「不気味」とは?

関連ニュース

廃墟のショッピングモール映像集「Dead Mall Series」に80年代の幽霊をみた - 04月29日(土)13:10 

(image: Dan Bell / Film It) 先日ご紹介した「Dead Mall Series」ですが、制作者のダン・ベルさん本人にコンタクトをとりましたので、より詳しい情報と魅力をお伝えします。 アメリカの映像作家、ダン・ベルさんは、2015年からアメリカじゅうを旅して経営が立ち行かなくなったショッピングモールを撮り続けてきました。YouTubeで公開されている「Dead Mall Series」の初期の映像作品は、廃墟に挑むベルさんの冒険心に満ちあふれ、人の手を離れて朽ちていく建造物の「おもしろさ」と「こわさ」が気味の悪いエレベーターやゴミだらけの映画館を通して映し出されています。落ちぶれて哀愁漂うモール、シャッター街さながらのモール、完全に廃墟と化したモール…。 数々の「Dead Malls」を訪ね歩くうち、次第にベルさんの死にゆくモールの美学が焦点を結び、多くのファンに支持されるようになりました。ベルさんは死期が近いモールを看取るかのように、ときにユーモラスに、ときに切なく、はかない高度成長期の夢の残骸を撮り続けて最近37作目を発表したばかり。ふだん目にすることのない消費社会の闇を浮き彫りにしています。 「Dead Mall Series」の多くは、80年代のテレビコマーシャルやニュース番組を合わせた、やけに騒がしいモンタージュから始まります。かつてアメ...more
in English
カテゴリー:

ゴミのモンスターからのメッセージ。「もっと僕たちに気づいて!」 - 04月28日(金)21:01 

不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い捨てについて考えて欲しい」。そう思い行動したFrancisco de Pajaroさんは、スペインを拠点に活動するアーティスト。彼によって、生まれ変わったゴミモンスターが心に語りかけます。もう捨てちゃうの?まだまだ使えるでしょ。「使い捨てが当たり前になった社会でも、まだ利用できるものはたくさんある」ロンドン、バルセロナ、ニューヨークなど、幅広い場所で制作をするPajaroさんは、どの街でもこの思いを大切にしているんです。もちろん、ゴミをゼロにすることは難しい。でも、一人ひとりがムダのない生活を意識するだけでも、少しずつ世の中は変わっていくはず。ゴミから生まれたモンスターたちはそれを伝えるために生まれました。ゴミだって集まるとすごいんだぞ!今からその力を見せてあげるね。自分たちの可能性を探す旅に行ってきます。もう、二度とトイレとしては働かないぞ!やれやれ。人間たちが適当なところに捨てるから、自分であるべき場所に戻りますよっと。住み心地はどうかって?悪いに決まっているだろ。ブロロロロロロ〜!バンバン!まだまだ使えるゴミを巡って、争いが始まった。うーん。自分の家がわからない。こんなところに化け物が!?って、そう叫んで逃げていった人間たち...more
in English
カテゴリー:

九州壊滅!? 沈黙する「警固断層帯」(南半分)が暴発する大地震Xデー - 04月28日(金)10:03 

「このところの日本列島は静か過ぎる」のだという。 琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏はこう語る。 「この静けさが非常に不気味なんです。過去に発生した大地震の多くは、国民が...
in English
カテゴリー:

【第7回 コンフィデンスドラマ賞】「助演女優賞」に毒母怪演の斉藤由貴「大きな支え、自信に繋がった」 - 04月28日(金)04:00 

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「第7回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年1月期の結果を発表。「助演女優賞」には、『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK総合)で、娘への愛情がエスカレートする“毒母”を怪演した斉藤由貴が受賞した。 【場面カット】“毒母”を怪演する斉藤由貴  昨年デビュー30周年を迎えた斉藤は、ここ数年で活躍の幅をさらに広げ、さまざまな役柄を演じ好評を博している。特に今作での狂気に満ちた母親役の怪演には、視聴者から「とにかく怖かった」(20代女性/東京)、「演技がリアル過ぎて怖くて途中観られなくなった」(50代女性/埼玉)などの声が寄せられ、審査員からも「何もしゃべらず立っているだけでも不気味さが感じられ、物陰に気配があるだけで怖かった。圧倒的な存在感で、ある意味、主役だった」(笹島拓哉氏/読売新聞 文化部 記者)、「社会的にも注目される“母娘の関係性”の問題を、斉藤さんが演じたということで意外性と説得力をもって伝わってきた」(佐竹慎一氏/共同通信 文化部 記者)と高く評価された。なお、斉藤の受賞コメントは以下の通り。 ■助演女優賞:斉藤由貴  助演女優賞という素敵な賞をいただき、本当に驚きました。名古屋に通いながらの撮...more
in English
カテゴリー:

『ブレードランナー』で描かれた未来まであと2年 作中とそっくりな風景を探してみた - 04月27日(木)11:25 

2015年、ネットで大いに話題になったのが、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』で描かれた“未来”がやってきたというニュース。作中で描かれた未来は2015年10月21日でしたが、2019年には映画『ブレードランナー』が描写した未来がやって来ます。たった2年後にあんな世界がやって来るとは想像できませんが、どこかにその萌芽はあるはず。そっくりな風景を東京で探してみました。 東京中を駆け回って、まず見つけたのは、外国人がその混沌と秩序に最も驚くという渋谷の交差点。その頭上に凛々と輝くQFRONTのワイドビジョン。そうです! ブレードランナーで最も日本人にインパクトを残したシーンと言えば、あの巨大電光掲示板に和風の女性がにっこり笑う、強力わかもとのCMが映っているシーンで間違いないでしょう。あのシーンを再現できるのはここだけではないでしょうか。ブレードランナーの続編公開日には、ぜひ渋谷をジャックしてありとあらゆるビジョンを強力わかもとのCMで埋め尽くしてほしいです。 次なるスポットは、新宿歌舞伎町。歌舞伎町は、全体的にブレードランナー臭がする街なのですが、なかでも新宿区役所のあたり、風林会館の向かいにある路地は、主人公のデッカードが冒頭にヌードルバーでうどんを食べるシーンの街並みにそっくり。うどん屋はありませんが、一杯飲み屋が連なっていて、有名な上海料理屋もあります。雨の日などに一度訪れた...more
in English
カテゴリー:

仏大統領選、マクロンの不気味な勝利か? 極右に目を惑わされ、仏政界の大再編も | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン - 04月29日(土)12:00 

マルクスは『共産党宣言』の有名な冒頭の句でこう述べた。「ヨーロッパではひとつの亡霊がうろついている…
in English
カテゴリー:

【話題】すでに地球に訪れている「悪意ある宇宙人3種」に警戒せよ!人類奴隷化タイプ、誘拐タイプなどの特徴まとめ★2 - 04月28日(金)15:22 

宇宙には、我々の住む銀河系とほぼ同じくらいの歴史を持つ銀河が少なく見積もっても1000億個ほど存在しているという。 その中で地球に似た惑星があり、知的生命体が住んでいたとしてもなんら不思議はないだろう。 そして、多くの研究者は「1銀河につき、最低1文明以上はあるのでは」と考えているようだ。 オルタナティブ・ニュースサイト「EWAO」によると、UFO研究家たちは「悪意を持ったエイリアンが、すでに地球を訪れていることは明らか」と警告しており、その事実を裏付けるおびただしい数の証拠も存在すると伝えている。 とい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

松井珠理奈、宮脇咲良らが『豆腐プロレス』にかける情熱 「負けたとしてもプロレスは面白い!」 - 04月28日(金)10:00 

AKB48グループメンバーが“ガチ”のプロレスを展開するドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)。視聴者の予想を120%超えてくる展開も話題となっているが、前編に続き出演者たちの意気込みを聞いた! ■松井珠理奈 「負けたとしてもプロレスは面白い!!」 4月8日の放送で、木下“イケメン”百花にまさかの土をつけられてしまった松井珠理奈。プロレスをこよなく愛する彼女に、緊急インタビューを行なった。 ―まさか負けるとは。 松井 悔しい! ……悔しいけど、正直この負けもひとつの“ドラマ”だと思うんです。トップが負ける。でもそこから「どうチャンピオンに返り咲くか?」というストーリーが始まる。ドキドキしてますよ! プロレスは負けても面白い。 ―考え方が「プロレス脳」のように感じる。 松井 新日本プロレスやノア、DDTも見に行っています。丸藤正道選手をはじめ、いろんな刺激をもらっていますね。最近思うのは「いかに見ている人が感情移入できるプロレスをするか?」ということ。カウントギリギリで返す。そのときの表情、ムーブ、それら小さな積み重ねで大きく変わると思うんです。 ―エースの条件についてはどう考えているか? 松井...more
in English
カテゴリー:

プロレスファンにも人気…アニメ『タイガーマスクW』のサントラ発売 - 04月27日(木)15:38 

 テレビ朝日系アニメ『タイガーマスクW』(毎週土曜 深2:30 ※放送局によって異なる)のオリジナルサウンドトラックが26日、発売された。 【写真】同梱のブックレットには真壁刀義選手インタビューを掲載  同アニメは1969年から放送されていた伝説のアニメ『タイガーマスク』のリバイバル版というだけでなく、新日本プロレスの人気レスラーが実名で多数登場していることから、プロレスファンからも大人気。リアルでもタイガーマスクWが新日本プロレスのリングに上がってオカダ・カズチカ選手らと対戦し、プロレス界でも話題沸騰となっている。  音楽を担当しているのは、格闘技「PRIDE」テーマ曲をはじめ、アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』『プリキュア』『美少女戦士セーラームーンCrystal』など名だたる作品の劇伴を手がけてきたアニメ音楽界の巨匠・高梨康治氏。サントラにはアニメで使用されている音楽のほか、新日本プロレス参戦時の勝利時のテーマ曲、ライバル選手の入場テーマも収録されている。  同梱のブックレットには高梨氏のインタビューのほか、アニメにも声優として出演している真壁刀義選手のインタビューも掲載。真壁選手は「『タイガーマスクW』は今の時代に適した形で男同士の闘いや善と悪との戦い、そして何より“あきらめない心”が描かれている作品」と語っている。  アニメ『タイガーマスクW』は地上波のほか...more
in English
カテゴリー:

メキシコ国境付近にはこんなに怖い男がいる?「ノー・エスケープ」戦りつの狙撃映像 - 04月26日(水)16:00 

 「ゼロ・グラビティ」のオスカー監督アルフォンソ・キュアロンと、同作で共同脚本を務めた息子ホナス・キュアロンが再タッグを組んだ「ノー・エスケープ 自由への国境」の本編映像が、公開された。 ・緊張感MAX!「ノー・エスケープ 自由への国境」本編映像はこちら!  ホナスが監督、アルフォンソが製作を手がけ、第89回アカデミー賞外国語映画賞メキシコ代表に選ばれたサバイバル劇。舞台は、メキシコとアメリカの国境付近。主人公モイセス(ガエル・ガルシア・ベルナル)と15人のメキシコ人が、アメリカへ不法入国しようとしたさなか謎の男(ジェフリー・ディーン・モーガン)に狙撃され、摂氏50度の砂漠で命の危機にさらされる。  モイセスたちを見つけた男は、高台から突如ライフルを発砲。正確な狙撃術で1人、また1人と不法移民を殺害し、パニックに陥れる。「ウォッチメン」や人気ドラマ「ウォーキング・デッド」で知られるジェフリー・ディーン・モーガンが、「逃しはしねえ」と不法移民を執ように追いつめ、「自由の国へようこそ」と吐き捨てる不気味な男を怪演している。荒涼とした大地を人々が逃げ惑うダイナミックな映像をベースに、手持ちカメラや銃のスコープ映像を駆使し、臨場感あふれる映像で緊迫度を高めている。  「ノー・エスケープ 自由への国境」は、5月5日から全国公開。 【作品情報】 ・ゼロ・グラビティ 【関連記事】 ・...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「不気味」の画像

もっと見る

「不気味」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる