「不発弾」とは?

関連ニュース

<福島第1>敷地内に不発弾 陸自が撤去 - 08月11日(金)06:05 

10日午前7時半ごろ、福島県大熊町の東京電力福島第1原発敷地内で、駐車場の造成工事をしていた作業員が不発弾1個を見つけた。県警双葉署から依頼を受けた陸上自衛隊が同日午後4時50分ごろ、敷地から撤去した
カテゴリー:

旧日本軍の爆弾と判明=発見された不発弾-福島第1 - 08月10日(木)20:24 

 東京電力福島第1原発の敷地内で10日見つかった不発弾のようなものについて、陸上自衛隊第6師団が調査したところ、旧日本陸軍の爆弾とみられることが同日判明した。信管が付いておらず、同師団は爆発の恐れはないと判断して回収した。今後、処分方法を検討する。 爆弾は同日朝、駐車場造成のための掘削作業中に発見された。長さ80センチ、直径15センチの50キロ爆弾で、東電は周辺での作業を中止して半径200メートルを立ち入り禁止にした。事故を起こした原子炉は1キロ以上離れており、同日の廃炉作業は予定通りに行われた。 【時事通信社】
カテゴリー:

不発弾か 福島第一原発近くで見つかる - 08月10日(木)14:07 

廃炉作業が行われている東京電力福島第一原子力発電所の構内から300メートルほど離れた駐車場の工事現場で、10日朝、不発弾と見られるものが見つかり、警察が、爆発するおそれがないか確認作業などを進めています。東京電力によりますと、原発構内での作業はふだんどおり行っているということです。
カテゴリー:

【福島第1原発】敷地内に不発弾か 戦時中、陸軍の飛行場 - 08月10日(木)12:12  newsplus

東京電力は10日、福島県大熊町の福島第1原発敷地内で不発弾とみられるものが見つかったと発表した。県警が確認作業を進めており、不発弾だった場合は処理方法を検討する。周囲は立ち入り禁止になったが、廃炉作業などへの影響は出ていないという。 10日午前7時半ごろ、原発敷地の西端で駐車場の整備工事中、地面を掘削していた協力会社の作業員が地中から見つけた。長さ約85センチ、直径約15センチの円筒状で、羽根のようなものがついている。発見地点は、事故を起こした1~4号機から約1キロ離れている。 県歴史資料館...
»続きを読む
カテゴリー:

福島第一敷地内に不発弾か 原子炉建屋から1キロの地点 - 08月10日(木)11:54 

 福島県大熊町の東京電力福島第一原発の敷地内で10日午前7時半ごろ、駐車場の拡幅工事をしていた作業員が地中から不発弾のようなものを発見。東電が県警双葉署に通報した。第一原発では廃炉作業が行われているが…
カテゴリー:

【福島】多くの抗生物質効かない細菌に感染、高齢者3人死亡 北九州の病院、2人は院内感染か - 08月10日(木)20:54  newsplus

2017.8.10 20:41更新 http://www.sankei.com/west/news/170810/wst1708100108-n1.html 10日午前7時半ごろ、東京電力福島第1原発(福島県大熊町・双葉町)の敷地内で、不発弾のようなものがあるのを、掘削作業をしていた東電の協力会社の作業員が発見した。回収を依頼された自衛隊が危険性は少ないと判断し、同日午後4時50分ごろ、運び出した。第1原発敷地には、戦時中に旧日本軍の飛行場があった。  東電や双葉署によると、長さ約85センチ、直径約15センチで、事務本館の北約350メートルの駐車場で見つかった。廃炉...
»続きを読む
カテゴリー:

福島第1原発敷地内で「不発弾」 確認急ぐ - 08月10日(木)16:18 

福島第1原発敷地内で「不発弾」 確認急ぐ:10日朝、福島第1原発の敷地内で不発弾のような物が見つかり、警察が確認を急いでいる。...
カテゴリー:

<福島第1>敷地内に不発弾か 建屋から1キロ以上 - 08月10日(木)13:41 

10日午前7時半ごろ、福島県大熊町の東京電力福島第1原発敷地内で、駐車場の造成工事をしていた作業員が不発弾のようなものを見つけた。県警双葉署が陸上自衛隊に依頼し、不発弾かどうか調べている。 不発弾のよ
カテゴリー:

福島第1原発敷地内で「不発弾」発見か - 08月10日(木)11:58  news

<福島第1原発>敷地内に不発弾か 8/10(木) 11:10配信  東京電力は10日、福島県大熊町の福島第1原発敷地内で不発弾とみられるものが見つかったと発表した。県警が確認作業を進めており、 不発弾だった場合は処理方法を検討する。周囲は立ち入り禁止になったが、廃炉作業などへの影響は出ていないという。  10日午前7時半ごろ、原発敷地の西端で駐車場の整備工事中、地面を掘削していた協力会社の作業員が地中から見つけた。 長さ約85センチ、直径約15センチの円筒状で、羽根のようなものがついている。発見地点は...
»続きを読む
カテゴリー:

福島第1敷地に不発弾か=廃炉作業に影響なし-東電 - 08月10日(木)11:28 

 東京電力は10日、福島第1原発の敷地内での駐車場の造成工事中に、地中から不発弾のような物体が見つかったと発表した。福島県警双葉署によると、物体は長さ約85センチ、幅約15センチで、形状から不発弾の可能性が高く陸上自衛隊に鑑定を依頼する。東電は工事を中止し、周囲200メートルの立ち入りを禁止したが、約1キロ離れた原子炉での廃炉作業に影響は出ていない。 東電によると、10日午前7時半ごろ、駐車場造成のため地面を掘削していた下請け企業の作業員が物体を発見した。現場は第1原発の事務本館から北西に約400メートル離れた場所で、周辺は原発事故に伴い帰還困難区域に指定されており、住民はいない。 双葉町教育委員会によると、第1原発の敷地には戦時中、陸軍の飛行場があり、攻撃を受けたこともあったという。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「不発弾」の画像

もっと見る

「不発弾」の動画

Wikipedia

不発弾(ふはつだん)は、起爆に関する機構に何等かの不具合があって爆発せずにある砲弾ロケット弾、誘導弾などの弾薬類の総称である。

  • 発射薬に関する異常で発射されなかった弾薬類も、一般には不発弾と呼ばれるが、専門的には不発射弾と呼ばれる。不発射弾については後述。
  • 転じて、何等かの効果が期待されて行われた動作や興行などが、期待された効果を生まなかった場合に、不発弾不発と形容される。
概要

川床から不発弾として発見された第二次世界大戦期の4,000ポンド爆弾。ブロックバスターとも呼ばれる大型爆弾で、名前の通り街の1ブロックの建造物を焼失させる威力を持っていた(class="" href="/w...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる