「不支給」とは?

関連ニュース

【朝日新聞】朝鮮学校補助 朝鮮学校の子どもたちも地域社会の一員である 多文化共生社会への一歩としていかねばならない - 04月21日(土)08:35  seijinewsplus

https://www.asahi.com/articles/DA3S13460712.html  朝鮮学校の子どもたちの学びとどう向き合うか。国とともに自治体も問われている。  全国に60余ある朝鮮学校が所在する28都道府県のうち、学校への補助金を予算に計上したのは12道府県にとどまり、残りの16都府県はこの10年の間に交付をやめていた。昨年度の朝日新聞の調査でわかった。  補助金を継続している自治体は、児童生徒1人当たり一定額を出したり、備品購入の一部や地域住民との交流事業を支援したりしている。欧米系やブラジル人学校などと同様に補助し...
»続きを読む
カテゴリー:

石綿で肺がん、遺族逆転勝訴=国の認定基準「不合理」-名古屋高裁 - 04月11日(水)20:50 

 名古屋市内の中学・高校で教諭を務めた男性=当時(64)=が肺がんで死亡したのは職場のアスベスト(石綿)が原因だとして、遺族が労災を認めなかった国の処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が11日、名古屋高裁であった。藤山雅行裁判長は「業務で石綿粉じんに暴露し発症した」として、請求を棄却した一審名古屋地裁判決を取り消し、労災を認めた。 一審は、男性の石綿の暴露期間を校舎の新築工事が行われた8カ月程度と認定。国が労災認定の基準とする「1年以上の暴露」に満たないなどとして、請求を退けた。 藤山裁判長は、国の基準について「医学的根拠は明確でなく合理性は認められない。国際的な基準に照らし、せいぜい2、3カ月程度とすべきだ」と指摘し、男性の発症との因果関係を認めた。 判決によると、男性は2001年に中皮腫と肺がんで死亡。石綿が使われた校舎に長年勤めたことから、妻が遺族補償年金を請求したが、名古屋東労働基準監督署は08年、労災と認めず不支給処分とした。 【時事通信社】
カテゴリー:

過労自殺 7000万円賠償命じる 労災は不支給が確定 大阪地裁 - 04月17日(火)05:01 

行政と民事で判断割れる   調理師として働いていた労働者の自殺は過労が原因として、遺族が㈲黒門小雀弥(大阪市中央区)と同社の経営者を訴えた裁判で、大阪地方裁判所(北川清裁判長)は安全配慮義務違反を認め、約7000万円の損害賠償を命じた。遺族は労災請求もしていた。管轄の大阪西労働基準監督署は不支給を決定、その後の行政訴訟でも同地裁(内藤裕之裁判長)により請求棄却されている。行政訴訟と民事訴訟で判断が……[続きを読む]
カテゴリー:

「不支給」の画像

もっと見る

「不支給」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる