「三重県」とは?

関連ニュース

今年の「自分チョコ」は、クラフトチョコレートにするって決めた! - 01月20日(土)11:01 

チョコレート界隈が騒がしくなる季節がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる人も多いのでは?でも、ここで紹介するのは、見た目の華やかさよりも「作り手の素材や製法へのこだわり」を重視したチョコレート。作り手も集まるクラフトチョコレートのイベントが開催!アメリカのクラフトムーブメントを受けて、数年前から新しいチョコレートのジャンルとして定着しつつある「Bean to Bar」。2018年1月27日土、28日日、世界各地からクラフトチョコレートが集まるイベントが、東京・清澄白河で開催されるそうです。クラフトチョコというとアメリカのイメージがありますが、今回のイベントはベトナムやインドネシア、アラブなどのチョコレートメーカーも参加。もちろん日本のBean to Barチョコレート職人たちも会場に集まるので、普段は聞くことができないチョコレートのこぼれ話が聞けそうな予感。ちなみにおさらいしておくと、Bean to Barはカカオ豆BeanからバーBar になるまで、すべての工程を1つの作業所で作るチョコレートのこと。コーヒーのように、産地ごとの豆のよさを引き出すっていうのが特徴です。材料だけでなく、焙煎方法やテンパリングの仕方などの製法にも、クラフトマンそれぞれのこだわりが現れます。上の写真は、昨年に開催さ...more
カテゴリー:

焼きカキ小屋:冬の味覚求め大にぎわい - 01月19日(金)10:31 

 カキの養殖が盛んな三重県鳥羽市浦村町は、30店を超す焼きカキ小屋が軒を連ねる。冬の旬の味を求めて県内外から訪れる観光客で大にぎわいだ。  同町の生浦(おおのうら)湾で養殖されるカキは県内生産の3分の2を占める。洋風のカキ料理や焼きガキの食べ放題がヒットし、訪れる“食通”は年々増加。町内やパールロード沿いは、カキを焼いた煙が北風に舞い、独特の香りが漂う。
カテゴリー:

ここまで話したの久しぶり?とホリエモン×ひろゆき「今の大学はヘンなことだらけだよ」 - 01月19日(金)10:00 

来年度から、生活保護世帯の子供が大学などに進学する場合、給付金が支給されるという。 これについて、『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が前編に続き、疑問を投げかける。 * * * ホリ あと「大学に行かないと就職できない」的なキャンペーンに踊らされているのもあると思うな。実際はそんなことないってのは、20年以上前に十分わかっていたんだけどね。見え見えのキャンペーンに多くの学生や親たちが踊らされちゃうんだよな…。 ひろ まあ、だからといって「大学に行くのはムダ」っていうのも乱暴っちゃ乱暴ですけどね。 ホリ そう? ひろ 起業してクリエイターになるならともかく、みんながみんなそういうわけじゃないですから。やっぱり、一般的な企業に就職するには大卒の学歴が必須だったりしますし。 ホリ でも、時代は変わりつつあるけどね。 ひろ 細かい話ですけど、「日本以外では仕事をしない」っていう覚悟がない限り、大卒のほうが海外の就労ビザの申請がしやすかったりするんですよ。だから僕的にはちゃんとした大学な...more
カテゴリー:

【葉っぱ】神社関係者らの団体、神事用の大麻の栽培を再申請「外国産では伝統守れない」 - 01月19日(金)07:20  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASL1L56RLL1LONFB00M.html  しめ縄など神事で使う大麻を栽培しようと、三重県の神社関係者らでつくる伊勢麻振興協会(伊勢市、代表理事=佐古一洌(かずきよ)・学校法人皇学館理事長)は18日、大麻取締法に基づき栽培免許の許可を県に申請した。  申請は一昨年11月に続き2度目。前回は全国の神社に供給するとして伊勢市内で栽培する計画を立てたが、外国産や化学繊維の代替品が流通しており、合理的な必要性が認められない▽盗難対策が不十分、などとして不許可になった。  協会によると、...
»続きを読む
カテゴリー:

正面衝突で夫婦死亡=乗用車の会社員逮捕-三重 - 01月18日(木)18:46 

 18日午前10時15分ごろ、三重県志摩市浜島町塩屋の県道で、乗用車と軽乗用車が正面衝突した。県警鳥羽署によると、軽乗用車を運転していた同町浜島の無職柴原百合子さん(69)と夫の勝則さん(75)が全身を強く打って死亡。乗用車の男女4人のうち、20~30代の3人が軽傷を負った。 同署は、乗用車を運転していた大阪府寝屋川市八坂町、会社員藤本雅典容疑者(42)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。「ぼーっとしてセンターラインを越えてしまったかもしれない」と供述しているといい、同署が詳しい状況を調べている。 【時事通信社】
カテゴリー:

尾鷲火力、平成30年度にも停止 中部電、販売低迷で効率化 - 01月19日(金)11:20 

 中部電力が尾鷲三田火力発電所(三重県尾鷲市、出力87万5千キロワット)の運転を平成30年度にも停止する方向で調整に入ることが19日、分かった。人口減少や省エネ浸透、新電力参入で電力販売量は低迷しており、経営を効率化する狙い。
カテゴリー:

おにぎりせんべい:「ご飯と一緒に」クリームシチュー味 - 01月19日(金)10:17 

 三重県伊勢市の菓子メーカー「マスヤ」は、主力商品「おにぎりせんべい」の季節限定味として「クリームシチュー味」と「和山椒(わさんしょう)味」を29日から全国発売する。どちらも4月末までの限定で各15万袋の販売を見込む。1袋容量52グラムで税別130円。【尾崎稔裕】
カテゴリー:

神社「大麻を栽培したい」 - 01月19日(金)08:00  news

神事用の大麻の栽培を再申請「外国産では伝統守れない」 https://www.asahi.com/articles/ASL1L56RLL1LONFB00M.html しめ縄など神事で使う大麻を栽培しようと、三重県の神社関係者らでつくる伊勢麻振興協会(伊勢市、代表理事=佐古一洌 (かずきよ)・学校法人皇学館理事長)は18日、大麻取締法に基づき栽培免許の許可を県に申請した。 申請は一昨年11月に続き2度目。前回は全国の神社に供給するとして伊勢市内で栽培する計画を立てたが、 外国産や化学繊維の代替品が流通しており、合理的な必要性が認められない▽盗難対策...
»続きを読む
カテゴリー:

神事用の大麻の栽培を再申請「外国産では伝統守れない」 - 01月19日(金)05:04 

 しめ縄など神事で使う大麻を栽培しようと、三重県の神社関係者らでつくる伊勢麻振興協会(伊勢市、代表理事=佐古一洌(かずきよ)・学校法人皇学館理事長)は18日、大麻取締法に基づき栽培免許の許可を県に申請…
カテゴリー:

マナー講師が贈り物に緑茶は縁起が悪いのでNGと紹介 老舗茶屋「昔からお茶は、いいことのしるしとしてお祝いごとに贈られてきました」 - 01月18日(木)17:00 

1月16日放送のバラエティ番組『この差って何ですか?』(TBS)にて、お祝いの贈り物に“緑茶”は縁起が悪いと紹介。これに対し老舗茶屋が異論を唱え、『Twitter』で話題を集めています。 番組にはマナー講師の井垣利英さんが登場し、『お祝いのお返しで「贈っていい物」と「贈ってはいけない物」の差』を解説。昔から葬式の手土産として渡されることが多く縁起が悪いとの理由から、“緑茶”はお祝いの贈り物にするのは不適当と紹介しました。 「緑茶」は、お葬式の時に手土産として使われることが多い。そのため、お葬式を連想し、縁起が悪い。 それでは、なぜお葬式で緑茶を渡すのか。お葬式は突然のことなので前もって準備ができない。特に昔は手土産をすぐに用意できなかったため、自宅にいつでもある「緑茶」を最低限のお礼として渡していた。その習慣から今でも「緑茶」を渡している。 出展:『この差って何ですか?』公式サイト このマナーに対し、三重県四日市の老舗茶屋『お茶の川村園』(@ochakawamuraen)が次のようにツイート。 昨夜テレビバラエティー番組で、お祝いのお返しに緑茶は駄目で紅茶はOKなどということをマナーとしてご紹介されました。その理由は緑茶は葬式を連想させるとのことでした。しかしながら、お祝いに、お祝いのお返しにも、緑茶が使われてきた理由もご理解いただければ幸いです。 ツイートには、お茶をお祝い、お...more
カテゴリー:

もっと見る

「三重県」の画像

もっと見る

「三重県」の動画

Wikipedia

三重県(みえけん)は、日本都道府県の一つで、紀伊半島の東側に位置する。県庁所在地は県中部の津市

概要

シャープ亀山工場 近鉄四日市駅周辺のふれあいモール の豊富な自然に恵まれ、農業漁業が盛んである。また江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリや、8耐など)に至るまで、観光を産業として成り立たせている。

北勢伊賀中勢南勢伊勢志摩東紀州の5地域で構成されている。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる