「不気味」とは?

関連ニュース

仲間由紀恵、毒親クランクアップ 工藤阿須加も感無量 - 12月15日(金)19:06 

 女優・仲間由紀恵が、出演中の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(毎週火曜 後9:00)をクランクアップした。劇中で自殺した男子高校生の“毒親”吉岡真紀子を演じた仲間は、複雑な家族問題の舞台となった自宅での撮影を終え、スタッフの拍手を受けると「今回、すごく難しい役どころを頂いたと思っていたのですが、真紀子は視聴者に問いかける役割の人なのだと思い『こんな風かな、あんな風かな』と自分の中でも試行錯誤しながら演じさせていただきました」と達成感をにじませた。 【写真】井上真央VS仲間由紀恵がついに対峙  同ドラマは、主人公で高校のスクールカウンセラーである藍沢日向(井上真央)が、男子生徒の死の謎を追いながらも自分の家庭問題とも向き合っていく様をスリリングに描くミステリー。仲間は自殺した吉岡圭吾(遠藤健慎)の母親役で、息子を愛し過ぎるがゆえに過度に束縛してしまう、その不気味な“毒親”ぶりが話題を集めた。  これまで圭吾の自殺の原因は、生徒によるいじめや、日向ら教職員によるプレッシャーにあると主張し、学校側を糾弾していた真紀子。その後、自分の圭吾への“精神的虐待”が知れ渡り、娘からも見放され、圭吾の自殺の原因が自分にあったのではないかと思い詰める。そして最終回では、圭吾の死の真相や親の愛のあり方について、日向と最後の対じを見せる。  一方、井上の恋人役・本庄和彦を演じた工...more
カテゴリー:

永尾まりやの濃厚ベッドシーンなど、迫力あるドラマ「不能犯」ダイジェスト映像公開! - 12月15日(金)08:20 

12月22日(金)から配信開始するdTVオリジナルドラマ「不能犯」の第1話のダイジェスト映像が、dTV「不能犯」特集サイトとYouTubeで公開されることが分かった。 【写真を見る】婚約者の友人・矢崎太一(鈴之助)に脅され、言いなりになってしまう夏美(永尾)/(c)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 (c)2017 dTV 同番組は、人気同名コミックの原作屈指の衝撃エピソードを完全映像化した作品で、思い込みやマインドコントロールで人を殺すなど常識的に考えると犯行の証明ができない、いわゆる“立証不可能な犯罪”を描いた新感覚スリラーエンタテインメント。 不気味な能力を駆使してターゲットを確実に死に至らしめる殺し屋・宇相吹正(うそぶきただし)を松坂桃李が演じ、宇相吹の能力が唯一効かない天敵の刑事・多田友子を沢尻エリカが演じる。 第1話は、激しいベッドシーンが満載になっており、夏美演じる永尾まりやが自身初となる濡れ場を熱演。理想の結婚が決まったSNSが生きがいの加島夏美(永尾)は、ささいなことがきっかけで婚約者の友人・矢崎太一(鈴之助)に元AV女優という秘密にしていた過去を知られてしまう。 矢崎は「婚約者に元AV女優という事実をバラす」と夏美を脅し、夏美は矢崎の言いなりに。矢崎との関係に嫌気が差した夏美は、宇相吹に殺しの依頼をする…といった内容。 およそ30秒のダイジ...more
カテゴリー:

元AV女優役・永尾まりやの大胆ベッドシーン!dTV「不能犯」第1話ダイジェスト映像 - 12月15日(金)00:00 

 松坂桃李と沢尻エリカが共演し、グランドジャンプ(集英社刊)で連載中の人気漫画を実写映画化する「不能犯」につながるdTVオリジナルドラマ「不能犯」(全4話)の第1話ダイジェスト映像が、公開された。 ・永尾まりやのセクシーショット! dTVオリジナルドラマ「不能犯」場面写真はこちら  マインドコントロールで人を殺すなど、常識的に考えて犯行を証明できない不気味な能力を持つ“不能犯”宇相吹正(松坂)に翻ろうされる人々の悲惨な運命を描いたスリラー。dTVオリジナルドラマ版では、宇相吹役の松坂、宇相吹を追う刑事・多田友子役の沢尻が映画版に先んじて登場するほか、永尾まりや、永井大、平岡祐太がゲスト出演する。  第1話に登場するのは、永尾扮する元AV女優の加島夏美。AV女優だった過去を隠し、理想の結婚相手に出会った夏美の人生は、婚約者の友人・矢崎太一(鈴之助)に素性がばれてしまったことから一変。矢崎に脅され、言いなりにならざるを得なくなった夏美は、宇相吹にすがり、矢崎をこの世から葬ろうとする。  公式YouTube(https://youtu.be/VSuik22cR1M)で公開された映像では、夏美の激しいベッドシーンや、夏美が「殺して、お願い」と宇相吹に懇願するさま、血まみれのように見える矢崎が「この野郎!」と絶叫する様子、夏美が床に崩れ落ち、号泣する姿などショッキングなシーンが立て続...more
カテゴリー:

謎の領域“エリアX”で調査隊が未知の存在と遭遇するSF映画「Annihilation」新予告編 - 12月14日(木)15:00 

世界中に突如とした現れた謎の領域「エリアX」の謎を解明するために送り込まれた調査隊が、領域内で「新たな生態系」と出会う映画「Annihilation」の新たな予告編が公開されました。エリアXの不気味さは2017年9月に公開されたティザー予告編でも描かれましたが、新規映像ではエリアXの未知の存在から敵意を向けられる調査隊の苦闘が描かれています。続きを読む...
カテゴリー:

怪しく煌めく「夜のソウル」は、日本に似ているけどやっぱり違う。 - 12月13日(水)21:05 

半年間だけど、ソウルに住んでいたことがある。住む以前から観光でちょくちょく来ていたけれど、実際に暮らすのと旅行するのではまったく違うんだなって。住みはじめて意外に思ったのは、「おおっ!」とびっくりする瞬間が多かったこと。日本に似ているんだけど、ふと目に入った不気味な路地裏やなんとも言えない怪しい雰囲気を醸し出すお店。すっかり日本人にとっては、親しみのある国となったけれど、まだ知らない魅力を秘めているのだ。光が怪しく色めくソウルLicensed material used with permission by noealzii
カテゴリー:

派閥抗争勃発! 安倍首相の寝首を掻く「二階の乱」 - 12月15日(金)10:03 

師走になり、永田町界隈では安倍首相の腹心で“政界の寝技師”と呼ばれる二階俊博幹事長が、来秋の自民党総裁選に向け不気味な動きを見せているともっぱら。二階氏が小泉進次郎筆頭...
カテゴリー:

永尾まりやが熱演、配信ドラマ版『不能犯』ダイジェスト映像 - 12月15日(金)03:40 

 俳優の松坂桃李主演の映画『不能犯』(2018年2月1日公開)に先駆けて、映画では描かれないエピソードを映像化したオリジナルドラマ(2017年12月22日スタート、毎週金曜更新)が、映像配信サービス「dTV」で独占配信される。配信版より、永尾まりやが女優として新たな一歩を踏み出す熱演を見せる第1話のダイジェスト映像が公開された。 【場面写真】第1話に出演する永尾まりや  『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画(原作:宮月新、作画:神崎裕也)が原作。“思い込み”や“マインドコントロール”で人を殺すなど、常識的に考えて犯行を証明できない“立証不可能犯罪”で、ターゲットを確実に死に至らしめる殺し屋・宇相吹正(うそぶき・ただし)と彼に翻弄される人々の悲惨な運命を描いた新感覚スリラーエンタテインメント。宇相吹役に松坂、宇相吹の能力が唯一効かない天敵の刑事・多田友子役で沢尻エリカが出演する。  第1話のダイジェスト映像は「誰を殺したいんですか?」という宇相吹の不気味な一言で始まる。理想の結婚が決まったSNSが生きがいの加島夏美(永尾)は、些細な事がきっかけで婚約者の友人・矢崎太一(鈴之助)に元AV女優という秘密にしていた過去がバレてしまう。矢崎は「婚約者に元AV女優という事実をバラす」と夏美を脅し、夏美は矢崎の言いなりに…。そして、矢崎との関係に嫌気が差した夏美は「殺してお願い...more
カテゴリー:

ドアを開けると断崖絶壁の世界で最も怖い山荘 100年以上前に登山家により建てられる - 12月14日(木)16:46  news

山荘と言えば幽霊が出たり獣が出たりと不気味なイメージがついているが、世界一怖い山荘は別の意味で怖かった。 その世界一怖い山荘はスイスのマッターホルンにある。 山荘の名前はソルベイ小屋(Solvay Hut)で幽霊や獣は出ないが、標高3960メートルの崖ギリギリに建てられている。 山荘のオーナーであるスイスのアルパインクラブはハイカーに休憩所を提供する目的で1915年に登山家 アーネスト・ソルベイの名前を付けた山荘を作った。 ソルベイ氏は突然の嵐や雷などの自然災害が近づいた時、体を避ける山小屋が必ず必要だと感じ...
»続きを読む
カテゴリー:

セルジオ越後が今季のJリーグを振り返る 「川崎と鹿島の明暗を分けた選手起用法は…」 - 12月14日(木)11:00 

今季のJリーグは最終節にドラマが待っていた。首位鹿島と2位川崎の勝ち点差は2。勝てば主要タイトル20冠目となる鹿島はアウェーで磐田と対戦し、痛恨のスコアレスドロー。一方、川崎はホームで大宮に5-0で大勝し、得失点差で鹿島を上回り、大逆転で悲願のJリーグ初優勝を遂げた。 僕は以前このコラムで「川崎のサポーターは優しすぎる。負けたときは浦和や鹿島のサポーターのようにブーイングしないとチームが必死にならないし、優勝は無理」と言った。でも今は、こういうカラーのチームがあってもいいのかなと。そう思わせてくれるような見事な逆転劇だった。選手もサポーターの皆さんも本当におめでとう。 実際、川崎の選手たちはシーズン終盤、鹿島に勝ち点で差をつけられても、諦めずによく戦った。今季はルヴァン杯の決勝で敗れ、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)でも準々決勝で浦和に大逆転負けを喫したこともあり、また無冠に終わるのかと頭をよぎった瞬間もあるだろう。 それでも、風間前監督時代からの攻撃的なサッカーを継続し、得点はリーグ最多。開幕前に大久保(FC東京)が抜けたものの、家長、阿部を補強。このふたりはボールをつなぐのもうまいし、決定力があった。さらに右サイドバックのエウシーニョ。彼が大事な試合で仕事をしてくれた。得失点差での優勝とはいえ、積...more
カテゴリー:

【経済】ジム・ロジャーズ氏「もし私が10歳の日本人なら…」世界的投資家の驚愕の問いと答え - 12月13日(水)20:33  bizplus

世界はもう気づいている 「もし私がいま10歳の日本人ならば……」 著名投資家のジム・ロジャーズ氏はそこまで言うと、少し考えるように間を置いた。 米国の投資情報ラジオ番組『Stansberry Investor Hour』に登場し、インタビュアーから日本経済についての見解を聞かれた時のことだった。 ロジャーズ氏は少しの沈黙の後、意を決したかのように衝撃的な「答え」を語り出した。 「もし私がいま10歳の日本人ならば……。 そう、私は自分自身にAK-47を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶだろう。 なぜなら、いま10歳の日...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「不気味」の画像

もっと見る

「不気味」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる