「上昇率」とは?

関連ニュース

日銀6月会合「主な意見」公表 物価上昇、弱気な見方顕著 - 06月27日(火)05:00 

 日銀は26日、今月15、16日の金融政策決定会合での「主な意見」を公表した。日銀は物価上昇率2%目標の実現を目指しているが「顕著な変化はいまだみられない」などと物価に対する弱気な意見が目立った。
カテゴリー:

地球温暖化は真っ赤な嘘? 元お天気キャスターが語るホントの話 - 06月26日(月)15:57 

国際社会において、よく議論されている環境問題のひとつ、温暖化。実際のところ、温暖化ってどこまで進んでいるのでしょうか? 最近この温暖化についての質問をよく受けると話す、メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者で、元「ニュースステーション」気象予報士にして、元ANA国際線のCAでもある河合薫さん。温暖化事情について、わかりやすく解説しています。 温暖化は真っ赤な“ウソ”?? 「温暖化ってホントに進んでるの?」ーーー。 こんな質問をここのところ立て続けてに受けています。 はい、そうです。 トランプ大統領が「バリ協定離脱」を発表したことで、 「温暖化否定してる学者もいるよね? 実際のところどうなのよ?」と、 温暖化懐疑論が再燃しているのです。 そもそも二酸化炭素が増えるとなぜ、地球が暖まるのか? 地球は太陽の熱で日中温められると同時に、地球自身も熱を放出しています。こちらは昼夜問わず四六時中出ているので、結果的に出る量の方が多く、 地球はどんどんと冷えていく“はず”でした。ところが、そうならなかった。二酸化炭素があったからです。 二酸化炭素が「お布団」の役目をして、出て行く熱の一部をシャットアウトして くれたおかげで、地球の平均は15度に保たれているのです。 そのお布団が最近はどんどんと厚手の布団になってきた。 昔は薄手の夏掛けだったのに、このまま放っておくと暑くてたま...more
カテゴリー:

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は小幅続伸、三井金やヤマハが構成銘柄の上昇率上位 - 06月26日(月)12:40 

26日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり106銘柄、値下がり111銘柄、変わらず8銘柄となった。
カテゴリー:

【日銀政策決定会合】出口問題対話の重要性に言及 主な意見を公表 [5-16日会合] - 06月26日(月)11:04 

日銀は26日、15~16日に開いた金融政策決定会合での政策委員の「主な意見」を公表した。 関心を集めている金融正常化に向けた緩和政策の出口の時期については「2%の物価安定目標まで相当な距離があり見通せない」との意見があった。 一方で「景気改善が続くもとで、市場の不安を高めることがないように金融政策の考え方についてしっかり説明する必要がある」との声も出るなど、 政策の先行き不透明感が景気に悪影響を与えないよう市場との十分な対話が必要との認識が広がっていることが明らかになった。 会合での政策委員の意見...
»続きを読む
カテゴリー:

新興市場見通し:個人投資家のマインドはさほど悪化せず、Fringe81など4社IPO - 06月24日(土)15:17 

先週の新興市場では、マザーズ指数の強い動きが目立ち、木曜日までの4日間で前週末からの上昇率は5%を超えた。
カテゴリー:

ブイキューブなどが上昇--6月26日の国内IT株動向 - 06月26日(月)16:50 

上昇率が高かったのは、3.14%高のブイキューブだった。
カテゴリー:

警備も人手不足、地域限定社員を数十人採用 セコム社長 - 06月26日(月)14:38 

■セコム 中山泰男社長に聞く 景気は緩やかに拡大している状況だとみています。景気が上向いたのは、日本銀行の大規模な金融緩和政策によるところが大きいでしょう。ただ、このまま「物価上昇率2%」を掲げて金融…
カテゴリー:

Microsoftなどが上昇--6月23日の米IT株動向 - 06月26日(月)11:15 

上昇率が高かったのは、1.35%高のMicrosoftだった。
カテゴリー:

【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1):◆同居する高所恐怖症◆ - 06月25日(日)09:40 

〇方向感に不透明さ、高値警戒も残る〇 先週の日本株は、TOPIX上昇率0.28%、日経平均高低差259.82円の狭いレンジの攻防となった。
カテゴリー:

【英EU離脱】国民投票から1年、ポンド↓物価↑で「生活苦しい」…国民の間には不安の声 - 06月24日(土)01:36 

主権を我が手に取り戻す――そんな熱狂の中で、英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めて23日で1年。ようやく始まった離脱交渉の先行きは依然不透明だ。英国経済は減速の兆しがみられ、政治は不安定化している。テロや大規模火災も起き、社会の憂いは深まるばかりだ。  30ポンド(4200円)~50ポンド(7千円)ほどのポロシャツやジーンズが並ぶロンドン市内の衣料品店。「ここ数カ月、お客さんの入りが悪くなった」とモハメド・アリ店長(46)は嘆く。  5月の売り上げは1年前より10%ほど落ちたという...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「上昇率」の画像

もっと見る

「上昇率」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる