「上場廃止」とは?

関連ニュース

JINSもFrancfrancも 株価でみる「ブランド名=社名」の価値とは - 09月26日(火)08:40 

 今年4月に自動車メーカー「SUBARU(スバル)」や眼鏡専門店「JINS(ジンズ)」、9月にはインテリア雑貨店「Francrfanc(フランフラン)」など、社名変更する会社が立て続いている。これらに共通しているのが、社名をブランド名や店舗名に統一しているということだ。企業はなぜ、会社の顔とも言える社名を変更するのだろうか。その狙いを探った。 取引時のイライラを解消?! “システムの安定性”で人気の【ネット証券】 ■「自社名=ブランド名」で企業価値を高める意味も  これまでも、社名を企業の代表的なブランドや商品名に変更したケースは数多い。その代表とも言えるのが「ソニー」だ。「ソニー」の名前の由来自体は、英語の“音”を意味する「SOUND」や「SONIC」の語源となったラテン語「SONUS(ソヌス)」や、「小さい」や「坊や」という意味をもつ「SONNY」から来ているが、ブランド名を決める時には、「なるべく簡単で、世界各国の人が発音しやすい名前で」というグローバルな発想が根底にあったという。その思惑通り、ソニーは日本のみならずアメリカでも人気を博し、ヒット商品を次々生み出していった。1958年には社名「東京通信工業」をブランド名と同じ「ソニー」に変更し、現在では世界中に知れ渡る人気ブランドとなっている。 他にも、寿屋が「サントリー」に、松下電器産業が「パナソニック」にするなど、...more
カテゴリー:

【東芝メモリ売却決定】債権道筋もWDと関係悪化、消えぬ訴訟リスク - 09月20日(水)21:54 

 東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却方針をようやく決議し、経営再建への道筋にやや薄日が差した。だが、米ウエスタンデジタル(WD)による訴訟リスクは、今後の買収手続きに高いハードルとして残る。上場廃止という最悪のシナリオを回避したい東芝だが、残る課題は多い。
カテゴリー:

東芝株 「特設注意市場銘柄」指定から2年 今秋にも上場可否に結論か - 09月16日(土)06:14 

 東京証券取引所が不正会計問題を起こした東芝の株式を内部管理体制の改善を促す「特設注意市場銘柄」に指定して15日で2年となった。東証から委託された日本取引所自主規制法人による審査が続いており、東芝株を上場維持とするか上場廃止とするかの結論は早ければ今秋にも出る可能性がある。
カテゴリー:

東芝再建に疑心暗鬼 止まらぬ人材流出 - 09月14日(木)06:15 

 東芝は13日の取締役会でも半導体子会社「東芝メモリ」の売却先決定を先送りした。2015年の不正会計問題発覚以降、続く経営の迷走に、社員や取引先などのステークホルダー(利害関係者)には不信感が広がっている。債務超過による上場廃止リスクはいっこうに払拭されず、再建はおぼつかない状況だ。
カテゴリー:

【東芝半導体】WD、東芝半導体買収スキームから離脱・四日市での協業強化提案 - 09月05日(火)23:12  newsplus

http://jp.mobile.reuters.com/article/topNews/idJPKCN1BG1CV [東京 5日 ロイター] - 東芝(6502.T)の半導体フラッシュメモリー事業の買収を巡り、米ウエスタンデジタル(WD)(WDC.O)が産業革新機構などで形成する日米連合からの離脱を提案していることがわかった。同時に共同生産する三重県四日市市のメモリー工場で、東芝が単独投資を決めた第6製造棟への共同運営など同工場での関与を強めることを求めている。 複数の関係筋が5日、ロイターに明らかにした。 WDのスティーブ・ミリガン最高経営責任者は前週来日し、東...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝、再建前進も訴訟リスク火種 上場廃止回避へ続く薄氷の道 - 09月21日(木)06:02 

 東芝が20日に半導体子会社「東芝メモリ」の売却先を「日米韓連合」に決めたことで、金融機関や取引先などが懸念する来年3月末の債務超過の解消に光明が差した形だ。だが、協業相手の米ウエスタン・デジタル(WD)との対立が解消できなかったことで“火種”は残った。上場廃止という最悪のシナリオを回避できるか、薄氷を踏む状況は続きそうだ。
カテゴリー:

三重銀行と第三銀行、「三十三フィナンシャルグループ」へ - 09月16日(土)13:02 

 2018年4月をめどに経営統合することで基本合意していた、三重県の三重銀行(四日市市)と第三銀行(松坂市)は、新たに設立する持ち株会社の名称を「三十三フィナンシャルグループ」にすると、17年9月15日に発表した。両行は同社の傘下に入る。本社機能は四日市市に、登記上の本店は松阪市に置く。社長は三重銀行の渡辺三憲頭取、会長に第三銀行の岩間弘頭取が就任する。 「人口減少や高齢化問題に対応」 三重銀行と第三銀行は2017年2月、「人口減少や高齢化の問題が地域経済に与える影響に対応していくため」ことを理由に、経営統合に向けて基本合意したと発表。統合準備委員会を設けて、新会社の詳細を検討していた。 マイナス金利の影響で収益環境が悪化していることから、経営統合で収益力を強化する狙いもある。 持ち株会社「三十三フィナンシャルグループ」は、2018年4月2日に東京と名古屋証券取引所に上場。一方で、三重銀行と第三銀行の株式は18年3月28日に上場廃止になる。 経営統合では、三重銀行の1株に対して持ち株会社の1株を、第三銀行の1株に対して持ち株会社の0.7株を割り当てる。 9月15日の株価は、三重銀行が終値で前日比67円高の2585円。第三銀行は173円高の1785円で引けた。 三重銀行は、県内第2位。1895(明治28)年創立の地方銀行。総資産は1兆9811億円、預金量は1兆6538億円、融資量は1...more
カテゴリー:

東芝の上場可否、今秋結論か 「特設注意」指定から2年  - 09月15日(金)19:41 

 東芝の株式が、平成27年に発覚した不正会計問題で内部管理体制に問題があるとして、東京証券取引所から「特設注意市場銘柄」に指定されてから、15日で2年が過ぎた。東証から委託された日本取引所自主規制法人による審査が続くが、東芝株を上場維持とするか上場廃止とするかの結論は、早ければ今秋にも出る可能性がある。
カテゴリー:

【東芝危機】消える信用、減る人材…「決められない」の汚名返上を - 09月13日(水)22:20 

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」売却はぎりぎりの協議の末、またも結論が先送りされた。平成27年の不正会計問題発覚以降、一連の問題に揺れ続け上場廃止の足音が迫る。内部からは人材の流出が続き、取引先などステークホルダー(利害関係者)の不信感も拡大。内外の「疑心暗鬼」を一掃できなければ、再建はおぼつかない。
カテゴリー:

【東芝】半導体メモリ 米WDと合意へ 31日契約へトップ会談 - 08月29日(火)11:47  newsplus

東芝は半導体子会社「東芝メモリ」の売却交渉で、提携相手である米ウエスタンデジタル(WD)と合意する見通しとなった。複数の関係筋が28日、明らかにした。先週までの両社経営幹部らによる集中協議が前進し、WDのミリガン最高経営責任者(CEO)が綱川智社長とのトップ会談のため来日した。決着すれば、東芝は31日の取締役会で承認を得て、契約締結を発表する。   WDは、政府系ファンドの産業革新機構や日本政策投資銀行、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)との企業連合により、2兆円程度の...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「上場廃止」の画像

もっと見る

「上場廃止」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる