「三菱自動車」とは?

関連ニュース

中国「世界最高の自動車メーカーと電池技術を持つ日本がなぜEVで遅れをとってしまったのか?」 クスクス - 07月26日(水)14:30  news

なぜ日本は電気自動車で後れをとったのか―華字メディア 2017年7月25日、華字紙・日本新華僑報は、日本が先進の電池技術を持ちながら、電気自動車分野では世界に後れを取っているとする、日本企業(中国)研究院の陳言(チェン・イエン)執行院長のコラムを掲載した。 陳院長は「日本は電池の素材や研究において相当な技術と経験を蓄積しており、新型電池分野では世界最大の生産国の1つだ。電池生産では三洋の電池部門を買収したパナソニックが世界最大手であり、米テスラモーターズの電池サプライヤーとなっている。 今年1月には...
»続きを読む
カテゴリー:

三菱自、最終黒字に転換 アウトランダーの販売好調 - 07月25日(火)23:46 

 三菱自動車が25日発表した平成29年4~6月期連結決算は、最終損益が229億円の黒字(前年同期は1297億円の赤字)となった。燃費不正問題に伴い減少した国内の販売台数が回復したほか、中国でスポーツ用多目的車(SUV)「アウトランダー」の販売が好調だった。本業のもうけを示す営業利益は前年同期比約4.5倍の206億円、売上高は2.8%増の4409億円だった。
カテゴリー:

三菱自、次世代クロスオーバーMPV 初披露へ - 07月25日(火)09:45  news

三菱自動車は、8月10日から20日まで開催される「インドネシアモーターショー」にて、次世代クロスオーバーMPVを初公開すると発表した。 新型クロスオーバーMPVは、従来の小型MPVより一回り大きいワイドボディを採用し、クラストップの室内空間と 多人数乗車に最適な乗員レイアウト、十分な容量の荷室を実現。また乗員間の間隔と各席でのヘッドクリアランスを 十分に確保するとともに、3列目乗員の良好な居住性と乗降性も実現した。 https://response.jp/article/2017/07/24/297781.html#cxrecs_s ...
»続きを読む
カテゴリー:

ランエボ復活か 三菱自、その前提は「V字回復」 - 07月23日(日)07:00 

三菱自動車の益子修CEO(最高経営責任者)が2017年6月23日に東京都内で開いた株主総会で、パジェロとランサーエボリューション(ランエボ)の次期モデルの開発について「夢は捨てたくない。V字回復を実現し、会社に余力が出た暁には挑戦したい」と発言したことが波紋を広げている。いずれも人気の看板商品だったが、燃費不正問題など同社の経営危機を受け、次期モデルの開発がストップしているからだ。
カテゴリー:

どっちが勝ってもいいんだけど、最後まで見てしまう「カーレース」 - 07月18日(火)21:00 

自動車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕が大きく左右するものなのか。この疑問を解決すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいます。どうでもいいっちゃ、どうでもいい話。でも、結果を知らずにこの記事を出ることはできない!SLOW DRIVER×FAST CAR初心者ドライバーPumphreyがハンドルを握るのがこれ。メルセデス・ベンツCLA 45 AMG直列4気筒のツインスクロールターボエンジン搭載、330馬力のパワーから繰り出すスピードが自慢です。FAST DRIVER×SLOW CARかたやベテランドライバーのKirkhamが“またがる”のはコンパクトカー。三菱自動車ミラージュ直列3気筒DOHC12バルブエンジン搭載で、78馬力ほど。ファミリータイプのコンパクトカーで、子どもが同乗しても安心して運転できるよう、スピードが出過ぎないように設計された仕様だそう。いざ、勝負。同じコースをそれぞれが走り、タイムを競い合います。まず始めに、メルセデス・ベンツに乗った初心者ドライバー。「できれば勝ちたいけどね」自信なさげにスタート。新米ドライバーらしい安全運転、これで大丈夫?タイムは1分32秒11。 次はベテランドライバー。勝つ気満々、余裕の表情です。軽快にミラージュを操り、余裕の走り。果たして結果は...more
カテゴリー:

三菱自、229億円の最終黒字に転換 17年4~6月期 営業益は4.5倍 - 07月26日(水)05:00 

 三菱自動車が25日発表した2017年4~6月期連結決算は、最終損益が229億円の黒字(前年同期は1297億円の赤字)となった。燃費不正問題に伴い減少した国内の販売台数が回復し、中国でスポーツ用多目的車(SUV)「アウトランダー」の販売が好調だったことなどが要因。日産自動車との資本業務提携で35億円の相乗効果を生み出したことなども奏功し、営業利益は前年同期比約4.5倍の206億円。売上高は2.8%増の4409億円だった。
カテゴリー:

【企業】三菱自は229億円の黒字 日産の傘下入り効果 業績大幅回復 17年4~6月 - 07月25日(火)19:48  newsplus

三菱自動車が25日発表した2017年4~6月期連結決算は、純損益が229億円の黒字(前年同期は1297億円の赤字)となった。 日産自動車の傘下に入った効果が出て、業績が大幅に回復した。 本業のもうけを示す営業利益は前年同期の約4.5倍の206億円となった。売上高は2.8%増の4409億円。 国内の販売台数は、燃費不正問題が発覚する前の水準に戻った。 海外では、中国で現地生産を始めたスポーツタイプ多目的車(SUV)「アウトランダー」の販売が大きく伸びた。 タイやフィリピン市場も好調で、全世界での販売台数は前年同期に比べ9%伸...
»続きを読む
カテゴリー:

【くるま】ランエボ復活か 東京モーターショーでコンセプトカー登場? - 07月23日(日)10:15  newsplus

三菱自動車の益子修CEO(最高経営責任者)が2017年6月23日に東京都内で開いた株主総会で、パジェロとランサーエボリューション(ランエボ)の次期モデルの開発について「夢は捨てたくない。V字回復を実現し、会社に余力が出た暁には挑戦したい」と発言したことが波紋を広げている。いずれも人気の看板商品だったが、燃費不正問題など同社の経営危機を受け、次期モデルの開発がストップしているからだ。 益子CEOのこの発言は読売新聞が報道したほか、自動車専門のニュースサイトが取り上げ、ファンの間ではパジェロ・ランエボ待望論が広...
»続きを読む
カテゴリー:

Official: アウトドア用品のギア感が魅力!! 三菱「アウトランダー」にも特別仕様車の「ACTIVE GEAR」が登場!! - 07月22日(土)17:00 

Filed under: 日本, クロスオーバー/ CUV, 特別/限定車, 三菱, デザイン/スタイル, オフロード, ニューモデル【ギャラリー】2017 MMC Outlander Active Gear6三菱自動車 は、7月20日から「アウトランダー」に、SUVの楽しさ、頼もしさを強調したデザインとした特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定し、発売した。(画像はディーラーオプション装着車) アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した「ACTIVE GEAR」は、4月にご紹介した 「デリカD:5」 にも設定された特別仕様車で、今回アウトランダーにも展開され第2弾として設定された。 ベースグレードは、予防安全技術「e-Assist」を標準装備した"Safety Package"。 エクステリア・インテリアの要所にアクセントカラーとして配したオレンジ色は、アウトドアの本格派が愛用する登山ロープやバックパック等のギア(道具)に採用される色であり、機能性の高さを表現しているとのこと。 エクステリアでは、フォグランプベゼル、サイドドアガーニッシュ、ウインカー付電動格納式リモコンドアミラーをオレンジにしているほか、18インチアルミホイールには、引き締まったイメージに仕上げるブラックを採用している。 また、メーカーオプション設定のルーフレールを標準装備し、カラーをシルバーからグロスブラ...more
カテゴリー:

都市対抗野球:パナソニック、ホンダ鈴鹿、東京ガスが勝利 - 07月15日(土)21:37 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は15日、1回戦3試合が行われた。門真市・パナソニックは岡崎市・三菱自動車岡崎との競り合いを制して、3年ぶりに初戦を突破した。新人右腕・吉川は14三振を奪う力投で今大会初の完投勝利を挙げた。前回大会8強の鈴鹿市・ホンダ鈴鹿は、山形市・きらやか銀行を降した。前回大会4強の東京都・東京ガスは、3回目の出場で大会初勝利を目指した福岡市・西部ガスの追い上げを振り切り、2回戦に進んだ。
カテゴリー:

もっと見る

「三菱自動車」の画像

もっと見る

「三菱自動車」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 三菱自動車工業...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる