「三鷹市」とは?

関連ニュース

Matzに続け!言語を開発した小学生も受賞 - 日経トレンディネット - 01月18日(木)05:27 

Matzに続け!言語を開発した小学生も受賞 - 日経トレンディネット「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2017 in Mitaka」の最終審査会が2017年12月2日、東京都三鷹市内で開催された(写真1)。同コンテストは、中学生と高校生を主な対象に、プログラミング言語「Ruby」を使ったプログラムの技術力や操作性、発表力などを競うもの。今年で7回目となる( 関連記事 )。主催は中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会である。 今回から、従来の...
カテゴリー:

関西で知られる「神戸ノート」 東京出身記者が買ってみた - 01月17日(水)06:00 

みなさんは小学生のころ、どんなノートを使っていただろうか。ジャポニカ学習帳(ショウワノート)やサクラ学習帳(サクラクレパス)などを思い出す人も多いだろう。そんなノートのひとつに、「神戸ノート」というものがある。関西圏ではご存知の方もいるだろうが、関東ではあまりその名前を聞くことはない。そこで、東京出身の記者が実際に購入してみた。シンプル&ノスタルジック記者が買ってきたのは、国語・算数・音楽の「神戸ノート」だ。何よりそのシンプルなデザインが目をひく。他の学習帳が表紙に動物の絵や自然の写真をとるなどカラフルななか、「神戸ノート」は単調な色味のもので、表紙に大きく「せいかつノート」「れんらくちょう」などと書かれているシンプルなものが多い。表紙について言えば、漢字練習に用いる「二百字帳」ではただ漢字が羅列されているだけだ。「算数帳」には神戸市の街並みがモノクロで印刷されており、「音楽ノート」に至っては、小学生が描いたと思しき街並みの絵が表紙と、ノスタルジアを感じさせるデザインも特徴的だ。中を開いてみると、教科ごとに行や段落のつけ方が違うという他の学習帳と同じような特徴もあるが、細かいところを見てみると、やはりレトロな部分も。たとえば音楽ノートの表紙をめくると、ピアノの鍵盤とともに音名が表記されている。よく見てみると、「ドレミ」のところには「ハニホ」とあり、音名を「イロハ」で記していることが...more
カテゴリー:

【かいぼり】井の頭池 池の水を抜いたらスッポンが… 在来種増える - 01月14日(日)14:54  newsplus

東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種と保全する在来種に選別した。 かいぼりは都や両市などが実施し、今回は2013年度と15年度に続き3回目。過去2回と比べて、外来種が減って在来種が増えた傾向がみられたという。自転車などの粗大ゴミも大幅に減り、公園利用者の意識が向上したようだ。  井の頭池は四つに区分され、このうち「お茶...
»続きを読む
カテゴリー:

井の頭池:かいぼり 在来種増加、スッポンも ゴミ大幅減 - 01月14日(日)12:00 

 東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種と保全する在来種に選別した。
カテゴリー:

【環境】井の頭池の水抜きます…天日に底さらし環境再生 - 01月13日(土)13:58  newsplus

井の頭池の水抜きます…天日に底さらし環境再生 2018年1月13日 11時32分 読売新聞 http://news.livedoor.com/article/detail/14152389/  東京都立井の頭公園(武蔵野、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて底を天日干しし、池の環境を再生する「かいぼり」が行われている。  13日は水位が低くなった池で市民ら約100人が魚を捕まえ、外来種と在来種により分けるイベントが催された。  かいぼりは、都などが実施し、今回は13、15年度に続く3回目で、最後の水抜きとなる。北米原産のブラックバス(オオクチバス)が大量に減...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】4万円の美術書も…足立区図書館の2万冊未返却 - 01月17日(水)17:40  newsplus

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180117-OYT1T50017.html  公立図書館が、本を借りたまま返さない「未返却者」への対応に苦慮している。  東京都足立区の調査では、料理本や旅行ガイドブックなどを中心に2万冊以上の本が返却されず、計2800万円を超える被害が出た。他の自治体でも同様の行為が横行しており、各図書館では、未返却者宅を個別訪問するなど対応を強化している。  足立区立中央図書館の調査によると、区内15館で〈1〉返却期日から10年以上経過した〈2〉5年以上貸し出し、督促先がわからない――図書...
»続きを読む
カテゴリー:

わが子の発達障害を認めない「無理解・無協力夫」に「無神経な姑」どうすれば? - 01月14日(日)19:00 

ⓒ nadezhda1906-stock.adobe.com発達障害の子育てママの座談会で、よく話題にのぼるものの一つに、夫の無理解や無協力があります。「無」とまではいかなくても、子どもの障害をなかなか認めようとしなかったり、療育や児童精神科などに行くことに乗り気ではなかったり、というお父さんがどこにも一定数はいるようです。そんな時、知ったのが一般社団法人「発達障害ファミリーサポートMarble(マーブル)」。発達障害児とその家族を支えるため、発達障害の正しい理解のための講演活動や、発達障害児を持つ家族のための相談支援活動などを行っている団体です。代表理事の国沢真弓さんは自身も、高校生になる自閉症児の母であるため、「当事者家族」の視点からのお話にはとても説得力があり、温かみのある方です。また、本業がアナウンサーであるため、周囲への「伝え方」のアドバイスは、なるほど! と深く納得できるものです。そんな国沢さんに、発達障害の子育てに協力的ではないお父さんや、育児に口出ししてくる祖父母への対策法をうかがいました。■発達障害はグレー診断な子ほど夫の理解が得られにくい――発達障害の子育てにおいて、ママの間でよく「夫が子どもの障害を認めてくれない」とか「夫が育児に協力的じゃない」という愚痴を聞くのですが、国沢さんの周囲でもこういった相談は多いですか?「今まで、保護者の相談を約500名ほど受けて...more
カテゴリー:

池の水抜く「かいぼり」に成果 井の頭池、増える在来種 - 01月14日(日)14:39 

 昨春に開園100年を迎えた東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、池の水を抜く「かいぼり」が行われている。水質を改善し、在来種を保護するのが目的。13日は、ボランティアや行政関係者ら約2…
カテゴリー:

【動物】「かいぼり」効果、井の頭池で水鳥の繁殖盛んに - 01月13日(土)22:40  scienceplus

東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池に生息する水鳥・カイツブリの繁殖が盛んになっていることが、 認定NPO法人「生態工房」(武蔵野市)の調査でわかった。  池では水を抜いて水質を改善させる「かいぼり」を実施しており、 在来種のエビや小魚などの餌が豊富になったことが要因とみられる。 関係者は「本来の生態系に戻れば」と期待を寄せている。  井の頭池のかいぼりは、水質浄化と外来種の駆除を目的に2013、 15年度と2回実施。先月末からは3回目が始まり、13、14日は池の生き物を都民らが...
»続きを読む
カテゴリー:

喜多村英梨 ニューシングル発売記念アウトストアイベント概要を発表 - 01月12日(金)19:00 

[株式会社テイチクエンタテインメント] [画像1: https://prtimes.jp/i/22498/54/resize/d22498-54-866669-0.jpg ] 1月24日(水)に発売となる喜多村英梨のニューシングル「妄想帝国蓄音機」の発売を記念して2月3日(土)に東京・三鷹市公会堂 光のホー...
カテゴリー:

もっと見る

「三鷹市」の画像

もっと見る

「三鷹市」の動画

Wikipedia

三鷹市(みたかし)は、東京都多摩地域東部にあるである。

概要

武者小路実篤三木露風山本有三太宰治など多くの作家たちが住んだ街として知られるほか、全国初のゼロ歳児保育施設の開所(1956年)、全国初の公共下水道100%整備(1973年)を実施した都市である。「みたか市民プラン21会議」、官民共同プロジェクト「あすのまち三鷹」、三鷹ネットワーク大学での市民大学・研究機関、企業との協働などが成果を上げ、2005年度のインテリジェント・コミュニティ・オブ・ザ・イヤー世界1位に選出された。

また、都市の便利さと緑豊かな自然とが調和する公園都市でもある。市域には豊かな自然が存在し、市内に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる