「上海動物園」とは?

関連ニュース

母親に見捨てられた幼いトラたち…彼らを救ったのは、我が子を亡くした犬だった - 03月19日(日)21:07 

上野動物園[公式] (@UenoZooGardens)さんが、園のトラにまつわる、知られざるエピソードを紹介してくれました。 昭和33(1958)年5月に上海動物園から来園したワン(オス)とシュフ(メス)は仲が良く、1960~1970年に12回・43頭という多産記録を作りました。これが上野動物園の初繁殖ペアで、トラの繁殖にはオスとメスの相性が重要なことがわかりました。 #トラ130年 pic.twitter.com/XSFQtJjPF3— 上野動物園[公式] (@UenoZooGardens) 2017年3月15日 たくさんの子を残した母トラ・シュフですが、最初の何回かは子育てをしませんでした。当時、動物用の粉ミルクは開発されておらず、牛乳やヤギの乳ではトラが育つための栄養が足りません。そこで、同じ肉食動物であるイヌに乳母を頼むことになりました。 #トラ130年— 上野動物園[公式] (@UenoZooGardens) 2017年3月15日 出産直後に子を亡くし、動物愛護協会に保護された元・野良犬のビンゴは、授乳だけではなく体をなめるなど、献身的にトラの子を育てました。みるみるビンゴより大きくなったトラの子も、何かあるとビンゴの背に隠れて頼っていたそうです。 #トラ130年 pic.twitter.com/2MlVROwU1h— 上野動...more
in English
カテゴリー:

「上海動物園」の画像

もっと見る

「上海動物園」の動画

Wikipedia

上海動物園(シャンハイどうぶつえん)とは中華人民共和国上海市長寧区虹橋2381号にある動物園である。また近くには上海虹橋国際空港がある。かつて、動物園の敷地は1916年に開業したゴルフ場であったが、1953年に廃業になり、1954年に市の中心部の西側に位置することから西郊公園と改名され1959年から公園内で動物が飼育されるようになり、1980年に現在の名称になった。

概要

上海動物園は中国国内でも有数の規模であり、敷地面積74.3万平方メートル、飼育設備面積47,237平方メートルある。飼育されている動物は約620種類・7000頭以上で、ジャイアントパンダ揚子江ワニ華南トラといった中国原産の動物のほか、世界各国の動物が展示されている。また園内には飼育している動物の飼料にするため、多くの樹木が植えられている。

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる