「上場廃止」とは?

関連ニュース

TASAKI(7968)がMBOで上場廃止へ 黒幕ファンドがもくろむ企業転売のスキーム - 闇株新聞 - 03月29日(水)18:30 

3月24日、真珠養殖とジュエリー販売のTASAKI(東証1部:7968)がMBO(マネジメントバイアウト=経営陣が参加する買収)を実施すると発表しました。「海外進出に伴う一時的な業績や財務基盤の悪化が想定され、上場を廃止して経営の自由度を高めるため」と報道されていますが、金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」は最新号で「過去の経緯から額面通りにには受け止められない」とその背景を解説しています。
in English
カテゴリー:

日本で初めてLPレコード発売した名門コロムビアが68年の歴史に幕 何で音楽市場は低迷してるの? - 03月28日(火)23:38 

コロムビア、上場68年の歴史に幕 フェイスの完全子会社に 2017/3/28 23:09 上場68年の歴史に幕――。1910年に事業を開始し、49年から上場していた音楽制作の老舗、 日本コロムビアが7月27日に上場廃止となる見通しだ。親会社のフェイスが28日、株式交換で 8月1日付で完全子会社にすると発表した。 新たな音楽ビジネスの創出を目指し、互いの技術や人材の活用を円滑にする狙いがあるという。 コロムビアは日本で初めてLPレコードを発売するなど、老舗レコード会社の一つ。 同日会見したコロムビアの吉田真市社長は「100年...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本コロムビア、株式交換でフェイスの完全子会社となり上場廃止へ - 03月28日(火)20:42 

フェイス及び日本コロムビアは、3月28日開催のそれぞれの取締役会において、フェイスを株式交換完全親会社とし、日本コロムビアを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決議し、両社間で株式交換契約を締結したことを発表した。日本コロムビアの株式は、本株式交換の効力発生日である8月1日(予定)に先立つ7月27日に、東京証券取引所市場第一部において上場廃止となる予定(最終売買日は7月26日)。本株式交換は、フェイスにおいては6月29日、日本コロムビアにおいては6月23日にそれぞれ開催予定の定時株主総会の決議による本株式交換契約の承認を受けて行われる予定。日本コロムビア株式1株に対して、フェイスの株式0.59株を割当て交付する。ただし、フェイスが保有する日本コロムビア株式(本日現在6,875,916株)については、本株式交換による株式の割当ては行わない。なお、本株式交換比率は、本株式交換契約に従い、算定の基礎となる諸条件に重大な変更が生じた場合には、両社間で協議の上、変更することがあるとのこと。関連リンク日本コロムビア
in English
カテゴリー:

日本コロムビア、上場廃止へ フェイスが完全子会社化 - 03月28日(火)16:50 

フェイスが連結子会社の日本コロムビアを8月1日付で完全子会社化する。
in English
カテゴリー:

倒産する会社の予兆「ウォーターサーバーや観葉植物がオフィスから消える」 - 03月27日(月)08:53 

 経営難に陥っている東芝が決算を再延期して上場廃止、さらには倒産の危機に陥っている。この“東芝ショック”とも言える状況に、日本を代表する大手企業ですら倒産危機に陥ることがわかり、もはや自分が勤めている会社や取引先が倒産し [...]
in English
カテゴリー:

フェイスは伸び悩む、日本コロムビアを完全子会社化 - 03月29日(水)10:09 

■日本コロムビアは高いが7月27日付で上場廃止の見込み 音楽配信などのフェイス(東1)は29日、1330円(30円高)で始まった後10時にかけて1218円(82円安)となっている。
in English
カテゴリー:

【経済】日本コロムビアが上場廃止 フェイスが完全子会社化 - 03月28日(火)22:41 

音楽配信会社のフェイス(京都市)は28日、日本最古のレコード会社「日本コロムビア」を株式交換方式で8月1日に完全子会社にすると発表した。日本コロムビアの株主にフェイスの株式を割り当て、現在50・88%の保有比率を100%に上げる。東証1部に上場している日本コロムビアは、7月27日に上場廃止になる見通し。  携帯電話の「着信メロディ」を手がけたことで知られるフェイスは、2014年に日本コロムビアを連結子会社化した。今後、日本コロムビアが持つ16万曲以上の音楽コンテンツを生かし、スマートフォン向け...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【企業】日本コロムビア、上場廃止へ 創業100年を超す老舗レコード会社 - 03月28日(火)17:58 

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/28/news118.html 音楽配信などを手がけるフェイスは3月28日、連結子会社のレコード会社、 日本コロムビアを8月1日付で完全子会社化すると発表した。1949年に株式上場した日本コロムビアは、7月27日付で上場廃止(東証1部)になる見通し。 フェイスは2010年に日本コロムビアを持分法適用関連会社とし、16年3月に連結子会社化。 音楽などコンテンツ事業で協業を進めてきた。市場環境が厳しさを増す中、両社を資本面・事業面で一元化し、 人材の効率的な活用や投資を迅速に進めるこ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

倒産する会社の予兆「ウォーターサーバーや観葉植物がオフィスから消える」 - 03月27日(月)08:53 

 経営難に陥っている東芝が決算を再延期して上場廃止、さらには倒産の危機に陥っている。この“東芝ショック”とも言える状況に、日本を代表する大手企業ですら倒産危機に陥ることがわかり、もはや自分が勤めている会社や取引先が倒産しないとは言えないことを誰もが思い知ったことだろう。  そんななか、少しでも早く倒産危機を見抜く方法はないか。そこで、今回は多くの会社にオフィス用品やOA機器を貸与するリース会社に勤務する営業マンに話を聞き、倒産する会社の共通点を聞いてみた。 「実際、月々のリース代の未払いを起こした企業は、ほとんどがそう遠くないうちに潰れています。オフィスの維持費すら出せないのは、企業として末期症状ですから」  そう語るのはリース会社幹部の藤村由幸さん(仮名・47歳)だ。ただし、倒産する会社は未払いに至る前にも「経営がヤバいのでは?」というサインをいくつも出しているという。 「リース会社の場合、最初は3~7年程度の長期契約、以降は1年単位での更新が一般的です。途中での解約は残りの契約期間のリース料、またはそれに相当する違約金を払う必要があるのですが、それを値切ろうとする企業は資金繰りの悪化を疑います」  また、契約更新をしなかった企業も実は経営面の悪化が原因のケースが多いという。 「ほかのリース会社へ乗り換えることもありますが、初期契約期間の長さを考えるとデメリットのほう...more
in English
カテゴリー:

【5分でわかる主要ニュース】東コレ開催、TASAKIが上場廃止へ、本田翼のパリコレ密着など(3/19〜3/25) - 03月26日(日)21:00 

 3月19日〜3月25日に掲載したニュース・インサイド記事から主要トピックをピックアップ。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「上場廃止」の画像

もっと見る

「上場廃止」の動画

Wikipedia

上場廃止(じょうじょうはいし)とは公開(上場)した株式について、証券取引所が上場継続不適と判断し、投資者保護の目的から証券取引所での取引を終了すること。上場廃止基準は各証券取引所によって異なるが、大まかな事由として、上場契約違反、法人格消滅(合併を含む)、完全親会社設立(完全子会社化)、会社の倒産(経営破綻)などがある。また、株式公開している企業が公開のメリットが小さくなったと判断し、自主的に株式上場廃止申請を行う場合もある。

上場廃止基準

以下のような基準がある。(詳細は外部リンクの各証券取引所の上場廃止基準を参照のこと)実際に発生したケースは強調字体で示す。

  • 株主数・流通株式数が基準を下回る
  • 売買高・時価総額・流通株式時価総額が基準を下回る
  • 債務超過銀行取引の停止破産手続再生手続又は更生手続事業活動の停止(いわゆる経営破綻)
  • 不適当な合併等(いわゆる裏口上場有価証券報告書又は半期報告書の提出遅延・虚偽記載または監査法人による不適正意見(監査意見の不表...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる