「三菱自動車」とは?

関連ニュース

自動車7社、研究開発費を積み増し EV・安全技術に弾み - 11月21日(火)06:14 

 自動車大手7社が研究開発費を積み増している。2018年3月期の通期計画では、全社が前期実績を上回り、三菱自動車が20%増、スズキとSUBARU(スバル)が14%増、マツダが10%増と4社が2桁増を見込む。環境規制を視野に入れた電気自動車(EV)などの次世代車や、自動運転につながる先進安全技術の研究開発を加速するためだ。
カテゴリー:

タカタの債権額は35兆円超 そんなに膨らんだワケは? - 11月20日(月)19:00 

欠陥エアバッグ問題をきっかけに、2017年6月に経営破たんした自動車部品大手のタカタへの取引先や金融機関、ファンドなどが届け出た債権額の合計が、35兆8393億円にまで膨らんだ。その理由について、東京商工リサーチが11月16日に公表。あまりの巨額に、「衝撃が広がっている」という。 届出通貨別で最も多かったのは、米ドル建ての30兆4620億円(2688億円)と突出。次いで、日本円建てが3兆7678億円だった。このうち、タカタが認めた金額は1兆792億円で、届出債権の3.0%にとどまった。 タカタが認めた最大の債権者はトヨタ タカタが東京地裁へ提出した再生債権認否書によると、エアバッグの異常破裂による事故に関連するとみられる損害賠償請求として6兆7980億円(600億ドル)が海外所在の代理人(弁護士)を通じて複数届出されている。 タカタは「債権不存在」を理由に全額を否認しているが、東京商工リサーチは「製品が海外で不具合を起こした場合、巨額の損害賠償請求のリスクが降りかかる可能性があることをまざまざと見せつけた」と分析している。 一方、35兆8393億円の届出債権のうち、国内法人で届出額が最も多かったのはトヨタ自動車の8926億円だった。次いで、日産自動車の7291億円、ホンダの4131億円、SUBARUの2495億円、マツダの2011億円、三菱自動車の1502億円と、自動車メーカーが並...more
カテゴリー:

三菱「アウトランダー PHEV」安全装備を追加した特別仕様車を発売 - 11月19日(日)20:43 

三菱自動車はこのほど、プラグインハイブリッドEV「アウトランダー PHEV」に特別仕様車「G リミテッド・エディション」を設定し、販売開始すると発表した。安全性や利便性を向上させる多数の装備を追加し、要望の多かった予防安全技術「eアシスト」や、1,500Wの100V AC電源も装備している。
カテゴリー:

【債権】タカタ負債1兆円超=債権額はトヨタが最多 - 11月11日(土)15:17  newsplus

タカタ負債1兆円超=債権額はトヨタが最多 2017年11月11日 00時50分 時事通信 https://news.nifty.com/article/economy/stock/12145-2017111001398/  欠陥エアバッグの大規模リコール(回収・無償修理)で経営破綻し、民事再生手続き中のタカタが、同社に対する請求を認めた債権額は合計で約1兆800億円となった。うち9000億円超は、国内自動車メーカーがリコール費用として請求した債権で、最多はトヨタ自動車の3312億円だった。東京商工リサーチの調べで10日、分かった。  タカタの破綻は製造業として戦後最大だ...
»続きを読む
カテゴリー:

自動車7社、全社が増収 9月中間 新興国好調、北米は苦戦 - 11月09日(木)06:09 

 自動車大手7社の2017年9月中間連結決算が8日、出そろった。全社が前年同期比で増収となり、最終利益は4社が増益となった。燃費データ不正問題で前年赤字だった三菱自動車も黒字転換を果たした。新興国で販売を伸ばした企業の好業績が目立った。18年3月期の通期業績予想は、3社が上方修正する一方、無資格検査問題を起こした日産自動車とSUBARU(スバル)は下方修正し明暗が分かれた。
カテゴリー:

自動車7社の研究開発費、今期は全社が前期超え EVや自動運転を加速 - 11月20日(月)22:23 

 自動車大手7社が研究開発費を積み増している。平成30年3月期の通期計画では全社が前期実績を上回り、三菱自動車の20%増をはじめ、スズキとSUBARU(スバル)、マツダの3社も2桁増を見込む。環境規制を視野に入れた電気自動車(EV)などの次世代車や、自動運転につながる先進安全技術の研究開発を加速するためだ。利益の下押し要因だけに、他社との連携で投資額を抑える取り組みも目立っている。
カテゴリー:

【車】テスラよりミラージュの方が、環境に優しい? 総CO2排出量を比較 - 11月20日(月)15:09  bizplus

テスラよりミラージュの方が、環境に優しい?:日経ビジネスオンライン http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/108556/111500022/ 2017年11月17日(金)  三菱自動車の小型車「ミラージュ」は、一見して環境に優しい革新的なクルマには思えない。内燃機関(エンジン)で走り、排気管から排ガスを撒き散らすガソリン車にすぎないからだ。  しかし、部品の調達から燃料、部品の再利用に至るまで、つまりクルマが誕生する過程から廃車までの全ライフサイクルで弾き出した二酸化炭素(CO2)排出量で見ると、話は違って...
»続きを読む
カテゴリー:

三菱自・益子修CEOが2度の危機で思い知った「不祥事が生まれる組織体質」 - 三菱自動車CEO 益子 修 - 11月16日(木)05:00 

三菱自動車CEOの益子修氏。不祥事や経営危機に直面し、再建に力を尽くしてきた経営者が今思うことは何か。2000年の大規模リコール隠しの不祥事からこれまでを振り返り、企業風土・組織の変え方とその難しさを率直に語る。
カテゴリー:

「個人の自動車保有は続く」 ゴーン氏、配車・相乗り台頭でも - 11月10日(金)06:04 

 仏自動車大手ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合を統括するカルロス・ゴーン氏は8日、ニューヨークで開かれたブルームバーグ主催会議でのインタビューで、配車サービスのウーバー・テクノロジーズや相乗りサービスの台頭があっても、個人の自動車所有はなくならないとの見解を示した。
カテゴリー:

三菱自・益子修CEOが説く、企業も国も改革には「女性の力」が不可欠だ - 三菱自動車CEO 益子 修 - 11月09日(木)05:00 

三菱自動車CEOの益子修氏。2度の経営危機に直面し、そのとき経営者として何を思い、いかに会社を立て直したか。苦悩の日々と、二度と不祥事を起こさせない企業風土作りに対する想い、今後の戦略について語る。
カテゴリー:

もっと見る

「三菱自動車」の画像

もっと見る

「三菱自動車」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 三菱自動車工業...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる