適切で景観や周辺環境への配慮が不十分なために起こるさまざまな影響のことで、居住者や野生生物、研究・教育活動への影響が懸念されている。 環境省は光害を防止することの重要性を踏まえ、「星空観察の推進手法に関する検討会」を開催。平成29年10月に行われた「第29回星空の街・あおぞらの街全国大会 in 信州南牧村」において、冬には肉眼による星空観察を、夏にはデジタルカメラによる星空観察を呼びかけていくことが報告された。 平成29年度の冬の星空観察期間は、平成30年1月6日~15日の10日間。星空観察を通じて光害や大気汚染などに気付き、環境保全の重要性について関心を深めてもらうことを目的としている。また、良好な大気環境や美しい星空を地域資源(観光や教育)としても活用してほしいとしている。 観察時間は日没後1時間半以降。観察内容は、「天の川観察」と「GLOBE AT NIGHTへの参加によるオリオン座周辺の星の観察」の2種類。「天の川観察」では、高度の異なる天の川の3部分(ペルセウス...more
カテゴリー:

もっと見る

「不適切」の画像

もっと見る

「不適切」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる