「下敷き」とは?

関連ニュース

30年前に埋めたタイムカプセルが開くところを見に行ってきた - 12月13日(水)08:00 

日曜の昼下がり。広い校庭に、30~40代の大人たちが鈴なりになっている。みんな嬉しそうだ。自分の名前を呼ばれたある男性は、人々をかきわけ、ある物を手にし、照れくさそうに掲げた。地元の地名「豊四季(とよしき)」と書かれた習字紙を手にしているのは鈴木祐次さん。これは30年前の小学校5年生のときに自分が書いたものだという。今は習字とは縁遠いと語り、「意外と、字、上手かったんだな」と当時の自分を振り返っていた。千葉県にある柏市立柏第二小学校。今年130周年を迎える歴史ある学び舎だ。ここで、さる11月26日に行われたのが、「タイムカプセル開扉(かいひ)式」 。あの日の自分に再会できる記念日だ。開校100周年記念に埋めたタイムカプセル30年前の1987年11月7日~8日に行われた100周年記念式典の際、全校生徒1,500人以上が思い出の品を入れ、タイムカプセルとして入れたという。それを今、開けるのだ。 タイムカプセルが埋まっているのは、校門にほど近い少年少女の銅像の下。それを支える台の黒いプレートの中だという。午後2時過ぎ、開扉の作業が始まるころには、銅像の周りに人だかりが。この日集まったのは、学校のホームページや回覧板、友達からの連絡などでこのイベントを知ったおよそ400人超。入れたものを覚えているか聞いてみると、「何を入れたのか覚えていない」「『30年後の夢』について書いた気がする」「『キ...more
カテゴリー:

シンプルな無地ノートを方眼紙・罫線・ウェブ&ファッションデザイン帳などに変えられるマルチノート「SketchyNotebook」新モデルレビュー - 12月12日(火)20:00 

アプリのモックアップ作成用、フォントデザイン用、ファッションデザイン用など、物作りを行う人は用途によってノートを無地・方眼紙・罫線と使い分けることがありますが、何種類もノートを持ち運ぶのは面倒なもの。そこで「SketchyNotebook」は1冊のノートをさまざまな用途に対応させ、シンプルな無地ノートと複数のテンプレート下敷きを組み合わせることでグラフ・モックアップ・インテリアデザイン・ウェブ&フォントデザインなど、幅広い使い方ができるようにしたとのこと。記事作成時点で製品化のために出資募集中のアイテムが編集部にも送られてきたので、使い心地を実際に確かめてみました。続きを読む...
カテゴリー:

ハリウッド版ピカチュウはデッドプール俳優ライアン・レイノルズ! - 12月07日(木)11:18 

 米俳優のライアン・レイノルズ(「デッドプール」)が、ハリウッドの実写映画「ディテクティブ・ピカチュウ(Detective Pikachu)」で、人気キャラクターのピカチュウを演じると、米ハリウッド・レポーターが報じた。  本作は、世界的な人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズを題材に、ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を手がけるレジェンダリー・ピクチャーズが製作。ストーリーは、ティーンエイジャーの少年が、名探偵ピカチュウと組み誘拐された父親を探し出すというもの。情報筋によれば、レイノルズはモーションキャプチャーでピカチュウを演じるようだ。  主人公を演じるのは、Netflixオリジナルドラマ「ゲットダウン」でブレイクし、2018年全米公開の「ジュラシック・ワールド2(仮題)」の中心的キャラクターの1人にも抜てきされた新進俳優のジャスティス・スミス。賞レースをにぎわせている「スリー・ビルボード」や「レディ・バード(原題)」に出演した女優キャスリン・ニュートンが、ニュートンはピカチュウたちの冒険を手助けする生意気なジャーナリスト役を演じる。「ガリバー旅行記」「グースバンプス モンスターと秘密の書」のロブ・レターマン監督がメガホンをとり、2018年1月中旬から英ロンドンで撮影開始予定だ。  ピカチュウといえば、声優・大谷育江のかわいらしい声でおなじみだが、映...more
カテゴリー:

虚淵玄(ニトロプラス)「Thunderbolt Fantasy Project」インタビュー(後編)「アクションは増し増し!」 - 12月04日(月)16:05 

台湾の伝統芸能「布袋劇」を映像向けに進化させた霹靂社とニトロプラスの虚淵玄さんがタッグを組み、多くの日本人に布袋劇の魅力を知らしめた「Thunderbolt Fantasy Project」プロジェクト。現在、新作劇場作品「Thunderbolt Fantasy 生死一劍」(以下:「生死一劍」)が上映されています。そこで、脚本・総監修を務める虚淵玄さんにインタビューを敢行! 後半となる今回は、劇場版からTVシリーズ第2期にかけての見どころを語ってもらいました。 「Thunderbolt Fantasy Project」より/(C)2016-2017 Thunderbolt Fantasy Project ――「生死一劍」は「殺無生編」と「殤不患編」の2本立てとなっていますが、それぞれの見どころを教えてください。 虚淵:「殺無生編」は、TVシリーズ1期で拾い残した殺無生の設定の補完的な内容となってます。殺無生は濃ゆいキャラだけど途中退場してしまったので、もう1回彼に焦点を当てた話を作りたいなと思い、江波光則さんに書いていただいた外伝小説(発売中の書籍「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 外伝」に収録)を下敷きに、映像化に最適化するように手を入れさせてもらいました。ただ「殺無生編」はどうしても後味の悪い結末になってしまう話なので、もう少し胸のすく、笑いもあるような話もあ...more
カテゴリー:

【大分】重さ1トン以上の側溝型枠の下敷きになり男性(52)死亡/臼杵市 - 12月13日(水)00:39  newsplus

12日朝、臼杵市のコンクリート製品を作る工場で、従業員の男性が道路などの側溝を作るための重さ1トン以上の型枠の下敷きになり、死亡しました。 12日午前10時ごろ、臼杵市野津町のコンクリート製品を作る工場で、豊後大野市に住む従業員の衛藤光彦さん(52)が道路などの側溝を作るための型枠の下敷きになっているのに同僚が気づきました。 衛藤さんは病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に窒息などのため死亡が確認されました。 警察によりますと、型枠は、長さが2メートル、高さと幅がいずれも60センチの鉄製で...
»続きを読む
カテゴリー:

「フリンジマン」9話。愛人作りなのに、煌めく青春の1ページ…策士・板尾創路の姿と重なって見えてくる - 12月09日(土)09:45 

羽田圭介が発表した小説『成功者K』をご存知だろうか? ある小説家が成功を手にし、この男がファンに手を出しまくる様子が生々しく描かれた内容。主人公となった小説家のモデルが著者本人かどうかは、あえてグレーなままにしてある。そして、現在放送中の『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系)。元々は「週刊ヤングマガジン」連載(2013~2014年)のマンガを下敷きにしているのだが、だとしても「主人公のモデルは板尾創路ではないか?」と勘繰ってしまいそうになる。12月2日に放送された第9話、もうそうとしか思えないデジャヴのようなストーリーだったのだ。“愛人教授”井伏の行いが、完全に映画監督・板尾創路と一致「愛人同盟」の一員・坂田安吾(森田甘路)が“愛人候補”として見据えたのは、タレント志望の女子大生・綿貫リサ(小倉優香)。しかし、リサには彼氏がいる。この厄介な存在を排除するため、「愛人教授」の異名を持つ井伏真澄(板尾創路)は「“凄腕プロデューサー”加藤聖」の名を騙ってリサの前に現れた。井伏のことをプロデューサーだとすっかり信じ込んだリサであったが、まだ手を緩めない。より信用させるため、井伏は実際のドラマ撮影現場に潜り込んで関係者を装った。そこでの様子をリサに見せ、より尊敬させようという考えだ。そして、計画当日。リサが現れるや、何食わぬ顔でロケ隊に近付き、見ず知らずのスタッフに「押して...more
カテゴリー:

人の声聞き分けるドローン開発 災害時の捜索に期待 - 12月07日(木)10:49 

 雑音の中から、耳を澄ますように人の声を聞き分けるドローンを、東京工業大や熊本大などの研究チームが開発した。災害時、がれきの下敷きになった人を探し出す際などに役立つという。 ドローンは、倒壊した建物の…
カテゴリー:

【三重】停車中の無人トラックが突然動き出す…とめようとした男性下敷きになり死亡 鳥羽市 - 11月28日(火)10:01  newsplus

27日午後、三重県鳥羽市の市道で坂道に停めていた無人の2トントラックが動き出し、 73歳の男性がひかれ死亡しました。 27日午後2時半過ぎ、鳥羽市安楽島町の市道で坂道に停めていた無人の2トントラックが動き出し、 土木作業員の森本倫夫さん(73)が停車させようとしたところ、下敷きになってひかれました。 この事故で森本さんは病院に運ばれましたが、胸などを強く打ち死亡しました。 三重県警によりますと森本さんは、事故当時、複数人で除草作業をしていて、 坂道に2トントラックを停めましたが、動き出したた...
»続きを読む
カテゴリー:

「下敷き」の画像

もっと見る

「下敷き」の動画

Wikipedia

下敷き(したじき)とは、物の下に敷く物の総称である。または、「倒木の下敷きになる」といった様に何かにつぶされた・もしくは乗っかられた様子を指す用法もある。だが、とくに普通名詞としての「下敷き」は、筆記をする紙などの下に敷くものを指す。

一般的に、筆記の際に用いられる下敷きの材質は鉛筆ペンなど硬筆用は堅いプラスチック・毛筆用は柔らかい毛氈である。

硬筆用の下敷き

ノートや紙に何らかの事柄を書くとき、下に敷いて使う板状の文房具である。

ノートを開いて、下に何も敷かずに字を書き込もうとすると、筆記者の筆圧によって多かれ少なかれノートの紙が下に沈みこむことで、紙の裏に筆記の跡が残ることがある。また、紙に字などを書く際、紙の下に凹凸があったり、紙の下が柔らかい平面だったりすると、書きにくい。このような場合、筆記をおこなう紙の下に硬く滑らかな板を敷いて、書きやすく・かつ筆記される紙より下に筆記の跡が残りにくい状態にする。おもにこのような用途を目的として作られている板を下敷きという。

ある程度の硬さを持ちつつ、薄く軽量・平滑であり、さらに子供でも容易に購入できるよう安価であることが求められる。

材質・寸法

材質としては、硬質ポリ塩化ビニル(塩ビ)や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる