「不当廉売」とは?

関連ニュース

中国商務部 米・EU等原産ブチルゴムに不当廉売の仮決定 - 04月20日(金)16:40 

商務部(省)は19日に2018年第39号公告を発表し、中国に輸出されている米国、欧州連合(EU)、シンガポールが原産のハロゲン化ブチルゴムに対する不当廉売(ダンピング)調査の仮裁定を明らかにした。 ...
カテゴリー:

中華人民共和国産電解二酸化マンガンに係る不当廉売関税の課税期間の延長に関する調査を開始します - 04月18日(水)17:28 

経済産業省及び財務省は、関係法令に照らして検討を行った結果、中華人民共和国産電解二酸化マンガンに係る、不当廉売された貨物の輸入及び当該輸入の本邦の産業に与える実質的な損害等の事実が課税期間満了後に継続し、又は再発するおそれの有無に関する調査を開始することとしました。
カテゴリー:

中国:米コーリャン「不当廉売」 制裁を仮決定 - 04月17日(火)20:55 

 中国商務省は17日、米国産コーリャンが不当に安く輸入され国内の産業が損害を受けたとして、反ダンピング(不当廉売)措置を取る仮決定をしたと発表した。米中貿易摩擦を巡り、米国をけん制する意図があるとみられる。
カテゴリー:

【世界貿易機関】韓国のバルブ課税は違反 WTO報告書、日本勝訴 - 04月14日(土)00:33  newsplus

 世界貿易機関(WTO)は12日、韓国が日本製バルブに課している反ダンピング(不当廉売)関税はWTO協定に違反するとの報告書を公表した。関税は不当として提訴した日本の主張をほぼ支持。韓国企業に及んだ損害や因果関係の説明に問題があると認め、韓国に是正を勧告した。  報告書は裁判の1審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の判断。不服があれば60日以内に上級委員会に上訴することができる。  バルブは圧縮した空気の流れを制御する部品で、工場の製造ラインなどに使われている。韓国政府は、日本企業が不当に安...
»続きを読む
カテゴリー:

WTO報告書:韓国のバルブ課税は違反 - 04月12日(木)23:43 

 世界貿易機関(WTO)は12日、韓国が日本製バルブに課している反ダンピング(不当廉売)関税はWTO協定に違反するとの報告書を公表した。関税は不当として提訴した日本の主張をほぼ支持。韓国企業に及んだ損害や因果関係の説明に問題があると認め、韓国に是正を勧告した。
カテゴリー:

貿易戦争 中国、アメとムチ両面作戦 米の出方うかがう - 04月19日(木)06:02 

 中国政府が17日に外資系自動車会社に合弁事業の外資出資制限を撤廃すると約束するとともに、米国から輸入するイネ科穀物のソルガムについて反ダンピング(不当廉売)の保証金を徴収すると発表したことは、米中で貿易戦争の火種がくすぶり続ける中、米国に対しアメとムチのアプローチを採用したことを示すものだ。
カテゴリー:

中国、米国産モロコシの反ダンピング措置を仮決定 - 04月18日(水)16:03 

中国商務部(省)は17日、2018年第38号公告を発表し、中国に輸出されている米国産モロコシの不当廉売(ダンピング)への対応措置の仮決定をしたと発表した。 ...
カテゴリー:

無法韓国、また完敗 WTO「日本製の方が高性能だから売れている」 - 04月14日(土)22:48  news

韓国が世界貿易機関(WTO)の舞台で日本にまた完敗した。日本製バルブに韓国が反ダンピング(不当廉売)関税を課しているのは不当だと日本側が提訴していたが、 裁判の一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)はWTO協定違反との報告書を公表、日本の主張をほぼ支持した。  韓国企業に及んだ損害や因果関係の説明に問題があると認め、韓国に是正を勧告した。韓国側に不服があれば60日以内に上級委員会に上訴することができる。  バルブは圧縮した空気の流れを制御する部品で、工場の製造ラインなどに使われている。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国が大部分勝訴 日本製産業バルブへの反ダンピング課税=WTO  - 04月13日(金)10:10 

【ジュネーブ聯合ニュース】日本製の「空気圧伝送用バルブ」に対する韓国の反ダンピング(不当廉売)課税は不公正だとして日本が世界貿易機関(WTO)に提訴している問題で、韓国が一部の手続き面での争点では敗れたものの、実体的争点では大部分勝訴した。  WTOの紛争処理小委員会(パネル)は12日、ダンピングによる価格効果、量効果など主な争点に対し、日本のパネル設置要請書に不備があるとして審理せず却下する内容の報告書を公表した。  パネルはただ、一部の価格効果分析が不十分で、日本の製品が韓国メーカーに被害を及ぼし
カテゴリー:

WTO:韓国の日本製バルブ課税は協定違反 是正を勧告  - 04月12日(木)22:17 

 世界貿易機関(WTO)は12日、韓国が日本製バルブに課している反ダンピング(不当廉売)関税はWTO協定に違反するとの報告書を公表した。関税は不当として提訴した日本の主張をほぼ支持。韓国企業に及んだ損害や因果関係の説明に問題があると認め、韓国に是正を勧告した。
カテゴリー:

もっと見る

「不当廉売」の画像

もっと見る

「不当廉売」の動画

Wikipedia

不当廉売(ふとうれんばい、, ダンピング)とは、市場の健全な競争を阻害するほど不当に安い価格で商品を販売すること。

概要

不当廉売には、各国の競争法で制限されるものと、国際貿易国際経済法にかかわるものがある。国別の被発動件数としては中国が圧倒的に多く、代表例としては鉄鋼製品やタイヤ製品の輸出が挙げられるhttp://www.meti.go.jp/committee/summary/0002465/pdf/022_03_01.pdf。背景には、生産能力の拡大により需給ギャップが生じ、供給過剰に伴う製品価格の下落がある。

競争法 日本

日本においては、独禁法が不公正な取引方法を規制している。そのうち、不当廉売は、公正取引委員会の一般指定6項において不公正な取引方法に指定されている。

一般指定6項が定める不当廉売行為とは、

  • 正当な理由がないのに商品又は役務をその供給に要する費用を著しく下回る対価で継続して供給する行為
  • その他不当に商品又は役務を低い対価で供給する行為 であって、
  • 他の事業者の事業活動を困難にさせるおそれがあるもの を指す。

不当に安い価格で商品を販売することは、その...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる