「不法行為」とは?

関連ニュース

【将棋】藤井聡太フィーバーで注目、「棋譜使用料」10万円は妥当か - 02月23日(金)18:30  mnewsplus

藤井聡太フィーバーで注目、「棋譜使用料」10万円は妥当か  将棋界期待の新星・藤井聡太(15)と羽生善治2冠(47)との対局で大きな盛り上がりを見せた、2月17日の朝日杯将棋オープン戦。将棋専門誌に限らず藤井の強さを解剖する特集が組まれるようになったが、その際に必要となるのが、指し手順を記録した「棋譜」だ。そこで朝日杯の主催者である朝日新聞社に、棋譜を誌面上で使用するためにはどうすれば良いのかを問い合わせたところ、こんな答えが返ってきた。  「1か月以内に行なわれた棋譜を誌面に掲載される場合には、対局者...
»続きを読む
カテゴリー:

【ニュース解説】働きすぎで「居眠り運転」、会社の責任がより問われる時代に…横浜地裁川崎支部の「画期的」和解を分析 - 02月18日(日)10:57  newsplus

【ニュース解説】働きすぎで「居眠り運転」、会社の責任がより問われる時代に…横浜地裁川崎支部の「画期的」和解を分析 ◆働きすぎで「居眠り運転」、会社の責任がより問われる時代に…「画期的」和解を分析 2月8日、横浜地裁川崎支部で「画期的」な和解が成立した。 深夜勤務後の帰宅中にバイク事故で亡くなった会社員の渡辺航太さん(当時24)の遺族が、会社に損害賠償を求めた訴訟の和解のこと。 会社が遺族に謝罪し、約7600万円を支払う内容だ。 渡辺さんは、長時間の深夜労働を終えて横浜市の職場から都内の自宅にバイクで帰...
»続きを読む
カテゴリー:

【通勤手当訴訟】正社員の半額、非正規勝訴 福岡地裁支部 - 02月13日(火)23:21  newsplus

北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部(鈴木博裁判長)が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。  判決は1日付で、原告側が13日に記者会見で公表した。原告側は通勤手当が正社員の半額の月5000円なのは「不合理な差別」と主張し差額分な...
»続きを読む
カテゴリー:

通勤手当訴訟:正社員の半額、非正規勝訴 福岡地裁支部 - 02月13日(火)19:32 

 北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。
カテゴリー:

女性は妊娠して辞めるから不採用…違法では? - 02月23日(金)06:30 

先日、ある質問掲示板に既婚の女性が面接の際、「仕事を教えてすぐ退職したら困る」などと文句を言われた挙げ句、「長く働くイメージができない」として不採用になったという書き込みがありました。 応募職種は最長5年の契約社員だったそうで、無期雇用の可能性は一切なく、「長く働く」ことは物理的に無理だろうとのこと。 女性は「自分が既婚者だから落とされたのではないか」と憤っています。   ■「女性だから」という理由で採用を見送る企業も 昨今「女性の社会進出」が叫ばれており、実際に企業でバリバリと働いている人も大勢存在しています。その一方で、今回のように「妊娠すると辞めてしまうから」という理由で、採用を見送る会社も、未だにあるようです。 女性というだけで採用しないことについては強い批判がありますが、一部企業では「理解できる」という声もあります。 法的に見て、女性というだけで「不採用」というのは許されることなのでしょうか? 法律事務所あすかの冨本和男弁護士に見解をお伺いしました。     ■女性だから不採用は許されるのか? 「結論からいうと、女性であることを理由とする採用拒否ですので違法です。雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律の第5条に違反します。 この法律は、男女の均等な機会と待遇の確保を図ることや、女性労働者の就業に関して妊娠中・出産後の健...more
カテゴリー:

大食いタレントに焼肉店が出入り禁止通告…法的に許される? - 02月15日(木)21:40 

先日ある大食いタレントが、自身のブログで食べ放題の焼肉店から「出入り禁止」を告げられたことを明かし、賛否両論となりました。 店としては食べ放題といえども1人に多くの肉を食べられては採算が取れないという判断からそのような行為に出たものと思われるだけに、理解を示す人もいるようです。 一方で「食べ放題なんだからいくら食べてもいいじゃないか」「出入り禁止はやり過ぎ」など、批判の声も根強い状況です。このように食べ放題を謳う店舗が「よく食べるから」という理由で特定の客を「出入り禁止」にすることは許されるのでしょうか? エジソン法律事務所の大達一賢弁護士に見解を伺いました。   ■食べ放題店での「出入り禁止」は合法? 「“食べ放題”、“飲み放題”と並ぶこれら魅惑の言葉に、胸の高鳴りを禁じ得ないのは私だけでしょうか。 さて早速解説ですが、“食べ放題”に限らず、そもそも飲食店に入店するのは、飲食物供給契約を締結することの申込みに当たると考えられます。 お店には契約を締結する事由、言い換えるとどの客を立ち入らせ、どの客の立入を断るかの裁量があるので、特定の客を出入り禁止にすること自体が違法になることは考えられません。 ただし、お店の社会的評価を考えると、少なくとも出禁にするためには、出禁にするだけの合理的な理由まで必要になると思われます。 では、合理的な理由とはどういったものが考えられるでし...more
カテゴリー:

【不満なら正社員になれよと言われ・・】通勤手当正社員の半額に憤慨の非正規社員が提訴し勝訴へ 福岡 - 02月13日(火)22:54  news

 北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として 同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、 不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。  判決は1日付で、原告側が13日に記者会見で公表した。原告側は通勤手当が正社員の半額の月5000円なのは「不合理な差別」と主張し差額分などを求め...
»続きを読む
カテゴリー:

琉球新報「太平洋戦争被害の訴訟棄却、古い時代の考えで裁くことは今の時代にそぐわない。国は賠償を」 - 01月26日(金)07:36  news

<社説>南洋戦国賠訴訟棄却 それでも国に補償責任 国に切り捨てられた戦争被害者は、司法にも突き放された。国が起こした戦争にもかかわらずである。 サイパンやテニアンなどの南洋諸島やフィリピンで戦争被害を受けた県出身者や遺族ら44人が、国に謝罪と原告1人当たり1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、那覇地裁は訴えを全面的に退けた。 戦時は旧憲法下で、国家賠償法施行前のため「国は不法行為責任は負わない」ことなどが棄却理由である。 国は戦傷病者戦没者遺族等援護法で軍人や軍属などは援護してきたが...
»続きを読む
カテゴリー:

「不法行為」の画像

もっと見る

「不法行為」の動画

Wikipedia

不法行為(ふほうこうい)とは、ある者が他人の権利ないし利益を違法に侵害する行為末川博権利侵害論第2版304頁(日本評論社、1949年)森島昭夫不法行為法講義1頁(有斐閣、1987年)。また、その場合に加害者に対して被害者の損害を賠償すべき債務を負わせる法制度である。

以下、民法については条数のみ記載する。

概説

不法行為は、民法学上、事務管理不当利得と同じく、法律の規定により発生する法定債権として位置付けられている。不法行為責任は、契約責任のように特定の法律関係にある者の間にのみ生じるものではなく、特定の法律関係にない者の間においても一定の要件の下に生じうることに特徴がある我妻栄・有泉亨・川井健著 民法2 債権法 第2版 勁草書房、2005年4月、421頁。

この制度は、契約と並んで債権法中の主要な地位を占め、理論上も実際上も極めて重要な法制度であり大きな社会的機能を有する内田貴著 民法Ⅱ 第3版 債権各論 東京大学出版会、2011年2月、323頁。

制度趣旨

不法行為制度は人類の歴史とともに始まるとされ、加害者の処罰、被害者の満足、損害の填補、社会秩序の回復、反社会的行為の防止といった機能を有するとされる。

その後の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる