「上映作品」とは?

関連ニュース

2017年9月26日のヘッドラインニュース - 09月26日(火)18:27 

2017年11月18日(土)から全国15館で2週間限定で上映される「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」と同時上映作品「機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影」の予告編が公開されました。続きを読む...
カテゴリー:

MISIA、『鋼の錬金術師』主題歌を書き下ろし 兄弟の絆を「錬金して完成した」 - 09月26日(火)08:00 

 シリーズ全世界累計7000万部を超えるベストセラーコミックを実写化した映画『鋼の錬金術師』の主題歌が、MISIAの書き下ろしとなる新曲『君のそばにいるよ』に決定したことがわかった。【関連】実写映画『鋼の錬金術師』フォトギャラリー 主演をHey! Say! JUMPの山田涼介が務め、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子ら豪華キャストが集結する本作。母を蘇らせるために行った禁断の錬金術により肉体を失ってしまったエドワード(山田)&アルフォンス・エルリック兄弟が、肉体を取り戻すために歩む冒険、そして立ちはだかる敵と繰り広げる戦いが描かれる。 主題歌『君のそばにいるよ』は、作品のテーマでもある“エドとアル”2人の兄弟の絆を連想させるような楽曲。以前から原作コミックの大ファンだったというMISIAは、「もともと好きな作品でしたので、お話をいただいた時は驚き、嬉しかったです!」と喜びのコメント。 「山田涼介さん演じるエドワードとアルフォンスの兄弟から感じとった歌詞に、果てしない希望を感じるメロディーとアレンジ楽曲、そして私の歌、それらを錬金して完成したものが、映画主題歌『君のそばにいるよ』です」とメッセージを寄せている。 その仕上がりに曽利文彦監督も、「ハガレンの世界観を見事に表現した主題歌と映画との一体感に気持ちが高揚します。MISIAさんも原作の大ファンだとお聞きして、この共振が本物であ...more
カテゴリー:

デヴィッド・ボウイがライブ映画で一夜限り蘇る! - 09月21日(木)17:30 

2016年1月10日、世界に衝撃が走った。デヴィッド・ボウイの逝去である。 同年1月8日の69歳の誕生日に、自身最後となった新作『★』を発表したばかりであった。そんな彼の名を世界的に広めた名盤『ジギー・スターダスト(原題:The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)』を引っ提げたツアーの最終公演の模様を収録した映画『ジギー・スターダスト』が、11月28日(火)にZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)にてライブ絶響上映されることが決定した。 いまからさかのぼること約45年前、25歳のボウイは、「5年後に滅びようとする地球の救世主ジギー・スターダスト」という物語を引っ提げ、クィーン・エリザベスⅡ世号に乗船しイギリス、アメリカ、日本を巡る1年半の長期ツアーを決行した。 1972年2月から始まったツアーは、1973年7月3日、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場でツアー・ファイナルを迎えた。時代の寵児だったボウイは、コンサートの最後で、突然自らジギー・スターダストを葬り去った。 まさしくそのジギー・スターダスト最後の公演を収録した全17曲/90分のライブ映像が今回の上映作品。 本作は1973年初上映され、日本では1984年月4に初上映された。監督は、ハンディカメラと同時録...more
カテゴリー:

実写『ハガレン』東京国際映画祭OPでワールドプレミア決定 - 09月16日(土)06:00 

 人気グループHey! Say! JUMP・山田涼介主演で荒川弘氏の人気漫画を実写化する映画『鋼の錬金術師』(12月1日公開)が、10月25日より開幕する『第30回東京国際映画祭(TIFF)』オープニング上映作品として、世界で初めて公式上映されることが決定した。同映画祭のオープニングで邦画が上映されるのは10年ぶり、日本のコミック原作の映画としては初となる。 【画像】クロージング作品には『不都合な真実2:放置された地球』が決定  原作漫画、通称“ハガレン”は、月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で2001年から2010年にわたり連載され、発行部数はシリーズ全世界累計7000万部超を記録。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワード(山田)と弟・アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描く。ジェームズ・キャメロン監督のもと『タイタニック』(1997年)のCGを手がけた曽利文彦監督(『ピンポン』)がメガホンをとり、イタリアでロケが敢行された。  映画祭の運営事務局は、「『鋼の錬金術師』は、日本映画が世界に向けて、大きく可能性を広げる作品です。これまでは映像化できなかった、完成度の高いストーリーや世界観からなるマンガやアニメのポップカルチャーを、自分たちの手で映像化し世界に向けて大きく発信できる、ということを証明する、大きな分岐点であると思います」と上映に向けコメントを寄せて...more
カテゴリー:

山田涼介主演「鋼の錬金術師」、第30回東京国際映画祭オープニング作品に決定! - 09月16日(土)06:00 

 今年アニバーサリーイヤーを迎える第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のオープニング作品が、山田涼介(Hey! Say! JUMP)主演の「鋼の錬金術師」に決定した。また、第30回記念オープニングスペシャルとして、染谷将太主演のチェン・カイコー監督作「空海 KU-KAI」の特別フッテージが、オープニングセレモニーなどで上演される。  あわせて、特別招待作品部門での上映が決定している15作品がこのほど発表された。海外作品は、第79回米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞に輝いた「不都合な真実」(2006)の続編で、今映画祭のクロージングを飾る「不都合な真実2 放置された地球」、ストップモーション世界最高峰のスタジオライカが日本を描いた「KUBO クボ 二本の弦の秘密」、第74回ベネチア国際映画祭金獅子賞を獲得したギレルモ・デル・トロ監督の「シェイプ・オブ・ウォーター(原題)」、マーティン・マクドノー監督がデル・トロ監督と金獅子賞を争ったすえ、脚本賞を受賞した「スリー・ビルボード・アウトサイド・エビング・ミズーリ(原題)」、チャニング・テイタム&アダム・ドライバーがダブル主演する、スティーブン・ソダーバーグ監督最新作「ローガン・ラッキー」が上映される。  日本からは、荒川弘氏の人気漫画を実写化したオープニング作品「鋼の錬金術師」、人気特撮シリーズの劇場版最新作「牙狼 ...more
カテゴリー:

あの兄弟の物語に希望の歌声が響く!実写『ハガレン』にMISIAが主題歌を書き下ろし - 09月26日(火)10:59 

壮大なスケ―ルと世界観で、海を越えて世界中で“ハガレン”現象を巻き起こした傑作コミック「鋼の錬金術師」。その実写映画版が12月1日(金)、ついに公開となる。 【写真を見る】ますます期待の高まる『ハガレン』場面写真はこちら!/[c]2017 荒川弘/SQUARE ENIX [c]2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会 原作は荒川弘によるシリーズ累計7000万部超のベストセラーコミック。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた旅と成長のストーリーは、今もなお世界中のファンを魅了し続けている。 先日、10月25日(土)より開催されるアジア最大級の映画の祭典、第30回東京国際映画祭のオープニング上映作品として、世界初の公式上映が決定。同映画祭のオープニング作品で邦画が上映されるのは10年ぶりで、日本のコミック原作の映画上映は史上初と、異例尽くしの本作だが、この度、主題歌にアジア圏で支持を集める歌姫・MISIAの書き下ろし楽曲「君のそばにいるよ」が起用されたことが発表となった。 以前から原作コミックの大ファンだったというMISIAは、実写映画化にあたって、本作の世界観、そしてエドとアル兄弟の絆の物語からインスパイアを受け、映画のために新曲を書き下したそう。MISIAは「もともと好きな作品でしたので、お話をいただいた時は驚き、嬉しかったです!エドワードとアルフォンスの兄弟...more
カテゴリー:

第30回東京国際映画祭・特集上映「映画監督 原恵一の世界」メインビジュアル完成 - 09月22日(金)14:00 

 第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)で行われる、特集上映「映画監督 原恵一の世界」のメインビジュアルが完成した。  これまで、「クレヨンしんちゃん」シリーズなどを世に送り出し、優れた作家性と商業性を持ち併せた日本アニメ界をけん引する存在として期待される原監督。「クレヨンしんちゃん」の劇場版を、“大人も泣けるアニメーション”としてシリーズ化させているほか、2013年には脚本も兼ねた実写映画「はじまりのみち」を発表するなど、多彩な活躍を続けている。  また、15年公開の劇場アニメ「百日紅 Miss HOKUSAI」は、第39回アヌシー国際アニメーション映画祭で長編コンペティション部門審査員賞、第48回シッチェス国際ファンタスティック映画祭で最優秀長編アニメーション賞に輝くなど、高い評価を獲得した。  公開された画像は、原監督の代表作である「クレヨンしんちゃん」の野原一家や、日本を代表する映画監督・木下惠介氏の若き日を描いた「はじまりのみち」で主人公を演じた加瀬亮、アニメ映画「河童のクゥと夏休み」の少年・上原康一とクゥら、これまでの作品のキャラクターたちが集まった豪華な仕上がり。著作権者の許諾を得て、原監督の監修のもと書き下ろされた特別なビジュアルとなっている。  なお、特集上映作品を鑑賞した観客全員に、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでこのビジュアルが表紙の「...more
カテゴリー:

実写版『ハガレン』が、東京国際映画祭でワールドプレミア上映決定! - 09月16日(土)06:00 

スケ―ルの大きな世界観で、連載終了後の今もなお、多くのファンを魅了する “ハガレン”こと『鋼の錬金術師』が、山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子などオールスターキャストで実写映画化され、12月1日(金)から公開される。荒川弘による原作は、月刊「少年ガンガン」で2001年から2010年まで連載され、累計発行部数は7000万部を突破している世界的人気を誇るコミックだ。 【写真を見る】これぞ完全再現!格の違いを見せつける場面写真はコチラ/[c]2017 荒川弘/SQUARE ENIX [c]2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会 世界から注目を集める本作が、10月25日(土)より開催されるアジア最大級の映画の祭典、第30回東京国際映画祭のオープニング上映作品として、ワールドプレミア上映されることが決定した。東京国際映画祭のオープニング作品で邦画が上映されるのは10年ぶりで、オープニング作品として日本のコミック原作の映画が上映されるのは史上初となる。 東京国際映画祭は、日本で唯一、国際映画製作者連盟が公認する国際映画祭で、1985年に設立。第1回のオープニングを飾ったのは黒澤明監督の傑作『乱』。以降30年にわたり日本、そしてアジアの映画産業、文化振興に努めてきた伝統ある映画祭だ。2016年には86の国と地域から1409本もの映画が応募され、年々注目が高まっている。2014年には...more
カテゴリー:

「ハガレン」東京国際映画祭のオープニング作に!日本のマンガ原作では史上初 - 09月16日(土)06:00 

荒川弘原作による実写映画「鋼の錬金術師」が、10月25日から東京・六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGIなどで開催される第30回東京国際映画祭のオープニング上映作品に決定した。
カテゴリー:

映画「鋼の錬金術師」を東京国際映画祭でOP上映 - 09月16日(土)04:58 

 Hey!Say!JUMP山田涼介(24)主演の映画「鋼の錬金術師」(曽利文彦監督、12月1日公開)が、来月25日に開幕する第30回東京国際映画祭のオープニング上映作品に選出されたことが15日、分かった。  日本映画がオープニングに選ば…
カテゴリー:

もっと見る

「上映作品」の画像

もっと見る

「上映作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる