「三田佳子」とは?

関連ニュース

市原隼人の格好よさが溢れる! 柳葉敏郎が絶賛 - 01月19日(金)17:40 

市原隼人主演の新土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」(毎週土曜夜11:05-11:59、テレビ朝日系)の記者会見が都内で行われ、出演者たちが登壇した。 【写真を見る】市原隼人は、演じる亮について「好きなものが同じ。ぴったりな役」と笑った 1月20日(土)にスタートする本作は、“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに、恋に冷めた4人の男女が織り成すラブストーリー。会見には、森川葵演じる丹野香が働くガールズバー「桃の秘密」のセット内で行われ、市原、伊藤歩、森川、白洲迅、志田未来、渡辺大、柳葉敏郎、三田佳子が出席した。 ■ 市原「松尾亮は自分にぴったりな役」 恋に奥手な造園デザイナー・松尾亮を演じることについて、市原は「言葉が下手で、バイクとカメラが好きで、自分にぴったりな役だなと思いました。自分の愛車を撮影で使っているんですが、それを見てるのがすごく好きで、そのために1話はもう10回くらい見ちゃいました(笑)。僕の好きなことに囲まれて演じられる現場なので、すごくうれしいです」と撮影を心から楽しんでいる様子。 美人社長秘書なのに男運がのない、里川茜役の伊藤は「今回の作品は、それぞれ純粋な恋とか愛を求めている男女が、自分のアイデンティティーを通してどのように変化していくのか、展開をすごく楽しみにしています。そして、その作品の一部になれることをすごくうれしく思ってます」と今作を紹介した。 ...more
カテゴリー:

市原隼人、柳葉敏郎から「惚れる」と大絶賛も「俺とは飲まないほうがいい」 - 01月18日(木)18:30 

市原隼人主演の新ドラマ『明日の君がもっと好き』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05~)が、1月20日からスタート。これに先駆け18日、都内の撮影所で市原をはじめ、共演の伊藤歩、森川葵、白洲迅、渡辺大、志田未来、柳葉敏郎、三田佳子らキャスト陣による記者会見が行われた。本作は、恋愛に冷めた男女が運命の出会いに翻弄され、想定外の恋に落ちていくヒューマンラブストーリー。恋に冷めた園芸デザイナーの松尾(市原)を中心に、複雑に入り組んだ男女関係をとがった視点で描き出していく。市原は「ある意味で社会を見つめ直すことのできる社会派のドラマです。スピード感のある恋愛群像劇を楽しんでください」とあいさつ。自身の役については、「ドラマの中に、『言葉が下手で』というセリフがあるんですけど、まさに自分にぴったりで笑っちゃいました(笑)」と共通点を挙げた。また、今回、劇中に市原の所持するバイクが登場するそうで、市原は「自分の愛車を出していて、“カワサキZ-1”カッコいいなって(笑)」とご満悦の様子だった。松尾の勤める園芸会社の社長を演じる柳葉は、初共演となる市原を絶賛。「市原隼人、かっこいいッス! あのつぶらな瞳と、やさしい眼差し。男が男に惚れるとはこのこと」と手放しで褒め称え、「この出会いを経験できて幸せ」と言い切った。また柳葉は、市原の私物のバイクにまたがったエピソードも披露。「傷つけちゃいけないから緊張し...more
カテゴリー:

市原隼人、運命の出会いは病床のファン「笑顔を見ると頑張れる」の言葉に涙止まらず - 01月18日(木)16:20 

 新ドラマ『明日の君がもっと好き』(テレビ朝日系/20日より毎週土曜23時5分)の記者会見が18日、都内で行われ、同作に出演する市原隼人、伊藤歩、森川葵、白洲迅、渡辺大、志田未来、柳葉敏郎、三田佳子が出席した。主演の市原が、伊藤や柳葉から絶賛されテレた様子が見られた。【写真】『明日の君がもっと好き』記者会見フォトギャラリー 本作は、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかりの関係で恋に失望する女性秘書・里川茜(伊藤)、人懐っこいキャラクターとは反対に心に闇を持つ新社会人・城崎遥飛(白洲)、自身の性的アイデンティティーに悩みながら昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川)の個性的な4人の恋模様を描いたストーリー。 2001年の映画『リリイ・シュシュのすべて』以来、約17年ぶりの共演となる市原と伊藤。再会の印象を市原は「繊細で、凛とする姿が素敵なお姉さんという印象があったけど、変わらない」と語る。一方、伊藤は出会った当時、市原の目の輝きに「天使が降りてきた」と魅了されたことを明かし、「純粋さ、男らしさを持っていて、再会して心が惚れましたね。役者としてもワンシーンに120%を注いで、頼りになる存在になったなと」と改めて惹かれた様子を明かす。 この日は自身の“運命の出会い”を聞かれ、市原はかつて余命わずかだというファンから『隼人くんの笑顔を見ると頑張れるんです』と言葉...more
カテゴリー:

『乃木坂46』の元メンバー・大和里菜(23) AVデビュー - 01月15日(月)22:07  news

「'16年の高橋しょう子(タレント時代は高崎聖子)、ANRI(同、坂口杏里)以降、有名芸能人のAV転身の話題がありませんでしたが、'18年は、いきなり大きな衝撃がアイドルファンを直撃しそうです」(AV関係者)  なんでも、大手AVメーカーが、あのアイドルに札束攻勢をかけており、すでに大筋で合意を得たという情報が業界をかけめぐっているというのだ。  「NHK紅白に3度目の出場を果たす『乃木坂46』の元メンバー・大和里菜(23)です。'14年に、六本木の芸能人御用達のバーに慣れた様子で通う未成年飲酒疑惑が報じられ、さらに、ダンス...
»続きを読む
カテゴリー:

市原隼人、柳葉敏郎から「惚れる」と大絶賛も「俺とは飲まないほうがいい」 - 01月18日(木)18:48 

市原隼人主演の新ドラマ『明日の君がもっと好き』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05~)が、1月20日からスタート。これに先駆け18日、都内の撮影所で市原をはじめ、共演の伊藤歩、森川葵、白洲迅、渡辺大、志田未来、柳葉敏郎、三田佳子らキャスト陣による記者会見が行われた。本作は、恋愛に冷めた男女が運命の出会いに翻弄され、想定外の恋に落ちていくヒューマンラブストーリー。恋に冷めた園芸デザイナーの松尾(市原)を中心に、複雑に入り組んだ男女関係をとがった視点で描き出していく。市原は「ある意味で社会を見つめ直すことのできる社会派のドラマです。スピード感のある恋愛群像劇を楽しんでください」とあいさつ。自身の役については、「ドラマの中に、『言葉が下手で』というセリフがあるんですけど、まさに自分にぴったりで笑っちゃいました(笑)」と共通点を挙げた。また、今回、劇中に市原の所持するバイクが登場するそうで、市原は「自分の愛車を出していて、“カワサキZ-1”カッコいいなって(笑)」とご満悦の様子だった。松尾の勤める園芸会社の社長を演じる柳葉は、初共演となる市原を絶賛。「市原隼人、かっこいいッス! あのつぶらな瞳と、やさしい眼差し。男が男に惚れるとはこのこと」と手放しで褒め称え、「この出会いを経験できて幸せ」と言い切った。また柳葉は、市原の私物のバイクにまたがったエピソードも披露。「傷つけちゃいけないから緊張し...more
カテゴリー:

伊藤歩、11年ぶりの共演となった市原隼人に「惚れました」 - 01月18日(木)18:00 

1月20日からテレビ朝日系でスタートする土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』(毎週土曜 23:05~23:59)の記者会見が18日、都内のスタジオで行われ、主演の市原隼人をはじめ、伊藤歩、森川葵、白洲迅、渡辺大、志田未来、柳葉敏郎、三田佳子が出席した。
カテゴリー:

柳葉敏郎、初共演の市原隼人をべた褒め「男が男に惚れる」 - 01月18日(木)14:21 

 俳優の市原隼人(30)と柳葉敏郎(57)が18日、都内で行われた20日スタートのテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』(毎週土曜 後11:05~11:59)記者会見に出席した。 【全体ショット】森川葵、志田未来はワンピ姿で登壇  市原と柳葉は初共演。市原の現場での様子を聞かれて「むっちゃ、かっこいいっす。つぶらな瞳に見つめられて男が男に惚れる」と大先輩からの褒め言葉に、市原は「すごくうれしいです」と照れていた。  ドラマでは、柳葉が市原のバイクに乗るシーンがあり、「しびれちゃいました。家宝です」と言う市原に、柳葉は「あれは緊張したぞ。絶対に傷つけてはいけないと思って」と答え笑わせた。  一方、市原は同作で伊藤歩(37)と11年ぶりの共演。伊藤の昔と変わったところについて聞かれた市原は「13歳のデビューのときに初めて会った。力強く凛としていて、素敵なお姉さんの印象は、今でも変わらないです。絶対的な安心感がありました」と称えると、伊藤は「(この後)話しづらいじゃない」とツッコミを入れていた。  同作は「人生で一番面倒くさい恋はきっと、人生で一度だけの大切な恋になる」をテーマに、恋愛に冷めた男女が“運命の出逢い”に翻弄され“想定外の恋”に落ちていくヒューマンラブストリーとなっている。  会見にはそのほか森川葵、白洲迅、渡辺大、志田未来、三田佳子が出席した。 ...more
カテゴリー:

伊東四朗ら『おかしな』ファミリー2作品 1・14朝&夜に放送 - 01月12日(金)10:00 

 伊東四朗と羽田美智子による凸凹父娘コンビを演じるテレビ朝日系ドラマ『おかしな刑事』シリーズ最新作と、石井正則主演のスピンオフ第2弾『おかしな弁護士2』が、14日に一挙放送される。 【写真】『おかしな弁護士』の2人  『おかしな刑事』シリーズは、2003年に『土曜ワイド劇場』で第1弾が放送されて以来、同枠や『日曜ワイド』『ミステリースペシャル』枠などで放送され、前作の第16弾(2017年7月30日)は、『日曜ワイド』の最高視聴率7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得した人気シリーズ。伊東がたたき上げの刑事・鴨志田新一、羽田がエリート警視・岡崎真実を演じ、不可解な事件の真相を探り当てていくミステリー。  最新作となる『おかしな刑事17』(14日 後 9:00~10:54)は、鴨志田に深刻な病の疑いが…。意気消沈する鴨志田は、病院で知り合った会社社長・漆山忠夫と意気投合するが、なんとその漆山の孫が誘拐される事件が発生する。漆山を演じるのは、角野卓造。伊東と角野は旧知の飲み仲間であり、2人は息の合ったかけあいを披露。コメディーセンスあふれるベテラン勢の”競演”は、大きなみどころとなっている。   一方、『おかしな弁護士』は、鴨志田と真実の同居人であり、苦節十ン年(!?)の新米弁護士・姉小路行人(石井)が主役のミステリーで、昨年8月6日に第1弾が放送され、「続編が見たい!...more
カテゴリー:

「三田佳子」の画像

もっと見る

「三田佳子」の動画

Wikipedia

三田 佳子みた よしこ、1941年10月8日別冊宝島2551日本の女優 100人p.18. - )は、日本の女優。本名:高橋 嘉子(たかはし よしこ)、旧姓:石黒(いしぐろ)。女子美術大学付属中学校・高等学校卒業。芸名の三田慶應義塾大学野球部のファンだったため。三田佳子事務所所属マネジメントは生島企画室と業務提携。だったが、2017年2月24日にプロダクション尾木に移籍した事を発表した。

夫は元NHKプロデューサーの高橋康夫。長男は森宮隆、次男は高橋祐也

大河ドラマいのちと花の乱で主演を務めた。大河ドラマに複数回主演した唯一の女優である。

来歴・人物

大阪府大阪市生まれ。生後半年で東京都に移り週刊サ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる